イタリアンコルソドッグの性格や特徴、寿命や飼い方について

イタリアンコルソドッグの性格や特徴、寿命や飼い方について

お気に入りに追加

イタリア原産のイタリアンコルソドッグは、日本ではまだまだ珍しい犬種のひとつです。かつてはイタリアの一部地域でのみ飼われていた特殊な犬ですが、体が大きくて愛情深いイタリアンコルソドッグは、現在ではイタリアだけではなく他の国でも愛好家が増えています。そんな気になるイタリアンコルソドッグの性格や特徴についてご紹介します。

3350view

イタリアンコルソドッグってどんな犬?

色つやの良いイタリアンコルソドッグ

イタリアンコルソドッグは、古代ローマ帝国の軍用犬モロシア系の犬種です。英名では「カネコルソ・イタリアーノ」といい、イタリアでは「カネコルソ」という名前が一般的ですが、「イタリアンマスティフ」「ドゴ・ディ・プーリア」とも呼ばれ親しまれています。

日本ではジャパンケネルクラブが「イタリアンコルソドッグ」で公認しています。「コルソ」は、頑丈・護衛という意味があり、その意味にふさわしく、イタリアンコルソドッグは農家での家畜の手伝いや番犬、またイノシシ・クマ・オオカミなど大型の猛獣の狩りをしていたという歴史も。

闘犬として使われていたこともありますが、イタリアンコルソドッグは常に人間が頼りにする存在だったようです。一時は絶滅の危機に見舞われながらも、熱心な愛好家の努力によって救われました。現在では、ヨーロッパやアメリカを中心に、イタリアンコルソドッグは家族の一員として多く愛されている犬種です。

イタリアンコルソドッグの性格

おもちゃで遊ぶイタリアンコルソドッグ

  • 陽気で社交的
  • 忠実
  • 独立心が旺盛
  • 頑固
  • 警戒心が強い

イタリアンコルソドッグは、番犬や狩りなどに向いている気質から、とても勇敢で人間への忠実心が強いです。家族に向ける愛情と優しさはとても深く、容姿の印象よりも陽気で社交的な面がありますので、仲間と走り回ったりして遊ぶことも楽しみます。

また、イタリアンコルソドッグは家族と一緒に過ごすことがとても好きなので、信頼できる家族といれば穏やかで静かに過ごすでしょう。お互いに良い関係を作ることができれば、子供がいる家庭でも十分なじむことができる犬種です。

その反面、イタリアンコルソドッグは知能が非常に高くて頑固さが目立ち、環境の変化を嫌う神経質さもあります。あまり吠えませんが、独立心が旺盛で警戒心が強いところもありますので、家族以外の人には猜疑心を持ってあまり心を開かず、強い防衛心から時に攻撃的なところも見えるために注意が必要です。

イタリアンコルソドッグの特徴

見上げているイタリアンコルソドッグ

大きさ(体重/体高)

イタリアンコルソドッグは体が大きく、大型犬の分類になります。体重はオスが45~50kg・メスが40~45kgですが、大きさには幅があって、オスでは60kg超の大きさに成長している例もあるようです。体高はオスが64~68cm・メスが60~64cm。イタリアンコルソドッグは普通に立っているだけでも、ダイニングテーブルに余裕で届く高さだから注意!と飼い主さんには言われたりしています。

被毛(毛色/毛質)

イタリアンコルソドッグは、全身がきめ細かいつややかな被毛に覆われています。短毛でアンダーコートもしっかりあります。毛色は種類が多くて濃淡もありますが、カラーはブラック、グレー、フォーン、レッド、ブリンドルなど。中でもブラックはとても人気があり、イタリアンコルソドッグではよく目にするカラーです。

体の特徴

断耳断尾されているイタリアンコルソドッグ

イタリアンコルソドッグは堂々とした風格があり、ずっしりがっちりした筋肉質の体型です。モロシア系(マスティフ種)の犬種ですが皮膚のたるみは少なめで、比較的スッキリした容姿が印象的。太く長い足なので、大きな体のわりには動きがとても機敏です。

イタリアンコルソドッグの耳は前方にたれていてシッポも細長くたれていますが、断耳・断尾することもありますのでそれにより見かけの印象もかなり変わります。大きな頭とシザースバイト(鋏状咬合)もイタリアンコルソドッグの特徴です。

力が強い

イタリアンコルソドッグは体高もありかなり力が強いので、思いっきりひっぱられると大人でも制御が大変なほど。護衛犬や闘犬として活躍していた犬種でもあるので、太くがっちりした顎の力もかなり強いです。

イタリアンコルソドッグの寿命

草原を走るイタリアンコルソドッグ

イタリアンコルソドッグの平均寿命は9~11年ほどです。大型犬は体が大きい分、早く成熟しますので老いも早くなります。イタリアンコルソドッグも例外ではなく大型犬なので短命な傾向はありますが、家庭犬となれば穏やかな生活をしてだいたい10歳前後の寿命のようです。

イタリアンコルソドッグの子犬の値段

フセをしているブルーパピー

イタリアンコルソドッグの子犬を日本国内で購入する場合は、250,000~350,000円程度です。ただし入手しにくいこともあり、海外からお迎えする形にすると、約500,000円ほどかかったという飼い主さんの経験談もあります。

イタリアンコルソドッグを飼うには

上目遣いをするイタリアンコルソドッグの子犬

イタリアンコルソドッグは、ペットショップでの販売はまずありませんので、日本での購入を考えた場合は主にブリーダーから迎えることになります。イタリアンコルソドッグの日本のブリーダーはあまり多くはありません。

ドッグショー会場の見学に行ったり、実際にイタリアンコルソドッグと暮らしている方から情報を得ることが近道になるでしょう。ブリーダーを探すときは、イタリアンコルソドッグを専門に扱っており、健全な繁殖を行なっている犬舎を選ぶことが確実です。

問合せにしっかり答えてくれること、犬舎の見学をさせてくれたり子犬や親犬に実際に会わせてくれること、また迎えたあとも熱心に相談にのってくれるような信頼のおけるブリーダーから直接購入することをおすすめします。

イタリアンコルソドッグの飼い方

海岸を走る黒犬

環境

イタリアンコルソドッグは体が大きく運動量をかなり必要とするので、マンションやアパートなどでの飼育は困難です。ある程度自由に動き回れるスペースが必要になります。自由遊びができる環境があれば、なお理想的です。

運動

イタリアンコルソドッグはとてもアクティブでかなりの運動が必要になりますので、お散歩は1日1時間以上を最低2回。お散歩以外に思いっきり走らせることもストレス解消にかなり有効ですが、激しいランニングなどのトレーニングは足腰を痛める危険性もありますので注意しましょう。また、イタリアンコルソドッグは知能が高いので、鼻や頭を使った知的な遊びを取り入れると満足度が高くなります。

しつけ

一歩間違うとイタリアンコルソドッグは攻撃的な面が出てしまうので、子犬の頃からきちんとした訓練が不可欠です。またコミュニケーションを密にし、根気強く向き合って一貫した服従訓練をおこなわないと、イタリアンコルソドッグのほうが人の上に立ってしまって言うことをきかなくなる危険性もあります。飼い主には強いリーダーシップが必要なので、初心者が飼育するのは大変難しい犬種です。

食事

活発で大きなイタリアンコルソドッグの体は十分な栄養を必要とします。高タンパクのバランスが良い食事を、1日2回与えることが基本です。成長期のイタリアンコルソドッグにとってカルシウムやミネラル摂取はとても重要ですが、過剰になりすぎないように気をつけましょう。

お手入れ

イタリアンコルソドッグは抜け毛が少なめで短毛なので、週に1回くらいしっかりとブラッシングする程度で、シャンプーはあまり必要ありません。ブラッシングはラバーブラシや獣毛ブラシがおすすめで、皮膚をマッサージするようなイメージでおこなうのが良いとされています。日常的には、被毛の汚れを残さないように濡れタオルで拭き、清潔を保ちましょう。

病気

イタリアンコルソドッグは運動量が必要ですが、股関節形成不全や関節炎などの疾患が多いので、無理な激しい運動は避けてゆっくりと長く歩くように心掛けます。体重が重い大きな体のイタリアンコルソドッグには、足への負担も大きいです。

跛行や痛みがあるようなら、早いうちから治療や対処をしてください。大型犬に多い胃捻転は、イタリアンコルソドッグでも十分に注意が必要です。胃捻転を防ぐためには、ドライフードに水分を多く含ませてから食べさせたり、食台を使って食器を胸あたりの高さに置いて食べさせると予防になります。活発な犬種なので、食後にすぐ活動することのないようにしっかりと休息をさせます。

チェリーアイや涙やけなどの眼の疾患もあります。日常のケアも重要ですが、症状を放置していると結膜炎などを引き起こすこともありますので、少しでも異常が感じられたらすぐに動物病院で診察してもらってください。

まとめ

草原で舌を出すイタリアンコルソドッグ

イタリアンコルソドッグは、1994年にイタリアケネルクラブで犬種スタンダードが公認されました。2009年にユナイテッドケネルクラブ、2010年にアメリカンケネルクラブで公認され、絶滅の危機から救われたあとに確立してからの歴史は浅いです。

日本ではまだまだ頭数は少なく、ジャパンケンネルクラブにおける2018年の最新登録数は16頭。ただ一般愛好家は少しずつ増えてきていて、輪は広がっているようです。

そんな希少犬種でありながらも、大変残念なことに、様々な事情から保護されて里親募集になっているイタリアンコルソドッグもごく稀ですが目にすることがあります。飼育放棄されている例もあり、大きな体としつけが難しい犬種を安易に飼った結果となって出ているのかもしれません。

イタリアンコルソドッグは大変忠実なため、一度リーダーを決めると安易に変えることができないところがありますので、飼い主が変わるということはその後の暮らしにも大きな影響を与えかねません。だからこそイタリアンコルソドッグは、衝動的な欲求や憧れだけでは迎えてはいけない犬種なのです。

イタリアンコルソドッグを迎えようと思ったら、イタリアンコルソドッグの気質をしっかり理解し、確実な訓練とリーダーシップをとれる自信と覚悟を持って向かい合ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。