アメリカンアキタの性格や特徴!秋田犬との違いはあるの?

7867view

アメリカンアキタの性格や特徴!秋田犬との違いはあるの?

お気に入りに追加

皆さんは「アメリカンアキタ」という犬種を知っていますか?秋田犬にそっくりだけど、なんだかちょっと違う?秋田犬にルーツのある「アメリカンアキタ」の性格や特徴、秋田犬との違いをご紹介します。超大型犬と言われる「アメリカンアキタ」は、初心者にはちょっと向かない犬種かもしれません。

アメリカンアキタってどんな犬?

アメリカンアキタ

「秋田犬」といえば忠犬ハチ公にも代表されるように、日本では昔から人気の犬種です。日本の天然記念物7犬種のうちの1つでもあります。

そんな秋田犬にルーツを持つ「アメリカンアキタ(American Akita)」をご存知でしょうか。グレートジャパニーズドッグとも呼ばれ、第二次世界大戦後にアメリカ兵が連れ帰り、改良を重ねて誕生したといわれています。

今回はそんなアメリカンアキタについて、性格や特徴、秋田犬との違いまでご紹介します。

アメリカンアキタと秋田犬の歴史

アメリカンアキタの歴史

秋田犬は古来から秋田地方でマタギ犬と呼ばれる狩猟犬として、日本人と共に生活してきました。日本犬の中でも最も大きな体を持ち、日本犬の中で「最も美しい犬種」だといわれています。その大きな体はマスティフや土佐犬との交配が繰り返され、大型犬化したともいわれています。

そんな秋田犬はアメリカ人をも魅了し、第二次世界大戦後に日本へ駐屯していた兵士がアメリカへ連れ帰り、シェパードなどとの交配を行いアメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)が生まれました。

アメリカンアキタの特徴

アメリカンアキタのよくある特徴

アメリカンアキタは秋田犬同様、骨太のしっかりとした骨格を持ちます。アメリカンアキタと秋田犬とを比較するとやや大きな体を持つ「超大型犬」に分類され、体長は61~71cm、体重は27~60kg前後です。広い三角形の頭部に直立の耳、小さな目に深いマズルを持ちます。アメリカンアキタのマズル周辺はブラックマスクの被毛を持ち、全身には厚めのアンダーコートと硬く短めのアウターコートのダブルコートの被毛を持ちます。

アメリカンアキタの性格

アメリカンアキタはかわいい

アメリカンアキタは秋田犬と同様に、初心者にはしつけが非常に難しい犬種といえます。縄張り意識が非常に強く、家族や家庭を守ろうとするため、他人への攻撃性が高い一面を持ちます。他人への噛みつきなどの事故も多いため、しっかりとしたしつけを行う必要があります。

また、アメリカンアキタは飼い主に従順で学習能力も高い犬種ですので、確固たる主従関係と信頼関係を築くようにしましょう。忍耐力があり賢い犬種のため、飼い主がリーダーシップを取り信頼関係を結ぶことができれば、アメリカンアキタは心強い従順なパートナーとなってくれます。

アメリカンアキタの飼い方と注意点

アメリカンアキタの子犬

十分な広さと犬だけの空間を用意できない場合、室外での飼育に適しています。室内飼育はストレスを与える原因になるため、基本的にはアメリカンアキタは室外飼育が薦められています。

また、アメリカンアキタはその大きな体に適した十分な運動量が必要です。1~2時間の散歩を1日に2回以上行いましょう。歩くだけではなく、走りを取り入れた散歩が必要です。

換毛期には大量の被毛が抜けます。アメリカンアキタは被毛の量が多いため、普段から毎日のお手入れは欠かせません。コミュニケーションもかねて毎日のブラッシングを行いましょう。月1回、シャンプーを行ってあげましょう。

アメリカンアキタが気を付けたい病気

アメリカンアキタの病気

  • 甲状腺機能低下症
  • 自己免疫性甲状腺炎
  • 膝蓋骨脱臼
  • 股関節形成不全
  • 脂腺炎

アメリカンアキタは大型犬に多い疾患以外にも、秋田犬にも多く見られる皮膚疾患である「脂腺炎」にかかりやすいです。異常や異変が見られたらすぐに病院を受診してください。アメリカンアキタは超大型犬のため、受診可能な医療機関を事前に確保しておくことも大切です。

アメリカンアキタのまとめ

1937年にヘレン・ケラーが来日した際に、2頭の秋田犬をアメリカへ持ち帰った際に話題となりました。そんなアメリカ人にも愛され、古来から日本人と生活してきた秋田犬にルーツを持つアメリカンアキタは日本人にも親しみやすく、たくさんの魅力を持ちます。

しかし、アメリカンアキタは体が大きく運動量が必要で、ブラッシングなどのお手入れも欠かせず、疾患にも気を付ける必要があります。秋田犬と同様にしつけも難しいため、飼育するにはしっかりとした知識と覚悟を持つ必要があります。

アメリカンアキタを飼うのには難しさがある分、信頼関係が築けた場合には心強い唯一のパートナーとなってくれます。初心者にはおすすめできませんが、飼い方をよく理解したうえで、覚悟を持ってアメリカンアキタを家族に迎え入れてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 30代 女性 りん

    秋田犬は海外でも人気があるというのはよく聞きますが、アメリカンアキタというのは普通の秋田犬とは違うものだったんですね!知りませんでした!アメリカで人気なのはやっぱりアメリカンアキタなんでしょうかね?秋田犬とシェパードの交配って、なかなかすごいですね!すごく強そう!でもその分飼うのも大変そうというか、しつけをかなりきっちりしないと不運な事故とかにもなってしまいそうですよね。人気が出るのはいいですが、きちんと特性とかを見極めてしっかり育てていくことを肝に銘じないといけないなと思います。でもそういう犬だからこそ、飼い主さんとの絆みたいなものは強くなりそう。飼うのはきっと無理だけど、アメリカンアキタ見てみたいなぁ(^^♪
  • 40代 女性 サンデー

    アメリカンアキタ、聞いたことはありましたが、私が勝手に想像していたものとは全く違いました。アメリカ人が好きでアメリカに長いこといる秋田犬のことだと思い込んでいました。
    秋田犬とシェパードが交配して生まれた犬だったんですね。確かに掲載されている写真を拝見すると、お顔立ちが秋田犬じゃないですね。
    秋田犬は、子供の頃に頑丈な鉄製の檻の中でブチ切れている様子を見たことがあるからか、とても獰猛なイメージでした。しつけはやはり難しいんですね。
    しかしやはり和犬の魅力もそのちょっとやそっとじゃなびかない性格なところ、というか。誰それ構わず愛想を振りまくフレンドリーな感じじゃないところに日本らしさを感じます。アメリカンアキタは、そんな日本の血が流れているんですね。
  • 30代 男性 カブレラ

    アメリカンアキタ、初めて聞いた犬種でしたがその産まれは戦争の歴史に関連したわんちゃんだったんですね。特にGHQのアメリカ兵の間でブームになったそうで、戦争に関係無く日本を代表する犬が可愛がられていたと思うと少し嬉しいですね。もしかしたら、アメリカンアキタを通じて日本に興味を持ったアメリカ人も少なからずいるかもしれませね。
  • 女性 ゴン吉

    アメリカンアキタ、アメリカと日本のミックスみたいですね。
    アメリカンアキタの写真を見て思ったことは、秋田犬よりも足ががっしりしていることと、耳の被毛が秋田犬と比べて少ないことです。被毛の多さは環境により変化していくものだと思うので、日本より暖かいのでしょうね。
    それでも子犬の姿は秋田犬と同じでコロコロしていて可愛いです。
  • 40代 女性 匿名

    日本特有の「秋田犬」にシェパード等が入った「アメリカンアキタ」という犬種があるという事に驚きました。写真を見るとかなり骨太でがっしりとしていて、「超大型犬」というのが理解出来ました。記事にも注意点があるように、かなりしっかりとした運動量がないと満足できないと思います。そして、室内飼いは向いていないのかとも思いました。
    我が家もゴールデンレトリバーを飼っているので散歩もたっぷりと行きますが、それよりももっと歩かなければいけないかと思うと、飼い主の体力と年齢が限られてくるのかと思いました。お手入れもマメなブラッシングや、皮膚疾患に注意してあげたりと、飼うからにはきちんと愛情もってケアをしてほしいですね。
  • 40代 女性 acco

    本当にアキタって海外で人気がありますよね。特に有名な方や権力者が飼っていたりして余計にその地位のようなものが上がっている気がします。
    最近ではピョンチャンオリンピックのフィギアスケートで金を取ったザギトワ選手にもまずは秋田犬のグッズを贈呈したとかで、ついに本当に秋田犬を贈呈するとか。名前は「マサル」にするなんて報道もあり、日本らしい名前をつけてくれることはうれしく思いました。まあ、贈る予定の秋田犬は女の子らしいので日本人の感覚では不思議な感じはしますが、まあロシアなのでね。こういう世界が注目するイベントで日本犬の名前が挙がるのは純粋にうれしいですね。でも秋田犬ってすごく大きいし体力のあるので本当にザギトワ選手が飼うの??と疑問には感じますが、どうか贈られる予定の子が幸せに暮らせる環境が用意されることを願っています。
  • 30代 女性 けー

    アメリカン秋田のオーナーです。特にこれといった病気もなくレスキューから飼いはじめて10年、高齢による足腰の不調はあるものの元気に過ごしています。(関節炎の抗炎剤、サプリ使用)
    我が家の個体は50キロほどで、高齢ということもあり体重はピーク時よりも5、6キロ落ちています。
    日本の秋田犬と比べると胸元が深く、とてもがっちりとしている印象があります。歩く姿は犬というよりか、馬が早足をしているような感じです。
    横並びにしたことはないですが全体的に日本の秋田犬よりかは一回り大きいですが、やはり秋田犬ですので、基本は頑固で、のんびりしています。我が家の個体は顔もマズルが黒いので、ちょっと怖い印象を与えがちです。
    歴史的には洋犬との交配から大型化していますが洋犬の人懐こさも引き継いでいるようで、見知らぬ人への警戒というのはありますが飼い主以外にも猫、他の犬を含め、慣れるととても穏やかに接することができますよ。
    「飼いやすい」犬というわけではありませんが、「飼いにくい」という印象は正直ありません。ただし個体差はあると思うので必ず信頼関係の確立、躾等必要なことは必ずしていただけたらと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。