カーリーコーテッドレトリーバーの性格や特徴、値段や飼い方について

カーリーコーテッドレトリーバーの性格や特徴、値段や飼い方について

カーリーコーテッドレトリーバーと言う犬の名前を聞いても、どんな犬なのか思い浮かべることのできる方は少ないかもしれません。カーリーコーテッドレトリーバーは、日本でも人気のあるレトリバー種の仲間で、猟犬としてイギリスでは大活躍した犬になります。そんなカーリーコーテッドレトリーバーについて、その性格や特徴を紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

カーリーコーテッドレトリーバーってどんな犬?

カーリーコーテッドレトリーバーと猟師

カーリーコーテッドレトリーバーの歴史

カーリーコーテッドレトリーバーは、最も古いであろうレトリバーの一種とされている、イギリス原産のカーリーコーテッドレトリーバーに関しての歴史的記述については、実は明確な記録は存在せず、実際に飼育をしていたとされている猟師から伝え聞いた話として残されています。

猟師たちの話を総合すると、カーリーコーテッドレトリーバーは17~18世紀の頃に作出されたのではないかと推察することができます。

その唯一の証拠として、イギリス国内にはカーリーコーテッドレトリーバーのことを書かれたのではないかという短い記録があるのですが、正式な記録としての扱いではないようです。

カーリーコーテッドレトリーバーのルーツ

そもそもカーリーコーテッドレトリーバーは、アイリッシュ・ウォーター・スパニエルとの共通点が非常に多いため、イギリス土着犬とセッターやニューファンドランドを掛け合わせて作出されたと言われています。

19世紀になる頃には、カーリーコーテッドレトリーバーを飼育していた猟師たちが、更に猟の役に立つようにと改良を加え始め、鳥猟犬としての能力を伸ばす為にカーリーコーテッドレトリーバーとラブラドールレトリバーを掛け合わせ、水猟犬としての能力を伸ばす為にカーリーコーテッドレトリーバーとプードルを掛け合わせて改良を重ねていき、現在のカーリーコーテッドレトリーバーが完成されていきました。

カーリーコーテッドレトリーバー絶滅の危機

1860年頃には、カーリーコーテッドレトリーバーはイギリスのドッグショーに出展されるようになり、1913年にはようやくカーリーコーテッドレトリーバーのスタンダート定義が成立されました。

その頃にはハンターたちの間で、カーリーコーテッドレトリーバーの優れた能力が既に話題となり、アメリカ・ニュージーランド・オーストラリアに輸出されていくようになりました。

AKC(アメリカンケンネルクラブ)には、1924年にカーリーコーテッドレトリーバーとして正式に登録されました。

ところが二度の世界大戦の影響を受け、イギリスの国内では多くの犬種が減少し、元々頭数が左程多くなかったカーリーコーテッドレトリーバーは絶滅寸前にまで頭数が減少してしまいました。

その後戦火がおさまり始めたのを機に、カーリーコーテッドレトリーバー愛好家が再生に力を入れ頭数を増やしていったことで、絶滅の危機を免れることとなりました。

カーリーコーテッドレトリーバーの愛称

カーリーコーテッドレトリーバーの英語表記は「Curly-Coated Retriever」となり、イギリスでは「カーリー」の愛称で親しまれています。

ゴールデンやラブラドールにはまだまだかないませんが、カーリーコーテッドレトリーバーも多くの愛好家から愛されています。

「カーリーコーテッド」は「巻き毛に覆われている」という意味を持っていますので、カーリーコーテッドレトリーバーの特徴の一つである巻き毛が名前の由来になっています。

カーリーコーテッドレトリーバーの性格

カーリーコーテッドレトリーバーの横顔

性格

  • 知性が高い
  • 飼い主に従順
  • 人に対して愛情深い

知性が高い

犬大国とされるイギリスの犬種資料の中にも、「知性が高い」とあえて記載されるほどカーリーコーテッドレトリーバーは知的で賢い犬種と認められています。

学習能力も大変高いので、しつけがしやすく飼いやすい犬種とされています。

飼い主に従順

カーリーコーテッドレトリーバーは賢い犬種であるからこそ、リーダーである飼い主さんには忠実で常に従順な態度で接します。

カーリーコーテッドレトリーバーは自分が何を求められているのかを鋭く察知しますので、飼い主さんからすると大変扱いやすく、満足気な飼い主さんを見てカーリーコーテッドレトリーバーも幸せを感じることから、お互いが素晴らしいパートナーになることができます。

人に対して愛情深い

カーリーコーテッドレトリーバーは、飼い主さんには勿論ですが、それ以外の家族や飼い主さんの友人にも愛情深く接することができ、小さな子どもとも嫌がらずに遊んでくれます。

猟犬の気質も持っていますので、飼い主さんに危険が及ぶようなことになると、勇敢に戦うような素ぶりを見せることもあります。

カーリーコーテッドレトリーバーの特徴

ベンチに座るカーリーコーテッドレトリーバー

カーリーコーテッドレトリーバーの、身体的特徴などについて挙げていきます。

大きさ(体重/体高)

  • 体重 32㎏~36㎏
  • 体高 62㎝~69㎝

カーリーコーテッドレトリーバーは大型犬に分類されます。

一般的に、オスの方がメスよりも体高が高く体重も多いのですが、個体差によっては逆転する場合もあります。

被毛(毛色/毛質)

毛色の種類

  • ブラック
  • ブラウン

毛質

  • 巻き毛

被毛のタイプ

  • シングルコート

カーリーコーテッドレトリーバーの被毛は、ブラウン色とブラック色の2種類で、単色のみがカーリーコーテッドレトリーバーの毛色として認められています。

特徴的なくるりと巻いた被毛は、カーリーコーテッドレトリーバーの体を木の枝やトゲから守るだけではなく、冬場には保温用として優れた効果を発揮します。

また、カーリーコーテッドレトリーバーの被毛はアンダーコートのみが密生しているシングルコートで、換毛期にはかなりの被毛が抜け替わります。

体の特徴

  • 筋肉質
  • 垂れ耳
  • 巻き毛

カーリーコーテッドレトリーバーの体は、筋肉質でありながら気品のある雰囲気を持っています。歩き方や立ち姿は優雅で、胸はやや深いのも特徴として挙げられます。垂れている耳は体の大きさの割には小さめで、尻尾は真っすぐ伸びています。

カーリーコーテッドレトリーバーの寿命

草原のカーリーコーテッドレトリーバー

平均寿命

12歳~13歳

カーリーコーテッドレトリーバーの平均寿命は、12歳~13歳とされています。これは、大型犬の一般的な平均寿命と同等で、ゴールデンやラブラドールの平均寿命も同じ程度の年数となります。

カーリーコーテッドレトリーバーの子犬の値段

カーリーコーテッドレトリーバーの子犬

価格の相場

20万円~25万円

カーリーコーテッドレトリーバーの子犬を購入する場合の値段は、現在国内での飼育頭数も少ないことから最低でも20万円~25万円はします。

被毛カラーによっての価格の差については、現在はあまりないようです。

今後も出産頭数が少ない場合には、更に値段が上がることも充分に考えられます。

カーリーコーテッドレトリーバーを飼うには

芝生のカーリーコーテッドレトリーバー

ペットショップ

いつでも好きな時に気軽に立ち寄ることのできるペットショップですが、カーリーコーテッドレトリーバーの子犬がペットショップの店頭に並ぶことはまずありません。ブリーダーの意向も関係しているのかもしれませんが、カーリーコーテッドレトリーバーは一般流通していないようです。

ブリーダー

カーリーコーテッドレトリーバーを飼いたければ、ブリーダーを探してコンタクトを取るのが最も確実な方法です。ただし、日本国内ではカーリーコーテッドレトリーバーのブリーダーは本当に数が少ないです。運よく近場にブリーダーが見付かったとしても、タイミングよく子犬が産まれている可能性もそう高くはありません。

カーリーコーテッドレトリーバーの購入を考えているのであれば、まずはブリーダーを探し予約を入れ、気長に待つつもりで計画をするのがおすすめです。

里親制度

やむを得ず飼育継続が難しくなってしまった犬が、新しい家族を探す里親制度があります。極々稀ではありますがカーリーコーテッドレトリーバーがそこに出されることもあります。

最近では里親募集のサイトも多く存在しますし、行政でもそのような活動を行っていますので、時々チェックしてみるのもいいかもしれません。

カーリーコーテッドレトリーバーの飼い方

海で遊ぶ位カーリーコーテッドレトリーバー

環境

カーリーコーテッドレトリーバーは、大型犬特有の股関節形成不全に気を付けた生活環境を整える必要がありますので、生活スペースの床材はフローリングなどの滑りやすい素材は避けてください。

また、高い場所にも手が届いてしまいますので、うっかり落として怪我をすることがないように、棚の上などに重い物や危険な物は置かないようにします。

運動

カーリーコーテッドレトリーバーの美しい引き締まった体型を維持するには、1回に付き1時間程度の散歩を1日に2回は行う必要があります。更に時間のある時には、ドッグランでボールやフリスビーなどを利用して思い切り走らせてあげると大変喜びます。

泳ぐのも得意としていますので、夏場はドッグプールなどもおすすめです。川や海で遊ばせる場合には必ずリードは付けたままとし、安全対策を怠らないようにしてください。

しつけ

カーリーコーテッドレトリーバーは学習能力が高くとても賢い犬種ですので、しつけに関しては特に苦労することはありません。子犬のうちは体力を持て余して落ち着きがないように感じても、飼い主さんの指示はきちんと理解していますので、力任せに教えるよりも静かに淡々としつけるのが効果的です。

カーリーコーテッドレトリーバーは活動的な犬種ですので、良質なタンパク質を多く含んだ餌がおすすめです。また、5歳を過ぎた頃からは関節に良いとされているグルコサミンなどを含んだ餌を選んであげると、足腰の健康維持にも役立ちます。

お手入れ

カーリーコーテッドレトリーバーはシングルコートの被毛ですので、日頃のケアはそれほど手がかかりません。但し、前述したように換毛期には驚く程被毛が抜け落ちます。この時期だけはブラッシングをこまめに行い、被毛同士が絡まらないように気を付けてあげてください。

シャンプーを行う際の注意点として、ドライの際にブラシで被毛をとかし過ぎないことです。被毛が絡まないようにと、ついブラッシングを丁寧にしてしまいがちですが、そうするとくるりとした被毛が伸びてしまい、ふんわりと膨張したような仕上がりになってしまいます。

被毛は伸ばし過ぎないように、手でほぐしながら整えていくのが綺麗に仕上げるコツです。

まとめ

ブラウンのカーリーコーテッドレトリーバー

カーリーコーテッドレトリーバーの歴史や特徴について紹介してきました。日本国内では実際に目にすることはなかなかない犬種ですが、数少ないながらも愛好家たちはドッグランなどで交流を深めている話も耳にします。

カーリーコーテッドレトリーバーに興味があるようでしたら、ネットなどで検索して、飼育されている方に一度連絡を取ってみてはいかがでしょうか。良いご縁が広がるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。