ボースロンの性格と特徴、値段や寿命など

ボースロンの性格と特徴、値段や寿命など

ボースロンは、フランス原産の大型犬です。ボースロンは性格と外見の良さから、古くからショードッグや、軍用犬、牧羊犬として活躍してきました。日本ではほとんど、ボースロンは飼育されていないので、あまり馴染みがないかも知れませんが、その特徴や性格、ルックスの良さを知ると、とても魅力的な犬種であることが分かります。今日は、そんな魅力いっぱいのボースロンについて、紹介したいと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

ボースロンの性格

Luna✨さん(@thatpupperluna)がシェアした投稿 -

ボースロンの性格は、子供や子犬に対しても優しく、賢く、穏やかと言われています。しつけの飲み込みも良い賢い犬種で、状況判断能力にも優れているので、家族以外の犬や人にも節度を持って接することができます。

穏やかさと機敏さを持ち合わせたボースロンは、ジャーマン・シェパードとにも性格や気性が似て聡明で、本能的に見知らぬものには警戒心が強く、防衛本能も強く、主人に従順な性格なので、牧羊犬、番犬や警察犬といった仕事もこなせる特性をもっています。身体能力も高く、運動量も多めに必要です。

ボースロンの特徴

ボースロンは引き締まった体と、長い足、美しい筋肉をもっています。がっしりとした体つきですが、威圧的なイメージはありません。ボースロンの体高は約61~70cmで、体重は大きい子だと50㎏程にもなるそうです。被毛はショートコートで、毛色はブラック・アンド・タンが最も多く、タン・アンド・グレイやハールクインも見られます。

ボースロンのマズルは、先が細くなる中ぐらいの長さで、耳は丸みのある垂れ耳または半立ちですが伝統的には断耳されてきました。、顔つきは優しい雰囲気があります。長く垂れたしっぽ、後ろ足に2本の狼爪(ダブルデュークロー)があるのがボースロンの最も有名な特徴です。ドッグショー用のボースロンも、家庭犬用のボースロンも切除することは禁止されています。

足元の模様が、赤い靴下を履いているようにも見えることから、ボースロンはパ・ルージュ(赤い靴下)という呼び名でも知られています。短毛種なので、週に1度のブラッシングをする程度で、美しい毛並みを保つことができます。ただし、抜け毛は多い方です。

ボースロンの値段

Bartさん(@bljeep)がシェアした投稿 -

ボースロンの値段は、フランスなど現地では15万円前後と言われています。日本ではボースロンを手にいれることが困難なので、輸入という形をとりますが、さらに高額の30万円~40万円以上と言われています。

ボースロンの寿命

ボースロンの寿命は、10年~12年と言われています。ボースロンは比較的に健康な犬種なので、上手に管理してゆければ寿命を全うすることができるでしょう。ですが、大型犬に多い、股関節形成不全や、関節疾患には注意が必要です。

ボースロンの歴史

Cecile renauxさん(@cecilerenaux)がシェアした投稿 -

ボースロンの歴史は古く、1500年代には牧羊犬として既に活躍していたと考えられていますが、ボースロンと名前がついたのは19世紀後半のことです。

ボースロンが活躍していた地域には、長毛種と短毛種の似たような牧羊犬がありいて、名前を付け犬種としての区別をするために、長毛種は(ベルジュ・ド・ブリ=ブリー地方の牧羊犬)と名付けられ、短毛種は(ベルジェ・ド・ボース=ボース地方の牧羊犬)と名付けられました。

ベルジュ・ド・ブリはブリアールとも呼ばれていて、ベルジェ・ド・ボースがボースロンとも呼ばれているわけです。

ボースロンが牧羊犬として活躍した歴史は古く、さらに第二次世界大戦では軍用犬として活躍し、パラシュート落下での伝令、怪我人を誘導して、スパイを探し出すなど活躍していました。

19世紀にボースロンは、ドーベルマンの作出にも関わったことで知られています。現在もフランスでボースロンは、警察犬や追跡追及犬、遭難救助犬など、レスキュードッグとしても活躍しています。戦時中は全ての犬種のブリーディングが困難だったことや戦後の衛生環境の悪化、また人々の生活様式が変わりボースロンにとっての仕事がない都会での暮らしに適応できるか、という問題からボースロンは一時、頭数が激減してしまったそうです。

現在は、都会でも家族や家を守る護衛犬としても飼われたり、より穏やかな個体が繁殖されたりして徐々にその頭数は回復してきていて、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダなどのヨーロッパで人気の犬種になっています。

まとめ

日本では、まだまだお目に掛かることのできない、希少な犬種のボースロンをご紹介しました。その賢さや従順さから、フランスなどヨーロッパでは古くから牧羊犬や軍用犬として活躍した歴史がありました。

ボースロンは人や犬にもとても優しくて、穏やかで、立ち姿もスタイリッシュ、日本でもその魅力の虜となる人がいるでしょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 まろん

    ボースロンはかっこいいわんちゃんですよね。とても体力があって運動も出来そうな見た目をしてます。外国では15万くらいで販売されているみたいですが、日本では30〜40万くらいなんですね。珍しいのもあるし、何より輸入代って高いんですね(;´∀`)日本でブリーダーさんって全くいないのかな…?
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。