サモエドの子犬を見てはいけない理由とは?特徴や画像を紹介

サモエドの子犬を見てはいけない理由とは?特徴や画像を紹介

真っ白でふわふわの大きな体を揺らしながら走る姿がとてもかわいいサモエド。そんなサモエドの子犬を私たちが「見てはいけない」なんて、一体どういうことなのでしょうか?今回は、そんなサモエドの魅力に迫ってみました。

サモエドの子犬を見てはいけないのは可愛すぎるから!

サモエドの子犬を見てはいけないのは可愛すぎるから

映画やドラマで放映された「犬飼さんちの犬」。ご覧になった方も多いのではないでしょうか?犬嫌いの主人公をとりこにしてしまった本当の意味での主人公、それが「サモエド」でした。

真っ白でふわふわの被毛を持つサモエドは、成犬になってもどこか愛らしい雰囲気を漂わせているのですから、きっと「子犬はもっと可愛いいはず!」誰もがそう考えると思います。

それなのに、なぜ見てはいけないといわれるのか、なんだかとても不思議な気がします。しかし、その理由がわかれば、多くの人が納得してくれるのではないでしょうか。

では、その納得の理由とは!?

それは、その姿があまりにも可愛らしすぎるからなのです。

たとえ、犬好きな人でなくても、その姿をひと目見てしまうと、あまりの可愛さに目を奪われてしまい、後先のことも考えられないまま「一緒に連れて帰りたい!」と強く思ってしまうほどだからです。

見てはいけないくらい可愛いサモエドの子犬画像!

見てはいけないと言われると、どうしても見たくなるのが人間の性ではないでしょうか?

ここからは、あまりにも可愛すぎるサモエドの子犬の画像をご堪能いただきましょう。どうぞ、そのキュートな姿に癒やされてください。

こちらに走ってくる一頭のサモエド

並んで立っている三頭のサモエド

箱に入った一頭のサモエド

かけっこしている二頭のサモエド

伏せをしている三頭のサモエド

サモエドの特徴をQ&Aで紹介

サモエドの特徴をQ&Aで紹介

いかがでしたでしょうか。あまりにも可愛すぎるサモエドの子犬の画像を見てしまったら「サモエドを飼ってみたい!」と思わずにいられなくなった方も多いことでしょう。

しかし、サモエドの子犬は、ペットショップではあまり見かけません。サモエドの多くはペットショップからではなく、ブリーダーから迎えることがほとんどのようです。

そのため、いざサモエドを飼おうと思っても、なかなか情報を得ることができないのが現状です。そこで次に、サモエドに関する様々な疑問にお答えします。

サモエドの子犬の販売価格は?

「サモエドを飼う!」 と決めたとき、まず気になるのがお値段ではないでしょうか?

ペットショップでは、必ず子犬の販売価格が店頭に表示されています。しかし、店頭で販売されることの少ないサモエドの価格をペットショップで確認することは難しく、またサモエドの相場を知ることは困難です。

ブリーダーから子犬を迎える場合、直接ブリーダーを訪ね、その場で値段を聞くことになります。ですが、サモエドのブリーダーは日本全国にいらっしゃいますが、その数はそれほど多くありません。

ここで敷居が高いと感じて「かわいいけど、珍しい犬だし、きっと高いんだろうな」と考えてしまうのが多くの人の意見でしょう。

そこで、サモエドの販売価格の相場を調べてみたところ、2022年現在、サモエドの販売価格の相場は約50万円~となっているようです。

大型犬で数も少ないので、やはり他の犬種に比べると価格は少し高めであることが分かります。

サモエドという犬種に魅了され、どうしてもサモエドを飼いたいという方は、登録頭数が少ないので滅多にお目にかかれないかもしれませんが、里親になって保護犬や引退犬を飼うのも一つの方法かもしれませんね。

サモエドの大きさはどれくらい?

サモエドの大きさはどれくらい?

白くてふわふわのかわいいサモエドの子犬も、いつまでもそのままの姿でいるわけではありません。

小さな子犬を迎えたときは、すっかりそのことが頭から消えてしまっていますが、サモエドはやがて堂々とした立派な体格を持つ「大型犬」に成長するのです。

それも、遠い将来ではなく、生後1年程度で成犬の大きさに成長し、体重も安定してきます。

ジャパンケネルクラブ(JKC)では、成犬の理想的な体高をオス57cm、メス53cmと定義し、オス・メスともに上下3cmまで許容しています。

オスで54~60cm、メスで50~56cmであればOKということですが、これはあくまでも基準値であり、実際には成犬になっても個体差があり、この範囲に収まるとは限りません。

平均体重は、オスで約20~30kg、メスで16~22kgで、オスとメスで多少の差があるようです。

子犬は生後6ヶ月頃まで1ヶ月に約3kgの割合で体重が増加するので、生後2~3ヶ月頃の子犬を家に連れてきたときの体重は5~8kgが目安といったところでしょう。

サモエドは大型犬の中では小さい方ですが、それでも子犬の頃は、小型犬や中型犬に比べるとかなりボリュームがあることがわかります。

サモエドの性格は?

  • 優しく温和
  • 友好的社交的
  • 遊び好き
  • 冷静で忍耐強い
  • 友好的で素直
  • 適度な警戒心と自立心がある
  • 頑固な一面がある

サモエドはその表現通り、とにかく穏やかで温厚な性格の持ち主です。また、社交的で遊び好きなところがあり、人間や初対面の他の犬とも仲良くできます。

人懐っこく、人間を信頼しているので、飼い主に対して愛情深く、いつも側にいたいと思っています。また、穏やかで忍耐強く、遊ぶことが大好きなので、子どもの遊び相手としても理想的といえるでしょう。

適度な警戒心と独立心があるのでお留守番もできますが、狩猟本能が薄く、攻撃的でないうえに人見知りもしないので番犬には不向きな犬種です。

基本的にはとても従順ですが、頑固な一面もあるので、子犬の頃からしっかりとしたしつけが必要です。

このように、サモエドは外見だけでなく性格も可愛い犬なのです。

サモエドとはどこの犬?

サモエドの原産地はロシアの中央シベリアとされ、このツンドラ地帯に住むサモエード族と共生してきた犬とされています。

その歴史は古く、3千年以上もの間、犬に近縁の動物と交配することなく飼育されてきた原始犬に近い品種と言われています。

また、その典型的なスピッツのような体型から「シベリアン・スピッツ」とも呼ばれ、「スマイリー(Smiley)」「サミー(Sammy)」などの別名があります。

体の特徴としては、体高より体長がやや長く、骨太で強靭な体力と持久力を持ち、極寒の地で暮らすのに適した皮下脂肪と豊富な被毛が、優れた耐寒性の礎となっています。

極寒に耐える厚いダブルコートを持ち、首周りとお尻には長めの被毛が豊富に生えており、尻尾は緩やかに巻いています。

毛色は、純白、クリーム、ホワイト・ビスケットで、ホワイト・ビスケットは、ホワイトにごく薄い茶色の線が入ったものです。

寒冷地がルーツの犬なので、寒さには強いが暑さにはやや弱いので注意が必要です。

サモエドの笑っている表情を何と言う?

サモエドスマイル

サモエドは、やや小さめの耳に黒い目と鼻を持ち、適度な長さのマズルにある口角は常に上がっていて、まるで微笑んでいるかのような表情をしています。

この表情がサモエドの人気の理由の一つであり、「サモエドスマイル」と呼ばれ親しまれています。イギリスのサモエドクラブでは「The Happy Breed」と呼んでいます。

こんなかわいい笑顔を見たら、たとえサモエドのファンでなくとも、誰もが幸せな気持ちになることでしょう。サモエドスマイルはサモエドの大きな魅力なのです。

サモエドの寿命は?

サモエドに限らず、大切な愛犬には、健康で1日でも長生きして欲しいというのが、すべての飼い主さんの願いではないでしょうか。

一般的に、大型犬の平均寿命は小型犬や中型犬に比べ短く、10年程度、長くても13年ほどと言われています。サモエドの平均寿命は12~13歳と他の大型犬より比較的長く、これまでの最高齢は17歳と記録されています。

大型犬の16歳は人間の年齢に換算すると99才とされており、17歳のサモエドはというと、なんと人間の年齢で107歳まで生きたことになります。

サモエドは遺伝性疾患が比較的少ない犬種であり、日々の健康管理や食事管理をしっかり行うことで、さらに寿命を延ばしてあげることができるでしょう。

サモエドを飼うには?

  • 経済的な余裕がある
  • 一戸建てに住んでいる
  • 自宅に長くいることができる
  • 飼い主さんに体力的余裕がある

大型犬は食べる量も多く、予防接種やトリミングなどの医療費も小型犬や中型犬より高額になります。

サモエドに限らず、大型犬全般は飼うのにかなりの経済的負担がかかるので、犬のために割ける費用をあらかじめ考えておくことが大切です。

また、サモエドは体が大きいので、周囲への影響や犬の運動量を考えると、できれば庭付きの一戸建てで飼うのが望ましいといえるでしょう。

サモエドは人と一緒にいることが大好きな犬種なので、飼い主さんが家で過ごす時間が長ければ、犬に与えるストレスは少なくてすみます。

サモエドは運動量が多く、1日1時間程度の運動は欠かせませんが、毎日の散歩も飼い主さんの体力が求められます。

また、お迎えした時はまだ小さくてかわいいサモエドも、成長してやがて老犬になります。普段はあまり考えない(考えたくない)ことですが、愛犬が老犬になったときに介護が必要になる可能性も考えておかなければなりません。

もしそうなると、飼い主に体力的な余裕がなければ、十分な世話ができず、犬も人間も困ってしまうかもしれません。

大型犬の飼い方は、小型犬や中型犬の飼い方と大きく異なります。小型犬や中型犬では配慮する必要のないことも、大型犬ではあらかじめ配慮しておく必要があるのです。

まとめ

抱えられているサモエド3頭

いかがでしたでしょうか。サモエドについてご紹介してきましたが、見た目も性格もかわいいサモエドの魅力にますます引き込まれてしまったのではないでしょうか。

犬は私たちにとってかけがえのないパートナーですが、一緒に暮らすには大きな責任が伴います。これは、すべての犬に言えることですが、特に大型犬を飼う場合、小型犬や中型犬では考えなくてもいいようなことでも、いろいろと気を配る必要があります。

ただサモエドがかわいいからということで迎えるのではなく、まずは飼った後のことをよく考え、ある程度の計画を立ててから迎えることが大切です。

家族として迎えた後の犬の生活全般は、飼い主が責任を持つということを深く心に留めておいてください。それができる人なら、サモエドを飼うことも夢ではありません。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい