スタッフォードシャーブルテリアという犬種について、特徴から危険度まで

スタッフォードシャーブルテリアという犬種について、特徴から危険度まで

お気に入りに追加

スタッフォードシャーブルテリアは、スタッフィーという愛称で知られるイギリス原産のテリア犬種です。強面のルックスで少し怖そうなイメージですが、「ナニードッグ(子守り犬)」としても知られており、賢く優しい性格をしています。この記事では、スタッフォードシャーブルテリアの特徴や性格、しつけ方などをまとめました。

1691view

スタッフォードシャーブルテリアの特徴

スタッフォードシャーブルテリア立ち姿

スタッフォードシャーブルテリアは、「スタッフィー」「スタッフォード」「スタ」などと呼ばれることもある、ブルドックと様々なテリア犬を交配して生まれたイギリス原産の犬種です。

大きさ(体重/体高)

  • 体重:11~17キログラム
  • 体高:35~41センチメートル

スタッフォードシャーブルテリアは中型犬に分類されます。もともと闘犬種として活躍していたこともあり、ガッチリとした筋肉質な体が特徴です。体長に比べて体高がやや低いため、重心の低いどっしりとした体をしています。 

走る姿は力強く敏速で、まるでトレーニングをしているラグビー選手のようです。非常に顎の筋肉が発達しているおり、噛む力が強靭です。幅広い頭部や太い首が特徴的で、耳は半立ち、脚は骨太で、尻尾は飾り毛がなく垂れています。

毛色 (ブルー 黒)

スタッフォードシャーブルテリアの毛色は、ブラック、ホワイト、ブルー(青みがかった灰色)フォーン(金色がかった茶色)、レッド(明るい茶色)、ブリンドル(黒と他色の混合)、ホワイトと他色の混合のバイカラーなど、さまざまな種類が存在します。被毛は短毛で、とてもすべすべしたさわり心地です。

寿命

平均的なスタッフォードシャーブルテリアの寿命は11~14歳といわれています。中型犬の一般的な平均寿命といえるでしょう。スタッフォードシャーブルテリアは痛みに鈍感なところもありますので、飼い主が普段から様子を観察し、定期的な健康診断を受けることも長生きのポイントになります。

危険度

スタッフォードシャーブルテリアは、基本的には家庭犬として改良されており、友好的で優しい性格です。しかし、闘犬としての名残もあり、ストレスが溜まる環境に置かれたり、見知らぬ犬が挑戦的な態度で近づいたりすることで、攻撃的な性格が出てしまうこともあります。

スタッフォードシャーブルテリアは噛む力が強いため、興奮すると遊びのつもりでも人や他の犬に怪我をさせてしまうこともあります。また、パワーのある犬種なので、力いっぱい飛びつかれると怪我をしてしまう可能性もあるでしょう。 

スタッフォードシャーブルテリアが興奮して攻撃的になってしまうと、人間の手で止めることが難しくなることもあるかもしれません。子犬の頃から徹底的なしつけや訓練が必要です。

スタッフォードシャーブルテリアとアメリカンピットブルの違い

闘犬種として知られているアメリカンピットブルやアメリカンスタッフォードシャーテリアは兄弟犬種となります。 闘争心が強く非常に攻撃的な性格のアメリカンピットブルと姿が似ていますが、スタッフォードシャーブルテリアは家庭犬として改良された犬種です。アメリカンピットブルの方が体が一回り大きいのが特徴です。

スタッフォードシャーブルテリアの性格

スタッフォードシャーブルテリア横向き

  • 愛情深く優しい
  • 社交的
  • 従順
  • 本能的に攻撃的な面が出ることもある
  • 素直で賢い

スタッフォードシャーブルテリアは、いかつい顔をしていますが家庭犬として改良されており、子どもとも仲良く付き合える愛情深く優しい性格をしています。人懐っこく、家族以外の人や動物に対してもフレンドリーです。

元々は闘犬であったため、飼い主への従順さを持ち合わせています。素直で賢い犬なので、しつけにも反抗しにくいです。しかし、闘犬の血を引いているため、環境や状況により攻撃的な性格が現れることもあります。 

スタッフォードシャーブルテリアの飼育、飼い方

走るスタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアは闘犬としての気質があるため、飼うためには一般的な家庭犬以上に大変な覚悟と準備が必要です。
 

環境

人間が大好きで寂しがりやなところもあるスタッフォードシャーブルテリアは、室内飼育が理想的です。また暑さや寒さにはあまり強くないので、室内温度や散歩の時間帯には気をつけましょう。

お手入れ

スタッフォードシャーブルテリアは短毛種のため、特別な手入れはありません。ブラッシングは週に1~2回程度。濡れたタオルで体を拭いてあげるのも良いでしょう。普段は抜け毛も多くありませんが、換毛期には抜け毛が多くなります。

しつけ

スタッフォードシャーブルテリアに限らず全ての闘犬種に共通しますが、しつけは必須です。きちんとしたしつけをしていないと、人や他の動物に怪我を負わせてしまうこともあります。赤ちゃんの頃から徹底的なしつけや訓練をし、興奮していても飼い主の命令で制御ができるようにします。

そこまでしつけるためには、他の犬種に比べて手がかかり、飼い主も大変な忍耐と努力と覚悟が必要になります。スタッフォードシャーブルテリアの飼育が難しいといわれる理由の一つです。飼い主の命令を素直にきくことができる性格ですので、子犬の頃から時間をかけて、粘り強く一貫したしつけをし、信頼関係を作り上げていきましょう。

噛み癖や飛びつき、マウンティングはしないように子犬の頃からしつけます。特に噛む力は強靭ですので、ただの遊びでもエスカレートすると大きな事故につながることもあります。

散歩

スタッフォードシャーブルテリアは、運動不足でストレスが溜まると攻撃的になるので、1時間程度の散歩を毎日2回するとよいでしょう。

スタッフォードシャーブルテリアはパワーがありますので、散歩の際はしっかりとした素材の首輪を選び、子どもにはリードを持たせないようにします。また、他犬の喧嘩を買ってしまうので、興奮してもきちんと静止できるしつけを普段からしておくことが必要です。
  

ご飯代

体重13キロのスタッフォードシャーブルテリアの餌代は、しつけに使うおやつ代も含め、月に7千円が相場です。フードは飼い犬によっては好き嫌いもあり、特定のフードしか食べたがらない犬もいるため、総額は家庭によって大きく違います。 

病気

スタッフォードシャーブルテリアの気をつけたい病気として、緑内障、白内障などの眼病が上げられます。早期発見により、点眼薬で病気の進行や症状の発現を遅らせることができます。目の濁り方や涙の量などは日頃から注意し、気になる症状が有る場合は、早めに獣医師の診断を受けましょう。

また、皮膚が弱いために毛包虫(ニキビダニ・アラカス)症になることもあります。毛包虫は健康な犬の皮膚にも常在していますが、免疫力が低下した時などに毛包虫が増殖し発症することがあります。目や口、顔面、四肢の先などに脱毛を起こすことが多く、重症になると全身に広がります。

スタッフォードシャーブルテリアのブリーダー 

佇むスタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアの子犬の平均的な値段は30万円前後になります。スタッフォードシャーブルテリアは日本ではなかなか手に入れることが難しい犬種です。ペットショップではほとんど見かけることがありませんが、スタッフォードテリアを扱うブリーダーから購入することができます。
 
中でも、よりよい状態で家庭に迎えるために、スタッフォードシャーブルテリア専門のブリーダーから購入することをおすすめします。知識も豊富でその犬に合ったしつけの仕方や育て方を相談できるので、心強い存在だと言えます。

まとめ

スタッフォードシャーブルテリア

顔はちょっと怖いけれど心優しいスタッフォードシャーブルテリアは、愛嬌があり人が大好きで甘えん坊な一面もあります。しかし、闘犬の血筋もあり、家庭で飼うためには飼い主も多くの努力や覚悟も必要となります。スタッフォードシャーブルテリアの性質をよく理解し、責任を持って家族に迎え入れましょう。 

どんな犬でもそうですが、環境や育て方で次第で、優しい犬にも危険な犬にもなります。信頼関係を築いて、スタッフォードシャーブルテリアとの豊かな生活を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。