シャーペイの性格と特徴、しつけや飼い方から子犬の価格まで

シャーペイの性格と特徴、しつけや飼い方から子犬の価格まで

シャーペイという犬種をご存知でしょうか。ギネスブックでは世界一珍しい犬と紹介されることもあるシャーペイですが、一体どんな犬なのでしょうか。シャーペイの性格や特徴、おすすめのSNSアカウントなどをまとめました♪シャーペイは、一度見たら忘れられない!癖になる!そんな魅力あふれる犬種ですよ~!

はてな
Pocket
お気に入り登録

シャーペイの性格

こちらに向かって歩くシャーペイ

性格

  • 冷静
  • 独立心が強い
  • 愛情深い
  • 闘争心が強い

冷静

シャーペイは、堅実で自信に満ちた性格の持ち主であると同時に、冷静に落ち着いて判断する力を持ちます。そのため、警戒心は強いものの表立って感情をあらわにすることは少ないです。

独立心が強い

シャーペイは独立心が強く、プライドが高い一面を持ちます。そのため、少々気難しいところも。リーダーと認めた人に対しては忠実であるものの、正しい主従関係を築くことができなければ我を突き通そうとすることもあります。

愛情深い

シャーペイは見知らぬ人にはなかなか警戒心を解こうとはしませんが、家族に対しては非常に献身的で、常に家族を守ろうと努力する面も。しつけはやや難しい部分があり、子犬の頃からの社会化訓練、服従訓練は必須となります。

犬と暮らすのが初めてで、小さな子供がいる家庭で飼育するよりは、ある程度経験豊富な飼い主による飼育がお勧めといえるでしょう。

闘争心が強い

シャーペイは、闘犬としての歴史を持つ犬種でもあり、強い闘争心を持ち合わせています。基本的には冷静で攻撃的になることは少ないものの、咄嗟に攻撃的になってしまう可能性もあります。そのため、ドッグランなどの知らない人や動物などに出会う場などでは注意深く見守りましょう。

シャーペイは、性別による性格の違いが大きく現れることもあります。オスは物怖じしない落ち着いたマイペースな性格をしていることが多く、メスは明るく人懐っこい性格をした個体が多いようです。

シャーペイの特徴

凛々しいシャーペイ

がっしりした身体と短い被毛、そして何より子犬の頃には何とも愛嬌のある皮膚のたるみ具合…。そんなブサカワな外見を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そんな個性的な外見のシャーペイの、身体的特徴についてご紹介します。

大きさ(体重/体高)

体の大きさ

  • 体重:20kg~30kg
  • 体高:44cm~51cm
  • 分類:中型犬

シャーペイの体重は20kg~30kgであり、中型犬に分類されます。JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、体高は44cm~51cmと定められています。

被毛(毛色/毛質)

毛色の種類

  • クリーム
  • ブラック
  • レッド
  • ライラック
  • サンドベージュ

シャーペイの被毛は硬い手触りのショートコートであり、その長さによって「ホースコート」「ブラッシュコート」「ベアコート」の3種類に分けられます。短毛なので、比較的抜け毛は少ない犬種です。

「ホースコート」は、最も短い被毛を指し、後方に向かって撫でると少しチクチクとした手触りがします。「ブラッシュコート(約2.5cmの長さ)」「ベアコート(2.5cm以上の長さ)」は、「ホースコート」よりも長毛であることを示す分類名です。

シャーペイの被毛の色は、白以外の全て、たとえばクリームなど、ソリッドカラー(濃淡のない均一な単色)が認められています。JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、スポットや斑は好ましくないとされているものの、しっぽや大腿の後ろ、耳上、背などの自然な濃淡は許容すると定められています。

体の特徴

見つめ合う女の子とシャーペイの子犬

シャーペイは体長と体高がほぼ同じで、筋肉質でありながらコンパクトなスクエアタイプの体格をしています。大きな頭と太い首、目と耳は小さく、しっぽは巻尾です。

また、シャーペイ最大の特徴とも言えるのが皮膚のたるみです。成犬は顔や肩部分の皮膚にたるみが生じますが、子犬期では全身の皮膚がたるんでいます。くしゃくしゃの顔に、「カバ」を彷彿させる独特のマズルが印象的ですね。

また、シャーペイの舌は青い色をしています。一般的に犬の舌はピンク色であるため、初めて見たときは驚かれるかもしれませんね。シャーペイの舌が青いのは遺伝的なものであり、チャウチャウも同じように青い舌を持つことで知られています。

噛み合わせは、上歯が下歯にややかぶさる「シザーズバイト」の噛み合わせが好まれると言われています。

ミニチュア・オリエンタル

シャーペイには、ミニチュア・シャーペイ、オリエンタル・シャーペイと呼ばれる派生犬種の存在があります。ミニチュアシャーペイはその名の通り、小柄なシャーペイ同士を交配することでシャーペイを小型化したもので、一時期は健康被害の頻出などが問題になったこともあるようです。

それらを改善するために、パグを交配に加えることで誕生したのが、オリエンタル・シャーペイです。日本ではあまり知られていない犬種ではありますが、海外では多くの愛好家を持つ犬種でもあります。

とはいえ、現在でもミニチュアシャーペイ愛好家と、オリエンタルシャーペイ愛好家の意見の相違や、別犬種としての認定の議論は続いているようです。

シャーペイの子犬の価格

同じ方向を見つめるシャーペイの4匹の子犬

値段の相場

20万~40万円

シャーペイの子犬の相場価格は、20万円~40万円と個体によって幅が大きいようです。これは国内での飼育頭数が非常に少なく、同時に出産頭数も少ないのでこの価格になってしまうとのこと。また、他犬種と同様に体格や毛色、血統などによって価格が高くなることもあります。

基本的に、シャーペイがペットショップで販売されることはありません。そのため、シャーペイを取り扱うブリーダーからお迎えすることになります。

日本国内では珍しい犬種であるシャーペイについて、しっかりとした知識を持つブリーダーからお迎えできることが望ましいため、シャーペイ専門のブリーダー、ケンネルなどを探してみるのがいいかもしれません。

高額かつ希少な犬種ですので、お迎えしたいタイミングで子犬を見つけるのは非常に難しいかもしれませんが、シャーペイのブリーダーに予約するなどの方法でお迎えすることも可能です。まずは情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか。

また、海外のブリーダーからシャーペイを輸入することも可能ではありますが、生体価格の他に輸送など別途費用が必要になるため、合計で50万円以上の費用が掛かる可能性が高いと言えます。アフターフォローなども考慮すると、なるべく日本国内のブリーダーからお迎えすることをおすすめします。

シャーペイをブリーダーから迎えるには

横を見つめるシャーペイの家族

他の犬種に比べ、シャーペイのブリーダーは非常に少ないものの、日本国内にもシャーペイ専門のブリーダーも存在しています。とは言っても、そもそものシャーペイの個体数が他の犬種と比べて少ないため、いつでもお迎えできるというわけではありません。

しかし、出産の時期やタイミングによっては、シャーペイとの素敵な出会いがあるかもしれませんので、下記サイトをマメにチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、近年ではミニチュアシャーペイ、オリエンタルシャーペイをお迎えしたいと考える人も多いようで、ミニチュアシャーペイを販売しているブリーダーを探しているという方をネット上で見かけることもあります。

しかし、ミニチュアシャーペイ、オリエンタルシャーペイは別犬種としての認定はされておらず、特にオリエンタルシャーペイのブリーダーは日本国内には今のところ存在しないようです。

ただし、シャーペイ専門ブリーダーがミニチュア、オリエンタルを扱っていたり、親犬などの体格から小柄だろうと推測して販売していたりすることもあるようですので、まずはシャーペイ専門ブリーダーに問合せすることから始めましょう。

日本でシャーペイの繁殖をしている人はとても少ないですが、その分優良なシャーペイのブリーダーはシャーペイに関する知識が豊富です。ですので、気になる子がいるときには、まずはその子を実際に見せてもらい、その行動や皮膚のチェックなど実際に観察することが大切です。

立ち姿がしっかりしているか、活発に動き回っているか、皮膚は清潔に保たれているか、などの点を特に観察したいところです。また、人間を怖がらずに近寄ってくるような性格の子であれば、後々のしつけが楽になる可能性があります。

シャーペイの里親になるには

シャーペイを撫でる笑顔の女性

シャーペイは日本国内では珍しい犬種であるにも関わらず、飼育放棄などによって保護されている個体も存在します。ペットショップやブリーダーから子犬をお迎えするのも良いですが、保護施設や一時保護の家族の元で、新しい家族からのお迎えを待っている子をお迎えしてみるのも良いのではないでしょうか。

シャーペイの子犬の可愛らしさも捨て難いですが、成犬には成犬の頼もしさや飼いやすい面もありますので、気になる場合には一度検索してみることをおすすめします。

「シャーペイ 子犬譲ります」などで検索すると、保護団体サイトや里親募集サイトなどがヒットしますので、気になるシャーペイを見つけた場合は問合せしてみてください。もしかしたら、思わぬところで運命の出会いがあるかもしれません。

シャーペイの寿命

訓練中のシャーペイ

平均寿命

8~10年

シャーペイの寿命は、8年~10年とされています。中型犬の平均寿命が13年前後とされていることを考えると、比較的短い寿命と言えますね。とは言っても、実際に犬種の平均寿命を大幅に超えた寿命を全うするわんちゃんも少なくありません。

シャーペイのかかりやすい病気や遺伝疾患、体質などをしっかり理解することで、1日でも健康で長生きできるようサポートしましょう。日々のケアはもちろん、定期的な健康診断や、何か少しでも異変を感じたときに頼れるかかりつけ医を見つけておくことが大切です。

シャーペイの飼い方

白いマットに座る3匹のシャーペイ

環境

シャーペイは、運動量が必要な犬種ではありますが、ずっと屋外で飼うよりも、屋内と屋外の両方でバランスよく過ごさせるのが理想的と言われています。そのため、基本的には室内飼育ができるようにしましょう。

運動

シャーペイはある程度の運動量が必要な犬種です。1日2回、30分~1時間程度のお散歩を行うようにしましょう。また、一戸建てなどで自由に室内と屋外を行き来できるような環境であれば尚良いですね。ほかには、定期的にドッグランなどで自由に走り回って遊べる機会を設けましょう。

しつけ

シャーペイは、プライドが高く頑固な一面を持ちます。そのため、他の犬種と比べてしつけが難しい犬種とされることもあり、シャーペイの性質をしっかりと理解した上でしつけを行うことが重要です。

シャーペイは闘犬としての歴史を持つ犬種でもありますので、正しい主従関係を築くが必要にはなりますが、シャーペイのプライドを傷つけないように褒めてしつけることを念頭に置いておきましょう。また、子犬期から知らない人や犬、他の動物などと接する機会を積極的に設けることで、社交的な性格に育てることも可能です。

子犬期から呼び戻しや、興奮状態になったときにコントロールできるコマンドなどをしっかりトレーニングしておきましょう。また、シャーペイは飽き性な部分もありますので、トレーニングは短期集中型で行うことを心がけ、気長に寛容な気持ちで向きあうことが大切です。

お手入れ

シャーペイは短毛であるため、お手入れはそう難しくなく、基本的にトリミングは必要ありません。被毛のブラッシングは1週間に1回程度、シャンプーは3週間に1回程度で十分ですが、シワの内側は細菌や異物が入り込みやすくなっているため、こまめなケアが必要です。

特にシワの多い子犬期には、蒸しタオルなどで定期的にお手入れするなど、常に清潔に保つように心がけましょう。また、シャーペイは顔にシワがあるため、食後は軽く拭いてあげるようにしてください。子犬期から口の周りを触ることに慣れさせておくと、歯磨きなどもスムーズに行うことができます。

シャーペイの歴史

帽子をかぶったシャーペイ

シャーペイ(Shar Pei)、チャイニーズ・シャーペイ、中国名 沙皮狗は、中国原産の闘犬用犬種です。シャー・ペイ(沙皮)とは、中国語で砂のようにザラザラとした毛皮という意味を持ちます。

シャーペイの歴史は非常に古く、漢の時代(紀元前約200年)には既に中国の南部地方に生息していたとされています。その起源については謎に包まれた部分も多いものの、13世紀頃、シワのたくさんある犬を説明した記録が発見されたことから、その時代にこの犬種が存在していたと考えられています。

顔にシワがあることから、チベタン・マスティフなどの古いマスティフ系犬種との近縁であるという説もあります。また、シャーペイと同じくチャウチャウも中国の犬として知られていますが、青い舌や皮膚のたるみなど、独特な特徴が酷似していることから、この二つの犬種は共通の祖先から派生していると考えられています。

シャーペイに関する過去の記録はほとんど処分されてしまったため、現在ではその歴史を詳しくたどることは難しくなってしまいましたが、当時は農民たちの農作業を手伝ったり、イノシシ狩りで猟犬として人間のお供をしたり、はたまた闘犬競技に出場したり、と様々な方面で活躍していたようです。

また、中国では犬を食べる習慣があることはよく知られていますが、シャーペイはそのための食用犬として育てられていた時代もあります。

香港と台湾、そしてアメリカに救われたシャーペイ

眠るシャーペイの子犬

共産主義国家となった中国では、都市部周辺などほんの一部の地域を除いて、悲しいことにほとんどの犬が処分されてしまいました。しかし、当時イギリス領だった香港には中国の統制が及ばず、闘犬として使われていたシャーペイの存在がありました。

そのような経緯で生き残ったわずか60頭程度のシャーペイが、香港と台湾で繁殖されることで血統を繋いだとされています。後にアメリカの愛好家たちの協力を得ることとなり、100頭以上のシャーペイが輸入され、繁殖活動が盛んになります。

1973年、この犬種が絶滅の危機に陥りそうな状態であると警告する記事が掲載され、非常に珍しい犬だということが世間に広まったために、様々な愛犬家たちがシャーペイを手に入れようとするようになりました。

後に1986年には香港ケネルクラブに、1974年にはアメリカンケネルクラブで正式に犬種として認定されました。こうして絶滅の危機に瀕したシャーペイは一転、人気犬種として表舞台に躍り出ることになったのです。以来、現在でもシャーペイはアメリカでもっとも特徴的かつ、人気のある犬種として存在しています。

シャーペイのブログ

タオルの上に座る4匹のシャーペイ

しわくちゃ犬と歩くニュージーランド

こちらのブログで紹介されているのは、日本人の飼い主さんとともにニュージーランドで暮らしていたシャーペイの女の子、ふぁちま(Fatima)ちゃん。ふぁちまちゃんは、2012年に虹の橋を渡り、ブログの更新は2013年でストップしていますが、たくさんの写真が残されています。

ニュージーランドで伸び伸びと暮らしていたふぁちまちゃんの様子を日々綴ったブログには、広々とした公園でシャーペイのふぁちまちゃんがブルドッグ、ピットブルなどのわんちゃん達と、ノーリードで遊んでいる写真なども掲載されており、日本ではなかなか見られない光景を見せてもらうことができる貴重なブログでもあります。

シャーペイ 人気SNSアカウント

家でくつろぐシャーペイと子供

シャーペイのかわいい写真が見られる!おすすめのSNSアカウントをまとめました。

シャーペイもやちゃん

ニホンザルのカイ君とトイプードルのみぃちゃんのコンビ「プーキーズ」とともに、カドリードミニオンみやざわ劇場で活躍するシャーペイもやちゃん。

プーキーズとともに様々な芸にチャレンジしているのですが、どこかボーッとしたマイペースでお茶目なその姿に魅了される人が増加しています。もやちゃんの姿はユーチューブチャンネルや、もやちゃんの担当黒田さんのツイッターなどで見ることができますよ!

シャーペイ トキオ

ニューヨーク在住のシャーペイのトキオくん。トキオくんはシャーペイの中でも「ベアコート」と呼ばれる長めの被毛を持つシャーペイであり、その姿はまるでテディベアだ!と話題になっています。のんびりとくつろぐ姿はまるでぬいぐるみのようで、めちゃくちゃ可愛いですよ~!

筆者個人的におすすめなのは、バスタイム中のトキオくんです。是非チェックしてみてくださいね!

シャーペイ トンキー

トンキーちゃんは、カナダアルバータ州在住のシャーペイの女の子。トンキーちゃんも、ベアコートの持ち主です。トンキーちゃんのまるでクマのぬいぐるみのような愛らしい姿をSNSに投稿したところ、フォロワー数が急増し、飼い主さんが困惑するほどの反響が寄せられたそうです。

トンキーちゃんは、とっても甘えん坊さんで、いないないばあが得意だそう。その姿を見ていると、とっても癒やされますよ!

シャーペイは日本国内では珍しい犬種ですが、海外では人気の高い犬種であるため、インスタグラムで「#シャーペイ」と検索するとたくさんの写真がヒットします。上記で紹介したシャーペイ以外にも、人気のスターシャーペイ犬はいますので、是非チェックしてくださいね!

シャーペイのかかりやすい病気

治療中のシャーペイ

シャーペイのかかりやすい病気についてご紹介します。シャーペイは、一時期個体数が極端に減少し、絶滅の危機に陥った歴史を持ちます。その際に、犬種を存続させるために近親交配をやむなくされたことから、遺伝性の疾患を発症しやすいとされています。

皮膚病

シャーペイの持つ独特な皮膚のたるみによって生じるシワの間は湿りやすく、雑菌が繁殖しやすいため、皮膚病の原因となることがあります。アトピー性皮膚炎やアレルギー皮膚炎を発症することが多いため、こまめにお手入れをして十分に注意しましょう。

眼病

シャーペイは、他の犬種と比べて眼病を発症することが多い犬種でもあります。緑内障や、第三眼瞼(瞬膜)が外に飛び出してしまうチェリーアイ、下の瞼が内側に反り返った状態になる眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)などがあります。

いずれも早期発見、早期治療を行うことで改善することが可能な病気ではありますが、放置しておくと結膜炎角膜炎などを引き起こし、最悪の場合、失明してしまう恐れもあるため、目が腫れている、目ヤニが出るなどの異変がある場合は、すぐにかかりつけ医を受診しましょう。

シャーペイ熱

家族性シャーペイ熱(Familial Shar-Pei Fever)と呼ばれるシャーペイ特有の病気があります。若齢期に発症することが多く、40度以上の高熱が2日前後続き、関節部分の腫れ、食欲不振、嘔吐下痢などの症状を引き起こします。

シャーペイ熱の原因ははっきり解明されていないものの、若齢期に発症することが多いことから、ストレスや免疫力が関係している可能性があると考えられています。

シャーペイの特徴である皮膚のたるみ、シワが原因となった上記のような病気は、日頃から注意してケアすることで予防、早期発見することができます。また、いざという時に冷静に対処するためにも、シャーペイがかかりやすい病気をしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

たたずむシャーペイ

シャーペイは、だるだるな皮膚でしわしわな顔に、つぶらな瞳が「ぶさかわ」だと、全世界で話題沸騰中の犬種でもあります。インスタグラムやツイッターなどのSNSでも、シャーペイのかわいい画像をたくさん見ることができますので、是非チェックしてみてくださいね♪

実際にシャーペイと暮らしている飼い主さんが撮影した写真だからこそ感じられる、シャーペイの魅力もたくさんありますよ~!日本国内ではまだまだお目にかかれる機会が少ないシャーペイですが、海外では人気犬種ランキングに入るなど、その人気は上昇し続けているようです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    シャーペイちゃんは知人が飼っていてよく、私が働いていたカフェに連れてきていました。
    すっごく大人しくて人懐っこいわんちゃんでした。
    結局は個体差なのでしょうね…それともしっかりしたしつけの中で飼われていたのか…
    ちゃんと飼育管理のできる愛犬家さんならきっとシャーペイちゃんも社会環境に馴染んで幸せに暮らせますね!
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    こんなにシワシワなワンちゃんは久しぶりに見ました!
    前にチャウチャウに会う機会があり、その時もシワシワがすごくてビックリしたのを覚えています。
    チャウチャウよりはシャーペイのほうが小さめになるんでしょうか。チャウチャウの飼い主さんも言っていましたが、やはりシワの間をきちんと拭いてお手入れしてあげないといけないらしいですね!
    紀元前200年という、歴史が深いワンちゃんなのですね。シャーペイも会ってみたいです。
  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    今回、記事を拝見して初めて<シャーペイ>という犬種を知りました。特にパピーの頃の写真がシワが多くて可愛かったです!
    ただ、お手入れはきちんとシワの内側を拭かないと雑菌が繁殖してしまいそうですね。日本ではこの犬種をなかなか見かけないですが、記事によるとアメリカでとても人気があるそうですね。一度実際に会ってみたい犬種のひとつです!
  • 投稿者

    40代 男性 kou

    1歳半のシャーペイ飼ってます。
    ウチのシャーペイちゃんはビビリですが
    家の中に入ると番犬のフリしてウォンウォン吠えて強がります。
    家族に忠実で言う事をよく聞く犬です。
  • 投稿者

    40代 女性 グーグルぽち

    散歩中にシワシワのお顔の犬を見て以来、なんという犬種なのかなと思ってました。
    たしかにシャーペイという名前から、中国から来た犬種ということがうかがえます。
    シャーペイは冷静で一見無表情に見えますが愛情深い性格という、このギャップが可愛いですね。

    海外でもシャーペイは人気の犬種だそうです。以前は世界で最も珍しい犬種に選ばれたこともありますが、現在では里親探しなどのサイトでシャーペイを見かけることが増えたようです。
    残念なことに”突然家を引っ越すことになった””今飼っている猫と相性が合わなかった””赤ちゃんが生まれたから手放す”など飼い主さんの身勝手な理由が多く見られました。そのためとても安価で取引されていることも多いようです。
    犬を迎えることに決めたのですから、愛情を持って最後まで一緒にいてほしいものです。

    シャーペイは主従関係をはっきりさせた躾が必要などの理由で、初めて犬を飼う方にはおすすめしてないようです。
    皮膚がたるんでいることにより皮膚病にかかりやすい犬種といわれますので、日頃のケアをしっかりできること、またすべての犬に当てはまりますが運動不足はストレスになり無駄吠えや攻撃的になるなどの問題行動の原因になるので、適度な運動する時間を作れることなど、この犬種に合った環境を与えることのできる飼い主さんが幸せにできるのだと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 ちょびこ

    シャーペイ!!なんだこの犬はー!!確かに超個性的!!!かわいいじゃないか(*´▽`*)このたるんたるんのシワももちろんですが、頭が大きくて何となくアンバランスなところが好みです。すっきりシャープでスマートな犬種もステキなんですが、何となくずんぐりむっくりしていたり、不思議なバランスの犬を見ると心惹かれてたまらないんですよね♪最後の方の写真なんてもう、たまらないー!どこが目でどこが鼻~?みたいなくちゃくちゃさがキュートですね。両手で顔全体ぐりぐりなでまわしたくなっちゃいます( *´艸`)お手入れも大変でしょうし、大きさもあり、頑固なところもあるとなれば飼うのは簡単ではないでしょうけれど、実物に会ってみたいな~。
  • 投稿者

    20代 女性 SARA

    わ~!おもしろい犬種ですね。なんか名前もおもしろい(^^♪ちょっとこわもてなのになぜかかわいく見えてしまいますね。こんな子が家にいたらほっこりしちゃうな~。でも皮膚のお手入れがなかなか大変そうですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。