サモエドの寿命について

1641view

サモエドの寿命について

ロシア生まれで「シベリアンスピッツ」といわれているサモエドの寿命がどのくらいかご存知ですか?大きな体をしている犬でも15年くらい生きる犬種もいますが、平均的なサモエドの寿命はそこまで長くはありません。そこで、少しでもサモエドの寿命を延ばしてあげられるように、飼い方のポイントをご紹介します。

監修:獣医師 加藤桂子

(伊達の街動物病院)

サモエドの寿命の平均

44082971 サモエド子犬

サモエドの寿命はその個体の持つ遺伝子によっても異なりますが、平均で10年から13年くらいと言われています。ミニチュアダックスやマルチーズ、ヨークシャーテリアなどの小型犬は15年ほど、或いはそれ以上長生きする場合もありますが、そのような犬種と比較するとサモエドの寿命は短めである、と覚えておいてください。一般的に大型犬になると体に掛かる負担が大きくなるため、小型犬や中型犬と比べると寿命が短めになってしまいます。サモエドもフワフワの被毛に包まれた体が特徴の大型犬になるので例外ではありません。

ただし、サモエドの平均寿命は10年から13年と言っても、それよりももっと長生きしているサエモドもいます。病気になりやすい遺伝子を持ち合わせていた場合などは仕方ありませんが、飼い主さんがよくサモエドの性質を理解しておくことでサモエドの平均寿命より長く延ばしてあげることができます。寿命はあくまで目安と考え、サモエドにとって最適な環境で育ててあげることが大事なことだと言えるでしょう。

サモエドの寿命に影響してくる2つの病気

136032619 女性とサモエド

サモエドの寿命は、病気によって短くなってしまう場合があります。では、サモエドの寿命に影響してくる病気には一体どんなものがあるのでしょうか。

1つ目は、サモエドは胸に深さがある犬種なので胃捻転になりやすく、フードの食べさせ方などに気を付けてあげる必要があります。そして2つ目は、サモエドは体が大きいので大型犬に起こりやすいと言われている股関節形成不全になりやすいです。これは体重が急激に増えることで発症しやすくなるので成長期には特に注意が必要なのと、成犬になってからは肥満にならないようにすることも重要です。このどちらも重症化することでサモエドの寿命に影響が出てしまう可能性があります。

サモエドの寿命を縮める可能性がある「胃捻転」の注意点や予防法

136834595 サモエドと獣医さん

サモエドの寿命に影響が出てしまう病気として一番恐ろしいのが胃捻転です。この病気はサモエドのように胸が深い犬種がかかりやすく、日頃から食事の仕方などに注意して予防する必要があります。

胃捻転は食べたものが胃の中で消化されずに発酵してしまい、そこからガスが発生して胃が膨らんで捻じれてしまうという恐ろしい病気です。もし発症した場合は緊急に処置してあげないと死に至る場合が多く、サモエドの寿命を縮めてしまう可能性があります。また、たとえその時処置がきちんと行えたとしても、周囲の臓器へのダメージがひどい場合には数日後に死に至ってしまうという場合も少なくありません。

原因はいろいろとありますが、中でも飼い主さんが気を付けてあげられることとして、フードのドカ食いや水のがぶ飲みをさせないようにすることなどが挙げられます。

また、たくさん食べさせた直後に激しい運動させると胃の中でガスが発生しやすくなるので控えましょう。胃捻転はガスが溜まることで起こりやすくなる病気なので、フードの内容もガスが発生しづらいものや、急にお腹の中で膨らむような食材を避けるように心がけましょう。

胃捻転の症状は、吐きそうな様子なのに出すことができなかったり、食欲が無い、お腹が膨らんでいるように見える、よだれの量が多いなどです。サモエドの寿命に大きく影響が出てしまう可能性が高いので、おかしいなと思ったらすぐに医師の診察を受けた方が良い病気です。

サモエドの寿命にも影響が出る「股関節形成不全」は早期発見がポイント

140450109 獣医さんと横たわるサモエド

サモエドはオスだと30キロ、メスでも25キロほどが平均体重です。この大きな体を支える足には相当の負担が掛かっているため、関節・股関節を痛めやすい犬種です。特に股関節形成不全はサモエドの寿命にも関係してくる病気なので注意が必要で、ひどくなってしまうと外科手術も行われます。飼い主さんが注意して見ていてあげていないと発見ができず、早期に発見することが重要です。

股関節形成不全は、急激な成長の過程で発症してしまうケースが殆どなので、症状は生後6か月くらいから出始めることが多いです。1歳になるまではサモエドの歩き方などを散歩の際に注意して見ておく必要があるでしょう。

症状としては、歩き方が普通では無いというのが一番の特徴です。スキップするように歩いていたり、歩く際に腰の揺れがあったり、そして座り方にも違和感がある場合は間違いなくこの病気を疑った方が良いでしょう。

股関節の病気とはいえ、サモエドの寿命にも大きく影響してしまうので、飼い主さんはできるだけその変化に気を付けてあげる必要があります。股関節形成不全により運動ができなくなったり、外科手術を行うなどで健康的な生活ができなくなりストレスも溜まり、サモエドの寿命が短くなってしまうことが十分考えられます。

サモエドの寿命についてのまとめ

21324598 雪とサモエド

サモエドの寿命は10年から13年くらいが平均です。全てのサモエドが平均寿命を全うできるわけでは無いですが、逆にもっと長生きするサモエドもいます。飼い主さんはサモエドの寿命に影響が出る可能性が高い病気にさせないように、日常生活を見守ってあげましょう。

記事の監修

  • 獣医師
  • 加藤桂子
  • (伊達の街動物病院 獣医師)

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 SUSU


    大型犬は小型犬に比べて寿命が短いと言われており、10歳を超えられると長生きとされています。大型犬の方が身体も大きく、見た目は華奢な小型犬よりも頑丈に見えるので、不思議な感じがしてしまいますが、身体への負担を考えると納得せざるを得ないのかなと思ってしまいます。
    サモエドではありませんが、知り合いの大型犬のお友達は、5歳と11歳で虹の橋を渡ってしまいました。

    大型犬と暮らす上での注意点として胃捻転があげられていますが、これは胸が深い構造の小型犬においても注意が必要です。
    我が家にはミニチュアダックスフンドがおりますが、ダックスも胸が深いため、胃捻転を起こしやすい犬種と言われています。
    記事にもあるように、予防策としてはフードやお水を一気に吸い込むように胃に入れないようにすることがあげられていますが、その他、食後すぐにお散歩に行ったり、室内で遊ばせないなど、身体を動かさないようにすることも大切です。理想は食後から2時間空けることとされていますが、最低でも30分は休憩させたいところです。
    また、ゴロンとお腹を見せて寝転がる、ヘソ天のような姿勢も食後は行わない方が無難です。

    我が家のダックス君は、家族が帰宅すると大興奮でお出迎え、そしてヘソ天で歓迎してしまうため、愛犬の食事の時間の頃に家族が帰宅しそうな時は、帰宅するまで待ってから食事を与えるようにしています。
    帰宅しても知らんふりをして興奮させないようにしつける考え方もあると思いますが、我が家では家族の一員としておかえり!という挨拶はさせてあげたいと考えています。

    犬種やワンコそれぞれの持って生まれた体質によってある程度の寿命は決まってしまっているのかもしれません。それでも、出来るだけストレスがかからない生活環境や食事、飲み水に気を付けるなど、身体と心に気を配ることで、少しでも一緒にいられる日が増えることを願っています。
  • 女性 コロ

    サモエドはダブルコートで毛ぶきがいいので夏の暑さには弱い犬種です。熱中症になりやすいので環境に注意してあげた方がいいです。よく犬には快適な気温に25℃とありますが、サモエドの場合は20℃前後となるべく低めに設定してあげた方がいいそうです。
  • 40代 女性 クーガ

    サモエドって思ったよりも大きいんだなと思いました。この大きさでこれだけの平均寿命なら同じくらいのサイズに比べて少し長め?と思いますが、やはり股関節に負担がきたり胃捻転になることもあるんですね。これらは飼い主がある程度注意することで防げることだと思うので、できる対策はとって長生きさせたいですよね。
  • 30代 女性 てと

    私もいつか大型犬を飼いたいと思っていてその内の候補の犬種がサモエドです。ただサモエドに限らず大型犬は寿命が短いので早くお別れするのが悲しくてまだ大型犬を飼えていません。ですがこの記事を読んで、もとから可能性のある病気については予防したり健康になれるサポートをすれば長生き出来るのかもなあなんて感じました。やはり運動とごはんは身体の健康にはかかせないんですね。きちんと勉強して大型犬をいつか飼いたいですね。
  • 50代以上 女性 匿名

    サモエドを飼いました。今6ヵ月半になりました。すごーくヤンチャで面倒をみるのが、大変な時も有りますが日々表情が豊かになってきている感じがします。なんでも口に入れてしまい、困ってはいますが、病気にだけはなるべくならないで成長してほしい。何故なら飼ったのが、ゴールデンレトリバーが天国にいって日が浅い時でした。あの子のように、優しい穏やかな子になって欲しいなー
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。