サモエドの性格や特徴、価格や飼い方まで

サモエドの性格や特徴、価格や飼い方まで

雪のように真っ白で移動を美しい犬種サモエドをご存知でしょうか?数多の犬種の中でも特に原始的な犬種と言われ、狼や狐の血が混ざっていない純血種とも知られています。古くからロシアの遊牧民と共に生活をしてきたサモエドとはどんな犬種なのでしょうか?また日本で共に暮らすためにはどうすればよいのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

サモエドの性格

サモエド

性格

  • 溌剌(はつらつ)
  • 甘えん坊
  • 頑固
  • 優しい
  • 忍耐強い
  • フレンドリー
  • 社交的

サモエドの性格はとにかく明るく優しくともて穏やかな個体が多い犬種です。そのため飼い主に対してとても愛情深く接してくれるだけではなく、子供やお年寄りにも仲良く接してくれる大変良い性格をしています。

また、忍耐強いという一面も持っているため子供にイタズラをされてもジッと耐える健気さを持っているのもサモエドの特徴です。そんな優しいサモエドは人間だけではなく、他の犬や動物にも穏やか、かつ友好的に接するので多頭飼いにもおすすめできる犬種だといえます。

社交的で初対面に対してもフレンドリーな性格ですが、逆に番犬には向いていない犬種ともいえます。犬らしい適度な警戒心はありますが、見知らぬ人ともすぐに仲良くなってしまうだけではなく、攻撃的な面もありません。

ただ、穏やかで優しいかどうかは個体差にもよって違い、サモエドの中にはやんちゃな子も存在しています。こればかりは個性ですから、もしやんちゃなサモエドを家族に迎えたとしてもありのままを受け入れてたくさん可愛がってあげましょう。

優しくて穏やかで、飼い主に対して従順であるのと同時にサモエドは大変溌剌(はつらつ)とした性格をしていて、パワフルに遊ぶのが大好きです。人間が大好きで甘えん坊で寂しがり屋という一面も相まって、何かと飼い主様に遊ぼうと誘ってきます。

もともと犬ぞりなどの仕事をしていた犬種だというのが関係しているのか、とにかく飼い主様と遊びたい、体を動かしたいと思っている子が多いので、ある程度一緒に遊んであげられる体力と気力がないと飼うのは難しいかもしれませんね。

サモエドの特徴

ベンチでくつろぐサモエド

大きさ(体重/体高)

  • 体高:54~60cm
  • 体重:16Kg~30Kg

サモエドは少し小ぶりの大型犬、あるいは大きめの中型犬に分類される犬種です。そのサイズは体高54~60cm前後、体重は16Kg~30Kgとなっています。

大型犬に分類されるゴールデンレトリバーの体高が60Cm前後、体重が30Kg前後と考えると、大型犬の中でも一回り小さめであることがわかります。

サモエドを知る人の中には、もっと大きな犬種であるイメージを持っている方も多いでしょうが、それはサモエドの特徴であるボリュームのある被毛によって実際の体重や体高よりも大きく見せていただけで、実際はそこまで大きな犬種ではないのです。

被毛(毛色/毛質)

  • 被毛のタイプ:ダブルコート
  • 毛色・柄:ピュアホワイト、クリーム
  • 柄:ビスケット

サモエドの特徴は何と言っても真っ白でフワフワな被毛でしょう。サモエドは元々極寒の地域で生活をしていた犬種であるため、厳しい寒さから身を守れる分厚い被毛が体全体を覆っています。

寒さから守るために被毛はダブルコートであるほか、長さのあるオーバーコートの下に、密集したアンダーコートが生えています。この分厚い被毛のおかげで極寒の地でも活動できていたのです。

ただ、この分厚い被毛は換毛期になると大量に抜けるためブラッシングに苦労するのがたまに傷です。

そんなサモエドの被毛カラーは、「ピュアホワイト」か「クリーム」、またホワイトの下地に「ビスケット」と呼ばれる薄いクリーム色の斑点が入ることもあります。

体の特徴

サモエドは寒さの厳しい極寒の地で生活を送っていたため、寒さに耐えられる被毛以外にも厚い皮下脂肪を持っています。この厚い皮下脂肪があるからこそ、雪が降り積もる地域でも元気に活動ができるのです。

また、元々サモエド族という民族と共同生活を送っていて、強靭な筋力と体力を持ち合わせているため作業犬として長らく活躍していた犬種でもあります。

重い荷物を運ぶ、狩猟を手伝うなどの作業はもちろん、時には飼育している家畜の番をすることもあります。そんな生活を送っていたため、サモエドは自然とあらゆる作業に順応できるしなやかな筋力と、強靭な体力を身に着けたのです。

サモエドの魅力はその性格や、強靭な体だけではありません。長くてフワフワな白い被毛に、ピンと上を向いた耳、うるんだ黒い目と眺めのマズル、さらに頬んでいるようにも見える口元などその容姿も大変魅力的です。性格もよく見た目も可愛いという、まさに理想的な犬といっても過言ではない犬種だと言えます。

また、サモエドの特徴としてあげらるのがメスとオスの違いです、子犬時代はやんちゃでいたずらっ子だった子も成犬になると比較的穏やかになるメス犬と反対に、オス犬は成犬になってもやんちゃなままです。

さらに、サモエドのオスは縄張り意識が強くマーキング行動が頻繁に見られることも。個体差がありますし、成犬のメスでもやんちゃな場合もありますし、成犬になるのと同時に物静かになるオス犬も存在しますが、サモエドはこのような傾向があるということだけ覚えておきましょう。

サモエドの子犬の値段

サモエドの子犬

価格の相場

30~40万円

サモエドは大変希少価値の高い犬種で、価格相場も他の犬種よりも大変高く設定されています。

そのため平均相場は子犬で「30~40万円」、両親がチャンピオン犬である場合や、容姿に優れた個体である場合は、「70万円」を超えることも珍しくはありません。

さらに、サモエドの特徴は成犬になったとしてもその価格が10万円ほどしか変わらないという点です。他の犬種であれば、成犬の価格相場は大幅に下がるのに対してサモエドは大変人気が高く希少性も高いことからあまり価格に変動がないのです。

そのような事実からも、サモエドがいかに貴重な犬種であるかがわかります。そのため、サモエドがペットショップに並ぶことはほとんどなく、ブリーダーから直接迎え入れる方が確実です。

サモエドをブリーダーから迎えるには

サモエドと女性

サモエドを家族に迎えるのであればブリーダーから直接譲渡してもらうことをおすすめします。理由としてはサモエドは希少性が高く、ペットショップで見かけることがなかなかないという事と、ブリーダーと直接やり取りをすることで、そのブリーダーがどのように子犬を繁殖させているか?どのような環境で子犬を育てているかというのが分かるためです。

ブリーダーの中には自らの利益のためだけに、犬に無理な繁殖を行わせ、母犬に対して劣悪な環境しか与えずただの商品として犬を扱っていないひどい業者も存在しています。

そのような悪徳ブリーダーの元で生まれたサモエドは、何らかの先天性疾患を抱えていたり体が弱かったりします。

せっかく家族に迎えるのであれば、快適な空間と適切なお世話を受け健康状態が安定した子犬がいいですよね。そのためにも、ブリーダーからサモエドの子犬を迎え入れるときは、そのブリーダーが悪徳ブリーダーではないかというのをしっかりと見極めるようにしましょう。

ブリーダーから子犬を迎え入れる方法としては、近くのサモエドを繁殖させているブリーダーを探して直接アポイントを取るという流れになります。サモエドは希少性が高い犬種ではありますが、日本にも繁殖を行っているブリーダーが何人か存在していますので、まずはネットでサモエドのブリーダーを探すことから始めましょう。

サモエドの里親になるには

サモエドに抱き着く女性

サモエドは日本では珍しい犬種であるため、里親が募集されることはほとんどありません。しかし、サモエドの飼い主が何らかの事情で飼えなくなる場合や、子犬が産まれたため里親に出す、といった事が絶対に無いとは言い切れません。

もし、サモエドの里親になりたいと思うのであれば小まめに里親サイトをチェックするほか、最寄りの保護団体にサモエドが保護されたら連絡をしてほしい旨を伝えてみましょう。運がよければサモエドが里親に出されるかもしれません。

ただ、サモエドは成犬だとしても価格相場が下がらないほど大変人気の犬種です。里親がひとたび募集されれば瞬く間に定員オーバーとなる確率が高いです。そのため、サモエドの里親募集がされればすぐに応募できるようにいつでも準備をしておきましょう。

サモエドの飼い方

3匹のサモエド

環境

サモエドを飼う上で大切なのは、家庭環境です。とても甘えん坊で寂しがり屋な性格をしているため常に誰かにかまってもらいたいと願う犬種です。そのため、サモエドを飼育するならば長い時間自宅にいる人、または家族が多くて常に誰かが家にいるという家庭が理想的です。

あまりかまってもらえなかったり、遊びにつきあってもらえないとストレスで体調不良に陥る可能性もありますので、サモエドを迎え入れる前に飼育環境の見直しを行うようにしてください。

またサモエドは元々極寒の地で生活をしていた犬種です。そのため、夏のように暑い時は体調管理を十分に行ってあげるほか、室内飼いで温度管理にも気を使ってあげましょう。

さらに、注意をしてほしいのがサモエドは大変良く鳴くだけではなく、見た目に似合わず大変甲高い声で鳴きます。そのため、集合住宅や隣の家との距離が近い家では鳴き声が響いてしまい騒音トラブルに発展する可能性も。

もし、サモエドを飼育するのであれば、サモエドが暮らしても窮屈にならない程度の家の広さと、甲高い声で鳴いても気にならない程度に隣の家と距離が離れている、もしくは防音対策がバッチリされている家を用意しましょう。

運動

大変溌剌(はつらつ)とした性格をしているサモエドですから、毎日の運動は十分に行う必要があります。さらにサモエドは体力もあり、非常に遊び好きなので最低でも1時間以上は散歩をしてあげなければなりません。

前述したとおり、サモエドは極寒の地で生活をしていた犬種なので暑さには弱い犬種ですが、体力と強靭な肉体を持っているため、朝晩の比較的涼しい時間帯を狙って散歩をしてあげるようにしましょう。さらに遊び好きなサモエドの気持ちを満たしてあげるために、散歩以外にも遊んであげる時間を取ってあげるのも大切です。

遊び好きでいたずら癖のある犬種ですから、十分に遊んだり、散歩をしっかり行わないと、退屈と有り余る体力を発散するために、いたずらを始めとした、問題行動を引き起こす可能性もありますので注意をしてください。

しつけ

机の前のサモエド

とても従順で聡明な犬種ですから、しつけはとてもしやすく遊びながらや運動をしながらトレーニングを行うとストレス解消になるだけではなく、飼い主様とのコミュニケーションも密に取れるためおすすめです。

ただ注意をしてほしいのが、サモエドは甘えん坊で寂しがり屋なため愛情不足や運動不足、さらには寂しさや孤独感によってストレスを感じてしまうと攻撃的になったり、無駄吠えが多くなってしまう場合もあります。サモエドのしつけは愛情を持って行ってあげることが大切です。

とても優しく家族思いな犬種なので、教えられたことを上手にこなしたり、飼い主様の指示に従って行動することで家族が喜んでくれるとわかれば、従順に言うことを聞いてくれますので、幼い頃から飼い主との主従関係をきっちり教えることが重要です。

もし、サモエドよりも人間は下だと認識してしまうと、全く言うことを聞いてくれないことも。さらに、サモエドは集団で行動をする犬種であるため、自分がリーダーだと勘違いしてしまうと主従関係を正すのが大変な犬種です。

重要なのは幼少期にいかに主従関係を認識させて、飼い主がリーダーシップを発揮してサモエドの上に立つかという点です。正しく主従関係を把握してもらえればしつけは比較的スムーズに進みますので、せめて最初だけはしっかりと頑張ってくださいね。

サモエドは体重が重い犬種のため、体重が必要以上に重くなると関節への負担が大きくなり病気となるケースがよく見られます。そのため、サモエドの健康状態を守るためにも日々の食事管理は小まめに行うことが大切です。

また、豊かな被毛や大きな体を維持するために必要な栄養素がバランスよく配合されていることが望ましいです。低脂質で品質の高い餌が一番望ましいと言えるでしょう。

お手入れ

サモエドのお手入れでもっとも苦労するのがその豊かな被毛です。サモエドの被毛は見た目通りとてもボリュームがあるだけではなく、絡みやすくブラッシングを少しでもおこたると毛玉だらけになってしまいます。

さらにサモエドは皮膚病になりやすい犬種でもあるため、皮膚と被毛の健康を保つためには毎日のブラッシングはもちろん、年に2回ほど訪れる換毛期にはシャンプーも行ってあげましょう。

個体によっては換毛期に関係なく抜け毛が大量に出るため、トリミングに出すか自宅でシャンプーを小まめに行うことをおすすめします。定期的なブラッシングを行うことは皮膚病予防になるだけではなく、シャンプーの回数を減らすことにもつながりますので毎日のブラッシングは欠かさないようにしてください。

サモエドの寿命

夕日とサモエド

平均寿命

12歳前後

サモエドは古くから存在している犬種であるため遺伝性疾患が少ない大変健康的な犬種です。そのため、適切な飼育をすれば比較的長生きをしてくれる犬種で平均12歳前後の寿命となっています。ただ、こちらはあくまでも平均であり良質な食事、適度な運動、適切な飼育環境を用意してあげれば、さらに長生きをする可能性があります。

サモエドのかかりやすい病気

アップのサモエド

股関節形成不全

サモエドのかかりやすい病気として代表的なものが股関節形成不全です。この病気は関節に負担がかかったり、股関節をサポートする筋肉が十分についていない場合に関節に痛みを発症し歩きづらくなったり、うまく座れなくなる病気です。

サモエドだけではなく、中型~大型犬によく見られる病気で最悪は股関節を守るために運動を制限されることもあります。股関節形成不全の予防法は定期的な運動をしっかり行い筋肉をつけさせてあげるのと同時に、肥満にならないように健康管理を行い関節に無用な負担をかけないことです。

皮膚炎

サモエドを飼う際に注意したい病気として代表的なものがもう一つ、それが皮膚疾患です。とても分厚い被毛と皮下脂肪を持っているサモエドは皮膚病になりやすく、ケアを怠ると痒みを伴ったり、肌が荒れてしまうこともあります。

皮膚炎を予防するためには小まめなブラッシングを行うのと同時に、皮膚に何らかの異常を感じたら念のため獣医師に相談をし早めに治療を行うことです。

たかが皮膚炎と放置をしていたら、症状が悪化しサモエド自身がつらい思いをすることになりますので早めの対処を心掛けましょう。

関節炎

体が大きく体重もあるサモエドは股関節以外の関節も注意をしなければなりません。特に肥満になったり、若いころに十分な運動を行えず筋肉があまりついていないサモエドは関節炎になりやすいので、子犬のうちから十分な運動をさせてあげましょう。

また体重管理もしっかりと行い適正体重を維持するように心がけてくださいね。

胃捻転

サモエドに限らず中型~大型犬が気を付けたい病気として有名なのが胃捻転です。胃捻転とは胃が何らかのきっかけでねじれてしまい臓器に悪影響を及ぼす病気です。胃捻転を発症すると、腹部の腫れ、元気が急激になくなり、嘔吐、げっぷ、よだれが見られたあと、急激に進行し最悪は死に至ることもあります。

胃捻転の正確な原因はハッキリとしていませんが、予防法としては「食後すぐの運動は行わない」「多量に水を飲ませない」「早食いや大食いはさせない」といったものでリスクを減らせるといわれていますので意識をしてあげましょう。

サモエドスマイルとは

サモエドスマイル

サモエドの愛犬家に魅力を聞くと「サモエドスマイルがかわいい」と答える方が多くいます。サモエドスマイルとはサモエドが口角をあげることで、まるで微笑んでいるように見える様子を言います。

このサモエドスマイルは本当に笑顔を見せてくれているわけではなく、ただ口角が上がっている顔立ちが笑っているように見えるだけなのです。しかし、それでもサモエド本来の優しさや穏やかさも相まって、サモエドスマイルは多くの愛犬家を魅了して止みません。

落ち込んだとき、悲しいとき、くじけそうになったときに、愛犬のサモエドがスマイルをしてくれたらネガティブな感情も吹き飛ばしてくれるかもしれませんね。

スピッツとサモエドの違い

サモエドと日本スピッツの比較

サモエドとスピッツの見分け方

  • 大きさ(サモエドの方が大きい)
  • 色(ホワイトは共通、クリームはサモエドのみ)

サモエドにあまりなじみがない方の中には「スピッツとの違いがわからない」と感じている方も多いのではないでしょうか?

実際にサモエドとスピッツの容姿はとても似ており、サモエドは別名「シベリアン・スピッツ」とも呼ばれています。

そんなサモエドとスピッツの違いは体の大きさです。サモエドは大型犬に分類されるだけあり体も大きいのに対して、日本スピッツの平均体重は10Kgにも満たないほど小さいのです。また、サモエドの被毛はホワイトかクリームですが、スピッツはホワイトのみしか認められていないというのも違う点です。

パッと見ただけではとてもよく似ていますが、並べてみると大きさが全く違うというのがポイントです。

サモエドの歴史

かっこいいサモエド

サモエドの歴史は大変古く、シベリアやロシアの北部で暮らしているサモエド族に古くから飼われていた犬種です。

サモエド族の名前がついたこの犬種は元々、サモエド族の作業犬として活躍をしており、トナカイなどの家畜が狼に襲われないように警護したり、猟犬として活躍したり、荷物を運ぶための犬ぞりを行ったりしていました。

そんなサモエドは20世紀初頭にアメリカに持ち込まれると、そり犬として人気を集めただけではなく極寒の地でも活動できる強靭な肉体と精神力と体質を見込まれて世界中の探検家のパートナーとして重宝されるようになりました。

実際にサモエドは南極大陸の調査や極寒の探検へ行くための作業犬として採用されており、かの有名な物語「南極探検隊」に登場する作業犬もサモエドです。

そんなサモエドはやがてイギリスへと渡ると豊かな純白な被毛が人気を集め瞬く間に、イギリス中から愛される犬種になっていきました。

このとき、イギリスにわたったばかりのサモエドは純白の犬ばかりではなく、黒やブラウンの被毛を持つ個体も存在していました。

しかし、イギリスではホワイトの被毛を持つサモエドが好まれ、選択繁殖が繰り返された結果、ホワイトのサモエドばかりになってしまったようです。

そんなイギリスで人気を集めたサモエドは日本に上陸したはいいものの、日本の住宅事情では少々大きすぎたため、サモエドにジャーマン・スピッツを交配させた小型のサモエドが誕生しました。それが、日本でよく見られる「日本スピッツ」なのです。

まとめ

サモエド

今回は世界中で大人気の犬種サモエドをご紹介しましたが、サモエドの魅力は伝わりましたか?

サモエドは日本ではまだまだ珍しい犬種であるため、どのような犬か知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

そんなサモエドはとても愛らしく、かわいい犬種ですから、興味のある方はぜひ、家族に迎える候補に加えてみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。