オーストラリアンケルピーについて知りたい!その魅力を徹底紹介

オーストラリアンケルピーについて知りたい!その魅力を徹底紹介

お気に入りに追加

オーストラリアンケルピーはどんな犬種かご存知でしょうか?スコットランドの伝説の生き物にちなんで名付けられたというオーストラリアンケルピー。賢く、働き者のオーストラリアンケルピーは、日本では見かけることが少ない犬種ですが、原産国オーストラリアではボピュラーな犬です。オーストラリアンケルピーの歴史や特徴、性格や飼い方について紹介します。

4802view

オーストラリアンケルピーってどんな犬?

作業中のケルピー

オーストラリアンケルピーはオーストラリアを原産とする犬で、その名前はスコットランドの伝説の水の精「ケルピー」に由来すると言います。残念ながらはっきりしたことは分かっていないそうですが、19世紀、スコットランド人はオーストラリアに入植する時に牧羊犬を持ち込みます。その持ち込んだコリーなどの牧羊犬とオーストラリアの野生犬ディンゴが交配を重ね、オーストラリアンケルピーが生まれたという説があります。

1872年にオーストラリアの牧羊犬競技会で、オーストラリアンケルピーが優勝すると一気に注目が集まります。現在、オーストラリアでは10万頭以上のオーストラリアンケルピーが登録され、牧羊犬や家庭犬、ショードッグとして飼育されているといいます。

面白いことにオーストラリアンケルピーは牧羊犬としての血統と、ショードッグの血統に分かれて登録されました。この二つは犬種としての基本的な条件は同じですが、それぞれ標準とされている体型や毛質などが異なっています。これは作業犬の血統に、外見と性質を重視して繁殖されたショードッグの血統が入ることでその作業能力が落ちないようにと考えて、1965年にスタートした試みだそうです。

オーストラリアンケルピーはこのように二つのタイプがあることから、イギリスやカナダ、日本などでは犬種として認定されていますが、アメリカのAKCでは認定されていません。

オーストラリアンケルピーの姿は?

伏せるケルピー

このように、オーストラリアンケルピーには二つの血統があり、働くことを目的とした血統は「ワーキングケルピー」、ショーに出場することを目的にした血統を「ショーケルピー」と呼びます。どちらの血統のオーストラリアンケルピーにも共通するのは、三角の立ち耳で被毛が短毛のダブルコートでつやがあり柔らか。そして、その姿形は中型犬で体高はオスが46~51cm、メスが43~48cm、体重は11~20kgです。体高より体長がわずかに長く、筋肉質で引き締まった体としなやかな四肢をしています。額と鼻のつなぎ目の部分(ストップ)ははっきりし、長く垂れた尻尾が特徴です。

オーストラリアンケルピーの被毛の色

ショーケルピーは以下の色に限定されています。

  • レッド、レッド&タン
  • ブラック、ブラック&タン
  • フォーン、チョコレート
  • スモークブルー

なお、ワーキングケルピーの場合は、あらゆる毛色が認められています。

オーストラリアンケルピーの性格は?

アジリティをするケルピー

牧羊犬の中でも、賢さと抜群の運動能力で羊たちを巧みに導くオーストラリアンケルピー。歩く姿も軽快で、持久力もあり、走っていてもスピードを一瞬で変化させることができるほどの運動能力です。

この能力はワーキングケルピーだけが持っているのではなく、ショーケルピーにも備わっています。どちらのタイプのオーストラリアンケルピーも大変賢く、活発で俊敏、そして判断力と服従心が強く疲れ知らず。仕事を与えられれば喜んでこなします。

外見に似合わず、オーストラリアンケルピーは用心深く、穏やかで争いを好みません。しかし、家族や仲間以外は距離を置く傾向があるので、普段はおとなしくても見知らぬ人や犬には警戒心を顕にして吠えることもあるようです。

同じオーストラリアンケルピーでも、どちらかと言えばショーケルピーの方がワーキングケルピーに比べて性格も穏やかで落ち着いているようです。

オーストラリアンケルピーの飼い方

ケルピーのパピー

オーストラリアンケルピーはとても活発です。比較的穏やかで落ち着いているショーケルピーであっても、その活発さは他の犬種以上です。オーストラリアンケルピーを飼うにはかなりの運動量が必要だということを心しておきましょう。1日2回の散歩の際には、1~2時間のランニングも併せて行うのが良いでしょう。オーストラリアンケルピーは賢く、俊敏なので、フライングディスクやアジリティなどに向いています。オーストラリアンケルピーを飼うなら、ぜひ一緒にドッグスポーツを楽しんでみて下さい。

オーストラリアンケルピーは、飼い主を一度リーダーと認めれば、相手の要求を汲み取ろうと真剣に向かい合ってくれる犬種です。そのため、主従関係を理解させることができれば、家族とも良い関係が築けるはずです。

被毛は短いので、週に1回ぐらいのブラッシングでよいでしょう。換毛期は下毛が多く抜けるので、こまめなブラッシングが必要です。汚れたらタオルで拭いてあげ、定期的にシャンプーもしてあげましょう。

オーストラリアンケルピーがかかりやすい病気は、股関節形成不全、進行性網膜萎縮、拡張性心筋症、小脳変性症などがあります。運動と体重管理をしっかりと行い、肥満にならないように気をつけてあげましょう。そして、いつもと違う様子が見えたら早めに動物病院に連れて行きましょう。

オーストラリアンケルピーに関するまとめ

笑顔のケルピー

日本ではあまり見かけないオーストラリアンケルピーですが、原産国のオーストラリアではとてもポピュラーな犬種です。牧羊犬として生まれたオーストラリアンケルピーは、賢く運動能力も高いので、ドックスポーツを楽しむには格好の犬種です。日本でも専門のブリーダーがいるようなので、オーストラリアンケルピーとの暮らしを楽しんでみるのも良いかもしれません。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 りん

    すっごくかっこいい犬種ですね!オーストラリアンケルピーという名前は初めて聞きましたが、以前アジリティの大会を見学した時に見たような気もします。たしかにすごく身のこなしがしなやかで軽々走ってジャンプしていたのでとても目立っていて、てっきり雑種か何かだと思って「何が入っているんだろう?すごいなー」と思ったので記憶に残っています。オーストラリアの広大な牧場とかを羊などを意気揚々と追いかけて仕事している姿が目に浮かびますね。こういう運動能力の高い犬は、アジリティとか運動をさせて能力を発揮させてあげないとストレスがたまってしまったりしそうですね。運動を楽しんでやってくれそうなのでアウトドア派にはいいですね!
  • 投稿者

    40代 女性 東雲

    「ケルピー」という言葉に飛び付いてこちらの記事を読んでしまいました。昔ケルト音楽にはまってハープを弾いていたことがあって、この「ケルピー」という曲があったのです。ケルト地方にはたくさんの妖精神話があって、そのひとつでした。ケルピーの名前がついた犬種があったんですね。北欧の妖精が、南半球のオーストラリアの犬の名前になったんて面白い話です。
    オーストラリアンケルピーは名前も初めて聞きましたし、見たこともありませんが、記事にある賢さや俊敏さは、記事中の写真からも見て取れます。
    散歩が1日1~2時間のランニングを2回とは、なかなか飼育するにはハードルが高いですが、一度実際のオーストラリアンケルピーを見てみたいなと思いました。
  • 投稿者

    30代 男性 カブレラ

    オーストラリアンケルピーは以前アジリティで見かけたことがあります。第一印象は、とてもバネのあるパワフルなわんちゃんだと思いました。アジリティでも飼い主さんのコマンドにもしっかりと従い障害物を走り抜けていました。あまり見かけない犬種かもしれませんが、愛好家の集まりなんかもあるみたいで、その独特な魅力に虜になっている方も多いみたいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 はるか

    オーストラリアンケルピーのように2タイプに登録されている犬種は他にもいるんですかね?とても珍しく面白いと思いました!ワーキングケルピーもショーケルピーもどちらもこの記事によれば性格的には飼いやすそうですね。ただ運動はとても必要そうなので散歩やドッグランに連れて行ったりはしないといけなそう…。なかなか見かけないので一度は見てみたいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 楓ママ

    一番最初の写真を見ると、すっごく走るのが早いだろうなということがわかります。胸を少し上げていつでもロケットスタートできるぞ!!っていう感じの伏せ方が、走るのが早い犬そのものという感じ。
    うちではボーダーを飼っていて、実家ではシェットランドシープドッグを飼っています。というわけで、根っからの牧羊犬好きです(*^_^*)なのでオーストラリアンケルピーも犬種図鑑などでチェックしていたことはありますが、実際に見たことはないかな。牧羊犬は活発で賢いのでコントロールがむずかしいところがありますが、意思疎通が取れるようになると本当に最高のパートナーになれる気がします。牧羊犬の魅力が日本でももっともっと広がって色々な犬種が増えてくれたらいいなぁ♪
  • 投稿者

    40代 男性 ミンパパ

    オーストラリアン・ケルピーは16年前に本場オーストラリアの牧場で初めて見ました。
    30頭もの羊を1匹で囲いに追い込む運動能力と羊の上に飛び上がり、羊達の背中を移動する抜群なバランスの良さ。
    一目惚れです。
    現在、オーストラリアン・ケルピーを家族として迎えていますが、運動能力はもちろん、家庭犬としての性格の良さにも驚いています。
    仔犬でもスタミナがあるので、散歩に時間が持てる方また自宅の庭が広く自由に走らせる事ができるお宅ならケルピーを満足させられると思います。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    こう文章にすると思いっきり愛犬自慢になりますが、私がオーストラリアで飼っている犬がケルピーです。正確にはボーダーコリーの血も少し混ざっているようで首回りの毛が長いのですが、両親共現役の牧羊犬の農家に生まれたものを譲ってもらいました。
    散歩というよりも走りに連れて行くという感じで、車道の横をトップスピードは時速40キロ程で、車を追いかけながら走ります(住んでいるのはど田舎なので安全、ご心配なく)。後は川や海で泳いでクールダウンして帰るという感じ、体力はあります。根っからのワイルド君です。そして良く言うことを聞く、忠実な犬。待てと言われるとずっと待っています。生活のルールも良く理解しています。あり合わせのロープを使う事はありますが、そもそも首輪やリードも必要ない程に忠実です。
    知らない人間に愛想を振りまくような万人にいい顔をするタイプではないですが、その分飼い主オンリー。
    日本でいうシバ犬くらい、オーストラリアの私の暮らす辺りでは一般的な犬種です。大変良い犬ですが、あの体力と知能を活かしつつ豊かに育てられる環境が日本にそれほどあるのか、疑問です。
    環境が揃って良い飼い主さんに育てられれば、将来は確実に天才犬!
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    40代 男性 金太郎

    今現在3ヶ月になるケルピーを飼っています。みるみる大きくなってきました。
    私の住んでいるところは田舎で普段はリード付けていますが大きな公園が
    あるところで、(ど田舎なので人来ません)リードを離し好き勝手にじゃれあっています。
    人が来ても最初吠えますが(待て!)といえば待ちます。
    妻も私も散歩に行きたくて、朝夕が楽しみになりました。これからの成長が楽しみです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。