サモエドとスピッツの違いって?わかりやすく解説!

9701view

サモエドとスピッツの違いって?わかりやすく解説!

サモエドとスピッツはとてもよく似ているので、同じ犬種だと思われることがとても多いです。確かにサモエドはスピッツを大きくしたような姿なので、別名シベリアン・スピッツとも呼ばれています。では「サモエドとスピッツはどこが違うの?」と疑問に思う方のために、その違いをお教えします。

サモエドとスピッツの違い

サモエドの親子

サモエドとスピッツは見た目がよく似ていますが、大きさが全く異なるというはっきりとした違いがあります。サモエドは大型犬なので平均体重がオスは20kgから30kg、メスでも20kg前後はあるので、見た目にも大きいという印象が強いです。

その点、一般的な日本スピッツは中型犬に属し、10kgに満たないくらいが平均なので、並べて見ると体の大きさでサモエドかスピッツかを一目瞭然で判断する事ができます。

サモエドとスピッツはどちらも鼻先が長く、ピンと立っている短い耳、そしてふさふさのたっぷりとした毛に全身覆われています。但し、この毛の色にサモエドと日本スピッツの違いが若干見られ、サモエドの毛色はホワイトかクリームの2種類がありますが、スピッツはホワイトのみとなっています。スピッツに似ていても、ホワイトで無いのであれば日本スピッツとは認められていません。

サモエドとスピッツは、体型にも違いがあります。シベリアでそりを引いたり狩りをしていたりした犬種であるサモエドは、足が太くて頑丈です。それに比べてスピッツは、室内犬として改良されていて手足が細いので、脱臼などに注意してやる必要があります。

このように、サモエドとスピッツは見た目がそっくりな犬種ではありますが、違いがいくつもあるのです。

サモエドとスピッツが似ている理由

口をあけている日本スピッツ

サモエドとスピッツは見た目がよく似ているので、何らかの関わりがあると言われています。ただ、この説は残念ながらはっきりとしたものでは無く、推測の上での説となります。

日本の一般的なスピッツは、色々な犬種とかけ合わせて品種改良されていますが、その犬種の中にサモエドがいると言われています。スピッツの元々の祖先はシベリアのジャーマン・スピッツだとされていますが、そのジャーマン・スピッツとサモエドの交配があったと推測されています。

この推測には確かな証拠があるわけでは無いのですが、多くの専門家の目から見て言われている説なので、かなり信憑性が高いと言えるでしょう。今後、新しくサモエドとスピッツの関係がわかるかもしれませんね。

サモエドとスピッツの性格の違い

眠っているスピッツ

サモエドとスピッツは見た目が似ていますが、性格も似ているのでしょうか。

サモエドの性格は温厚で人懐っこいという特徴があります。人間に対して従順でおとなしく、飼い主の喜ぶ顔が大好きです。お散歩中にすれ違う人や犬に対して威嚇してみたり、吠えたりという事が殆ど無い犬であるという点でも、初心者でも飼育しやすく、小さなお子さんのいる家庭でも安心して飼う事ができます。

スピッツの性格は、よく吠える性質を持っているという事があまりにも有名ですが、昨今は品種改良が進んだため、かつてのような無駄吠え体質のスピッツが少なくなりました。好奇心が旺盛で、人に甘えるのが大好きなので人に慣れるのがとても早く、温厚な性格も特徴です。動きも機敏で不審な物音に反応してくれるので、自宅で飼う際には番犬としての役割も担ってくれます。

サモエドもスピッツも、温厚で人懐こい点は似ていますが、決定的な違いは縄張り意識の強さです。どんな人にもフレンドリーに接する事ができるサモエドとは逆に、スピッツは自分の場所に他人が侵入して来るのを拒む性質を持っています。

スピッツは番犬向けではありますが、うまくしつけができないと来客のたびに吠える犬になってしまうので、子犬の頃から教え込んでいく必要のある犬種です。

サモエドとスピッツの性格だけ比べると、飼育がしやすいのはサモエドであると言えるでしょう。

▼サモエドとスピッツの情報をもっと見たい方はコチラ

サモエドとスピッツの被毛のお手入れ

ブラシをくわえているサモエド

サモエドとスピッツは、どちらもオーバーコートとアンダーコートの二層で全身が覆われている、ダブルコートと呼ばれる被毛なので、飼育する場合は抜け毛対策を考えておかなくてはなりません。特に毛の生え変わる春や秋の換毛期には、ごっそり抜ける事でも知られています。

サモエドやスピッツを上手に飼育していくには、抜け毛対策はかなり重要なポイントとなるので、専用のブラシや、室内で舞っている毛をしっかり吸ってくれるような空気清浄機などを用意しておくことがおすすめです。

サモエドはブラッシングをされるときに、比較的大人しくしていられる犬種ですが、スピッツはブラッシングを嫌がる傾向にあります。子犬の頃からブラッシングを嫌がらないように、きちんとしつけをしておかないと、成犬になった時に大変になるという事を覚えておきましょう。

とはいえ、スピッツの抜け毛の量に比べると、体が大きい分、サモエドの抜け毛は相当なものです。家族にアレルギーの心配を持っている場合は、そのことも含めて考える必要があります。

また、サモエドもスピッツも絡まりやすい毛質なので、毎日念入りにブラッシングをして、トリミングも定期的に行う必要があります。サモエドもスピッツも、毛のお手入れに時間や費用が掛かるという点を考慮して、飼う事を検討してください。

サモエドとスピッツの違いに関するまとめ

散歩中の日本スピッツ

見た目がそっくりなサモエドとスピッツは、スピッツの品種改良にサモエドが関わっている可能性が高いという説が有力なようです。また、サモエドとスピッツの性格は似ているようで違いがあり、サモエドに比べてスピッツは、子犬の時からのしつけが重要になると言えます。サモエドとスピッツは抜け毛が多い犬種の為、どちらを飼うにしても抜け毛対策をしっかり行うことが必要です。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 そうめん

    youtubeでサモエドのブラッシング動画が大好きで何度も何度も見てしまいます。あの大きくてフサフサなサモエドがもう1頭作れるほどの毛がブラッシングで取れるのをひたすら見るのが大好きで…。まぁ、見事。
    たまにサモエドを飼われている方がいらっしゃると、必ずその話(抜け毛)を聞いてしまうので、サモエドを飼っている方からしたら「サモエドあるある」なのかもしれませんね。
    しかし体の大きさがあまりに違うので、スピッツとサモエドを似ていると考えたことがありませんでした。スピッツの方が顔立ちもシュッとしているような印象ですが、犬ですし、どこかで繋がってはいるんでしょうね。日本スピッツは、キャンキャンうるさいイメージでしたが、最近お友達になったスピッツは声を聞いたことがないほど穏やかです。優しくて懐っこいとてもイイコで、スピッツの印象をがらりと変えられました。
  • 40代 女性 ペッパー

    正直サモエドとスピッツはあまりに大きさが違うので似ていると思ったことがなかったというか、性質もだいぶ違うので全く別ジャンルの犬と思っていましたが確かに言われてみれば見た目がそっくりですね!サイズは全く違うけど似ていると言えば、ドーベルマンとミニチュアピンシャーが思いつくのですが、こちらも系統に関わりがあったということは明確にされていないそうですね。むしろ流れとしてはけっこう離れた場所にいるような犬種だとかで不思議だなと思いました。犬はいろんな流れが改良されているので、どこかで似た犬種が出てきたりしても不思議ではないですが、どうしてもどこかでつながっているのでは??と犬種の図鑑を見たりして研究したくなります(^^)
  • 女性 コロ

    サモエドとスピッツ、確かに白くてもこもこなところは似ていますね!子犬のうちなら、並べたらどっちがどっちかわからないかもしれません。
    でも見るとやっぱり顔の感じが違います。サモエドはどちらかというとタヌキ顔、スピッツは完全にキツネ顔の印象です。毛ぶきの差も大きいです。ロシア原産のサモエドは被毛の密集度が違います。スピッツはそこまでもこもこではないですね。
  • 女性 いちごジャム

    確かにサモエドとスピッツって似てますね。
    サイズ感があまりに違うから思い付いたことがありませんでした!
    以前サモエドを青山で見かけたことがありますが、とってもきれいなふわふわもこもこなわんちゃんでした。でも、あの毛の量は、日本の夏は辛いんだろうなぁ。
  • 女性 ゴン吉

    サモエドとスピッツを見て違うと思ったのはやはり被毛の量でしょうか。白いのは同じですが、足の毛の多さや耳の厚さはだいぶ違うと思います。
    他に、割と大きくくりっと丸い目を持つスピッツに対し、サモエドは終始眠そうな目をしていると思いました。それも個体差があるので、どちらにも間違われる子はいそうですね。
  • 女性 Melon

    偶然なのですが、この前旦那と一緒にテレビを観ている時にスピッツが出ていたのですが、あまり犬について詳しくはない旦那が「とっても可愛いサモエドだね!サモエド、最近よく見かけるようになったよね」と言っていたので、笑ってしまいました!確かにサモエドとスピッツはよく似ていると思います。私は小さな頃から犬が大好きで、犬の図鑑などを愛読していたくらいなので、サモエドとスピッツの違いは分かります。ただ、確かによ~く似ているなあと思うこともあります。記事にもありますが、大きな違いはスピッツはよく吠えることだと思いました。以前、近所にスピッツを飼っていたお家がありましたが、とにかくよく吠えていました。また、スピッツの方が顔がシュッとしていて少し細身です。サモエドはどっしりしている印象があります。どちらもカワイイですけどね!
  • 50代以上 女性 スピッツオタク

    サモエドとスピッツが似ていると思われるのは、写真を見て白くてモフモフだからでしょうか?
    スピッツを飼っているので言わせていただければ、実際に見ると全然違うと分かるでしょう。
    まずは大きさの違い、毛吹きの違い、そして顔立ちが全然違います。
    スピッツと言ってもそれぞれ個性はありますが、スタンダードはアーモンドアイとバランスの良い小さな黒い鼻、胸の毛はフリルとエプロンの二段になっています。

    まぁ〜サモエドでもスピッツでも可愛い事にはかわりませんけどね?
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。