ラーチャーってどんな犬?性格と特徴、寿命や値段まで

ラーチャーってどんな犬?性格と特徴、寿命や値段まで

ラーチャーと言う犬をご存知でしょうか。日本では馴染みのない犬で、その名前すら初めて耳にする方も多いのではないかと思います。ラーチャーは、現在では家庭犬として飼育されている場合もありますが、元々は狩猟を行う人をサポートする為の犬として作出されました。このラーチャーについて、一体どのような犬なのかその特徴や歴史などを合わせて紹介していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ラーチャーってどんな犬種?

ラーチャー

イギリスが原産であるラーチャーは、英語表記では「Lurcher」となります。ラーチャーは特定の犬種を表す犬種名ではなく、人の手によって狩猟に適した犬として作り出された犬を総称してこう呼びます。

日本では馴染みのないラーチャーですが、イギリスやアイルランドはポピュラーな犬であり、特に珍しくもありません。イギリスでは狩猟を効率的に行うために、足の速い猟犬が求められていたのですが、特に走るのが速かったグレイハウンドやウィペットの犬種は、残念なから貴族しか飼育することが認められていませんでした。

そこで庶民は、グレイハウンドと他の様々な犬を掛け合わせ、狩猟に適した犬を作り出しました。

走るグレイハウンド

それが現在のラーチャーとなります。掛け合わせには、ボルゾイ・ウィペット・アフガンハウンド・サルーキーなどがよく使われ、時にはブルテリア・コリー・ジャーマンシェパード・ラブラドールレトリバー・ポインター・ゴールデンレトリバーなども使われましたので、ラーチャーは掛け合わせをした犬種によって少しずつ外見や大きさが違います。

ラーチャーという名前には、実は「盗賊」という意味があります。これは、大昔にラーチャーは密猟をする為に作られ、実際に密猟をするのにラーチャーが使用されていた経緯がある為です。その頃には、ラーチャーを飼育しているというだけで、悪人だと思われてしまうこともありました。

ラーチャーの性格

スタッフォードシャー・テリアのラーチャー

ラーチャーの性格について、3つの大きな特徴を紹介します。

  • 飼い主に従順
  • 明るくて運動好き
  • 穏やか

飼い主に従順

そもそもラーチャーは、狩猟犬として作出された犬ですので、自分が主人と認めた飼い主さんに対しては大変従順に接してくれます。指示や禁止事項もきちんと守ることができるだけでなく、常に飼い主さんの側に寄り添い仕事を手伝う素晴らしいパートナーとなってくれます。

明るくて運動好き

ラーチャーは狩猟犬として速く走る特性を活かすべく作出されていますので、走り回ることや運動そのものが大好きです。

平坦な場所だけでなく、急こう配の山の中でも元気に走り回ります。更にこれは掛け合わせた犬の性格に起因しているせいかもしれませんが、明るい性格の子が多いです。狩猟を行う際にも、常にポジティブに考え行動してくれるので、飼い主さんは助けられる面も多いと言われています。

穏やか

狩猟犬として確実に仕事をこなすラーチャーですが、それ以外の時間はとても穏やかであることが多いです。小さな子どもやお年寄りの相手も好んでしてくれますので、狩猟犬としてだけでなく家族の一員としてあえてラーチャーを選んで飼育する人もいるほどです。

ラーチャーの特徴

ドアから覗くラーチャーとテリア

ラーチャーの特徴を紹介していきますが、ラーチャーは掛け合わされた犬種によってその大きさや特徴にも多少違いが生じてきます。ここで紹介するものは、ラーチャーの中で最も主流と言われるものになります。

大きさ(体重/体高)

  • 体重 27㎏~35㎏
  • 体高 69㎝~75㎝

大きさからすると、ラーチャーは大型犬に区分されるサイズです。作出されるのに使われる犬はほとんどが大型犬ですので、当然ラーチャーもそのようになります。

被毛(毛色/毛質)

ラーチャーの被毛は、掛け合わせに使われた犬に起因しますので、決まった特徴はありません。ただし、多くのラーチャーの被毛は長毛でもなくかといって短毛でもない場合が多く、狩猟犬として寒い季節でも問題なく活動できるように、アンダーコートは厚めに密生することが多いです。

体の特徴

体の特徴についても、掛け合わせに使われた犬に起因しますので、必ずこうなると言ったような特徴はあまりありません。ただし、狩猟犬として活躍できるように考えられていますので、多くの場合脚はすらりと長く、体は筋肉質でどちらかというと痩せ型の場合が多いです。

ラーチャーは痩せ型ではあるけれど胸板は厚目であることが多いのは、狩猟犬として長時間走ることに耐えられる持久力を持つため、肺活量を増やすように考えられたからだとされています。

ラーチャーの子犬の価格

ラーチャーの子犬

ラーチャーの子犬の価格ですが、海外でも平均価格を算定するのは難しいとされています。特に現在でもラーチャーによる狩猟が認められているイギリスでは、ラーチャーを求める人の活用方法に応じて、ラーチャーはコーディネートされます。

素早く走るラーチャーが欲しい・走るのは多少遅くても急コーナーの対応が得意なラーチャーが欲しいなど、子犬そのものの価格は日本円で言うと5万~10万以内と比較的安価であったとしても、希望に沿ったラーチャーを探すコーディネーター代金が10万~15万ほど必要になる場合があります。

ラーチャーを飼うには

テリアとミックスのラーチャー

日本でラーチャーの子犬を手に入れるには、まずはブリーダーを探さなくてはいけないのですが、ラーチャーのブリーディングを専門として行っている犬舎はまずありません。

元々グレイハウンドやアフガンハウンドのブリーダーが、ラーチャーを作出してみようかという試みで子犬が産まれることはありますが、イギリスのように特性を考えて作出されるラーチャーとは少し性質が違ってきます。

巡り合うことはなかなかないとは思われますが、もし販売されるようであれば相場は15万~20万程度になるのではないかとされています。

ラーチャーの寿命

青い目のラーチャー

ラーチャーの寿命は、約13年~14年とされています。大型犬同士を掛け合わせて作出されたラーチャーは、それらの大型犬と同様の平均寿命となります。

かかりやすい病気などは、掛け合わせに使われた犬が持つ特徴に起因しますが、純血種同士の掛け合わせではないのでマイナス的な遺伝はしないこともあり、健康体であることが多いです。

ラーチャーの歴史

木の棒を咥えて走るラーチャー

ラーチャーの起原

ラーチャーの起源は、18世紀頃に存在した大変賢くて足も素晴らしく速く、勇敢でありながら主人に大変従順な犬であったと言われています。当時はラーチャーという呼び名もまだなく、それが犬であることも確認されていませんでしたので、狩猟に適した野獣が存在すると猟師の間で話題にのぼっていました。

その後になってグレイハウンドやサルーキーなどを掛け合わせてラーチャーを作出するようになると、実はあの頃いた野獣と言われていた動物こそが、ラーチャーだったのだと言い伝えられ、それが事実として信じられるようになっていきました。

サルーキー

ラーチャーは、その素晴らしいハンティング能力を買われて、密猟者に狩猟犬をして多く使われたことにより、ロマ語で「盗賊」という意味の不名誉な呼び名が付けられたという説があります。

ところが、1686年にリチャード・ブロームが「紳士のレクリエーション」にて、ラーチャーをテリア種の仲間に入れたという記述も残されています。現在でもその辺の事実がどうであったのかは、判明していません。

ラーチャーの現在の暮らし

現在でもラーチャーは、イギリス国内では多く飼育されています。狩猟犬として使われるのは勿論ですが、主人に従順で穏やかな性格を持っていますので、家庭犬として飼育されている場合も少なくありません。

ただ残念なのは、元々狩猟犬として飼育し始めたラーチャーが、家族の良いパートナーとして子どもたちと長く接しっていくことで狩猟犬としての本能が薄れてしまい、その結果捨てられてしまうということが起きている事実があります。

まとめ

草原でお散歩をするラーチャー

イギリス原産である狩猟犬のラーチャーについて紹介してきました。狩猟に特化した特性を活かして作出されたラーチャーは、様々な犬種同士が掛け合わされて作られていますので、正式な犬種としては認められていません。

その為日本に輸入されてくることもなく、日本ではその名前すら馴染みがないのが現状です。ラーチャー以外にも、日本ではあまり知られていない犬が世界にはまだいるかもしれません。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 じょじょ

    ラーチャー、という言葉を初めて知りました。イギリスでは昔から人間と犬の生活が密接だったんですね。狩猟犬として最適なウィペットなどが庶民には飼育が許されていなかったこと、そのため狩猟犬としてさまざまな犬を掛け合わせて狩猟犬を作ったということがとても興味深い内容でした。掛け合わされた犬種(犬種とは言わないかもしれませんが)は、もしかしたら貴族階級の方たちが使用していた狩猟犬よりも優秀かもしれませんね。よく映画やドラマなどで昔のイギリス人貴族の生活を描いていると、必ず狩猟に出かけるシーンに遭遇します。犬たちをたくさん引き連れて馬にまたがって駆け抜けていくようなシーン。狩猟は貴族の遊び、庶民には生活なのに特定の犬種の飼育を認めないなんて。さすが階級社会です。
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    ラーチャーという犬の存在を記事を読んで知りました。
    狩猟犬との事ですが、人間との相性は比較的良い印象を受けました。

    様々な犬種が混ざっている所謂ミックス犬との事ですが、人間の手によって改良を積み重ねられた犬なので、特定の犬種を混ぜた訳ではないという事実には納得させられます。

    暑さにも寒さにも強いという点が他のワンちゃんにはないメリットだと考えられますが、平均寿命が比較的短めである点はミックス犬の特徴を色濃く表していると感じられました。

    密猟に利用された暗い過去もありますが、現在ではイギリスやアイルランドで普通の生活を送っているとの事で、数が少なくなっている訳ではないようでとても安心しました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。