犬の結膜炎は目の病気!症状や原因、治療方法から予防対策まで

犬の結膜炎は目の病気!症状や原因、治療方法から予防対策まで

お気に入りに追加

犬の目のトラブルで、一番多いともいわれる結膜炎ですが、症状が悪化してからようやく飼い主が気が付くケースが多いようです。黒目の部分が大きい犬の目は、正面を向いている状態では、ほとんど白目が見えず、赤い目の充血に気付くことができません。そんな犬の目を結膜炎から守る方法や治療方法について紹介します。

33247view

犬の結膜炎の症状

目を後ろ足でこする犬

比較的軽い場合の症状

犬の結膜炎の症状として、涙や目やにが出たり、まぶた周辺が赤くなったりします。さらに、かゆみや痛みによる目の違和感から、まばたきの回数が増えることがあります。また、目を細めて眠たそうな表情や、目が開きにくそうな様子を見せることもあります。

犬のまぶたをめくってみると、結膜の充血や腫れが見られる場合もあります。そういった症状が片目だけの場合は、ゴミや毛などの異物が混入している可能性も考えられるでしょう。しかし症状が軽くてもいつまでも治らない場合には、結膜炎自体の病気ではなく、別の病気の2次的な症状として現れることもあります。

結膜炎が悪化すると

結膜炎を放置してしまうと犬のまぶたが腫れ、大量の涙や目やにで目の周りが濡れたような状態になります。そのため、目の不快から犬が頻繁に顔をこすりつけるなどして、目や皮膚を傷つけることがあります。

結膜炎だけで失明することはあまりありませんが、適切な治療を行わないと、犬の角膜(黒目の表面の透明な部分)に炎症が広がり、角膜炎へと進行する場合もあります。

さらに犬が結膜炎にかかると緑内障ドライアイなど、ほかの目の病気も同時に発症しているケースも多く見られるので、放置せずに早めに獣医師に相談しましょう。

犬が結膜炎になる原因

犬の目のアップ

物理的なものによるケース

犬の場合、目の周辺に生えている毛によって、眼球への刺激が結膜炎の原因になっていることが多いです。特に長毛の犬は、目のまわりのトリミングには注意が必要です。

毛以外にも、ゴミやシャンプー、花粉、粉塵、ほこり、草、薬品、スプレー、ハウスダストなどの異物が目に入ることでも炎症反応を起こします。さらに目に入った異物のせいで、犬が目を強くこすったり引っかいたりすることが結膜炎の原因となる場合もあります。

アレルギーによるケース

食べ物やハウスダストなどのアレルギーが原因で、犬が結膜炎になることもあります。食べ物によるアレルギーに反応し結膜炎になる場合が多いようですが、食べ物以外にも花粉やたばこの煙、意外にも新しいおもちゃに反応がでる場合もあります。

動物病院に行くと、どんなアレルギーを持った犬なのかを調べてもらえるので、アレルギー物質をしっかりと特定することをおすすめします。

細菌やウイルス、寄生虫によるケース

犬が細菌やウィルスなどの微生物に感染すると、涙などの生産量が減少します。その結果、細菌や真菌が繁殖しやすい状態となって、犬の結膜に炎症が起きます。

寄生虫によるものとしては、東洋眼虫という白く細長い虫が、犬のまぶたと目の間に寄生することで結膜炎を引き起こすことがあります。東洋眼虫は西日本を中心に、春から夏の時期に多くみられる寄生虫です。

基礎疾患によるケース

犬がもともと疾患として抱えている病気のせいで、結膜炎が起こることがあります。具体的な病気として、天疱瘡(てんぽうそう)やアトピー性皮膚炎、緑内障、角膜炎、ドライアイ、流涙症、ブドウ膜炎、副鼻腔炎などがあげられます。

犬の結膜炎の治療法

点眼される犬

抗生剤の点眼薬や眼軟膏による治療

ケガや感染症による炎症の場合は、その治療を行いながら炎症を和らげるための点眼薬や目軟膏を投与します。犬の結膜炎は、自然治癒や完治したように思えても再発しやすいので、点眼や軟膏を継続的に処方されるケースもあります。

また、完治までに犬がひどく目をこすってしまうような場合には、エリザベスカラーなどを使用して状態を悪化させない注意が必要です。

根本的な原因を調べて取り除く治療

犬の目に毛が当たり炎症を起こしている場合には、毛を抜いたり剃ったりするなどの処置が必要となります。また、目やにをとって細菌学的な検査を行うこともあります。

犬の結膜炎の状態によっては、リンゲル液や精製水などを使って洗眼を行い、原因物質を取り除く治療もありますが、素人が洗浄すると逆に状態を悪化させてしまうことがあります。シャンプーなどが犬の目に入りゆすぐ際にも注意が必要です。

治療期間の目安

早期に動物病院を受診し治療を行った場合は、比較的短期間で回復することが多いです。ただし、どのくらいで治るかは犬の結膜炎の原因によってもかわってきます。アレルギーによって引き起こされている場合は、よくなるまでに時間がかかることもあり、場合によって継続的に点眼薬が必要になります。

また、若い犬よりも目に衰えがみられるシニア犬は病気を再発することや、病状が進行し重症化していることが多いため、なかなか治らない可能性も考えられます。

治療費用の目安

受診する動物病院によっても差がありますが、平均すると一度の治療費は3,000円~5,000円程度になります。しかし犬の結膜炎によっては、完治するまでには長期的な通院が必要となるケースもあるので、そういった場合には最終的に治療費が高額になることも考えられます。

また、細菌の種類の特定や効果のある抗生剤を調べる検査があり、そういった細菌培養検査等を行うと治療費は8,000円~9,000円ほどかかります。検査を行う前に獣医師に詳しく解説してもらうことをおすすめします。

犬の結膜炎に効果がある目薬

ティアローズ 非ステロイド性抗炎症点眼剤 5ml 【動物用医薬品】

ティアローズ 非ステロイド性抗炎症点眼剤 5ml 【動物用医薬品】
780円(税込)

商品情報
結膜炎・角膜炎・眼瞼炎などの点眼薬

犬の結膜炎、角膜炎、眼瞼炎に良好な効果が認められている市販の目薬です。通常1日1~2滴1日4回滴眼し、症状によって適宜回数を増減するとよいとされています。

ナイガイ犬チョコ目薬V犬猫用15ml(動物用医薬品)

ナイガイ 犬チョコ目薬V 犬猫用 15ml (動物用医薬品)
1,104円(税込)

商品情報
・結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、涙腺炎、外傷性眼炎などの点眼薬
・内容量 : 15mL

犬の結膜炎、結膜充血、角膜炎、眼瞼炎、涙腺炎、外傷性眼炎に効果が認めれれている市販の目薬です。消炎・殺菌作用があります。通常1日3~6回、1回につき1~3滴の範囲で点眼するものとなります。

ワンクリーン 犬猫用 15mL(動物用医薬品)

ワンクリーン 犬猫用 15mL【動物用医薬品】
1,180円(税込)

商品情報
結膜炎・結膜の充血など治療用の点眼薬

1本で点眼と清拭が可能です。点眼では犬の結膜炎、角膜炎、結膜充血、涙腺炎、眼瞼炎、外傷性眼炎に効果が認められています。また、犬の目やになど、眼下毛の汚れの清拭として使用することができます。

点眼では1日3~6回、1回1~3滴の範囲で、清拭では1日1~2回数滴を眼下毛に滴下し汚れを拭き取ってください。または、綿棒に滴下してから眼下毛に塗布し、汚れを清拭することも可能です。

飲み薬としては、抗炎症作用や抗菌化作用の働きが期待できる、犬用の目のサプリメントを始め、日頃から犬の目を健康な目に導くとされる、様々な種類のサプリメントが市販されています。

犬の結膜炎の予防対策

動物病院で犬の目を診察

目薬を投与する

犬の結膜炎は再発しやすい病気です。何度も繰り返し発症するようなら、結膜の炎症を防ぐ目薬で予防しましょう。点眼薬や、動物病院で処方している薬以外に、ペットショップなどで市販されているものもあります。

炎症の原因を調べて接触を避ける

アレルギーが原因の場合は、ハウスダストや食べ物など、犬がアレルギーを起こす原因物質を調べてもらい、接触を避けましょう。

シャンプーによる結膜炎の場合も、低刺激のシャンプーに変えることで結膜炎になりにくくなります。また、犬の生活環境を清潔に保つことで犬の目に異物が混入するリスクが軽減します。

トリミング

毛長な犬は、目の周りの毛が短めな仕上がりになるよう気を付けてあげましょう。また、トリミング時のシャンプーが目に入ったことで、犬が結膜炎を起こすケースも少なくないので、トリミング後の犬の様子をよく観察してあげるとよいでしょう。

ワクチンを受ける

フィラリア予防のワクチンを接種することで「犬の結膜炎」を防げることがあるとされています。

特に西日本で多く見られる、眼球と結膜の間などに寄生する眼虫という寄生虫によって、犬が結膜炎を起こすことがあり、それらの寄生虫は通常のフィラリア予防をしていることで防げることもあるので、特に子犬のうちはワクチンを接種するとよいでしょう。

ブルドッグ、ペキニーズ、パグ、マルチーズなどで「犬の結膜炎」が多く見られるといった報告があります。また、ドライアイになりやすいシーズーやチワワなども結膜炎には注意が必要なので、予防をしっかりと行うことをおすすめします。

犬の結膜炎は他の犬や人にうつる?

テリアとダックスフンド

犬の結膜炎は、犬同士では感染する可能性が考えられますが、犬から人には基本的に感染することはほとんどありません。しかし、犬の結膜炎の原因によっては人にうつる可能性があります。

異物の混入やアレルギーによって感染した犬の結膜炎は人にはうつらないとされていますが、レプトスピラによるものだと人獣共通感染症なので、人にも注意が必要です。

そのため、結膜炎の犬にふれた後は必ず手をしっかり洗う習慣と、犬にふれてからすぐに目をこすったりしないように心掛けましょう。

まとめ

犬と人

犬の結膜炎は、かかりやすく治りやすいというイメージからか、自然治癒すると思われがちですが、そのまま放置してしまうと、他の目の病気を併発する恐れや慢性化してしまうケースがあります。

さらに犬はとても目を傷つけやすいので、少しでも目に異常が見られた場合は、早い段階で獣医師に相談することをおすすめします。

また、目に異常がある犬たちの出す様々なしぐさやサインに、私たちがより早く気が付いてあげられることが大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 のりこ

    点眼薬で治せてしまう結膜炎ですが、甘く見られがちな病気の1つなのではないのでしょうか。事実私も失明までしてしまうような病気とは知りませんでした。こういう病気の怖い面も知らないといけません。予防にも力が入ります。
  • 投稿者

    40代 女性 MAKI

    犬の結膜炎という記事は、今まで我が家のワンコは発症していないので勉強になりました。まずは愛犬のサイン(目を痒がる・痛がる)をよく見て、早めに対処したいですね。目やにが多いことや涙がよく出るという症状にも注意したいですね。
  • 投稿者

    30代 女性 ちびまま

    目はわんちゃんにとっても大切体の部分ですよね。わたしは日頃から、目にゴミが入っていないかよく観察するようにしています。
    今のところ、チビは目に異常はないですが気を抜かずよく観察して上げる事が健康に生活するうえで大切ですよね。チビの健康を守れるのは、私だけなのですから。
  • 投稿者

    20代 女性 さえさえ

    私の愛犬は、目が大きくて眼球が傷つきやすいです。
    子犬の頃に、はしゃぎ回っていたら壁に打つかって目が真っ赤に充血し病院に連れて行った事があります。結果は結膜炎ではなく自然治癒で治りましたが、シーズーの血が入っているため鼻も短く、目の周りの毛が眼球に入るため、定期的にカットに連れて行っています。あとは、顔をタオルで拭いて清潔にするようにしています。

    私も結膜炎になった事があり、すごく痛いし痒くて大変だったので、愛犬には、そんな辛い思いをさせたくないし、日頃のケアを大事にして予防しようと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 まいこ

    最近わが子も目を地面にこすりつける動作をよくするので、急いで確認しました。幸いにも何もなかったようですが、日ごろ何気なくしている動作が犬たちの何かしらの合図だということを常に覚えておかないといけないですね。
    人間もそうですが、やはり目の病気は普通の日常を送れなくなってしまうことが多いので気を付けたいです。
  • 投稿者

    女性 先の副将軍

    高い医療費の割に白内障も治療薬も無く先進医療と言えない^^: 獣医さんの腕凄い?聞いた事がない。
    人間の白内障は格安で治療法もいろいろあるが^^獣医では動物の命軽視してるのではないの?
    心ある獣医はしっかり勉強して治療法見付けてください。
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    目の大きい子は結膜炎とは切っても切れない病気のひとつですね。うちのシー・ズーもよく目を細めたり、前足で擦ろうとしたりしてしまうので発見した時はすぐに点眼液をするよう常備しています。
    うちの場合、原因はほぼ目にかかる毛です。ご飯を食べた後、お水を飲んだ後、朝起きた時に目ヤニがある場合など、不衛生な状態が目に触ってしまって赤くなることが多いです。
    予防と対策として、衛生的に保つことと毎日まぶたを少し上にずらして白目が赤くなっていないか、眼球に傷がないかをチェックしています。赤くなっている時は目ヤニも多く出ているので、周辺も含め洗って綺麗にし、事前に動物病院で処方されている結膜炎用の点眼をします。
    抗生物質のトブラシン点眼液を1~2滴、その後5分ほど置いてからキサトロン点眼液を1~2滴落とします。どちらも点眼後はなるべくじっとさせておくように言われました。浸透するようにでしょうか。この点眼液を、目の状態が赤く目ヤニの量が多い時はなるべくこまめに、次の日落ち着いていたら1日2~3回行うように指導されています。3~5日ほどで改善されるので、炎症が治まれば無理に点眼しなくてもいいと言われています。耐性をつけないことと、負担をかけないことが大事です。

    うちの場合は原因が毎回同じなので、こういった判断で対処することができますが、場合によってはアレルギーの可能性もあるので、症状が出た時は軽く考えずにしっかりと見るようにしています。

  • 投稿者

    40代 女性 ナツ

    目の病気は軽くみてはいけません。うちの愛犬は最初は歯周病が原因で歯茎にたまった膿が、目にまわって下瞼から膿が出始め、目が細菌感染したために結膜炎になってしまいました。1~2ヶ月ほど点眼と抗生物質のお薬で治療をしていたのですが、膿がひどくてなかなか治らずに角膜にも傷が入ってしまいました。

    一度は治まって、お医者様にも「大丈夫」と言われていたのですが、それから1年後にやはり同じ右目が加齢とともに乾燥んが進み、目の角膜が薄くなってしまっていたようです。愛犬が目を前足でこすった瞬間に角膜に穴があいてしまう角膜穿孔にいたり、目がつぶれて危うく失明するところでした。

    角膜穿孔までなってしまうと、手術しなければならないケースがほとんどです。結膜炎になりやすいワンちゃんは、一度治ったとしても充分に注意をしてあげてください。犬も加齢とともに涙が少なくなり、また、眠っているときには目をあけていることが多いので乾燥しやすいそうです。乾燥すると目も細菌が入りやすくなったり、傷がつきやすい状態になってしまいます。

    うちの子は途中で一般の動物病院から動物の眼科専門に移り、現在も治療中です。もし、結膜炎を繰り返しているようでしたら、一度眼科に行って角膜の状態などを検査をみるのも、それ以上悪くしないための一つの方法かと思います。
  • 投稿者

    20代 男性 go

    うちの犬は目が大きく、少し出ているので目に傷がつきやすいです。また、ホコリなどが目の表面についていることが多く、指で取るわけにいきませんので、洗浄液を作っています。洗浄液と言っても、ホウ酸水です。薬局で1箱300円ほどで売っているホウ酸を、パッケージに書いてあると思うのですが、2パーセントの濃さに精製水で薄めます。100円ショップで適当なボトル(液体の出口が小さいもの)でこれを作り、そのまま点眼洗浄できるように常備しています。犬はもちろん嫌がりますが、仕方ありません。目が傷ついて痛い思いをするよりはいいでしょう。ホウ酸水は殺菌作用もあるそうで、目の周りの涙やけや目ヤニを拭くときもこのホウ酸水を使っています。コットンにホウ酸水を染み込ませたもので目頭や涙やけを起こしている箇所を拭きます。涙やけの場合は、毛をかき分けながら念入りに拭きます。乾いたティッシュペーパーで水分を出来るだけ拭き取って(理想はドライヤーなのですが)というのを、継続してしばらくすると気にならなくなりますよ。
  • 投稿者

    20代 女性 ラザニア

    目を痒がったり、目やにが増えたりなどあれっ?大丈夫かなー?と気になった事がある飼い主さんは少なくないんじゃないでしょうか。
    わが家の愛犬は目やにが増えて診察して貰いましたが、特にアレルギーではなさそうで結膜炎までも行かなかったのですが、逆まつげで目に当たっている毛があったそうで抜いてもらった事があります。逆まつげが直接的な原因ではなかったようですが、目薬をさして目の周りは精製水を含ませたコットンでマメに拭いていました。
    コットンで拭くと目の周りが湿ってしまうので、乾いたコットンやガーゼでちょんちょんと拭いて湿らせたままにせず乾かしていたら、しばらくすると良くなりましたが、放っていたら結膜炎や何か炎症が起きていたかもしれません。朝、愛犬が起きると目やにが固まり目が開けづらい状態が続いていたので治ってホッとしました。
    目が大きな犬種や、わんちゃんでも花粉症のような季節の花などでアレルギーを起こす子もいるそうなので痒がったり、目やにが増えたりなど普段と様子が違うなーと思ったら診察して貰うのをおすすめします。目に傷がついたり、酷くなってからでは治るのに時間がかかってしまいます。
    目薬のさし方は診察のときなどに獣医師さんが手本を見せてくれたりコツを教えてくれたりしますが、難しいようなら動画やネットでやり方がのっているので参考にしてみると良いと思います。
    嫌がり暴れてしまう場合は、オヤツを食べさせながらサッと目薬をさすなど、難しいですが探るしかありません。
    ここで注意したいのは、目薬を嫌がり暴れても怒ってはいけないという事です。怒ってしまうとますます嫌がってしまいます。どうしても目薬が難しいならば一度獣医師に相談してみるのも良いと思います。
    普段から目を清潔にしトラブルが起きないように気を付けてあげるのが良いのですが、なってしまう時はなるので早めに気づいてあげて欲しいと思います。
    寝起きなどは目やにがついていたりする事が多いと思いますので目の周りを拭いてあげると良いですよ♪
  • 投稿者

    30代 女性 ひまわり

    うちのチワワも先日結膜炎になりました。動物病院で見て頂いたところ、異所性まつげが見つかりました。まぶたの裏にまつ毛が生えている状態で、すぐに手術して頂きました。目の大きいわんちゃんは、逆さまつ毛が原因で結膜炎になる事があるそうなので、日頃から目のチェックをしてみてあげる必要があるそうですよ。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    目の病気って怖いなと改めて思いました。人間と同じで目ってデリケートな部分だと思うので飼い主としては充分に気をつけてあげたいですよね。
    散歩に行った後やシャンプーした後、目が充血していないかとか瞼を開けずらそうにしていないかと気にして見てあげたいな思います。少しでもおかしいと感じたら気のせいだと思わずにとりあえず病院に行くことも大切ですね。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。