アメリカンブリーは温和なピットブル

アメリカンブリーは温和なピットブル

お気に入りに追加

アメリカンブリーという名前を聞いたことはありますか?日本では数の少ない犬種なので、あまりお目にかかることはないと思います。アメリカンブリーはピットブルの一種で、温和な性格をしています。そうなるまでには複雑な背景もあったようで……。この記事では、アメリカンブリーの性格や特徴、歴史までをご紹介します。

10656view

アメリカンブリーの性格

首かしげるアメリカンブリー

アメリカンブリーは、闘犬のピットブルを元にした比較的新しい犬種です。一言で言うと、家庭犬として温和な性格に作られたピットブルです。ピットブルからどう猛な性質を取り除き、家庭犬として飼いやすくするため、温和な性格の個体を選んで繁殖されました。

ただ中には、闘犬としての性質を受け継いで生まれてくる子もいますので注意が必要です。アメリカンブリーの子犬を迎える時には、親犬の性格などを見極めて慎重に選びましょう。

とはいえ、アメリカンブリーは総じて愛情深く、見た目のいかつさに反して優しい気質だと言われています。一見こわそうな容貌も、お茶目な性格で何ともキュートに見えてきます。しつけさえきちんとできれば、アメリカンブリーは人によく寄り添ってくれるので、最良のパートナーになることでしょう。

アメリカンブリーの特徴

アメリカンブリー全身

アメリカンブリーは中型犬に分類されます。体高は41cm~51cm、体重は14kg~27kg程度です。がっしりとした筋肉質な体つきで、強じんなあごを持っています。両目が離れているのも特徴的ですね。マズルは短く、ちょっとブルドッグに似ています。

半分立った小さめの耳もかわいいですが、アメリカンブリーは断耳、断尾されることもあるようです。しっぽは本来垂れていますが、断尾によって短く立ったしっぽになります。特段の理由がない場合は、耳もしっぽも切らないことをお勧めします。

アメリカンブリーの被毛は短く、白や黒からまだら模様まで、様々な毛色が存在します。短毛なのでお手入れは簡単ですが、定期的にブラッシングしてあげましょう。また、よだれの処理や、口周りのしわの間を清潔にすることも大事です。

また、見た目の呼び方として、「アメリカンブリースタイル」というものがあり、ピットブルよりブルドッグに近い容姿を持つことを言います。頭が大きく、体高が低く、がっしりと横広な体形を指します。アメリカンブリーは歴史が浅い犬種なので、ピットブルに近い子から、このようなブリースタイルまで存在し、容姿に幅があることも特徴です。

アメリカンブリーの価格

アメリカンブリー子犬

アメリカンブリーは日本ではまだ頭数が少なく、ペットショップで売られていることはありません。そのため、ブリーダーから直接迎えることになります。価格は25万円~30万円程度が相場のようです。

アメリカンブリーのブリーダーも国内では数が少ないので、いつでも好きな時に子犬を迎える、というわけにはいかなさそうです。きちんと繁殖を行っているシリアスブリーダー(優良ブリーダー)にあらかじめコンタクトをとり、アメリカンブリーの子犬が欲しい旨を伝えておくといいでしょう。そうすれば、出産状況を教えてくれると思います。

ブリーダーを選ぶ際には、犬舎の見学ができるかどうかを確認しましょう。シリアスブリーダーであれば、見学を受け入れてくれます。アメリカンブリーには、まれに気の荒い子がいるので、子犬が産まれる前から見学に行って、親犬の気質などを見ておくことをお勧めします。

アメリカンブリーの寿命

年老いたアメリカンブリー

アメリカンブリーに特化した平均寿命は不明ですが、ピットブル種の寿命は12歳程度と言われています。中型犬として平均的な寿命ですね。

犬の寿命は個体差もありますが、飼育環境にも左右されます。アメリカンブリーは運動量が多い犬種なので、1日2回、1回あたり1時間程度の散歩が必要です。

運動不足によるストレスが病気を引き起こすことはもちろん、アメリカンブリーの場合はストレスにより攻撃的になってしまわないように、きちんと散歩に連れていきましょう。

アメリカンブリーの歴史

アメリカンブリー散歩

アメリカンブリーは、アメリカンピットブルテリアの中で、家庭犬に向くように温和な性格に改良された犬を指します。

アメリカンピットブルテリアは、闘犬タイプ、ドッグショータイプ、ブリータイプの3つに分けられます。そのため、アメリカンブリーを独立した犬種として登録している団体はありません。

アメリカンブリーの血統書は、アメリカンピットブルテリア、またはアメリカン・スタッフォードシャーテリア、もしくは2つの団体からその両方の血統書を持っていることになります。

なぜアメリカンブリーは、こんな複雑なことになっているのでしょう?それは、アメリカンピットブルテリアが闘犬に使われていた歴史を持つからです。闘犬として強い犬を作るため、あえて攻撃性を高める方向で繁殖が進められました。そのため、アメリカンケンネルクラブ(AKC)では、犬種として公認されませんでした。

現在では、闘犬が禁止されているので、アメリカンピットブルテリアも先述のとおり3つのタイプに改良されています。

ピットブルから攻撃性を取り除こうとして作られたのが、アメリカン・スタッフォードシャーテリアです。こちらは温和な性格を強める方向で繁殖が行われました。そのため、AKCでも日本のJKCでも犬種として登録されています。

アメリカンピットブルテリア、アメリカン・スタッフォードシャーテリア、この2つはほぼ同じ犬種と言っていいでしょう。ただ、繁殖の歴史が異なるため、ほぼ同じ犬が2つの犬種に分かれてしまったのです。

アメリカンブリーは、アメリカンピットブルテリアの改良の中で生まれてきた犬です。家庭犬に向くように、穏やかな気質が尊重されます。ただし、闘犬の血も流れていることも忘れてはいけません。犬との信頼関係をしっかりと築ける飼い主に向いた犬種です。

アメリカンブリーを見た目のカッコよさだけで迎えてしまうのは、犬にも人間にも幸せなこととは言えません。しっかりと犬をコントロールする覚悟を持てる、ベテラン飼い主さんの方が、アメリカンブリーも幸せに暮らせることでしょう。

まとめ

森の中のアメリカンブリー

アメリカンブリーはなかなか複雑な背景を持つ犬ですね。闘犬の血を引き継いでいるとはいえ、温和な性格に改良されています。アメリカンブリーはコワモテだけど優しい犬というのは、一度家族として迎えると、とことん愛着がわく人が多いようです。

ただ、日本ではアメリカンブリーは数が少ないので、子犬を迎えるには少し気長に待つ必要がありそうです。輸入するという方法もありますが、アメリカンブリーの場合は親犬の気質をしっかり見ておいた方がいいので、国内ブリーダーの方がいいでしょう。

しっかりと犬に向き合える飼い主さんたちが、少しずつアメリカンブリーの数を増やしていけるといいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    私はアメリカンブリーを飼っています!
    実家では、土佐犬、グレートデーン、小型犬など様々飼っていました。
    飼育は簡単かと言われると
    そうでもありません。
    確かに女性でも飼える犬種なのですが
    その子の性格や血筋で
    闘争心が出てしまう子もいます。
    力も強いです。
    もし、迎え入れるか悩んでる方は
    きちんと親の性格などを聞いて
    躾ができる方、犬の扱いに慣れている方が適していると思います。
    それから、ブリーは短頭種なので
    熱中症や呼吸器の病気にも気を付ける事が大事です。
    注意点を述べましたが、
    ブリーは人間の様な性格、頭の良さなど
    魅力たっぷりのわんちゃんです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。