ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)の特徴と性格、値段や飼い方まで

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)の特徴と性格、値段や飼い方まで

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)と言えば、逞しい筋肉質のボディに土佐闘犬のような強さが特徴のブルドッグですね。そんなピットブル犬って本当はどんな性格で、誰にでも飼う事ができる犬なのでしょうか。ここではピットブル犬の事について詳しくお教えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)の特徴

茶色のピットブル

ピットブル犬の平均体高は50cm前後、平均体重は15kg~35kgで中型犬に属します。中型犬ではあるものの、筋肉質な体と闘争心に溢れた気質が備わっているので、高度な飼育技術が必要であり、飼育者の体力も必須です。

最近ではすっかりペットとして親しまれるようになったピットブル犬は、正式名を「アメリカン・ピット・ブル・テリア」と言います。ピットブル犬はそもそも最強のブルドッグを作るために、ブルドッグに「スタッフォードシャー・ブル・テリア」を掛け合わせて生まれた犬種です。

時は流れて次第にペットとしての改良が進められ、ピットブル犬は今や一般家庭で可愛がられる犬種としてお馴染みになりました。しかし、元々の持っている気質があるので、しつけがきちんとされていないと、飼い主とはいえ襲い掛かって来る恐れのある犬で、国によっては規制が設けられています。

ピットブル犬は飼い主への忠誠心に溢れ頭も良く、家族への愛情もたくさん持っている犬種ではあるものの、人間が死亡してしまう事故が最も多い犬であるという事も忘れてはいけません。

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)の性格

2匹のピットブルの子犬

ピットブル犬を飼う上で一番重要な事は、ピットブル犬の性格をよく理解しておくという事なので、まずピットブル犬がどのような性質であるのかをご紹介します。

また、ここでご紹介するピットブル犬の性格には個体差があるので、必ずしもどのピットブル犬にも当てはまるというわけでは無い、という事も覚えておいてください。

基本的にピットブル犬は飼い主さんに対しての忠誠心が強く、訓練さえしっかりできれば服従に徹する事が出来る犬種です。明るく陽気な性格で、家族愛に溢れているのもピットブル犬の特徴と言えるでしょう。

また、ピットブル犬は我慢強さや粘り強い性質を持っており、これらは闘犬としての気質がまだ残っているという事でもあります。ピットブル犬が危険な行動に出るという事は、闘犬の頃の闘争心により我を忘れてしまい、飼い主さんがピットブル犬の我慢強い性格をコントロールできなくなった状態になっているという事です。

ピットブル犬はペット用に改良されて忠実な性格にはなっていますが、前述したように、全てのピットブル犬に当てはまるという訳ではなく、闘争心や攻撃的な性格を多く持ち合わせている場合も想定して、主従関係をしっかり保って行けるような飼い方をしていく必要があります。

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)の値段

2匹のピットブルの子犬

ピットブル犬はそのサイズや気質からペットショップなどで扱われることはほとんどないため、ピットブル犬の値段や相場をしている人は多くないと思います。

ピットブル犬を購入したい場合は、専門ブリーダーを探したりペットショップを介してブリーダーや子犬を探してもらうという流れになると思います。

価格の相場は10~30万円程度。基本的には10万~20万円程度と考えられますが、月齢が低い、親がチャンピオン犬などという要素を持つ場合30万円ほどになることもあります。

購入時の費用だけでなく、今後十数年の食費や病院代などの飼育費がかかるほか、ピットブル犬の性質上しっかりとしたしつけを受ける必要があったる、行動を制御、コントールする道具や技術が必要なため思わぬ費用が掛かる場合びで注意しましょう。

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)を飼育するための環境

ジャンプしているピットブル

ピットブル犬は犬舎で飼育するのでしょうか?それとも室内飼いでも大丈夫なのでしょうか。

ピットブル犬は、実は日本でも闘犬として名高い土佐闘犬の血が入っていて、他にも数種類の闘犬の血も流れています。土佐闘犬と言えば、日本でも地域によっては檻で飼わなければならない等の規制がされているのですが、ピットブル犬に関してはそのような規制は日本にはありません。

ピットブル犬はどちらかと言えば寒がりの犬種なので、日本では室内飼いに向いています。また、短毛種なので抜け毛はそれほど目立ちませんが、換毛期には多めに抜けてくるので、子犬のうちから日頃のブラッシングに慣れさせておく事が必要です。

日常生活においては、ピットブル犬の運動は毎日行わなくてはなりません。ある程度の運動量が必要なので、朝晩二回、1~2時間ずつの散歩が目安となります。

ピットブル犬は力が強いので、女性やお子さんが一人で散歩に連れ出すのは危険です。闘争心が強い犬種でもあるので、他の犬と遭遇した時に思わぬ展開になってしまう事も想定できます。力の強い男性が首輪をコントロールしなくてはならないので、腕力に自信のある方が飼育者となるのが基本です。

ピットブル犬(アメリカンピットブルテリア)を飼う上での注意

飼い主の手を見るピットブル

ピットブル犬は、かつてのように闘犬として生まれて来ているのではなく、今やペットとして飼われるために生まれてきている子が殆どです。穏やかな性格に改良され、子どもと仲良く遊んでいる姿も、ネットの動画などでよく目にするようになりました。

でも、他の犬には見られない筋肉質なピットブル犬の肉体に惚れ込んで、「カッコいい」というだけで飼う事を決めるのは危険です。

ピットブル犬は初心者が飼育をするのは無理な犬種です。主従関係をきっちりと教え込む事ができる、ベテランの飼育者でなければコントロールする事ができません。

ピットブル犬の持つ、かつての闘犬としての性質を全て理解し、どんな状況になったとしても、ピットブル犬をコントロールする事ができるような人でなければ、また新しい惨事が起こりかねないのです。

ピットブル犬による怪我人、死者数は他の犬種と比較してもかなり多いという事、しかしながらそれは、ピットブル犬の責任では無く、全て飼育者の責任であるという事を踏まえた上で、ピットブル犬を飼う事を慎重になって考えてみてくださいね。

まとめ

ピットブルと自然の中の休日

見た目がとにかくカッコいいピットブル犬。筋肉美と言っても良いようなマッチョなボディ。そんな強そうなピットブル犬を連れて歩く自分を想像しただけで、「欲しい」と考える人も多いのではないでしょうか。

近年ではペット用に改良されているし、「自分にも飼う事ができるかも。」と、期待が膨らみますよね。でも、それはちょっと違うようです。ピットブル犬はベテラン飼育者によって飼われるのが一番の幸せなのです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ペッパー

    この記事の最後に書かれている一文、まさにその通りだと思います。今はネットで色々な情報を知れる分、ピットブルについて知ることができたり、楽しく飼育している人のブログが見れたり、海外に人気アーティストなどが飼っていたりして、つい身近に感じてしまうこともありますが、やっぱりピットブルは特殊だと思います。簡単に手を出していい犬種ではない。他人はもちろん、自分自身をも危険にさらすことになるかもしれないということをしっかり認識しないといけませんね。それに咬傷事故を起こした犬の行く末を考えたら、その犬自身も不幸にしてしまいます。つくづく、闘犬というものをつくり出した人間の罪深さを感じますね。世界では今でも闘犬が行われているところもあります。肉食文化の問題などとははるかに次元が違う問題で、こればかりは本当に人間のエゴだなと思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 suzy

    以前、名古屋か大阪か、どこかで、ピットブルが人を襲ってしまって、飼い主さんに実刑判決が出たことがあったように記憶しています。(その犬は前科ありだったようで、管理義務を怠ったとかで)ピットブルなど特殊な犬種は、やはり一部の人に人気があるのはわかるような気がしますが、他人に怪我を負わせる恐れがある状態だったら外に連れ出してはいけませんよね。アメリカでは州によっては飼育が禁止されている犬種です。もちろん、同じ犬種でも個体差があるでしょうから、穏やかな子もいれば、きちんとしつけをされている安心な子もいるのでしょうが。それでも小さなお子さんなどを考えると、近所で飼育されたらあまり歓迎できない犬種かもしれません。
  • 投稿者

    女性 MOJO

    アメリカへ旅行へ行った時に、ピットブルを飼っている人たちにたくさん会いました。
    アメリカでは人気だそうです。見た目とても強そうですが、現地で触れ合ったピット
    ブルたちは優しくてフレンドリーな犬でした。大型犬を飼ってみたい!と思っている
    私にはとても魅力的な犬でした。ただ、やはりとても力が強いのできちんとトレーニ
    ングができる飼い主さんと暮らした方が良いでしょうね。
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    現在、6歳になる元保護犬のピットブルを飼育しています。ピットだから里親候補が限定され半年以上施設にいました。私自身ミニピンとミニダクも飼育してますが特定犬種より、無自覚な飼主に飼育されてる小型犬の方が怖いです。実際ウチのピットはノーリードの小型犬に何度か襲われそうになりました。マテのコマンドを入れ私が小型犬を払い除けことなきを得ましたがこの時もしうちの犬が反撃したらと思うとゾッとします。
    悪いのは相手なのに結果、中・大型犬だからやピットだからと言われるのが落ちですからね。
    犬種やサイズ関係なく牙を持った獣だという事を理解し自覚と責任を持って終生飼育していかなければダメですよね。
    因みにウチのピットはマヌケでビビリですが理解力のあるかわいいやつです。家族や先住犬達とはうまくやっていますよ。
    しかしこの犬種ゆえ無闇矢鱈に人やその他の動物には近づかせません。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    プルタイプのピットブルを飼ってます。ガタイはショータイプとは全く違い1年3ヶ月で60㎏ぐらいありますが、甘えん坊で人なつっこいです。ただ餌くれの時は二匹いるので凄い争いになるときもあるのでまん中にいて喧嘩しないように食わせてます。
  • 投稿者

    男性 匿名

    ピットブルを飼ってサークルにも所属していますが、ピットブルには大きさや、性格、体つきなど、個体差がかなり有ります。まず、服従訓練は必要です。最初はコツを知っている訓練士と一緒に取り組めば、頭が良いので、すぐに覚えます。 最近はアメリカンブリーと言う、ピットブルを土台に改良し、ピットブルより小型化して、頭が良く、性格は穏和でフレンドリーな子が多く、女性でも散歩出来る犬種が出てるので、飼育しやすいですね。
    前者の方も話してますが、大型犬を飼ってる人が一番迷惑と思うのが、躾もマナーも何もない、バカな飼い主が我が子の様に連れている小型犬です。5mぐらい延びるリードを使ってる人に多いですね。
    ギャンギャン吠えながら、飼い主がリードを短く持たないから寄って来て小型犬は噛みつきます。うちのピットは「待て❗」状態にさせて居るので平然な顔して我慢してますが、小型犬側は「お宅のは大きいから、うちのが噛んでも平気でしょ?」と・・・? 確かに蚊に刺された程度ですが、噛み返したらどうなる事やら・・・
  • 投稿者

    女性 チューリップ

    ピットブルは凶暴な犬、というイメージでした。アメリカでは州によっては飼育が規制されているところもあるとか。どうしても咬傷事故のイメージが強いのですが、人気がある犬種とのことで凶暴な犬はごく稀にいるといった感じなのでしょうか。知り合いにブルテリアを飼っている人がいますが、ピットブルではありませんが、見事な筋肉隆々な体つきです。その子はとても穏やかな性格なので想像つきませんが、やはりタガが外れると力は相当強そうです。飼い主も小さな子どもは近付けないと言っていました。こういった犬は、しつけやトレーニングをきちんとできない人が飼ってはいけない犬種ということなのでしょう。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    私も今年の3月から、ピットブルの飼い主なりました。本当に偶然に犬がいるけもらってと言われてです。最初にあって、あのさみしげな眼で見つめられ、引き取りました。世界で一番危ない犬と
    いわれているのも、知っておりました。それから10か月いつも一緒におります。職場の理解もあり
    昼間も職場の隅で過ごしております。私が注意しているのは、しつけるときは、本気で、遊ぶとき
    一緒に思いきり遊ぶ。散歩の途中で他に犬、猫などにあっても、吠えると本気で叱る、歩道など人とすれ違いの時は、必ず待てをさせる。散歩は、朝、夜1時間30分は決まって行う。おかげでメス
    の性格かもしれないが、おとなしく、だれでも歓迎する犬です。ただやはり、闘犬であることは、
    胆の銘じております。とにかく飼い主が、本気で向き合い、接し、責任を持ち飼育することが重要です。でも、かわいい犬です。子供と同じです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。