ミニチュアピンシャーの魅力について

ミニチュアピンシャーの魅力について

お気に入りに追加

勇ましいチビのドーベルマン!ドーベルマンの子供?!と見間違えられる事もあるミニチュアピンシャー。実はドーベルマンより歴史は古く、小さいけれど勇敢で頼りになる相棒的存在。そんなミニチュアピンシャーの魅力をたっぷりご紹介します。

33098view

ミニチュアピンシャーってどんな犬?

ミニチュアピンシャー(通称:ミニピン)は、別名レイ・ピンシェル(小さな子鹿)とも呼ばれ、ピョンピョン跳ねまわる姿はまさに子鹿の様。ドイツが原産で、害獣駆除として改良されました。カラーは、ブラック・タン、レッド、チョコ・タンの3色で、標準的な体高は30cm前後。
雄は4~6kg、雌は3.5~5.5kgが一般的です。

小さな体で、とても愛らしい顔をしてますが、飼い主に対する忠誠心は厚く、知らない人には警戒吠えをするなど、番犬としても最適で、時に勇敢に立ち向かうこともあるミニチュアピンシャーは、アメリカでは麻薬密売の護衛犬としても活躍するほど、警戒心の強い犬種です。全身筋肉質でアスリートの様なその肉体美から、ジャンプ力や脚力には眼を見張るものがあります。運動量は比較的多く、ヤンチャな性格の子が多いこの犬種は、初めて飼うには少しレベルが高い方になります。

0~1歳までは、骨も細く身体もしっかり仕上がっていないのにジャンプをするので、犬を飼う部屋はカーペットなどを敷き詰めた方がいいでしょう。骨折してしまうと。場合によっては切断しなければならなくなる危険もあるので、十分な注意が必要です。このワンパクぶりは、8歳〜10歳前後まで続き、ある程度の年齢まで落ち着く事は無いと心得て、根気よくしつけをしましょう。

ミニチュアピンシャーの魅力

実際に飼い始めて初めてわかる犬種の魅力ってありますよね?ここでは飼い主さんたちから寄せられたミニチュアピンシャーの魅力をご紹介します!

ミニチュアピンシャーの魅力


女性 20代
最近、お散歩しているミニチュアピンシャーをたくさん見かけます。今かなり人気急上昇の犬種です。成犬になっても4~5㎏とかなり軽いですし、ドーベルマンのような見た目の小さいワンちゃんがミニチュアピンシャー。ドーベルマンのような威圧感もないですし、むしろ小さくて可愛いです。 賢くて学習能力も高いです。ただ頑固な一面もあるので根気が必要になります。

暑いのが苦手で、寒さにも弱いので冬は服を着せたりできちゃうのもいいですよね。抜け毛は頻繁にありますが、被毛のお手入れは毎日は必要ないので楽チンです。かなりの運動量が必要になるので愛犬とたくさん遊びたい人には最高の犬種です。


女性 10代
活発なお利口さんなミニチュアピンシャーの魅力といえば、なんといっても「スレンダーなフォルム、スポーツ万能、賢い、お手入れの簡単さ」。特に推したい4つです。他にもまだまだたくさん魅力はありますが、その子自身の良いところを伸ばすのがまず最優先ですね。


女性 20代
小害獣駆除を目的として飼育されていた中型の犬種(ヘル・ピンシェル)を小型に改良されたミニチュアピンシャー(ヘル・ピンシェルとは、ドーベルマン・ピンシャーの祖先として知られる犬種です)。

その魅力は何といっても小型犬らしからぬ完成された体型。そして、勇敢に自分よりも大きい相手にも果敢に立ち向かう強い精神力です。体質も強壮で番犬として充分過ぎる素質を持っています。また、生まれつき清潔好きであり、飼育環境を汚す事が少ない。テリトリー防衛本能が強くマーキング癖はあるが、家庭・家族には極めて忠実です。


女性 20代
ミニチュアピンシャーの魅力といえばやっぱりまずあの体型ですよね!ミニチュアピンシャーは、体高と体長がほぼ同じで肩から腰にかけてのラインが引き締まってガッシリとした小型犬の体格をしています。小型犬なのにがっしりしていて、でもあのつぶらな瞳がとてもかわいくて不思議なわんちゃんだと思います。

ミニチュアピンシャーはとても活発なわんちゃんですが、その一方で冷静沈着で警戒心が強い性質も併せ持っています。運動神経もかなり高いとされています。小型犬なのでそこまで多くの運動量は必要ありませんが、活発な子なのでお散歩やお庭などで遊ばせてあげると喜びます!こんなかわいいミニチュアピンシャーとならずっと遊んであげちゃいますね(笑)


女性 40代
ペットショップやインターネットの記事では「とっても活発な遊び好き」というキャッチフレーズのミニチュアピンシャー。これからご紹介するミニチュアピンシャーの話を読んで魅力的と思えるあなたはかなりの上級者です。我が家には昔、デカピン&ミニピンがいました。確かに遊び好きでしたが、それは限界を知らない遊び好きだったんです!

我が家のミニチュアピンシャーお手上げ体験

  • キッチンの上に平気でジャンプして食べ物を瞬時にかっさらっていく
  • 寝返りをしただけで起こしに来るので、熟睡できない
  • ご主人さまをご主人さまと思わない
ミニチュアピンシャーの気質として、
  • 機敏で活発
  • 気性が荒い
  • 自尊心が強い
  • 知らない人に強い警戒心を示す
まさにミニチュアピンシャーは番犬向きではありますが、それに加えて動くものが大好きで、ピーピー鳴るおもちゃのなげっこ遊びはひたすらエンドレスでやらされます。とにかく遊んで遊んで攻撃がすごいです。まあそれが可愛いので、ときどきツンデレされると逆にかまって欲しくなります。

とにかく早い時期にしつけ

あまり言うことを聞かない犬ですが最低でもこれだけは覚えさせましょう。

  • 待て
  • お座り
  • クールダウン
最も大切なのがクールダウンです。遊び好きだからといって長時間いつまでも遊んでいると興奮度が増すだけで、無駄に噛みついたり遠吠えをします。ハウスに入ることやお留守番ができるようにしつけないと、飼い主さんが休めませんよ。

バカな子ほど可愛い!ミニチュアピンシャー

そんなミニピンが寝静まったあと起こすとうるさいので、寝ている間にそーっと移動するのもちょっと楽しいです。でも寝顔って可愛いのでいじりたくなって起こしてしまった、という事もしょっちゅうですが、家の中にミニピンがいると本当にいつも明るくて楽しい!それがミニピンの魅力です!

ミニチュアピンシャーを飼うには

お散歩中のミニチュアピンシャー

近年、ミニチュアピンシャーの人気も徐々に高まり、それに従って悪徳ブリーダーも増えているのが現状です。ブリーダーから飼うときは、できれば犬の居住環境や親犬の確認をさせてもらい、ワクチンや血統書などが貰えるかも確認してください。そして、免疫力と犬の社会化の為にも、3ヶ月は母親の元で兄弟犬と過ごさせてから譲渡して頂けるブリーダーさんを選んで下さい。

ミニチュアピンシャーは日本では断尾をするのが一般的ですが、ブリーダーから飼う場合は、産まれる前に、断尾をするかしないかを相談する事も出来ます。断尾は生後1週間以内にするので、早めに考えておく必要があります。母親の元で母乳で育っていると免疫力も上がり、何より犬の社会化を学んだ子犬は、無駄吠えをしなかったり甘噛みも少なく、堂々としている子が多いです。先ほども言ったように、最近はミニチュアピンシャー人気が高まっています。その反面、ショップで見たときは可愛かったのに、「こんなにやんちゃで落ち着きなくてもう育てられない!こんなはずじゃなかった」と手放す人が増えているのも事実です。

ペットショップに並ぶ犬は、悪徳ブリーダーから流れて来ているケースもあり、規定サイズより大きくなったり、小さく育ったり、健康面でも疾患を遺伝的に持って産まれてくる子も多くいます。里親募集を検索すればミニチュアピンシャーを見かける事があります。既に成犬になっているかもしれませんが、理想の子に出逢える事も十分あり得ます。里親募集中の子の中には、一度捨てられたり、虐待を受けたりして人間不信に陥っている子も中には居ますが、里親探しに出せる程度にセラピーやトレーニングを受けてから出されているので、自分にぴったりの子が居ないか、一度探してみるのもいいと思います。

ミニチュアピンシャーの飼い方や、しつけについて

ミニチュアピンシャーは体型維持が大切。

ミニチュアピンシャーは小さいわりに食いしん坊な子が多く、愛くるしい瞳でおねだりをしてきますが、食事には気をつけて体重管理をしっかりして下さい。足が細く、ジャンプ力もある為、老後になっても同じようにジャンプしていると思わぬ事故にあいます。足、腰の負担を減らし、散歩やドッグランで走らせるなど、運動を怠らない様にして、いつまでも機敏に走り回れる体型を維持して、しっかりした筋力を付けてあげましょう。

ミニチュアピンシャーは寒がり

毛布にくるまるミニチュアピンシャー

短毛犬のミニチュアピンシャーは寒がりさんが多いです。冬は、毛布などに包まって出てこない事もあるので、お部屋は暖かくして毛布や寝袋を与えると自分からすぐ上手に寝袋に入るようになります。冬の散歩もブルブル震える事があるので、服を着せてあげるほうが良いでしょう。お散歩から帰宅後は耳や手足のマッサージをして血流を良くしてあげましょう。

夏の強い日差しも皮膚を傷める原因になるので、Tシャツなどを着るか、裸での日光浴は数分間にするなど、目を離さないようにして下さい。暑いのが平気な子も多いので、熱中症には気をつけましょう。水をあまり飲まない子にはペットスウェットや麦茶などを与え、脱水症にならないように気をつけて下さい。

ミニチュアピンシャーのお手入れ

ミニチュアピンシャーは短毛犬ですが、シングルコートの為、年中1cm程の短い毛が抜けます。ラバーブラシでブラッシングをしたり、ボディータオルで拭いたりすると気持ちよくてとても喜びます。皮膚トラブルを起こしやすいので、シャンプーは2〜3週間に1度。

爪も伸びすぎない様にこまめにお手入れしてください。黒い爪なので、自分で爪切りをするのがこわい場合は、トリミングサロンや、動物病院にお願いしても良いですね。爪切りを放っておくと血管が伸びてくるので、どんどん爪切りが難しくなります。シャンプーと爪切りのタイミングを同じにして忘れずケアして下さい。

耳が薄く、毛も少ない為、冬は耳の先が切れたりする事があるので、ベビーオイルなどをつけてマッサージしてあげると良いです。裂けてしまった場合はすぐに獣医さんに見せて適切な処理をして下さい。手遅れになるとどんどん悪化し、治りづらくなります。

ミニチュアピンシャーのしつけ方

ミニチュアピンシャーは元気いっぱいでワンパクですが、飼い主に従順で頭も良く、学習能力が高いので、子犬のうちからトレーニングをするとストレス発散でき、運動不足の解消やアイコンタクトの取り方も、いつの間にかできている様になっているので、飼い主も犬も楽しく遊びながら学べますよ。

空き地や広場でロープやロングリードを用いて、座って待つ。この距離を少しずつ伸ばして、呼び戻しやオモチャを使って、持ってこ来いの練習などは、大好きなアジリティです。雨の日はお家の中で、オモチャやオヤツを隠して宝探しゲームをさせると、本能を刺激して良いトレーニングになります。但し、すぐにテンションが上がるお調子者でもあるので、トレーニング中に褒めるのは「ヨシ!」と脇の辺りをポンと叩いて合図する程度が丁度良く、ヨシヨシ!っと大袈裟に褒めると舞い上がってしまいやすいので、個々の性格に合わせた合図を見つけてあげるのが良いでしょう。

食いしん坊の子が多いミニチュアピンシャーですが、拾い食いの癖をつけない様にリーダーウォークを教えておくと良いです。小さくても力が強いので、リーダーウォークしかできないくらいリードを短く持ち、自分の左に付く様に歩かせ、引っ張り癖も早いうちに直しておきましょう。ハーネスは引っ張り癖のある子にはもっと引っ張っていいよ!と指示を出している様なものなので、引っ張り癖があるうちは首輪でトレーニングしましょう。

まとめ

子犬の頃は、躾に戸惑う事もあるかもしれませんが、SNSやブログを見たりすると同じ様な悩みを抱えている人も多いので、利用してみるのもいいと思います。全国でもオフ会やミニチュアピンシャーのイベントを開催しているので、参加していろんな相談や質問をしてみてもいいですね。

ミニチュアピンシャーは、活発な子が多く、いたずら好きや、冒険好きで飼い主の見えない所まで平気で行ってしまうなど元気いっぱいな子が多いですが、相棒にすると最高のパートナーになります。一度でもミニチュアピンシャーの魅力にハマると他の犬種では物足りなく感じてしまう人が多いのも確かです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    ミニチュアピンシャーは細いし毛もほとんどないので、我が家のゴールデンレトリバーとは真逆ですね。記事によると、麻薬密売の護衛犬にもなれる優れた気質も持っていて、警戒心が強いとのことでした。見た目そのもので華奢なドーベルマンのようだと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    ミニチュアピンシャーの魅力はまず第一にあのスタイル!
    最初はビックリするくらい細いと思っていましたが、華奢な見た目なのに実際かなり運動神経もいいし活発だし、ビックリするくらい動く…確かにカーペットなどはちゃんと敷いたほうがいいです。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    ミニチュアピンシャーは、ドッグランでもたまにしか見かけないのですが、小さいわりにとても筋肉質でかっこいいですよね。運動神経もとても良いのではと思います。あの筋肉質なフォルムがなんとも愛らしいです♪
  • 投稿者

    30代 女性 ミニー

    見た目は、身体が細くて守ってあげたくなります。しかし、運動神経が良く、性格もヤンチャとは、かなりギャップがあるとおもいました。このギャップはとても魅力的で益々犬にはまってしまうと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 きい

    ミニチュアピンシャーの魅力といえば、あの小ささと細い手足の独特なスタイルですよね。折れてしまわないか見ているだけでハラハラします(笑)あまりミニチュアピンシャーについて詳しく知らなかったのですが記事を読んでみて、賢いことや運動神経がバツグンなことなど知れて見た目はか弱いけど結構たくましいわんちゃんなんだなと思いました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    我が家のミニピンは配達員や散歩中の他の犬や人に吠えたりしません。
    気さくに知らない人にも触らせます。
    それも、生後4か月からのドッグトレーニングの賜物です。
    座れ・ふせ・待て・クールダウン・散歩中は飼い主の左後ろを歩くこと・呼んだら来ることを学びました。
    ミニピンをこれから飼おうとする方は「やんちゃな犬種だから仕方ない」と諦めずにトレーニングをやって欲しいです。
    確かにしつけ辛いところはあるようですが、賢い犬なのでちゃんと覚えられます。
    どうか、しっかりしつけて事故や手放すこと等を減らしてあげてください。

  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    ミニピンって別に骨は弱くないですよ!と声を大にして言いたい。

    元々、抱き犬として誕生した犬じゃなくネズミ駆除の使役犬だったんだから、そんなヤワな犬じゃないでしょうね。
    ちょっと跳ねて骨折ばかりだと、仕事になりません。


    気になる方は海外のミニピンを調べてみてね。
    決して折れそうな感じはしないですよ。
  • 投稿者

    女性 ムツコ

    ミニチュアピンシャー、最近本当によくみかけますね。公園でも多頭飼いされている方とよく会います。小さな体なのにとても勇敢で、うちのシュナウザー(7.5kg)にも平気で向かってきます。うちの犬のほうが2回り以上大きいので、見た目のサイズの違いと細さに大丈夫かなと勝手に心配していましたが、とても活発な犬種だったんですね。歴史の深さにもびっくりしました。りりしい顔立ちとシルエット、きれいな毛艶でほんとうにきれいなわんちゃんだと思います。寒がりな様子とお顔だけみると、イタグレにも似ていますよね。
    シュナも性格的に似ている部分がある気がしますが、飼ってみてこんなはずじゃなかったと手放そうとされる方がいるのはとても残念なことです。私もパピーの頃は悩むこともありましたが、同じ犬種を飼う方のネットの投稿や、いろいろなお話を聞くことで乗り越えられました。ネット上でも同じ悩みがある人がいるってとても心強くなります。ぜひ活用してほしいです。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    ミニチュアピンシャーは大きさの割に凛々しい表情なので、強そうだ、というのが最初の印象でした。最近ではミニピンかイタグレのような細身の小型犬を多く見かけるようになりました。

    断耳をしなければ垂れ耳なんですね。そっちの方が可愛いと思ってしまいます。断耳すればピンと立った耳が恰好いいですし、その方がミニピンらしいですが、個人的には断耳は反対派なので、凛々しさよりも可愛らしさがあっていいんじゃないかなと思います。

    ミニピンはネズミ捕りの使役犬だったので走り回ることが好きですね。勝気なので興奮しているところに「コラ!」なんて言おうものなら「うるさい!」と吠え返してくるのがミニピンらしい性格とか。しつけは大変そうです。根気が大事ですね。
    筋肉質でスタミナもあります。ジャンプも含まれるアジリティーなど向いていると思います。
  • 投稿者

    女性 ボルト

    ミニチュアピンシャーを飼っていたので、記事を読んで嬉しくなりました!3年前に亡くなってしまったのですが、今思い出してもとても可愛い子でした。我が家のピンシャーは黒色のメスでした。本当に番犬としてピッタリの犬で、家族以外にはあまりフレンドリーではありませんでしたね。しかし、家族に対しては忠実で甘えん坊で我が家のアイドルでしたよ!運動能力もかなり高かったです。ドッグパークへ連れて行ったら、かなりの勢いで走り回ったり、高いジャンプもしたりして、かなり元気でした。お手入れも簡単で、ブラッシングやシャンプーをするのも楽でした。毛の抜け落ちもそこまで気になりませんでしたよ。ミニチュアピンシャーを飼いたいと思っている方に魅力が伝わるといいな!と思います。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    ミニピンを2匹飼ってます。1匹は推定5歳で保護した捨て子でした。もともとミニピンが大好きだったので、ミニピンの性格に難を感じた事は一回もありません。というか、本当に勝気な性格なので 本気の言い合いの喧嘩が出来て(笑)飼い主である私のストレス発散にもなってるのかも?と思ってます。ダメな事に対して思いっきり説教してもへこたれ無いのがミニピンです(笑)。だからこそ、こちらも威厳を持って真剣に怒れるので、飼い主との上下関係は付けやすかったです。そして、とっても愛くるしい顔や表情もしてくるので 褒める時も心から褒められます(笑)。とにかく天真爛漫なのがミニピンなので、そこを理解するととっても毎日が楽しい相棒になります。 保護したミニピンの子も、数ヶ月は警戒心がとにかく強く、受けてきた事へのストレスが全身の皮膚病となって現れてましたが、もう我が家の子だし…と、先住犬と同じ様に ダメな事に対して真剣に叱ったりしてました。そしたら…今では、我が家一のヤンチャ犬になり、全身に抱えてた皮膚病もすっかり完治!5歳でしたが、1つずつ躾も覚えが早く 足腰も強くなり、とても楽しい毎日をお互いに過ごせる様になりました。 あっ、1つ言えば 2匹(2ピン)とも警戒心が強すぎるのがミニピンだからか、玄関の前を人が歩く気配を感じたり(マンションの同じ階の方が廊下を歩いたり)宅配便のチャイムが鳴ると 激しく狂った様に吠えます。 この一筋縄ではいかない性格が楽しめる方にはお勧めの犬種です。
  • 投稿者

    女性 くるみ

    ミニチュアピンシャーの魅力は、あの艶々に光った筋肉質な体ではないでしょうか。小さな身体に秘めた犬らしさというか、本当に美しいです!飼ったことはないので性格はわかりませんが、賢そうなクリクリの瞳もとても素晴らしいです。
  • 投稿者

    女性 アップル

    ミニチュアピンシャー、とても美しい写真ですね。耳も独特な形。特に広い胸周り、筋肉質な体がとても美しいです。
    ミニピンはチワワのちょっと大きい感じかな、だなんて思っていましたが全く違う雰囲気なんですね。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    初めて飼う犬がミニピンで、こんなものかなと思っているので苦ではありません。気は強いですけど甘えん坊だし怒ると吠え返すこともありますが基本的に飼い主が大好きで噛みもしません。ジャンプ力がすごくて、キッチンカウンターの物を平気でかっさらっていきます。色々やらかしてくれますがそれも魅力として受け入れています。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。