ビーグルの性格や特徴、飼い方からしつけまで

ビーグルの性格や特徴、飼い方からしつけまで

お気に入りに追加

ビーグルはスヌーピーのモデルとなった犬種であり、現在でも根強い人気があります。ビーグルは、その小さく可愛らしいの姿から想像もできないような活発な性格なんです。こでは、そんなビーグルの性格や魅力、特徴などの基本的なことについて紹介していきたいと思います。

202598view

ビーグルの性格

伏せをしている凛々しいビーグル

性格

  • 活発
  • 遊ぶ事が好きな
  • 独立心が強い
  • 単独行動を好む
  • さびしがり屋
  • 食欲が旺盛

ビーグルは活発な性格で、遊ぶ事が好きな犬なので、アグレッシブな方にはおススメな犬種です。犬の中でも無類の遊び好きで活発に飼い主様と動き回ることを好む犬種ではありますが、独立心が強い為に探索行動を始めると夢中になって、ついつい飼い主や家族を無視して単独行動をしてしまう性質があります。

だからと言って一人が得意というわけではなく実はさびしがり屋なので、あまり長い時間の留守番は嫌いです。家を長時間空ける方は、飼っているビーグルがイタズラをしたり、分離不安症にならないように留守番のトレーニングを行う必要があります。

また、食欲が旺盛なタイプなので、肥満にならないように体重管理には注意を払う必要があります。愛犬が食欲旺盛だとついついご飯をたっぷり与えたり、人間の食べ物をおすそ分けしたくなってしまいますが、肥満は万病の元です。ビーグルが物欲しそうに見つめていても毅然とした態度で人間のご飯は与えないようにしましょう。そのほかの注意点としては、体格の割にかなり大きい声で吠えるので集合住宅で飼育する場合にはかなり徹底したしつけが必要となります。

ビーグルの特徴

落ち葉の上で休むビーグル

体高と体重

  • 体重:8〜14Kg
  • 体高:平均33cm

ビーグルは小柄な犬種であるため、体はそこまで大きくなりません。平均体重でいうと約8〜14Kgほどです。しかし、小柄であるがために肥満になりやすい犬種でもあるため、少しでも食べすぎてしまうとあっという間に肥満となってしまいます。そのためビーグルは体重管理をしっかりと行い普段から食べ過ぎないように心がけましょう。

また、体高は平均で33cmほど、大きい個体でも40cmほどでいたって平均的な体高にしかなりません。個体差も大きく、ビーグルなのに大変大きくなる場合もありますが、太り過ぎでないならば特に健康状態に問題はないと思いますので安心をしてください。

ビーグルの被毛

毛色の種類(代表的なもの)

  • レモンカラー
  • チョコレートトライ
  • ブルートライ

毛色のパターン

  • トライカラー
  • タン

ビーグルの毛色は黒と茶と白の3色で構成される「トライカラー(ハウンドカラー)」が一般的です。基本的にビーグルには1つの色に定まっている毛色はありません。その他に人気急上昇のレモンカラーやチョコレートトライ、ブルートライなどがあります。

レモンカラーとはレモンのような淡く明るい色をしているカラーのことを言い、ホワイトと一緒になっているカラーでレモンビーグルとして人気の高いカラーとなっています。他にも白黒の二色のビーグルも存在しているようですがこちらは少々珍しいカラーかもしれませんね。基本的にはトライカラーの被毛が多いようです。

被毛の種類

  • スムース(短毛)
  • ダブルコート

ビーグルの毛質は、硬さが特徴のオーバーコート(上毛)と柔らかい短毛のアンダーコート(下毛)の「ダブルコート」といわれる二重構造になっています。シングルコートと違って抜け毛が多いので、毎日のブラッシングは欠かせません。

ビーグルの種類

ビーグルの中にはポケットビーグルと呼ばれる少々小振のビーグルも存在しています。これは平均的なビーグルよりも少々小ぶりなビーグルのことを言います。大きさは9インチほどで、9インチビーグルと表記されることもあります。9インチとはやく22センチメートルほどなので通常のビーグルよりもかなり小さいのがわかります。

なお9インチビーグルの他にも7インチというさらに小さなビーグルも存在していますが、日本ではあまり見かけることはありません。日本のビーグルは基本的13〜15インチ、長さでいうと33〜35センチほどのビーグルが主流です。もし、通常のビーグルよりも小さい個体を見つけたならば、それはポケットビーグルかもしれませんよ。

ビーグルの寿命

太り気味のビーグル

平均寿命

12~15歳

ビーグルの平均寿命は12~15歳ほどといわれています。この数値は犬の中でも平均的〜少々長い寿命だと言えます。しっかりとした健康管理を行われているビーグルならば20年以上生きる事もあります。これは、先天的な病気がほとんど無いことから比較的長生きする犬種ということもあります。

しかし、いくら病気になりにくいといっても、生活習慣からくる肥満などの病気は別の話です。ビーグルは食欲旺盛で太りやすい体質ということもあり、肥満が原因となる椎間板ヘルニアや糖尿病、心臓疾患などに注意する必要があります。大切な愛犬と少しでも長く一緒に生活をするために、ぜひ日頃から健康管理をしっかりと行って平均寿命よりも長生きしてもらえるようにしましょう。

ビーグルの子犬の販売価格

笑顔で上を見上げるビーグルの子犬

値段の相場

10〜20万円

ビーグルの子犬はどのようなブリーダーやペットショップから、どのような個体をもらってくるのかによって差は大きくなりますが、価格相場として10〜20万円ほどになることが多いようです。値段の違いとしては血統、見た目、両親犬のタイトル、性格、年齢が大きく関わってきます。血統が優れている子犬の場合は価格が跳ね上がり30万円代の高額な値段がつけられることも。

また赤ちゃんの容姿によっても価格に影響があり、スタンダードにより近いと判断された個体は高値で取引される傾向にあります。ちなみに人気カラーかという点も価格に大きく影響があり、レモンカラーなどの人気カラーは20万円代を超えることがほとんどのようです。

さらにオスかメスかによっても価格が変動する場合もありますので、ビーグルを迎え入れる前には十分に気をつけるようにしましょう。

ビーグルの里親になるには

ビーグルの子犬を抱き上げる女性

ビーグルは大変人気の犬種であるため、里親募集が開始されると瞬く間に希望者がいっぱいになりすぐに募集が締めきられることも珍しくはありません。そのためビーグルを里親として迎え入れたと考えている方は、募集がされていないか小まめにチェックを行い募集が開始されればすぐに行動に移せるようにしておきましょう。

ただし、ビーグルを迎え入れる前はどのような人や団体が里親を募集しているのか見極めることも必要ですから、応募をしたらまずは気になる点をしっかりと質問をして納得ができれば迎え入れるように心がけるほうが良いでしょう。

ビーグルの里親になりたいと思ったならば、まずは里親募集サイトや掲示板をチェックするだけではなく、近くの犬の保護団体に問い合わせをするのもありです。また保健所などにも連絡をして、できるだけ多くの里親情報を得るように心がけましょう。頻繁にではありませんが、時間をかければビーグルの里親になるチャンスは巡ってくるはずですから根気よく探してみましょう。

ビーグルの飼い方

母犬に寄り添うビーグルの子犬

ビーグルの健康状態を維持するためにぜひ気をつけて頂きたいのがドッグフードです。犬のフードは様々な種類のものが販売をされていますが、あまりにも品質がよくないフードを与えてしまうと健康状態に悪影響を及ぼすこともあります。

さらにビーグルは肥満になりやすい犬種であるため、高カロリーなドッグフードは控えるのと同時に、与える量についても十分に配慮を行いましょう。また、あまりにも欲しがるからといっておやつを与えすぎたり、人間の食べ物を与えたりするとすぐにカロリーオーバーをしますので、愛犬が可愛いのであればグッと我慢をして健康を維持してあげましょうね。

病気

ビーグルは大変健康な犬種と言われておりますが、全く病気をしないというわけではありません。ビーグルがかかりやすい病気としてもっともよく言われているのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは激しい運動などによって椎間板が傷ついてしまうことで痛みを伴う病気です。主に老犬によく見られる症状ではありますが、あまりにも激しい運動をさせてしまうと若い犬でもかかってしまいます。

また肥満や糖尿病といった食生活の乱れによって発症する病気や、老化と共によく見られる白内障など、犬がかかりやすいと言われる病気には例外なくかかりやすいです。特に老犬となると様々な病気に悩まされる可能性がありますので注意深く見守るように心がけましょう。

ビーグルのしつけ方

飼い主とハイタッチするビーグル

ビーグル以外の犬にも言える事ですが、しつけとは人間社会のルールを人間とは違う動物である犬に教えてあげる事です。特にビーグルは吠え声が大きい為に無駄吠えのしつけは必要で、その他にも留守番や散歩トレーニングなどが必要です。

また、犬は家族という群れの中で自分がどの地位にいるのかを明確にしたい動物なので、自分よりも下のものに対しては吠えたり噛んだりする事もあり、服従訓練も行う必要があります。ビーグルの吠え癖をしつけるために必要なトレーニングは、リーダーがだれであるか明確にすることです。

ダメなことはダメ、良いことは良いという毅然とした態度を貫くことでビーグルは誰がリーダーであるかを理解し、しっかりということを聞いてくれるようになります。ただ注意が必要なのは、あまりにも大きな声で叱り飛ばしてしまうと反抗的な態度を取られて余計に吠え癖が酷くなることもあります。ビーグルのしつけを行う時は、ダメとしっかりといいつけてから無視をするなど焦ってしまうのではなく、落ち着いた態度を心がけるようにしてください。

また、ビーグルは食欲が旺盛なので、散歩中に落ちているものを拾い食いする可能性が多々あり、さらに嗅覚も優れている為に思いがけない所から見つけて拾い食いする可能性も否定できません。

落ちているものが安全である保証はなく、拾い食いが原因で死亡してしまう事も残念ながらあります。拾い食いを防止するためにも、しつけを十分に行うようにしましょう。

ビーグルの歴史

スヌーピーの置物

ビーグルの歴史は古く、ローマ時代には存在していたといわれ、古来よりウサギ狩りに使役してきた狩犬で、イギリスでは14世紀頃まで狩犬または猟犬として活躍していたといわれます。ビーグルといえばのほほんとしたキャラクターの「スヌーピー」を思い出してしまいますが、実際はたくましく狩りを行う勇ましい犬なのです。そんなビーグルが「ビーグル」と呼ばれるようになったのは、16世紀ごろです。それまでは「小さなハウンド」という呼び方をされていたこの犬は、エリザベス1世女王から愛され「歌うビーグルたち」と呼ばれるようになったのが始まりだったようです。このビーグルという名前の由来はフランス語などで「小さい」「大声を出す」という言葉から名付けられたと伝えられています。

また、17世紀頃のアメリカにはビーグルと呼ばれるバセットハウンドのような容姿をした犬が存在していましたが、1860年にヨーロッパ圏のビーグルが輸入されるとたちまち人気の犬種となり、いつのまにか元々アメリカに存在していたビーグルととって変えられてしまったという歴史もあります。現在ではアメリカでも大人気の犬種となり飼育ランキングのベスト10に必ず入るようになったほか、ペットやワーキングドッグとして幅広く活躍しています。

ビーグルのおすすめ動画

パソコンを操作する人の手

ピアノを弾くお利口さんなビーグル

ビーグルの賢さや人懐っこさがよくわかる動画です。飼い主様に言われた通り、ピアノを見事(?)に奏でるビーグルがとっても可愛いです。鍵盤を押した後のドヤ顔がたまりません。そして飼い主様に愛されているのがよくわかりますよね。

ビーグル赤ちゃんの挑戦

こちらは赤ちゃんビーグルが階段を頑張って降りる動画です。階下にいる飼い主様に一生懸命訴えますが、なかなか助けてくれない!途中まで降りれるのにその先がどうしてもいけないビーグルの姿がなんとも愛らしい。そして最後のオチに笑ってしまいます。

ビーグルのおすすめブログ

ブログをパソコンで見る人

クラウス&アルバスの部屋

ビーグルの人気ブログを探しているのであればぜひこちらを覗いてください。ビーグルのクラウスちゃんのしつけやコンパニオンドッグとしてのトレーニングの日々を綴っておられるためとても参考になります。

随所にクラウスちゃんの愛らしい写真が見れるのも人気の秘密。ビーグルのしつけに悩んでいる方や、訓練協議会やショードッグやコンパニオンドッグに興味のあるかたはぜひご覧ください。

湘南ビーグルRAMのお気楽“海“生活♪

湘南の近くで暮らすビーグルのラムちゃんと飼い主様の日々を綴ったブログです。湘南のビーチを楽しそうにお散歩をするRAMちゃんの姿に癒されます。海岸沿いを歩くRAMちゃんの写真も素敵ですからぜひご覧ください。

まとめ

ビーグルを抱きしめてキスをするカップル

ビーグルの魅力は、活発な性格な反面、寂しがり屋な所だと私は思います。それに加え、マスコットのように愛らしい外見は多くの日本人の心を掴み、離さないのでしょう。日本だけではなく世界中から愛され、人気ランキングも常にトップというのも納得です。世界的に有名なキャラクターであるビーグル犬のスヌーピーがこれだけ多くの人に愛されているのも、ビーグルという犬種だからこそかもしれませんね。

また、大きすぎず、抱っこするのも負担が少ない点や、攻撃性も他の狩猟犬に比べると低い点は、初めて犬を飼育する人にとってもおすすめ出来る点も、人気の秘訣かもしれません。寂しがりでキュートな魅力がたっぷり。そんなビーグルをあなたの家族として、新たに迎え入れてみてはいかがでしょうか?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    ビーグルちゃんは一度飼ってみたいと思っている犬種なのですが…
    寂しがりやさんでよく吠えるのは困るところですよね(笑)甘えん坊なのはかわいいのですが…
    ま、基本は家にいることが多い生活をしているのであまり置いていくことはないですが!
    賃貸で一緒に暮らすのは鳴き声を考えるともしかしたらトラブルの原因になりかねませんね…

  • 投稿者

    50代以上 女性 フーガ

    ビーグルは知らない犬種でしたが、独立心があり、寂しがりやなんですね。
    もし、この記事を読んでビーグルを家族として迎え入れる人がいるなら、ぜひ大切に育てあげてくださいね。
    ペットショップから購入する方法、保護団体から里親として方法、どちらの方法をとるにせよ、大事な命を預かる事になるのですから。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆん

    ビーグル犬を飼っていた経験があります。狩猟犬なので、散歩中は前を向かずいつも草ムラや地面の匂いを嗅ぎながら歩いていきます。
    意外と小心者なので、雷は怖がっていましたが、日向ぼっこも好きでしたし、外の方がのびのび育てられて良かったと思います。

    ただ、オスでしたので鳴き声は大きく、時々近所迷惑になることも。。番犬の役割はしっかり果たしていました。
    短毛なのでトリミングの必要性はなく、ブラシで全然大丈夫です。私の犬は15歳まで長生きしてくれました。ビーグル犬、可愛いですよ。お勧めです。
  • 投稿者

    20代 女性 み

    初めて飼う犬がビーグルでした。元々別の犬種が欲しかったのですが、初心者でも飼いやすく、人懐っこいということで飼うことになりました。

    ビーグルのいいところ
    ①人が大好き(人懐っこいので知らない人が来てもぐいぐい行きます)
    ②攻撃性が低い

    ビーグルの大変なところ
    ①食欲が本当にすごいです。1日2回朝と夜ごはんをあげてたんですが、食べ足りず盗み食いをしたり拾い食いしたり大変でした。
    ②短毛ですが、室内で飼っていたせいか季節の変わり目は結構毛が抜けます。
    ③鳴き声が響きます。メス犬でしたが、それでも鳴き声大きいしうるさいですね。
    ④耳の病気になりやすいです。耳が垂れてるせいか、蒸れるみたいでよく病院行って薬もらってました。

    うちの子は室内飼いで14年生きました。
    歳をとるにつれやはり、かかりやすいとされている耳の病気、白内障、ヘルニアにかかってました。
    でも、とってもかわいいです。オススメします。
  • 投稿者

    女性 すなっち

    もうすぐ3歳になるビーグル、扇風機を買うつもりのホームセンターで、家族がロックオンされて我が家の一員になりました(笑) ありがたいことに、うちのコはほとんど吠えず、犬嫌いなご近所さんですら、なでてくれるような穏やかなタイプ。その類いまれなる食欲ゆえに、おやつを使ってしつけを覚えるのは大得意!(笑) 『永遠の5歳児』という言葉がピッタリの、甘えん坊な男のコです。散歩での拾い食い(汗)、耳の病気、体重管理さえ気をつければ、私のような室内犬初心者でも飼いやすい犬種だと思います。おやつを出す袋の音だけで、持てるワザの全てを披露する彼の姿、思わず笑っちゃいます! ダルダルな顔をベッドのフチにのせて、日向で爆睡している姿、ほっこりします。飾らない、犬本来の魅力あふれる犬種だと思いますよ(笑)
  • 投稿者

    40代 女性 R

    我が家にも2匹います。どこも同じですね。確かに永遠のちびっこです。
    いつも何でも一所懸命。散歩もご飯も一途に全力です。思わず笑っちゃうぐらい、憎めない子たちです。
  • 投稿者

    20代 女性 S

    今まで2匹のビーグル君を飼っていました。
    最初のビーグル君は迷い犬で保健所から引き取りました。
    その子が病死して新たにビーグルを飼いましたがその子も14歳を目前にして昨年他界しました。
    そして3代目のビーグル君が先週我が家にやってきました。
    やっぱりビーグルが1番ですね~笑
    憎めない愛くるしさ、家族思いな優しいワンちゃんですよ(*^^*)
    うちの子たちは歴代おバカちゃんばかりですがきちんと番犬としても活躍していました!
    ビーグル犬を検討されている方、本当に可愛いワンちゃんですよ♪
  • 投稿者

    50代以上 女性 空の母

     ビーグル二頭目です。単身で仕事をしているので、10~15時間のお留守番をしてくれています。
    前住犬も今の子もお留守番でした。ペットショップで買ってきたその日から。マンションですので
    無駄吠えは困りますが、躾の結果一切無駄吠えはしません。食べ物出し入れ怒りません。
    人に飛びつきません。
     子犬の時からきちんと躾ないと泣くはめになります。泣かないために躾しましょう。
     吠えても無駄、暴れても無駄、あきらめて大人しくしているといいことがあるとお教えます。
    何か要求して、駄々をこねても無視します。30分以上大人しくしたら、遊ぶ、おやつなど
    ご褒美をあげます。無駄吠え防止の躾
     口に手を入れても噛まない、怒らないように毎日、口に手を入れます。食べ物を口から
    取りだしても怒らないようにくわえて離す訓練をします。拾い食いした時に取り上げる
    ための躾。
     飛びついたら、鼻先に軽く当たるように手をかざします。飛びつくたびにします。
    力があるので、飛びつくと小さい子やお年寄りは倒れてしまいます。また不意打ち
    されると大人でも倒されるのです。飛びつき防止の躾。
     初心者でも受け入れやすい愛らしい風貌の犬種ですが、躾には経験と忍耐が必要です。
    しっかり躾をすると、生涯最高のパートナーになります。ビーグルを飼う皆さん
    がんばって、可愛いビーグルに育ててくださいね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    母の従兄から2ヶ月くらいでもらってきました。当初は、家の中で飼っていました。トイレは、外でさせていました(夜は寝る前と夜中に一回)。1才になる前に、外飼いにしました。その後、母が週に4日ほど働き始めたので昼間は独りでいましたが、隣の人の話によると、マイペースで遊んでいたようです(犬小屋の屋根に上がったりとか)。散歩は、朝と夕方に30分〜1時間くらい行っていました。拾い食いはします。弱った蝉とかミミズとかも食べます。油断していると、糞も口にします。糞がドッグフードの臭いがしているようです。鳴き声は大きいです。というか、一生懸命吠えている感じです。雌の方が大人しい感じです。強風の音を怖がりました。玄関に入れると、大人しくなりました。
  • 投稿者

    40代 女性 めいちゃん

    ビーグルの女の子を17年飼いました。
    人懐っこくて従順でとても飼いやすかったです。
    ただ、記事にもありましたが、無駄吠え、体重管理は根気がいります。
    物凄く大きな声で鳴くので、無駄吠えしないように躾けるのに苦労しました。
    超心を鬼にして躾けないとダメです。
    また本当にビックリするぐらい拾い食いするので、散歩もリードを常に短くギュッともって緊張感をもって行わないといけません。
    時間もたっぷり必要です。
    高齢の人、仕事で夜遅く帰るような人には向きません。
    ストレスがたまると鳴き喚き、皮膚病(^-^)なったりします(・_・;

    小さい子供にも従順でおばあちゃんになっても遊んで♪遊んで♪だったので可愛かったです。
    初めて犬を飼う人にはオススメ。
    運動量を確保できる環境で、ならですが。

    また飼いたいなぁ
  • 投稿者

    女性 メイ

    ビーグルは飼ったことがありませんが、以前飼っていた犬はビーグルのミックスでした!記事にも書いてありましたが、ビーグルと言えばスヌーピーですよね。家族はスヌーピーが大好きなので、ビーグルを飼うことも検討していたのですが、当時はタイミングが合わず、けれどもビーグルのミックス犬を飼うことができました。我が家の犬は耳と顔の輪郭がビーグルでした。ビーグルは元々狩りを手伝っていた犬だったので、それなりに運動量が必要になります。我が家のビーグルミックス犬は室内で飼っており、まるでスヌーピーのようにソファーの上ゆったりと過ごしていたのですが、ビーグルを飼っているご近所さんはお庭で放し飼いのようにして飼っていました。耳が大きく垂れているので、耳の病気にだけは気を付けてあげた方が良いと思います。
  • 投稿者

    女性 mocmoc

    ビーグルは短毛種ですがダブルコートを持つので、換毛期には意外と抜け毛が多い犬種です。日頃からこまめなブラッシングが必要になります。短い被毛なので皮膚を傷つけてしまわないようピンブラシがおすすめです。
    密集した短毛のためむれやすく体臭もある方です。個体差はありますが、被毛はやや油っぽいので艶もあります。

    基本は丈夫なのであまりかかりやすい病気などはありませんが、唯一気を付けるとすれば耳でしょうね。むれやすいことから不衛生にしてしまうとすぐ炎症が起きてしまいます。なるべく乾燥させたり常に耳の状態を確認しておく必要があります。

    人懐っこく子供とも仲良くできるので小さいお子さんがいるご家庭でも安心して飼うことができます。ただし吠える声はよく響きます。猟犬であったことから吠え続けることのできるスタミナも持ち合わせています。

    総じて甘えん坊な子が多いのでお留守番はちょっと苦手です。常に誰かが在宅しているご家庭に向いていると思います。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    20年前小学校の頃、同じクラスの同級生がピーグルを飼っていたけど、その頃うちの犬も連れて遊びに行きましたけどね~。だけど、すぐ犬同士の喧嘩ばかりのために、危険だと判断しちゃって、会えない日々が続いた事です(-_-;)
  • 投稿者

    20代 女性 みさみさ

    7歳になるビーグル♀を飼っています。特にしつけをした訳でもないのに、うちの子は滅多に吠えません。ただ、食欲旺盛でよく食べます。散歩中も拾い食いします…いつもは自由気ままに一匹遊びをするのですが、時々甘えてきて膝の上に乗り、そのまま寝ちゃう所が可愛くてたまりません。
    みさみさの投稿画像
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    ブリーダーさんからオススメのビーグル女の子を家族に迎えはや7年。ムダ吠えもせず、トイレもすぐ覚えました。人間大好きで誰がきてもwelcomeです。天気のいい昼間は外、他は家のなかにいます。飼いやすく手はかかりませんよ。体重管理はしっかりしないとすぐ太ります。初めて飼う方にもオススメですよー!
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    三歳、オカマのビーグル飼ってます。
    うちのは、ビーグルらしくないんです。無駄吠えない、ワンワンも聞いた事、ありません
    これって、性格?環境?ですか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。