パグを飼いたい!性格や特徴・種類を解説

12150view

パグを飼いたい!性格や特徴・種類を解説

パグの魅力とそのすべてをご紹介します。オススメのブリーダーの選び方やパグの性格や特徴、飼う前に知っておきたいこと、などを分かりやすくまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください!

パグの性格

パグ

いつも陽気で遊びたがり、人や犬が大好きでとても友好的です。とっても愛嬌があり愉快な性格です。また、威厳と理解力も持ち合わせており、気質は穏やかで安定しています。攻撃性はなく飼い主に対して深い忠誠心をもちます。ちょっとプライドが高いところもあって、都合よく甘えたり指示を聞かないふりをするところもあります。

パグの特徴

うつ伏せになっているパグ

  • 体高 → オス、メス 25cm~28cm
  • 体重 → オス、メス 6kg~8kg
  • 平均寿命 → 12歳~15歳

パグはマズルが短く四角い形をしいて、大きい目は飛び出ていて優しい印象を与えます。そして、頭部から鼻までチャームポイントとなるしわが多くあり、目の上のしわはパグ独特の困ったような表情に欠かせません。外見はそのユニークな顔からは想像できないほど、引き締まって無駄なく美しい筋肉のバランスが取れた素晴らしい肉体美です。小さい体の中にぎゅっとつまったような印象です。正方形に近い体で安定感を感じます。

パグの歴史

メガネを掛けているパグ

パグは紀元前400年以前の中国が起源だといわれているとても古い犬種です。中国から東インド会社の船乗りと一緒にヨーロッパへ渡り、16世紀のオランダでは「縁起の良い動物」として愛されていたと伝えられています。ウィリアム王子の命をスペインの侵略者から守ったとして、ウィリアム王の肖像画にはパグが描かれています。ナポレオン夫人のジョセフィーヌが溺愛していたという話は有名で、パグは上流階級の人々に愛されていました。

パグの名前の由来となったのはラテン語で「にぎりこぶし」という意味(諸説あります)頭部がにぎりこぶしに似ていることからこの名前がつけられたと伝えられています。学習能力が高く忍耐力もあるので、しつけをしやすい犬種だと言えます。

パグの種類について

  • アプリコット
  • シルバー
  • フォーン
  • ブラック

JKCに登録されている基準でパグの毛色の種類と特徴をご紹介します。パグの毛色はシルバー、アプリコット、フォーン、ブラックの4種類となり、どの毛色もくっきりとしていて、後頭部から尾にかけてのブラックのラインやマスクとのコントラストもはっきりしています。一般的にマズルやマスク、耳、頬の上のほくろ、サム・マークや前頭部のダイヤモンド、トレースは黒いほど良いとされています。(JKCスタンダードより)

フォーン

フォーン横向き全身

フォーンはトレースが濃いものが良いとされています。口の周りや耳は黒く一般的に多い毛色です。

シルバー

シルバーのパグ

フォーンをやや白くしたような色で他犬種のシルバーと違いグレーではありません。「白パグ」といわれ数も少ないのですが人気があります。

アプリコット

アプリコットのバグ

フォーンよりもやや褐色。他犬種のアプリコットとは印象が違います。フォーンと見分けがつかないくらいの微妙なちがいです。

ブラック

ブラック 黒パグ

希少なブラックは人気が高く、艶々で光沢がある濃い「黒パグ」にはなかなか出会えないかもしれません。交配する時に黒パグはフォーンのパグよりも顔立ちを整った仔犬を産ませることが難しく、体形も整ってパグの良さを兼ね備えた素晴らしい黒パグは希少価値が高くなります。パグファンにはたまらないのが「黒パグ」です。

パグのお手入れ

お風呂中のパグ

短毛で抜け毛が多いのでこまめなブラッシングが必要です。パグは顔に吹き出物ができやすいので、しわとしわの間をこまめに拭いて常に清潔に保つようケアが必要です。

パグのかかりやすい病気や怪我

注射器

  • 皮膚病
  • 目のケガ(飛び出しているため)
  • てんかん(パグ脳炎)
  • 鼻腔狭搾
  • 膝蓋骨脱臼
  • 股関節形成不全
  • 眼瞼内反症
  • 肥満

など心臓が弱いので、負担をかけないよう注意が必要です。麻酔による事故も多い犬種です。また、パグは食欲旺盛で太りやすい犬種なのでしっかりとした体重管理が必要です。ペチャ鼻なので呼吸がしにくいため、暑さ寒さどちらも弱く、呼吸困難にもなりやすいので空調の管理には細心の注意が必要です。真夏、真冬に外を歩かせるのはとても危険です。

パグを飼うには

パグを飼うたいと思っている女性

仔犬の平均価格

  • 平均価格 → 18万~50万円

購入価格に大きなひらきがあるのは、先にご紹介したように希少価値の高い「黒パグ」の場合には高額になるためです。

ブリーダーの選び方の注意点

  • パグという犬種を愛し、幅広い知識をもち、多くの経験をしているブリーダー
  • 計画的な交配、繁殖を行っている
  • 遺伝的な疾患などについてしっかりと説明してくれる
  • 犬舎の見学をこころよく受け入れてくれる
  • 両親を見ることができる

どの犬種にも共通して言えることですが、仔犬を探す時には、その犬種の専門ブリーダーを探しましょう。犬種の特徴を理解し、純血種を理解して利益目的の繁殖を行わない良質のブリーダーから仔犬をむかえるようにしましょう。とくに人気が高い黒パグは多く販売されていますが、顔が小さすぎたりパグの特徴からかけ離れている個体も多く存在します。

ブリーディングとは、「種の保存」が大きな目的とされその犬種の良いところを最も引き出せる組み合わせで行われます。交配のペアを選ぶには、正しい知識と多くの経験が必要になります。同じ色同じ犬種をかけ合わせれば親犬と同じ質の犬が産まれるとは限りません。

とくに難しい交配にはしっかりとしたブリーディングが必要です。仔犬の心身の健康は母犬の環境も大きく影響するので、親犬がどのように育てられているのかも必ず、ご自身の目で確認することをお勧めします。

里親の選び方

一般家庭で繁殖されたパグの仔犬は、里親さんを募集している場合があります。両親犬の情報や、血統証の確認などしっかりとしたやり取りをするようにしましょう。資格を持たない個人が、産まれた仔犬を販売することは法律で禁止されています。里親募集サイトなどで見つけた仔犬を譲り受ける場合には、しかりと譲渡契約書などを交わしトラブルに巻き込まれるのを防ぎましょう。

個人間で里親として契約をする場合、金銭的なトラブルがとても多く聞かれます。生体の販売代金を請求してくる、違法な個人繁殖者にはじゅうぶん注意しましょう。ペットショップから迎えた犬は繁殖にはむいていません。ペット用として産まれた犬どうしの交配は疾患をもった仔犬が産まれやすくなります。個人から譲り受ける場合でも、親犬のどちらかがペットショップで販売されていた犬の場合には、慎重に検討しましょう。

まとめ

体重計に乗るパグ

パグはむだ吠えもなく、優しい性格で毎日穏やかにすごすことができる犬でもあります。独特の表情から「なにを考えているのか分かる」「会話ができる」というパグの飼い主さんがとても多いです。困ったような表情が印象的ですが、大きな口でニコニコとわらうお顔はとても可愛らしく一度その魅力を知ったら、どんどんパグの魅力に引き込まれていきます。

ウルウルの大きな瞳でじっと見つめられたら、なんでも言うことをきいてあげたくなってしまいます。古くから人間に愛され、その賢さと忠実さで飼い主を支えてきたパグは、長い歴史の中でも変わらずに素晴らしいパートーナーになってくれます。

▼パグについて詳しく知りたい方はこちら
パグを飼う前に知っておきたい性格や特徴

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 MogMog

    パグは本当にカワイイです!我が家にもパグがいますが、グレーの毛色で周りの人たちからとても珍しい色だと言われます。パグはとても甘えん坊で食いしん坊です。まるで人間の子どもみたいで、毎日一緒に居て飽きません!また、とても人懐っこく、しつけもやりやすい犬種なので、初めて犬を飼うという人でも問題なく扱えると思います。パグを飼う前には知らなかったのですが、とにかく毛が抜けます!一見抜けないように見えますが、パグは毛がダブルコートなのでとても抜けるのです。毎日掃除をしないと洋服が毛だらけになりますよ。これだけが苦労している点です。あと、記事にも書いてありますが、顔に吹き出物が出やすいので、毎日こまめに拭いてあげています。
  • 女性 みお

    パグの困ったような愛らしい目や表情、本当にかわいいですよね!パグを飼っていらっしゃる方が、性格は穏やかだけれど、食いしん坊でやんちゃ、愛嬌があって面白いと話していました。話かけると、左右に首を傾けて一生懸命に聞いてくれるので、その仕草も人気のひとつなのだろうと思います。

    うちの愛犬が今、眼科通いをしているのですが、そこでパグによく会います。パグは目が大きいので、他の犬種よりも目の病気やケガが多いようです。散歩中に目に枝などがささって角膜を傷つけてしまったり、酷い時には目に穴があいてしまうこともあるようなので、気を付けてみてあげたいですね。

    パグは顔のしわがとてもキュートでチャームポイントですが、汚れがたまってしまって吹き出物ができやすいのですね、そしてダブルコートだったとは驚きました!
  • 女性 ゴン吉

    子犬の頃から貫禄のある顔のパグは根強い人気ですね。ホームセンターのペットコーナーにいると一気にアイドル化。ころころした丸い体も見ていて飽きることがありません。他の犬が吠えていても大人しくしていることが多く、理由もなく吠えることがほとんどないのもパグの魅力です。
    パグが吠える時は理由があってのことです。何を知らせたいのか、飼い主さんがしっかりキャッチしてあげてくださいね。

    パグは目が大きいので、目に関する怪我や病気には特に注意した方がいいですね。眼球脱出なども気を付けてください。これは病気ではなく何かの拍子に出てしまうことです。顔の皮膚を無理に引っ張ったり、後頭部に何か当たったりしなければ大丈夫かと思います。眼窩から眼球がぽんと出てしまった場合、すぐに戻さなくては失明の危険が高まります。犬自身も目を触りたがるので、絶対に触れさせずに獣医さんに治してもらってください。一度出てしまうと視力も落ちてしまいます。命に関わるほどではないですが時間との勝負でもあるので、そうならないようによくよく注意してあげてください。
  • 女性 コロ

    パグは入荷すると割と早い期間で飼い主さんが決まるようで、やっぱり人気ある犬種なんだなと思いました。確かにコロコロしててカワイイです。
    黒パグちゃんはなかなか見ないなぁと思ったら希少なんですね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。