パグの寿命について

【獣医師監修】パグの寿命について

お気に入りに追加

パグの寿命の長さを考えたことありますか?10~13年と言われる犬の寿命ですが、体の小さいパグは、他の犬種と寿命が違うのでしょうか?パグと生活を共にされている方なら気にかけたこともあるかと思いますが、今回はパグの寿命を長くするコツや病気にかかりづらくなるお手入れ方法などご紹介していきたいと思います。

22445view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

パグの寿命とその他犬種の寿命の差は?

こちらを見つめるパグ

パグを初め、犬の寿命はどうしても人間と比較するととても短いものになってしまいます。どちらかというと、大型犬より小型犬の方が長生きできる傾向が高いようですのでパグの平均寿命も犬の中では長い方になります。

小型犬の平均寿命

  • 12歳~15歳

中型犬の平均寿命

  • 10歳~14歳

大型犬の平均寿命

  • 7歳~11歳

パグは小型犬なので12歳~15歳が平均寿命になります。病気にかからず平均寿命より長く一緒にいたいですよね。

パグの寿命にかかわる病気は?

診察中のパグ

パグの寿命を長くするために病気も防ぎたいですよね。病気の代表的なものに、パグ脳炎と呼ばれる病気があります。パグには目の病気にかかりやい、また肌が弱いなどの特徴がありますが、パグ脳炎は重篤化すると命に関わる病気なので適切に対処してあげないと寿命を縮める結果になってしまいます。

パグ脳炎とは

脳に炎症がおこり神経症状がでる病気。パグ以外の小型犬もかかる可能性がある病気ですが、特にパグに多く見られます。気付きやすい初期症状は激しい痙攣や歩行困難、同じところをグルグルと歩き回る、突然倒れる等。炎症が起きている脳の場所によって症状は変わりますが、炎症の範囲が広ければ広いほど重篤といわれます。

また、この病気は5歳くらいまでの比較的、年齢が若いうちに発症することが多く5歳以降にこの病気にかかるのは稀なことといわれています。特に5歳までは気にかけてあげてパグの寿命をのばしましょう。

パグの寿命を長くするためのお手入れや生活環境

パグの特徴として目が突き出ているので、目に刺激を受けやすいことがあげられます。また、暑さ寒さにも弱く肌トラブルも多い犬種です。日々のお手入れでストレスを軽減してあげることで、寿命をのばしましょう。

目のお手入れは?

様子をうかがっているパグ

パグの大きくて少し出ている目は、特徴でもありますし、かわいい部分でもあるのですが、トラブルも多いのです。まず、後頭部への強い刺激は眼球突出という病気にかかってしまう可能性があります。簡単にいうと頭を打って目が飛び出してしまう状況です。

本当に飛び出してしまうと病院で手術をうけるしかないので、お散歩時の他の犬とのじゃれ合いやケンカ、家でも高いところから何か落ちてくるなど後頭部への刺激には気をつけてあげて下さい。また、目が大きいため砂埃や草、まつげ等が目に入りやすく、その結果として、角膜炎を起こすこともあります。

乾燥する時期の交通量が多い道は砂埃も多いでしょうし、背の高い草むらでは草が目に入ってしまいます。お散歩のコースも気をつかって選びましょう。目ヤニや涙ヤケなどは柔らかい素材のタオルや脱脂綿等を濡らし優しく拭きとってください。特に皺(しわ)の奥には汚れが溜まっているので清潔を心がけしっかりと拭いてあげてください。

皮膚のお手入れは?

入浴中のパグ

パグは短毛のため、必ずしもトリミングのお店に行く必要もなく自宅でシャンプーが行える犬種ですし、比較的お手入れも楽かと思います。しかし、肌トラブルも多く、痒み等出てしまうとストレスにもなりますので、寿命も気になるところです。

シャンプーの頻度は一か月に一度が理想的ですが、アトピー等の皮膚炎でかゆみや湿疹がある場合は、犬用の薬用シャンプーを使用して皮膚の状態や愛犬の様子を観察しながら回数を増やす必要があります。また、パグは抜け毛も多く、毎日5分程度のブラッシングを行うことも皮膚の健康状態を保つのに良いとされています。

ラバーブラシや獣毛ブラシで優しくマッサージをするように毛の流れにそってブラッシングしてください。愛犬とのコミュニケーションにもなりますし、血行にも良いとされているので皮膚以外でも健康面に良いですね。

気温による体調管理は?

服を着ていくパグ

パグは体温調節が難しく、暑さにも寒さにも弱い犬種です。熱中症にもかかりやすいですし、寒すぎるともちろん風邪をひいてしまいます。体調が悪くても、話すことはできませんし、飼い主が気づいてあげないと最悪、寿命にかかわる事態になりかねません。いつでも愛犬が快適に過ごせる気温を心がけましょう。室温は20℃~25℃、湿度は50%が最適とされています。

夏場の猛暑日は短めのお散歩で、早朝に済ませましょう。日が落ちてからのお散歩は、まだアスファルトに熱が残っているのでおすすめしません。また、犬の体温を下げるためのグッズでクールネック等も販売さていますので、使用してのお散歩をおすすめします。

ただ、あまりにも暑い日は思い切ってお散歩をお休みされても良いと思います。熱中症は気づくのが一歩遅れてしまうと命にかかわります。暑さには慎重になってあげましょう。

冬の寒さ対策に関しては、室内では飼い主さんが自宅にいるときは暖房器具を使用する事で寒さを防ぐことができると思いますが、お留守番のときは心配ですよね。可能あればペット用のヒーターを使用して下さい。

コードを噛むのが心配な場合はケージの外側に置けるタイプが良いでしょう。また、ドーム型のベッドの中で寝てもらえるようになると温かさを保てます。その他、ケージの全体を外側から毛布等の布で包む、洋服を一枚着せるだけでも随分違います。

パグの寿命を長くする食事は?

ご飯を平らげてご満悦のパグ

食事に関してはパグ以外の犬種ももちろんなんですが、子犬には子犬用、成犬には成犬用、高齢犬には高齢犬用のフードを与えてください。

食事に関するパグの寿命で気になることと言えば、パグはとても食欲旺盛なので肥満になってしまう事が多いです。肥満が寿命に関わる病気をまねくのは人間と同じです。

太りすぎてしまうと?

パグのような鼻ペチャの犬種は、太りすぎるとこによって呼吸困難を起こす危険があります。また、関節や骨への負担ともなりますので、健康的に寿命を長くするには適正量のフードを与えしっかりと体重管理をしてあげてください。

まとめ

公園を走り回るパグ

パグの命はどうしても私たち人間より短くなってしまいます。だからこそ、一日一日を大切に丁寧に接しながら過ごし、ストレスを感じさせることなく一日でも長く一緒に過ごせるよう接していきましょう。そんな生活が寿命を長くすることにつながると思います。

▼パグについて詳しく知りたい方はこちら
パグを飼う前に知っておきたい性格や特徴

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 パグ青

    我が家のパグは、2001年2月18日生まれ、17才9ヶ月間、です。名前も、パグといいます。食事は、朝、夕、の2回、芋干し、チーズ、ササミ
    を小皿に入れて食べています。食事後、ほねっこも食べます。体重は、若い頃、10キロ弱、今は8キロくらい、おむつをし、散歩出来ませんが、病気もせず元気です。1日、通算22間ぐらい寝ています。今はただ、ゆっくり生きて、一日でも長生きしてくれることを願う限りです。
  • 投稿者

    40代 女性 しんのすけ

    家のパグのしんのすけは、17歳2カ月です。食事は1日2回です。キャベツとニンジンのドライフードをふやかして、餌にまぜてます。やはり、太りやすいので気をつけてます。まだ、トイレもちゃんとできますよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。