パピヨンの飼い方と育て方

パピヨンの飼い方と育て方

お気に入りに追加

蝶のような形をした耳とその飾り気が最大の特徴とされるのがパピヨンです。また小さく華奢な体で繊細、そして優美な雰囲気のパピヨンですが、学習能力が高いのも特徴です。これらの特徴からパピヨンの飼い方についてのポイントをまとめています。パピヨンの飼い方次第で雰囲気、性格は良くも悪くもなります。パピヨンの飼い方についての説明を参考にしていただいて、快適ライフのために役立ててください。

13516view

パピヨンの飼い方(1)しつけ方

スリッパを甘噛みしているパピヨン

パピヨンの飼い方のポイントとして「しつけ」が重要です。パピヨンの性格を知り、パピヨンの飼い方を事前に調べておくとベストです。

パピヨンの性格

  • 賢い
  • 活発
  • 自己主張が強い
  • 甘えん坊
  • 人懐こい
  • 神経質
  • 臆病

パピヨンは小型犬の中でも頭の良さと活発な面が目立つ犬種です。そのため、早いうちからしつけを行うのが良いようです。特に「お座り」「伏せ」「待て」はしつけの基本です。必ずしつけましょう。

また自己主張が強い性格ですので、早い段階で主従関係をハッキリさせることが大切です。甘やかしてばかりではワガママになり、主従関係が逆転してしまいます。賢いが故に飼い主に対して攻撃的になる可能性は十分にあります。

更に神経質で臆病な一面があるため、少しの物音にも敏感で、大型犬を目の前にした際にも怖がって吠えることがあります。放っておけばただの無駄吠えにつながってしまいます。安心できるよう飼い主が優しく「大丈夫」「怖くないよ」と声をかけてあげてください。

賢いパピヨンは飼い主の言葉や表情から状況を理解しようとし、安全だということを把握できるようになります。そして、賢いからこそ悪いことを学ぶのも早い犬種です。悪いことをしたら、いけないことだというのをその場で学ばせます。

しかし大声で怒鳴る、叩くといった行為は決してしてはなりません。悪いことをしたらサークルに入れ、どんなに暴れたり吠えたりしても無視するのが効果的です。徐々に悪いことをしたと理解できるようになります。

ただし、しつけたことを上手にできた場合はおやつを与え、大げさなほどに褒めてあげましょう。良いことをしたと理解します。パピヨンの飼い方を学ぶ第一歩として、しつけ方を学んでおくとパピヨンとの信頼関係も築きやすくなると言えます。

パピヨンの飼い方(2)準備する物

ハウストレーニング中のパピヨン

パピヨンの飼い方を知るための一つ、しつけについて知識を得た上で迎え入れる心構えができたら必要なものを準備します。

準備する物

  • サークル又はゲージ
  • ドッグフード
  • エサ、飲み水用の食器
  • トイレトレー
  • トイレシート
  • ベッド
  • 首輪
  • リード
  • おもちゃ
  • ケア用品
  • キャリーケース

サークルは屋根がなく、ゲージは屋根があるものです。子犬のうちは飛び越える心配はありませんが、そもそも活発で運動神経に優れているため飛び越えてしまう可能性もあります。心配であれば屋根のあるゲージを準備すると安心です。

パピヨンの飼い方は飼い主の事情により生活スペースやサイクルがかわってきますが、サークルやゲージはパピヨンにとっての大切な居住空間になります。ケア用品は様子をみて徐々にそろえても構いません。

しかし、子犬のうちから慣らしておくことと、スキンシップを図る意味でも早めに準備をしておくことに越したことはありません。迎え入れる準備が整ってくるとパピヨンの飼い方、どのように育てていくかのイメージが一層しやすくなります。

パピヨンの飼い方(3)注意点

毛布の上でくつろいでいるパピヨン

パピヨンの飼い方として先にしつけや準備について説明し、それらの注意点も幾つか述べていますが、その他にもパピヨンの飼い方には注意点があります。

夏の暑さ、冬の寒さに注意

パピヨンは暑さに強いとは言えません。そのため、パピヨンの居住空間となるサークルやゲージは直射日光をさけ、風通しの良い場所に設置してください。また、エアコンで部屋の温度を調節してあげましょう。さらに、ホームセンターなどで購入できるひんやりマットや、凍らせたペットボトルにタオルを巻いたものをエアコンと併用してあげるとなお、効果的です。

散歩は日中の暑い時間はさけ、朝晩の涼しい時間に行います。日中はアスファルトも大変熱くなります。パピヨンに限りませんが、これでは裸足の犬にとって散歩を楽しむことはできません。

逆に寒さには強い方だとされていますが、特に子犬のうちはまだ体温調節ができず寒さに弱いです。やはりエアコンでの部屋の温度調節、ペットヒーターを準備し併用してあげると効果的です。散歩は朝晩の気温の低い時間はさけ、日中の暖かい時間に行いましょう。

生活環境に注意

小型で華奢なパピヨンですが、活発だからこその注意点です。フローリングでは滑って怪我をしやすくなってしまうため、カーペットやクッションマットを敷くなどの配慮が必要です。

また、足裏の毛が伸びているのも滑りやすく危険です。状態を見てカットするなどのケアが大切です。パピヨンの家の中での怪我は、飼い主の飼い方でどれだけ配慮できるかによって十分防ぐことは可能です。

パピヨンの飼い方(4)まとめ

手のひらの上でじっとしているパピヨン

パピヨンの飼い方について知識を得ても、飼い主がどのようにいかしていくかで育ち方は様々です。パピヨンの飼い方で重要となるしつけで主従関係をハッキリさせ、快適に暮らせるような生活環境を整えてあげることを心掛けてください。

最後にパピヨンの飼い方、つまり育てていく過程で特に重要なことは、飼い主がどれだけ愛情を持って育てていくかです。家族の一員として迎え入れるからには、家族だからこそ厳しく、そしてたくさんの愛情がパピヨンにとっての幸せにつながります。

▼パピヨンについて詳しく知りたい方はこちら
パピヨンってどんな性格?飼う前に知っておきたい特徴

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 土偶子

    私が今まで会ったことのあるパピヨンちゃんは、ブラッシングが苦手な子ばかりでした。
    お家で出来ないので、お店でやってもらっている子が多かったです。
    パピヨンちゃんの魅力はやっぱりその綺麗な毛並みだと思うので、パピヨンちゃんを迎えられる方はブラッシングを自分ですることも視野に入れてみてはいかがですか?
    仔犬の頃から遊びながらやれば、パピヨンちゃんもブラッシングが遊びの一つだと思って慣れてくれる可能性が高いです。
    折角の綺麗な毛並みも、整えなければ毛玉になってしまって勿体ないです(;;)
    それに活発なパピヨンちゃんは毛玉にもなりやすいし、華奢なので毛玉を取るのも痛がって可哀想なので……
    お散歩しているときに、毛をふわふわっとさせているパピヨンちゃんってとっても可愛いですよね!
    お手入れは少々大変かもしれませんが、それ以上の価値がありますよ~!
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    パピヨンは見た目が華やかな犬種だと日頃から感じていましたが、賢く飼いやすいという点は始めて知りました。

    躾をする際は、大袈裟に褒めてあげる事によって、パピヨンの自尊心を尊重する事が出来、次の躾のモチベーションややる気に繋がっていくのだと考えられます。

    しかし、パピヨンは小柄であるため、健康と体調管理には十分に配慮してあげなければならないと本記事を読んで感じられました。

    特に、体重管理には気を付けてあげないと小柄なパピヨンの身体では自分の体重を支え切れなくなってしまう可能性が高いです。

    したがって、沢山食べさせた後はその分お散歩や、室内で出来る運動をさせる事でバランスを取っていく必要があります。

    パピヨンに限らず小型犬全種に言える事ですが、体重が増えすぎると足に大きな負担がかかります。
    よって、飼い主による体重管理が愛犬との生活をより良いものとするために不可欠な要素です。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    パピヨンは神経質ですから成犬になると飼い主以外には慣れてくれない子もいるでしょう。家の物音に敏感になりすぎてしまうのもストレスの原因となるので良くないですよね。なので、子犬の頃にいろいろな体験をさせて人間の環境に適応させることが大事です。賢い犬種ですからすぐに慣れてくれるでしょう。
    しかし、賢いということは良いことに加え、人間にとっては悪いこともすぐに覚えるということです。犬には善悪の区別がつきませんから、むやみに叱ってもなぜ飼い主が怒っているのか理解できません。ですから、記事にもあったように無視をするのが一番効果的だと私も思います。犬にとって、大好きな飼い主から無視されるのは辛いことです。あなたが構ってくれないことが分かると自然と問題行動を起こさないようになるでしょう。
    また、蝶と評されるあの特徴的な耳を清潔に保つためにも耳掃除を定期的に行う必要があります。正しい手順で行なってあげましょう!
  • 投稿者

    女性 Sachi

    姉の家にパピヨンがいます。妹である私はいつも大型犬と生活しているので、パピヨンのような小型の犬を見るととても新鮮です!また、結構臆病者で、最初はなかなか近寄ってきてくれませんでした。根気強く待っていてあげると、次第に近寄ってきてくれます。警戒心の強い犬だと思いました。しかし、一旦慣れてしまうととにかく甘えん坊で可愛い犬です!小型犬も飼ってみたいなと思いました。
  • 投稿者

    女性 いちごジャム

    うちの犬と仲良くしてくださるわんちゃんにパピヨンの男の子がいます。
    利発そうな顔立ちで、きれいな被毛をなびかせながらぴょんぴょん、とってもかわいいです。
    細く長い真っすぐな脚で立つ姿が、気品があって魅力的です。
    確かに賢いです。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    パピヨンと言ったらあの特徴的な耳ですよね。立ち耳に飾り毛が優雅ですが、なかには成長と共に垂れ耳になってしまうパピヨンもいるそうです。その場合は立ち耳にしてテーピングで固定し矯正をかけるのですが、あまり粘着力があるテープを使うと皮膚や耳毛に負担をかけてしまいます。
    矯正しても垂れ耳が直らない場合は垂れ耳のパピヨンということで諦めるほかないそうです。
  • 投稿者

    20代 女性 わんこだいすき

    パピヨンは、綺麗な毛と豪華なお耳が特徴の犬ですよね。いつもよく行く常連のドッグカフェの看板犬がパピヨンの男の子と女の子です。とっても活発で元気いっぱいの子が多い印象を感じます。悪くいうと、吠えたり噛んだり臆病な子も多いような気がします。吠えたり、噛んだりは子犬のうちにやめさせることで成犬になってから問題行動が減るので、早いうちにドッグトレーナーさんに頼るのもありかと。我が家のわんこたちは、犬種は違いますが同じ小型犬です。ドッグトレーナーさんにお願いしたら日々よくなり、今ではどこにでも連れていき、問題行動も一つもなくなりました。しつけについては、どの犬種も共通で「お座り」「待て」を覚えさせることは非常に大切だと思います。また、パピヨンを飼う上で清潔に保つためにも、2ヶ月に1度は、専門のトリミングサロンに連れて行き、お手入れしてあげる方がいいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。