番犬に向いている犬種まとめ!

番犬に向いている犬種まとめ!

お気に入りに追加

核家族化や住宅事情により、不審者対策のため番犬を飼いたいと考える方も多いようです。わが家の愛犬が、番犬としての役割を担ってくれたら頼もしいですよね。では、最高の番犬とは、どういう犬種でどのような性格の犬が適しているのでしょうか?ここでは番犬に適した犬の種類とその適性を、小型犬、中型犬、大型犬に分けてご紹介します。

5482view

番犬に適した犬とは

威嚇する犬

番犬として必要な性格に、警戒心が強く、自分の縄張り意識が強いことが挙げられます。縄張り意識が強い犬は、自分のテリトリーに侵入してくる不審者に対して攻撃的に吠えるので、不審者の存在を飼い主さんは知ることができます。

また、家の外の様子などに敏感で、番犬としてすぐに変化を察知し状況判断する力を発揮してくれた時、その犬は最高の番犬と言えるでしょう。

番犬としてのその気質は、どの犬種でも一般的にオスの方が強い傾向にあるようです。犬の個性にもよりますが、番犬という役割からはオスの方が適しています。

番犬向きの小型犬

チワワ

チワワ

番犬としては一見向いていなさそうな、室内犬の中で最も小型のチワワですが、実は番犬として大変優秀です。チワワは縄張り意識と防衛本能の強さが小型犬のトップクラスで、警戒心も強いところが番犬に適しています。

また、侵入者にいち早く反応し、番犬として必要な時には不審な物や人に立ち向かって行く気の強さがあります。吠え方も力強く高音なので、声も番犬としての武器になりそうです。

ヨークシャテリア

ヨークシャテリア

一見大人しそうな犬種に見えて番犬にはあまり向いている感じがしませんが、その内面は冒険好きで、大変活発な気質を持っています。その一方で警戒心が強く、自分のテリトリーを頑として守ろうとする勝気な本能が番犬に向いているのです。また、ヨークシャテリアはしつけやトレーニングがしやすい犬種なので、番犬として初めて犬を飼われる家庭にもお勧めの犬種と言われています。

ダックスフント

ダックスフント

元々狩猟犬として活躍していたダックスフントは、学習能力が高く、飼い主さんへの服従心も強い点が番犬に向いています。また警戒心も強いので、不審と感じれば、吠えて飼い主さんに知らせるという番犬としての行動ができる犬です。体格は番犬に向いているようには見えませんが、小型の室内犬の中でも、特に頼もしい番犬となってくれるでしょう。 

番犬向きの中型犬ランキング

柴犬 

柴犬

日本犬の中でもダントツに番犬として活躍しているのが柴犬です。飼い主さんに忠実で、自分を犠牲にしてまでも家族を守ろうとする気質は、日本犬の大きな特徴でもあります。家族愛の強い精神と防衛本能、侵入者に対しての警戒心が、バランス良く兼ね備われた番犬の最適種です。

ボーダーコリー

ボーダーコリー

イギリス地方で牧羊犬として誕生したボーダーコリーは、羊を守り統率するために活躍している羊の番犬有名です。知能の高さは、全犬種の中でトップとも言われています。

自分の役割をきちんと理解できる適応性、周囲を注意深く観察する能力、飼い主さんの指示に従おうとする従順さの三拍子が揃っている頼もしい番犬になるでしょう。

ウェルシュコーギー

ウェルシュコーギー

牧羊犬のボーダーコリーに対し、ウェルシュコーギーは、主に牧牛犬として活躍している犬種です。好奇心旺盛で、見た目も愛嬌のある犬ですが、番犬として自分の身体よりも大きな牛を管理するため、気が強く威嚇吠えは意外な迫力があります。勇敢で警戒心と聡明さが備われているので、番犬に適していると言えるでしょう。

番犬向きの大型犬

ドーベルマン

ドーベルマン

知能が高く体力もあるため、軍用犬や警察犬としても活躍しているドーベルマンは、大型犬の代表的な番犬です。

家族に対しての従順性が強く、一度信頼関係が結ばれれば番犬として非常に頼もしい存在となります。攻撃性と警戒心のある性格が、一般家庭の番犬としても大いに役立ちます。

ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパード

勇猛果敢で警察犬や護衛犬としても活躍しているジャーマンシェパードは、番犬としての見た目も強そうで存在感抜群の犬です。

主従関係が結ばれると、攻撃とリリース(噛み付くのをやめさせる)などの難易度の高い命令にも忠実に従うようになり、頼もしい番犬となるでしょう。一方で本来は温和な面や可愛らしさもあるので、家庭でも愛されている犬種です。 

番犬に向かない犬種

レトリバー

ゴールデンレトリバー

レトリバーは大柄で一見番犬向きのように見えますが、基本的に人が好きな犬種のため、その人懐っこさが裏目に出てしまい番犬向きとは言えない犬種でしょう。

温和で攻撃性が少ない性格が人気ですが、番犬とし迎えるのに適しているとは言い難いです。レトリバーの種類は、主にゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーがメジャーですが、一般的にゴールデンレトリバーの方がより温和な気質のため、特に番犬にならないと言われています。

シベリアンハスキー

シベリアンハスキー

青い目が美しく、オオカミの様な凛々しい雰囲気のシベリアンハスキーは、一見強面に見えて番犬として活躍しそうですが、実はとても優しい性格の犬種です。

社交性が高く、誰に対しても物怖じしない性格が世界中で愛されています。警戒心も強いのですが、それ以上に温厚な性格の方が勝っている点で、見た目のイメージほどは番犬にならないとされています。

愛犬を番犬にするには

犬の横顔

最高な番犬とは、単に吠えるのではなく「不審者にだけ吠える」ことができる犬を言います。

家族や来客、宅配者など、「吠えなくてよい相手と、吠えるべき相手の判断ができる犬」というのが、本来の番犬としての役割をきちんと果たしている犬なのです。

番犬としてのその判断を教えることが大変重要なのですが、これこそが飼い主さんにとって悩ましい問題でもあるでしょう。

吠えることを「やめさせる」やめたら「ほめる」

犬が吠えた時、「ストップ!」などの号令やアクションを根気よく繰り返して、それを覚え込ませる必要があります。この号令は、厳しく毅然と伝えることが大切です。

吠えている犬が、何かのタイミングで黙ったら、すかさずおやつを与えてほめてあげてください。普段与えないちょっと珍しいおやつや、噛み応えがあって満足感があるものなど、犬にとって少し特別なおやつの方が効果的かもしれません。

また、号令の言葉やアクションは統一した方が犬は混乱しないでしょう。これを根気よく繰り返し教え込ませることが、番犬への第一歩です。

吠えなくてよい相手を覚えさせる

番犬への第一歩の「吠えることをやめる」を犬が覚えたら、次に吠えなくてもよい相手を覚えさせます。チャイムが鳴った時に吠えたらストップをかけ、黙ったらおやつを与えてほめる。友人が家に上がった時に吠えたらストップをかけ、黙ったらおやつを与えてほめるを繰り返しましょう。

吠えて欲しくない相手がいる時にこれを繰り返すことにより、犬は経験として吠えなくてよい相手を覚えていき、番犬としての役割を果たしてくれるようになります。

飼い主さんの一貫した態度と根気が必要

番犬としての役割を覚えてもらいたいのに吠える相手と、吠えなくてよい相手を犬が覚えない場合、飼い主さんの態度にブレがあることが多いようです。

例えば宅配業者に反応して吠えた時、吠えるのをやめておやつをもらえた時もあれば、黙ったのにもらえない時もあると犬にはその違いがわかりません。

せっかく吠えるのをやめたのにほめてあげなかったり、吠えたまま放置してしまったりしてはいつまでたっても犬は混乱し、誰にでも吠えるばかりで理想の番犬には近づけないでしょう。

まとめ

吠える犬

番犬は、体格差に関わらず、警戒心が強くてよく吠え、攻撃性を持ち合わせている方が番犬として適しています。しかし、それは吠える声がうるさくてご近所とのトラブルを招くことや、人やほかの犬に怪我を負わせてしまう可能性も、十分にあり得るということを念頭に置かなければなりません。

単に番犬に適した犬種を探すだけでなく、犬たちの特性をきちんと踏まえ、子犬の頃からしつけていくことが番犬を飼うための1番重要なことになるでしょう。頼もしい最高の番犬とともに、家族みんなが安心して暮らせるといいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 男性 BOB

    私が子供の頃は、庭先に繋がれた犬が、人が通りかかるとワンワンけたたましく吠えて、怖くて走って通り過ぎたものです。今思うと番犬的な仕事をしていたんでしょう。最近では屋外で犬を飼育することはあまりなくなってきましたし、ワンワン吠える番犬のような習性はしつけで直すべきとなっているように思います。犬が家族として迎え入れられるようになり、役割が変わって来たんでしょうね。元来犬は仕事をするのが好きな犬種がいるようで、番犬など仕事に向いていた犬は、形を変えて家庭内で他の仕事を当てがってあげないと逆にストレスを抱えると聞いたことがあります。うちの犬は愛玩犬的な要素しかなく、可愛がられることだけが仕事のようですが…。
  • 投稿者

    女性 雀3号

    番犬とは、文字通り見張り番をしてくれる犬ですね。犬は怪しい人を見分けられる能力が秀でています。なかには不審者ではなくても、家族が苦手な人と会話をしている時など、他の人と少し違う対応であることに気が付き、この人は悪い人かもと判断してしまうこともあります。家族を守らなくちゃならないと思っているので、愛犬の不審者サーチが起動してしまうんですね。

    シェパード、ドーベルマンのように中型犬は、警察犬としても働けるほど知能と運動能力が優れています。番犬なら中型犬くらいのサイズがないと、と思われがちですが、実はテリア系もしっかり番犬として務めを果たすことができます。自分の守備範囲を見極めているので、家族というテリトリーを守ってくれるでしょう。体は小さくても中身は立派な番犬です。
  • 投稿者

    女性 ぽんた

    番犬しつけ真っ最中です。
    どの犬種もそうですが、人間社会で気持ちよく暮らすためにしつけはほんとに大変ですが大切ですね。犬種本来の性格や役割に基づく部分も大きいとは思いますが、そのワンコたちを飼い主がきちんと管理できての番犬だと思います。
    うちのしつけ真っ最中というのは、おそらくうちのわんこは番犬の資質はあると思います。警戒心が強く家のテリトリーに対する意識があります。(お散歩中はやさしい声をかけてくれる人にはどなたにでも嬉しそうにほふく前進で近づいていきますが。。)上記の性格があるのできちんと導いてあげればいい番犬になると思うのですが、興奮しやすい一面があります。飼い主の言葉に反応できなくなるほど興奮することがあり、たまにインターフォンにそれが遺憾なく発揮さてしまいます。興奮しすぎることは犬にもストレスになると思いますので、まずはそこから、我が家のしつけ奮闘の日々です。
  • 投稿者

    女性 Mineko

    私が小さい頃(かなり昔です・・・)は、「番犬」と呼ばれて飼われている犬が近所にたくさんいました。かなり凶暴でよく吠えたので、家まで歩いて帰る途中で何度かものすごい勢いで走り通らないといけない道がありました。今思うと笑えてきますが(笑)、当時はこの番犬の犬たちがとても大きく見えて強そうだったので、怖かったことを今でも鮮明に覚えています。ボクサーとドーベルマンを通り過ぎる時が一番怖かったです。今思うと、その犬たちは家をよく守っていたと思います。番犬としてパーフェクトでした。不審者に対してこんなにも敏感になり、家を守ろうとしていたので、頼りがいのある犬たちですよね。うちには現在シーズーがいますが、平和にポワワン~と暮らしています。番犬としては頼りがいがありません(笑)。
  • 投稿者

    30代 女性 すず

    番犬、今では見なくなりましたね。
    私が子供の頃は、庭先に大きな犬が繋がれていましたが、今は大型犬も室内飼いしているお宅が多いのではないでしょうか。
    また犬の社会化トレーニングなどといって、いろいろな人や犬に慣れさせるようなトレーニングもだいぶ主流となってきたので、犬の人に対する警戒心はあまり強くなくなってきたのではないかと推測するのですが、犬種によるのでしょうか。
    不審な物音や人に対して吠えたてるけど、普段は穏便に過ごせる、そういったしつけはどうやったら出来るのかな…うちの犬は番犬気質ゼロなので、とても不思議に思います。プロのトレーナーさんだと上手に育てられるのかな…。うちは、犬が家を守る、というよりは、愛犬は飼い主が守らないと、という気負いでいますので、まるでダメですね。
  • 投稿者

    20代 女性 シーナ

    私が小さい頃は犬は外で飼うのが普通で、庭や玄関先にいて訪問者や通行人にワンワン吠えたてている姿をよく見た気がします。あれが犬の番犬としての気質ということですよね。見知らぬ人に対して吠えて近寄らせないようにしたり、飼い主に声で警戒すべきと知らせてるってことなんですもんね。でも、一般家庭のそういう犬はたいていの「うるさい!」「しずかにしなさい!」て飼い主さんに怒られてた気がします…。うちもそうでした。玄関先で門の外に向かってウォンウォン吠えていると母が「こら!!」って反応してました。犬の本能なのにね。なんか理解してあげられなくてごめんねって感じです。今の家庭では「番犬」はあまり必要ないかもしれませんが、本能は残ってるだろうから別の形で発散させてあげたいです。
  • 投稿者

    女性 コロ

    昔は屋外飼育が主だったので、犬を飼っていればそれが番犬だったと思います。今は番犬というより、「自宅警備犬」ですね。人の気配で吠えて知らせてくれることもありますが、朝4時台の新聞屋さんに吠えるのだけは勘弁してほしいです。毎日のことなのに愛犬にとっては毎日来る不審者という認識のようです。
  • 投稿者

    30代 女性 てと

    我が家の近くには番犬として活躍している犬がたくさんいます!地域柄なのか甲斐犬や柴犬が多いです。この記事を読んで柴犬は番犬向きだと知り本当にピッタリだと思いました。みんなどの犬も人が玄関に近付こうとするとしっかり吠えています。でもスピッツは室内のイメージだったので番犬向きなのには意外でした!もふもふの姿で逆に人を集めてしまいそうです(笑)
  • 投稿者

    30代 女性 ラッキー

    最近は番犬も減りましたよね。昔は家のお庭なんかにわんちゃんが居て、玄関に近付くだけで吠えられる事もしばしば有りました。いまは室内犬の子も増えて、そもそも家の玄関に犬がいる事も減った気がします。うちの子も番犬とは言えないかもしれませんが、家族以外がリビングに近付くと吠える事があるので、昔だったら頼れるな番犬になっていたかもしれませんね。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    番犬となると中型犬くらいの大きさが安心ですね。小型犬の場合、吠える力はあるけれど、体が小さいので外の「番犬」にはあまり向いていないように感じました。ただ、不審な物音を察知する能力は高いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。