ドーベルマンの性格と特徴、子犬の値段や飼い方など

ドーベルマンの性格と特徴、子犬の値段や飼い方など

ドーベルマンは、警察犬や軍用犬として活躍する犬種のため、怖いというイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、ドーベルマンは飼育方法を守りしっかりとしつけをすれば、飼い主さんの良いパートナーとなり家庭で飼うことにも適した犬種です。今回は、ドーベルマンの性格や特徴、値段から飼い方のポイントまでを紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ドーベルマンの性格

ドーベルマン正面

性格

  • 利口
  • 忠誠心が強い
  • 警戒心が強い
  • 好奇心旺盛
  • 人懐っこい

ドーベルマンは非常に頭が良く、さまざまなことを覚える能力に長けています。また、ドーベルマンは警護を目的として作出された犬種のため、警戒心が強いのが特徴です。

ドーベルマンは警戒心が強いがゆえに、飼い主さん以外の人や他の犬に対して攻撃的になることがありますが、自分が認めた相手に対してはドーベルマンは非常に強い忠誠心を持ちます。

また、ドーベルマンは怖い見た目に反して、好奇心旺盛で人懐っこい一面も持ち合わせていることが魅力の1つです。

ドーベルマンの子犬の値段

ドーベルマンの子犬

価格の相場

20万~30万円

ドーベルマンの子犬の価格の相場は、20万円くらいから高くて30万円前後と言われています。ドーベルマンの販売価格はスタイルや人気の毛色、顔つきなど、さまざまな条件によって差がでるようです。また、ドッグショーなどで賞を獲得している親の場合は場合に、ドーベルマンの子犬の価格は非常に高くなる傾向にあります。

ドーベルマンの特徴

ドーベルマン立ち姿

大きさ(体重/体高)

サイズ

  • 体重:オス40~45kg、メス32~35kg
  • 体高:オス68~72cm、メス63~68cm

ドーベルマンは日本で大型犬に分類され、オスの体重は40kgから45kgで体高は68cmから72cm、メスの体重は32kgから35kgで体高は63cmから68cmとなっています。

筋肉質で引き締まった体は、ドーベルマンの魅力の1つと言えるでしょう。ドーベルマンが歩く姿はとても優雅で力強く、遠くを見つめる姿は自信に満ち溢れています。

ドーベルマンは、生後半年までの成長スピードが凄まじく、半年間で著しく体重が増加していきますが、生後半年を過ぎると成長は緩やかになります。ドーベルマンらしい筋肉質でかっこいい体型に仕上がる時期は一般的には生後2~3歳頃です。

被毛(毛質/毛色)

ドーベルマンのブラックとブラウン

毛色の種類

  • ブラック(ブラック&タン)
  • ブラウン(ブラウン&タン)
  • ブルー
  • イザベラ

ドーベルマンの被毛は短毛のシングルコートで、硬く滑らかな毛質が特徴です。また、ドーベルマンの毛色は2種類あり、ブラック(ブラック&タン)とブラウン(ブラウン&タン)が公認カラーとなっています。

ブラックは黒のベースカラーに茶色いカラーが所々に混じったもので、ドーベルマンの毛色は、圧倒的にブラックが人気です。その他にも、ドーベルマンはJKC(ジャパンケネルクラブ)公認カラー以外の毛色として、ブルーやイザベラがあります。

運動量

ドーベルマンは朝と夕方の1日2回、1時間ずつの散歩に加えて、週に何度かドッグランなどの広い場所で思いきり走らせたり、飼い主さんと一緒にジョギングをしたりと多くの運動量が必要となります。

ドーベルマンは非常に活発な犬種ですが、年齢や性格によっても必要な運動量が異なるので、飼っているドーベルマンの様子をよく観察した上で、それぞれに合った運動量を取り入れるようにしてください。

体の特徴

耳がたれているドーベルマン

ドーベルマンの体の特徴の1つに、ピンと立った耳と短い尻尾があります。しかし、このドーベルマンの耳や尻尾は本来の特徴ではありません。

ドーベルマンはもともと垂れ耳で尻尾の長い犬です。ドーベルマンは警備犬や軍用犬だったため、怪我の防止や、垂れた耳や長い尻尾を狙われないようにするために断耳や断尾が行われていました。

そのような習慣からドーベルマンのイメージとして立耳や短い尻尾が定着し、その後もそのスタイルが良しとされてきたようです。

しかし近年では、家庭で飼われるドーベルマンが増えてきたことにより、断耳や断尾を行わないドーベルマンも見かけるようになってきました。また、ヨーロッパではドーベルマンの断耳や断尾を禁止する国も増えてきています。

ドーベルマンの種類

二匹のドーベルマン

アメリカン

アメリカンタイプは、家庭で飼うために作出されたドーベルマンです。ヨーロピアンタイプに比べてやや小さい体をしています。街中やドッグショーなどで見かけるドーベルマンのほとんどが、アメリカンタイプに該当します。

ヨーロピアン

ヨーロピアンタイプは、軍用犬、使役犬などを目的として作出されたドーベルマンです。そのため、たくましい筋肉を持ちがっちりとした骨格をしています。警察犬として活躍するドーベルマンは、ヨーロピアンタイプが多いようです。

ドーベルマンをブリーダーから迎えるには

伏せるドーベルマン

ドーベルマンの子犬をブリーダーから購入する場合、信頼できる優良なブリーダーであるかを見極める必要があります。

優良なブリーダーは、ドーベルマンの見た目だけではなく、ドーベルマンの遺伝的な疾患にも気を使って繁殖を行っているため、安心してドーベルマンを迎え入れることができるでしょう。

ドーベルマンを購入前にブリーダーとコミュニケーションをとり、犬舎や親を見せてくれるかどうかや、購入後のドーベルマンの飼育の相談に乗ってくれるかなどをしっかりと確認するようにしてください。

ドーベルマンの里親になるには

ドーベルマンと歩く女性

ドーベルマンを迎える場合、選択肢の1つに里親があります。里親制度とは、捨て犬や事情があって飼い主が飼えなくなった犬の新しい飼い主を探すための仕組みです。

地域によってさまざまですが、保健所や動物愛護センター、動物保護センター、その他にも民間団体などで里親の募集を行っています。ドーベルマンを家族として迎えたいと考えている方は、一度自治体に問い合わせることも検討してみてください。

ドーベルマンの飼い方

ドーベルマンと女の子

環境

短毛のドーベルマンは、外気温による影響を受けやすいため室内での飼育をおすすめします。ドーベルマンを室内で飼育する際は、しつけができるまではケージの中で飼うようにしましょう。しつけがされていないドーベルマンが外に逃げ出した場合、他人に怪我をさせてしまう可能性があります。

ドーベルマンのしつけができたら、飼い主さんが居る時は室内でフリーにしても良いでしょう。しかし、ドーベルマンのしつけができていても、お留守番の時はケージに入れることを忘れないようにしてください。

また、ドーベルマンを室内でフリーにする際は、犬用ゲートやサークルを設置して、ドーベルマンが逃げ出すことがないように対策をしましょう。

室内飼いでの注意点

ドーベルマンは体が大きく活発なため、狭い環境の中ではストレスを溜めてしまうことがあります。ドーベルマンを迎え入れる前に、室内にのびのびと過ごせるスペースを確保し、落ちついて暮らすことができる静かな環境を用意すると良いでしょう。

また、ドーベルマンは硬い床の上に長い時間同じ姿勢でいることで、肘に水ぶくれができることがあります。ハウス内に柔らかいクッションや毛布などを敷いて、ドーベルマンへの肘への負担を少しでも減らす工夫をしてください。

運動

ドーベルマンは筋肉が発達しているので、しっかりと運動をさせましょう。運動量が足りないとストレスを溜めてしまい、ドーベルマンが問題行動を起こす可能性があります。やり過ぎは良くありませんが、ドーベルマンが満足しているかどうかを確認しながら十分な運動を取り入れてください。

しつけ

しつけ中のドーベルマン

ドーベルマンを飼う上で最も重要なのがしつけです。ドーベルマンは、飼い主さんや家族にはよく懐き愛情深い性格をしていますが、警戒心や縄張り意識の強さも併せ持っています。

リーダーの元では、本来の従順な性格を発揮することができるドーベルマンですが、信頼できるリーダーがおらずルールが分からない場合、自分が上に立って規律を正そうとします。ドーベルマンがそのような状態になると、噛みつきや威嚇などの問題行動を起こすようになるかもしれません。

他の人や犬に対して問題行動を起こさないようにするためにも、飼い主さんはドーベルマンの上位に立ち、毅然とした態度でしつけを行いましょう。

きちんとしつけを行いながら育てれば、ドーベルマンは他の犬種にはない頭の良さを発揮します。しかし、飼い主さんのしつけ方次第では他人を怪我させてしまう可能性があることを、飼う前にしっかりと認識しておく必要があります。

餌/フード

  • 生後半年まで朝、昼、夕、夜の1日4回
  • 1歳半〜2歳頃まで朝、夕の1日2回
  • 成犬1日1回もしくは2回

ドーベルマンの食事は、1日数回に分けて与えるようにしましょう。胃の負担を軽くするために、空腹の状態で長時間過ごすことのないように心がけてください。

また、ドーベルマンは筋肉質で代謝が良いため、十分なタンパク質が含まれたドッグフードを与えると良いでしょう。固形のドッグフードをお湯に浸して柔らかくした状態で与えると、消化吸収が良くなり食欲がない時にも食いつきがよくなるためおすすめです。

その他、ドッグフードのパッケージに記載されている必要量はあくまでも基準として見るようにしてください。ドーベルマンは、太りにくく痩せやすいため、体重の増減を管理する意味でも、餌の量を適切に調節するようにしましょう。

お手入れ

ドーベルマンの被毛は硬質の短毛なので、一般的にはお手入れがしやすいと言われています。しかし、スムースコートと呼ばれる構造をしており、1年を通して抜け毛があるため、思っていたよりも抜け毛が多いと感じるかもしれません。

ドーベルマンを飼う際には、抜け毛対策として、ブラッシングやシャンプーなどをしっかりと行う必要があることを認識しておきましょう。

ドーベルマンの寿命

走るドーベルマン

平均寿命

10~13歳

ドーベルマンの寿命は、一般的に10~13歳くらいと言われています。大型犬のため、寿命はあまり長いとは言えません。ドーベルマンの寿命を延ばすためには、かかりやすい病気に関する知識をつけて予防対策を行いましょう。

また、ドーベルマンのシニア期と言われる5歳~6歳くらいになったら、定期検診を受けることをおすすめします。その他に、しっかりと運動を行いストレスを与えない環境を作ることが、ドーベルマンの寿命を延ばすことに役立ちます。

ドーベルマンがかかりやすい病気

横たわるドーベルマン

胃捻転

ドーベルマンなど胸の深い犬種がかかりやすい病気の中に胃捻転があります。犬の胃捻転は、胃が捻じれることによって突然起こる病気です。

胃捻転により胃の中にガスが発生し、血の巡りが悪くなることで、胃の捻じれた部分の細胞が死んでしまうこともあります。また、捻じれた胃によって周囲の臓器が圧迫され壊死することもあるため注意が必要です。

  • 呼吸が荒い
  • 吐き気があるようだが嘔吐はしない
  • おなかが張っている
  • 落ち着きがない

発症後数時間で命を落とす可能性がある緊急性の高い病気のため、上記のような症状が見られたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

拡張型心筋症

拡張型心筋症は、ドーベルマンなどの大型犬がかかりやすい病気の1つです。この病気は、心臓の4つに仕切られた部屋が拡大し、心臓の壁が薄くなることで全身に血を循環させるための働きが弱まってしまいます。拡張型心筋症そのものを治す方法はありませんが、症状に合わせた治療を行う必要があります。

  • 運動を嫌がる
  • 疲れやすい
  • 体重が減少する
  • 咳をする
  • 呼吸がはやい

拡張型心筋症の症状として上記のようなものが挙げられます。しかし、拡張型心筋症は症状が進んでいない段階では異変を感じにくく、症状が進行してから気づくことがほとんどです。ドーベルマンの様子がいつもと少しでも違うと感じたら、早い段階で動物病院で診察してもらうようにしましょう。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、ドーベルマンなどの大型犬がかかりやすい病気の1つです。のどにある甲状腺から分泌されるホルモンが減少することによって、ホルモンバランスが崩れ、基礎代謝や全身の器官の機能低下を招きます。

  • 脱毛
  • 動作が鈍くなる
  • 体温の低下
  • 顔や全身のむくみ
  • 皮膚の色素沈着

甲状腺機能低下症は、完治はできませんが早めに適切な治療を行い、ホルモンバランスを整えて体をコントロールすることが大切です。早期発見のためにも、日頃からドーベルマンの様子をよく観察するようにしましょう。

ドーベルマンの歴史

人に向かって吠えるドーベルマン

ドーベルマン(Doberman)は19世紀後半のドイツで、ジャーマンピンシャーを基礎に、ジャーマンシェパード、ロットワイラー、ワイマラナー、マサチューセッツテリアなどを交配して作出された犬種で、ドーベルマンピンシャー、ドーベルマンピンシェルとも呼ばれています。

税金徴収官の仕事をしていたドーベルマン氏が、現金を持ち歩くことが多かったため、優秀な警察犬の必要性を感じドーベルマンを生み出したとされています。

警察犬と言えばシェパードというイメージを持たれがちですが、ドーベルマンはもともと警察犬として生み出された犬種のため、素晴らしい警護能力を持っており、現在でも警察犬のほかに軍用犬、レスキュードッグなどとして活躍しています。

まとめ

ドーベルマンの横顔

ドーベルマンは勇敢でかっこいいだけではなく、優しい性格も持ち合わせていることがドーベルマンの魅力です。ドーベルマンは非常に頭が良く体力もあるため、飼い主さんのしつけや接し方が重要になります。

忠実で愛情深い犬になるかどうかは、飼い主さんのしつけ方次第です。ぜひ、理解を深めてしっかりと準備をした上で、ドーベルマンを家族として迎えてあげてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ほたる

    ドーベルマンの見た目は、筋肉質で頼りになりそうな感じと共に、怖いと感じる面もあります。
    性格を読んで、人懐こく甘えん坊という可愛らしい側面もあるようですね。

    賢そうとは思っていましたが、知能が人間の脳と同じくらいだとあり、驚きました。
    ドーベルマンをきちんとしつけないと、怪我人や重大な事件まで引き起こしてしまうのは、やはり怖い事です。
    飼う方には、しっかりとしたしつけをしてもらいたいと感じました。
  • 投稿者

    20代 女性 こなつ

    ドーベルマンのような強そうなわんちゃんが飼い主の自分に懐くなんてほんとうに可愛いくて仕方ないですよね…
    しつけはしやすそうな顔立ちをしていますよね!しかも飼い主にとってはしつけがしやすいなんてなんだかとてもリーダーとして慕ってくれていると優越感ですら感じますね!
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    ドーベルマンは、ヨーロピアンとアメリカンの二種類のタイプがいるんですね。
    ヨーロピアンはよくテレビでは見かけますが、アメリカンのタイプのドーベルマンは初めて見ました。
    とても小さくて可愛らしいんですね。一見、ヨーロピアンのタイプとは似ても似つかないくらいですよね!

    寒さに弱いのも意外でしたね。知能の高さは本当にすごいものだと思います。
    警察犬で訓練するだけのことはありますよね。本当に尊敬できる犬種だと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 笑門福来

    数多くの大型犬を飼育してきましたが、ドーベルは本当に甘えん坊で飼い主には従順。
    ただし他人には決して尾を振らない、興味無しの徹底ぶりは逆に飼い主として嬉しくもありました。

    犬らしい賢さと愛情豊かで素敵な子でした。
    もちろんメリハリある躾は必須で日時生活には支障はなかったものの、筋肉質で体力が半端ない分、母や妹は散歩中に目の前の猫に興奮した我が子がリードごと引きずり転倒。
    それ以来私や父が散歩するのが日課になりましたが(笑)
    野生の血は強いのか、猫だけは躾けてもダメでした。

    それでもまた飼える環境が整えば家族に迎えたい犬種の一つです。
  • 投稿者

    50代以上 男性 kou

    我が家は、犬5匹の多頭飼いです。中に一匹ドーベルマンがいます。
    毎日、同居している北海道犬と一緒にバトルをしながら遊ぶのが日課です。
    賢く、従順で究極の甘えん坊ですが山奥に連れて行ったときは必ず私の周りに帰ってきて周りを警戒しながら一緒に歩いてくれるので大変心強く感じます。
    未だ若く力が強いため家内達は散歩でリードは引けませんが家では甘えん坊将軍です。小さいときに徹底的に近所の方々に抱いて可愛がってもらったので今では愛嬌を振って甘えています。
    とても賢い犬なので完璧に顔と匂いを覚えており非常に飼育しやすい犬ですが小さな犬に対しては攻撃性が強く絶えず注意が必要となります。
  • 投稿者

    女性 aoi

    ドーベルマンの始まりから既に警備犬として誕生しているんですね。警察犬や軍用犬など適職なわけですね。
    ドーベルマンは中型犬ですが、寿命は10~13歳と他の中型犬に比べると少し長い方ですね。日本では18歳まで生きた子もいます。

    ヨーロピアンタイプは血統書の登録はPD(日本警察犬協会)が主となっているようです。アメリカンタイプの血統書登録はJKC(ジャパンケネルクラブ)になります。タイプ別に登録されている場所が違うのは珍しいですね。

    筋肉質なことからも運動能力に秀でています。一日2回1時間ほどの運動が必要になります。しつけも訓練に近いものを必要とするので、初心者には難しい犬種と言えますね。

    小さい頃、近所にドーベルマンを多頭飼いしている家がありました。そのお宅の前を通る時に一歩敷地内に入ってしまっただけで、一斉に吠えられたのを今でも記憶しています。歯をむき出しにしながら吠える姿は今でも少しトラウマです。ドーベルマンに付けることが多いトゲのある首輪も雰囲気を出していました。
    番犬や警備にはとても向いている犬種ですが、あの時檻がなかったらと思うと怖いです。

    ドーベルマンは脂漏症や皮膚疾患にもかかりやすい犬種です。短毛ですがブラッシングや汚れをこまめに落としておくなどケアも大事になります。
    またフォン・ヴィレブランド症を発症した例もあるので、散歩中は怪我などしないように注意しておかなくてはなりません。
  • 投稿者

    女性 ハチ

     今まで2頭のドーベルマン飼ってました。
    家の前を通る人や犬によく吠えるので警戒心は強い犬種かなと感じますね。しかし、いざ知らない人が近寄ってくると吠えて逃げまくるので噛むどころか向かって行きません。

    基本的に臆病ですごく甘えん坊な犬種です。
    夜は人が側に居ないと寝れなかったり、3分でも外出したら久し振りに会えたかのようなお出迎えが待ってます。
     他にも一代目ドーベルはドックランに連れて行ったら豆柴に追いかけられてベンチの後ろから出てこなかったり…
     経験から言うと、飼い主さんとの絆を大切にしたがると思うので「厳しい躾」ではなく愛情たっぷりに可愛がる方を重要視した方がいい気がしますね。
  • 投稿者

    女性 コロ

    近所にドーベルマンを多頭飼いしていたお家がありました。家族以外には攻撃性を見せるよう訓練をしていたらしく、そのお家の前を通る時は本当に怖かったです。番犬のつもりでそうしていたようですが、賢い犬種だからこそ、攻撃性を制しておかないといけないと思います。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    ドーベルマンもブルーカラー、ホワイトカラーは劣性になるんですね。犬種によっては問題のないカラーですが、劣性遺伝子となる犬種の場合多くは視覚障害、聴覚障害を持っているので、珍しいカラーの場合は注意が必要です。
    ドーベルマンを初めて飼う場合はその賢さに戸惑うこともあるようです。攻撃本能も高い犬種なので、ドーベルマンに詳しい人や専門の訓練士など、相談しやすい人も探しておくといいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 WOOF

    ドーベルマンの多くは、強面な見た目や勇敢なイメージとは異なり、内面はとても傷つきやすく繊細です。先入観やイメージにとらわれて、子犬の頃から厳しすぎる躾や威圧的な態度で接すると犬が青年期になるころに攻撃的な一面をみせるようになってしまうことがあります。これは子犬の不安感、恐怖心を助長してしまった結果ということが多いです。「厳しくしない=甘やかし」ではありません。ドーベルマンはとても賢い犬ですので、私たち飼い主が彼ら以上に賢く育てないといろいろな問題が出てきてしまいます。恐怖心で従わせるのではなく、安心感を与えて精神の安定したドーベルマンに育つように心がけたいものです。
  • 投稿者

    女性 肉まん

    田舎の親戚がド―ベルマンを飼っています。子どもは怖がって近付けないほど迫力のある雰囲気ですが、実際はとても甘えん坊でびっくり。つるつるの体表だから寒いのかな、ソファに座るとぴったりとくっついてきて、大きな身体と強面のイメージと違ってとてもかわいいんです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。