プードルの種類について

121911view

プードルの種類について

プードルの種類の中で一番人気のトイプードル。そのプードルが爆発的に人気がではじめたのは『テディベアカット』が世に出るようになってからのことです。ふわふわで可愛いプードル。その特徴や魅力種類などについてお話します。

プードルの種類

かわいいいプードル

プードルといえば、「小さくてカワイイ犬種」というイメージの犬種ですよね。
日本では、常に人気犬種ランキングの上位犬種の1つにあがるプードルは、愛玩犬として作られた小さいサイズの「トイプードル」が一般的です。

実はプードルの種類には、もともと3つの種類があって、スタンダード、ミニチュア、トイ、とあります。
普段見慣れない、大きなプードルを見かけた方はびっくりするかもしれませんね。

  • スタンダードプードル
  • ミディアムプードル
  • ミニチュアプードル
  • トイプードル
  • タイニープードル
  • ティーカッププードル

大きいスタンダードプードルから小さいティーカッププードルまで

スタンダードプードル(JKC公認)

スタンプーホワイト

6種類のプードル達の大元のプードルです。

プードルの中でも一番歴史の古い種類で、トイプードル等にくらべるやや大きめのサイズ。体高は45cm~60cm、体重は16kg~25kgです。

プードルの中で大きいと言っても、飼い主さんが抱えられないほど重いというわけではありません。体が大きい分それだけの毛量がありますので、トリミングに出す以外の日常でもお手入れをしてあげれるよう飼い主さんがグルーミングを勉強する必要があります。

性格は6種類のプードルの中でも一番明るく穏やかで、落ち着きのある性格の持ち主です。また、プードルの中でも一番頭が良く、理解力に優れています。しっかりしつけると、気品あふれる犬になります。

しかし、体が大きい分運動量が必要なので、広いお庭のある家に住むか、毎日1時間はお散歩やドッグランに行く必要があります。

ミディアムプードル(JKC公認)

ミディアムプードルシルバーベージュ横向き

スタンダードプードルの次に大きな種類のプードルがミディアムプードル。

体高は35cm~45cm、体重は8kg~15kg。柴犬にほぼ近いサイズです。

このサイズのプードルにはまだまだ謎が多く、JKCの認定を受けたのは2003年と歴史は短いです。
性格はスタンダードプードルが少し小ぶりになったようなものなので温厚で賢いのが特徴です。

ミディアムプードルもスタンダードプードルと同様に運動量を増やしてあげましょう。また飼い主さんのお手入れの知識も必要です。

ミニチュアプードル(JKC公認)

ミニチュアシルバー

ミディアムプードルの次に大きい種類のプードルですが、トイプードルのサイズの方が近い子もいます。

体高は28cm~35cm、体重は5kg~8kgです。

小さい犬が好まれる日本では、この中間サイズはあまりお見かけしないタイプですが、海外では人気のサイズでミニチュアプードル好きのオーナーが多くいます。

また、サーカスやトリュフ狩りに出ている犬もいます。

性格はスタンダードプードルからのは穏やかさは兼ね備えていますが、やや神経質な傾向にあり、感受性が強く少々怖がりなところもあります。その辺を考慮してしつけをしてあげるようにしましょう。

また、定期的なトリミングの他に、おうちでもブラッシングを行えるようにしましょう。

トイプードル(JKC公認)

トイプレッド

日本で最もポピュラーな種類のプードルです。

体高26cm~28cm、体重は3kg~4kg程です。

日本でプードル人気に火が付いたのがこのサイズ。日本で一番飼われているサイズがトイプードルです。

しかし、安易なブリーディングにより、大きすぎる子やなんらかの疾患や欠点のある子が生まれているのが現状です。

性格は明るくて温厚ですが、神経質な面も垣間見えます。基本的にはフレンドリーで他の犬種とも仲良くできますが、警戒心が強いので注意して見てあげましょう。

また、甘えん坊な子が多いのもこのトイプードルの特徴です。飼い主さん『命』という子も大変多いのも魅力です。お手入れは飼い主さんによる普段からのブラッシングと定期的なトリミングが必要です。

タイニープードル(JKC非公認)

タイニーレッド

タイニープードルはJKC非公認のサイズ、アメリカで作出された種類のプードルです。

体高23cm程。体重は2kg~3.5kgとちうプードルよりもさらに小さいサイズとなります。

骨格がトイプードルよりも小さくなり、抱っこもトイプードルよりも楽にできます。このサイズ以降マズルが短めの傾向にあります。

プロのブリーダーが作出していおりますが、思ったよりも大きくなってしまうという場合がありまだまだサイズの安定が課題とされています。

ご購入の際はブリーダーさんとよく相談の上、仔犬を選びましょう。

性格は、明るく賢いところもありますが、精神的に幼い子が多く神経質なため、飼い主さんがメンタルなどにも気を配って楽しく暮らせるようにしてあげる必要があります。

しかし基本的にはプードルの明るさが兼ね備えいます。お手入れはおうちでの飼い主さんのブラッシングはもちろんですが、体が小さいので無理のないようゆっくり行ってあげましょう。

ティーカッププードル(JKC非公認)

ティーカップレッド

ティーカッププードルもJKC非公認の種類のプードルです。

体高は20cm、体重は2kg程です。プードルの中でも極小タイプの種類です。

こちらのティーカッププードルもアメリカで作出されたプードルで、ティーカップに入ってしまうぐらい小さく可愛いというのがチャームポイントで、女性に大変人気のある種類のプードルです。

とても小さいのでバッグにすっぽり入ってしまうほどのです。ただ、これだけ小さいので、骨が弱い子も多く遊ぶときや、お散歩、階段や段差には充分に注意してあげましょう。

性格はプードルの中で一番小さいこともあり、神経質さがプードルの中では一番強く恐がりです。
基本的な明るさや賢さはありますが、飼い主さんへの依存度が高まりやすいので気をつけてあげましょう。

プードルはどんな犬種なのか

ふわふわのプードル

元々は鴨猟犬。そしてフランス貴族たちに可愛がられていました。

プードルといえば、ふわふわでカールのかかった被毛を全身にまとった、可愛らしく元気いっぱいで人懐っこい人気犬種です。

近年ではマンションやアパートでも飼えるよう小さいサイズのプードルが改良され、タイニーやティーカップといったサイズも存在する人気の犬種です。

また知能も高く、犬の中で一番頭のいいと言われている牧羊犬のボーダーコリーの次に頭がいいと言われています。それだけに飼い主に従順でしつけもしやすく、教えてもらったことはすぐに覚えます。
その他にも様々な芸を覚えることができ、ドッグダンスやなわとび、障害物を登ったりよけたりする競技、「アジリティ」も得意です。

なんでも楽しみながら学習することができる子が多いので、その特性を生かして遊び感覚で飼い主さんと楽しくしつけの訓練を行うと良いでしょう。

そんな可愛い相棒のプードルの歴史は長く、元々は鴨猟犬でした。

レッド、ホワイト3頭のプードル

水中を障害なく泳げるように毛をカールさせて作出されました。そして昔のプードルは顔を剃るカットが施されていましたが、これは鴨猟の時のなごりで、鴨をくわえて持ってきやすいように考案されたカットです。また、水中の中を泳ぐため心臓や胸骨、足関節を守るために胸の毛や足の毛をふわふわに大きく残したスタイルでした。これが後に16世紀のフランス貴族の間で改良され、ドッグショーで見られるようなショークリップが生まれました。

そしてこの頃からミニチュアプードルが作出され、さらに18世紀後半になると皆さんがよく知っているトイプードルが作出されたのです。

このようにプードルの種類はどんどん増えていき、今ではスタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルそしてタイニープードル、ティーカッププードルの6種類のプードルが存在します。

しかし、JKCではタイニープードルやティーカッププードルは公認されておらず、血統証にはその名前は記載されず、『プードル』表記になります。

とは言え、この2種類のプードルの人気はトイプードルの次に高く、一人暮らしの女性が飼う傾向にあるため、もしかすると将来JKCに公認される日も来るかもしれませんね。

プードルの種類のまとめ

プードルのアップ

いかがでしたか?一言でプードルと言っても様々な大きさ特徴があり、それぞれ歴史があったり、魅力ははかりしれませんね。

これら6種類のプードルは、全てお手入れが重要な犬種ですので、おうちでの飼い主さんによるお手入れはもちろんプロによる定期的なトリミングが必要です。

どのプードルもお手入れが大変ですが、しっかりお手入れをしてあげることでより美しく気品あるプードルへと変貌し、さらにプードルの魅力にはまっていくこと間違いないでしょう。

ぜひ、魅力いっぱいのプードルと楽しい毎日を送ってください。

▼プードルについて詳しく知りたい方はこちら
トイプードル大辞典!知っておきたい基礎知識

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 RIRIKA

    スタンダードプードルなどの、大型になると、小型のトイプードルなどに見慣れてる私には、同じ犬種とは思えないくらいです。
    カットも独特で、気品があるのは確かですが…日本の住宅事情を考えると、やはりトイプードルなどの方が人気がでるのがわかりますね。
  • 20代 女性 小夏

    プードルの種類がそんなに多いだなんて…スタンダードプードルちゃんはお散歩しているのを見たことがあります。
    意外と大きい。思っていた異常に大きいと圧倒されました。おとなしくてお利口でしたよ~!トイプードルは一番よく見るプードルちゃんですよね~人気のサイズですね!
  • 50代以上 女性 K9-ABC

    美術展帰りに都内の住宅街を歩いて駅に向かう途中で大きなプードルを連れた男性がいてそれがスタンプーだと教えてもらいました。
    ご近所や散歩仲間では、日本で一番飼われているというトイプーばかりだったので、スタンプーがとっても大きく見えて驚きましたが、飼い主さんと話している間、とても大人しく静かに待つ佇まいは品格を感じるほどでした。

    小さなサイズにプードル達もかわいくて大好きですが、初めて会ったスタンプーは逞しくて格好良く、元は鴨猟犬というのに納得な感じがして、すっかりファンになりました。
  • 女性 colo

    数ある犬種の中でもここまで種類やカラーが多いのはプードルくらいですね。
    性格も大きさに比例してスタンダードプードルが一番穏やかで賢いです。泳ぎが得意なのもスタンダードですね。プードルの上半身だけ残して他をバリカンで短くする独特なカットは、泳ぐときに水を吸った被毛が重くないようにしたからと言われています。歴史が古いスタンダードが独特なカットを生み出したのですね。

    ミディアムプードルは中型犬のカテゴリに入ります。国によっては公認されていない種類になります。泳ぎが得意なので水猟犬として活躍していましたが、災害救助犬としての能力も優れています。
    ミニチュアプードルは嗅覚が優れていたため、フランスではトリュフ狩りに同伴することが多かったようです。頭の回転が早いので、いたずらを覚えてしまうと大変です。

    トイプードルは、日本で一番多いプードルですね。毛色ごとに性格も違う不思議な魅力を持った犬種です。ティーカップやタイニーもトイプードルの一種とされています。
    タイニープードルは生後半年で成長が完了します。他にはない最大の特徴ではないでしょうか。
    さらに小さくなってしまうとたくさんの弊害が出てきてしまいそうなので、このくらいで小型化は止めておいた方がと思ってしまいます。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。