犬がくっついてくる5つの心理

犬がくっついてくる5つの心理

「なぜだか今日は愛犬がぴったりくっついてくる…」ということはありませんか?座っていると隣にくっついてきたり、どこかへ行くにも足下にくっついてきたり…。そんな時、犬はどのような心理状態なのでしょうか。パターン別に紹介します!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬がくっついてくる時の心理

飼い主にくっつき撫でられる犬

飼い主さんが寛いでいる時、そっと隣にやって来て愛犬がくっついてくるという経験は、犬を飼っている人ならば1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

この犬が飼い主にくっついてくる時は、一体どのような心理状態なのでしょうか。今回はくっついてくる時のパターン別でご紹介します。

1.食後にくっついてくる

食後の犬

まずは愛犬がごはんを食べ終えた後に飼い主の下へすり寄ってくるパターンです。「ごはんを食べたよ」と教えてくれているのかな?」と思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

もちろん、ごはんを食べましたという意味を込めてくっついてきていることもありますが、それ以外にも「美味しかったです。ごちそうさま」「ごはんをくれてありがとう」という感謝の気持ちを行動で表しているのです。

犬にとって食事というのは非常に重要な行為です。その食事の後にする行動は、その犬の中で特に重要な行為・存在であるとされています。つまり、食後にすぐ飼い主さんの下へやって来た場合には、愛犬は飼い主さんのことを最も重要な存在として認めているということなのです。

2.くっついて寝ようとする

男性と犬

自分のベッドではなく、飼い主さんの下へわざわざやって来て、くっついて寝ようとするのであれば、飼い主さんに安心感を抱いている証拠です。飼い主さんの隣にいるだけで安心できると感じているため、ゆっくり寝られると思っているのです。

また「飼い主さんがリーダーである」「頼りがいのある人」として認めているため、何か危険が迫っても大丈夫という信頼感もあるのです。

隣へやって来て寝ようとしている愛犬に対しては、特別何かをする必要はありませんが、優しく撫でてあげると喜びますし、愛犬がより安心して眠れるようになりますよ。

3.お尻をくっつけてくる

男の子と犬

くっつけてくる部位が身体の中でもお尻である場合は、あなたのことを信頼しきっている証です。

お尻を相手にくっつけるということは、その相手に背中を向けることを意味します。動物界では背中を向けると襲われる可能性が各段に上がるため、信頼している仲間以外には決してお尻をくっつけることはないのです。

また、仲間同士ではお尻をくっつけ合い、「僕はこっちを見張っているから、君は向こうを見張っていてね」という意味もあります。

つまり、飼い主に対してお尻をくっつけてくるということは、「あなたと一緒にいると安心です。あなたのことを信頼しているので、何かあった時は守って欲しい」という意味を持っているのです。

4.前足を乗せてくっついてくる

ソファーに座る男性と犬

飼い主さんの足に前足を乗せるようにくっついてくることはありませんか?これは飼い主さんに構って欲しいとアピールしているのです。

また飼い主さんが他の物(テレビなど)に注目しているため、独占欲が強い犬であればその視線を独り占めしたいと感じ、「僕の方を見て」という意味を込めて、飼い主さんに前足を乗せるようにくっついているのです。

撫でてあげるなど軽く構ってあげるのは良いですが、毎回この要求に応えてしまうと「飼い主さんは僕の要求をなんでも応えてくれる」と勘違いしてしまい、自分が1番上であると思い込んでしまう恐れがあります。

もしも前足を乗せてくっついてきた段階で飼い主さん自身が忙しかったり、他に何かしている作業があるのであれば、無理に中断して構うことはありません。その時はそっと静かに手で制し、後で構ってあげるようにしましょう。

5.歩くとくっついてくる

見上げる犬

飼い主さんが移動をすると、犬も足下に寄ってきてくっついて歩くという光景は珍しくありません。この時は「どこへ行くの?」と飼い主さんの目的場所を探っているのです。

また犬は飼い主のことを注意深く観察しているため、生活パターンを覚えていることが多いです。そのため「この動作をしたからもしかしたら外出するのかも」と勘付き、「どこかいっちゃうの?」という寂しい気持ちを表していることもあります。

後にお話ししますが、あまりにもくっついて歩き回るようであれば、分離不安症の可能性も考えられますので、なるべく早く対処し、愛犬のストレスを軽減させてあげることが大切です。

分離不安症の可能性も

いたずらをする犬

あまりにもくっついてくる頻度が高かったり、どこへ移動するにも足下から離れないというのであれば、分離不安症となっている可能性も考えられます。

分離不安症というのは、飼い主の姿が見えないという状況に対して大きな不安を感じ、それがストレスの要因となり問題行動を起こしてしまう症状です。

分離不安症になってしまった犬が起こす問題行動の代表的な例として、飼い主の姿が見えなくなると吠え続けたり、物を破壊してしまったり、ゴミ箱の中身を荒らすという行動が挙げられます。

もしも外出時にこれらの行動をしているようであれば、愛犬が分離不安症になっている可能性が高いので、今日から対処する必要があります。あまりにも酷いようであれば病院で精神安定剤を貰うこともできますので、相談するのも良いでしょう。

まとめ

女性と3匹の犬

いかがでしたでしょうか。犬は飼い主と一緒にいることに安心を感じる事が多いです。そのため、くっついて来る時は安心感を求めている時や、愛情を表現している時でもあります。ぜひこれらのサインを覚え、愛犬が何を思っているのか感じ取ってあげましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 えすぷれっそ

    ここに書かれている内容がぜんぶ当てはまりました。
    うちでは、寝るときは寝室にも入れるようにしているので隣で寝たり、寒い日なんかは布団の中に潜り込んでくるときもあります。
    家族の中で寝室に入れるのは私の部屋のみで他の人の部屋は禁止にしています。
    寝ているときはあまり撫でたりもせず静かに寝かせています♪
    眠くなると私の布団の上か自分のベットで寝てたりするので、安心できる場所なんだとおもいます。

    歩くとくっついてくるときは、出かける準備をはじめたら見張るようにじーっと観察してきますね。服を着替えたり、ゴミをまとめると=外に出かけると思うようでついてきます。

    普段から何をするにも付いて歩く場合は間違いなく依存していますので、飼い主さんが目に見えない位置にいる事が、愛犬にとって相当なストレスになりますので、適度な距離を置いてあげないと可哀想かなとおもいます。
    留守番がない家庭なら良いのでしょうが、買い物に行くのでもお留守番は必要ですから。

    くっついてくると言うのは信頼されている証でもあるので、嬉しいんですけどね♪
  • 投稿者

    男性 俺様ちゃん

    …家のも寝てる時尻付いてくるのな…
    あああああああああ萌えるゥー!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。