犬の鳴き声がもつ意味とは?犬の気持ちを理解してしつけや騒音対策に生かそう

犬の鳴き声がもつ意味とは?犬の気持ちを理解してしつけや騒音対策に生かそう

お気に入りに追加

犬の鳴き声といえば「ワンワン」が一般的ですが、犬と一緒に生活をしていると、他にも色々な鳴き声を聞くこともあるのではないでしょうか。それぞれの鳴き声にどのような意味があるのかを知れると、犬の気持ちが理解でき、愛犬とのコミュニケーションにも役立ちます。今回は犬の鳴き声が持つ意味について、鳴き声ごとや感情ごとにそれぞれ詳しくご紹介します。

486187view

犬の鳴き声が持つ意味

鳴く犬

ワンワン

「ワンワン」と聞こえる犬の鳴き声にも実は少しずつ違いがあり、犬が込める意味もそれぞれ異なります。例えば散歩中に仲良しの犬に会ったときは、短く挨拶のような意味合いで鳴きます。「ワンワン」という鳴き声と共に目を輝かせて尻尾も振っているときは、楽しくて機嫌のよいときです。

何かを要求しているときにも「ワンワン」と鳴きます。表情や状況から、何をして欲しいのかを汲み取ってあげましょう。相手に警告を与えるときにも「ワン」と鳴きます。まくしたてるように吠え続けたら、攻撃したい気持ちに変化していますので注意しましょう。

クーン

「クーン」という犬の鳴き声は、甘えの気持ちを表していると言われています。かまってほしい時にこのような声を出し、上目遣いで遊んでと訴えてきます。飼い主の方を見ないで「クーン」と鳴いているときには、少し拗ねているかもしれません。

「クーン」という鳴き声に合わせて、尻尾を丸めて耳を垂らしているときは、不安や恐怖の表れです。苦手なものを目にしたときや初めてのものに対しては、怯えたようにこの声を出します。飼い主がゆっくりと近づき、安心させてあげましょう。

辛そうに細い声で「クーン」と鳴くときは、体調不良を疑えます。元気がない、食欲がないなどいつもと違う様子があれば、動物病院を受診しましょう。

キュンキュン

「キュンキュン」という犬の鳴き声は、何かを要求しているときに発せられることが多いようです。食べ物やおもちゃなど「物」を要求する場合や、散歩に行きたいなど「行動」を要求する場合があります。状況を見て何をして欲しいかを汲み取ってあげましょう。

わがままを聞いてほしい気持ちから「キュンキュン」と鳴くこともあります。何でも犬の思い通りにしてしまうと、わがままに拍車がかかってしまいます。鳴いたらまず「待て」や「おすわり」をさせて、それができたら褒めてあげる、要求を満たしてあげるという流れを覚えさせましょう。

飼い主が出かける準備をしているときには、不安やストレスから「キュンキュン」という鳴き声を出すこともあります。弱々しく鳴いたり、落ち着きなくウロウロと動き回ったりします。飼い主が出かけた直後などにも、このような鳴き声で鳴いていることが多いようです。

キャン

「キャン」と悲鳴のような鳴き声をあげることもあります。この鳴き声を出すときは、痛みや苦しみなどを訴えていることが多いようです。また驚いたときにも、短く「キャン」という鳴き声を出します。連続して「キャンキャン」と鳴く場合は、痛みや苦しみが続いている場合がありますので、急いで動物病院を受診しましょう。

「キャンキャン」という犬の鳴き声は、おねだりしている場合もあります。ご飯を待っているとき、散歩に出かける直前などにこの鳴き声を出します。「早くちょうだい」「早く行こうよ」という気持ちの表れです。

ウー

「ウー」といううなり声は、威嚇や警告の表れです。歯を剥いて鼻にしわを寄せながらうなり声を出すときは、臨戦態勢に入っていると考えられます。相手に対しては向こうへ行けと警告し、味方には気をつけろと注意喚起しています。

「ウー」という犬の鳴き声は、怒ったときの声だけだと思われがちですが、実はそうではありません。この声を聞いたら、声だけでなく表情や体の様子にも注目してみてください。例えば声が高めで歯を見せていない場合は、「楽しい」「面白い」という気持ちを表していることもあります。尻尾も大きく早く揺れているのでわかりやすいでしょう。

グルグル

犬が「グルグル」と喉を鳴らしているのを聞いたことがありますか?喉を鳴らすというと猫のようですが、犬もそのような鳴き声を出すことがあります。これは飼い主に甘えておねだりしているときに多く見られる犬の鳴き声です。おやつが欲しいときや体を撫でて欲しいときにこの声を出します。撫でてもらって気持ち良いときやリラックスしているときにも聞かれる声です。

犬の鳴き声からわかる感情

鳴く二匹の犬

犬は自分の感情を伝えようと鳴き声を変えたり体で表現したりします。犬の鳴き声にはさまざまな感情が込められていますので、鳴き声のパターンを知り愛犬の感情を読み取りましょう。

声の高さ

犬の鳴き声が高いトーンのときは、喜びや楽しい感情の表れです。何か嬉しいことを期待しているときも、高めの鳴き声を出すことが多くなります。楽しくて仕方がなく興奮しているときには、だんだんと声のトーンが高くなります。

鼻にかかったような高い声は、甘えやおねだりを表すことが多いようです。不安感を表すときにも高い声で鳴くので、状況から読み取ってあげましょう。

一方低いトーンは、警戒や怒りの感情の表れです。高い鳴き声とは対称的に、低い鳴き声の時は敵対的な感情を持っていると考えられます。威嚇している声や何かが煩わしいときの声も、低めになります。攻撃的な時の鳴き声も低いトーンです。

声の長さ

一般的に犬の鳴き声が長いほど、次に取る行動を決めている傾向があり、自分の意思を曲げないという傾向があるそうです。つまり長くうなっているときには、攻撃しようと考えていて、攻撃するための態勢に入っていると考えられます。反対に、うなり声でも短い場合は恐怖心があり、いざとなったら逃げ出そうと後ずさりしている様子が見られるかもしれません。

短い鳴き声は挨拶程度の軽い感情の時が多いですが、鳴き声が長い場合は深刻度も高めと考えてよいでしょう。不安や恐怖心を表すときも、犬の鳴き声は高く長めになりますので、なだめて安心させてあげましょう。

繰り返す回数

犬の鳴き声が早いペースで何度も繰り返される場合は、興奮度と緊急性を表しています。飼い主や仲間の犬に、何かを知らせようと注意を促がしていることも考えられます。例えば1、2回吠える程度ならば何かに興味を示しているだけと捉えられますが、興奮して何度も吠え続けるときは、何か問題や危険が迫っていることを訴えているのかもしれません。

声の強さ

犬の鳴き声が力強いときは、興奮していることが多い傾向です。嬉しくて興奮しているときにも強く鳴きますが、怒りから興奮しているときにも力強い声を出します。一方、声が弱々しいときは、不安感や恐怖心を感じている時だと考えられます。痛みや苦しみを表す場合もありますので、声がか細く弱いときには注意しましょう。

犬の鳴き声のしつけ

しつけ中の柴犬

犬は鳴き声で感情を伝えコミュニケーションを図りますが、吠えすぎてしまうと近所に住んでいる人もうるさいと感じるでしょう。苦情が来る前に、飼い主は無駄に吠えないようしつける必要があります。犬の鳴き声ごとの意味を理解し、適したしつけ方法を学んで対策しましょう。

我慢を教える

要求吠えをする犬には、我慢を教えましょう。ご飯やおやつがほしいときや散歩に行きたいとき、遊びたいときに興奮した状態で発する犬の鳴き声には、飼い主は応じず無視を貫きます。飼い主にも強い気持ちが必要になりますが、どんなに要求吠えをされても相手にせず耐えてください。そして吠えるのをやめたときにはたくさん褒めてあげましょう。

犬が要求吠えをする要因は、過去に吠えたら要求が満たされたという記憶があるからです。この記憶を上塗りするために、どんなに要求吠えをされても応えないようすることが大切です。吠えても要求が満たされないことがわかると、犬は吠えるのをやめるようになります。

音に驚かせて気をそらす

犬が警戒して無駄に吠えてしまうときには、大きな音を出して気をそらします。空き缶に小銭などの金属を入れておき、犬が警戒吠えを始めたら気づかれないように床に落としましょう。犬は大きな音に驚いて鳴き止むはずです。すかさず褒めてあげ、「鳴き止んだら褒めてもらえた」という記憶を残しましょう。

警戒心から大きな声をあげる犬の鳴き声に対して、飼い主も落ち着かせようとつい甘やかしてしまいます。甘やかしてしまうことで、犬は縄張りを守ろうとしていることを褒めてもらえたと勘違いしてしまうようです。また、吠える犬に対して飼い主も同じように高い声で叱ると、犬は一緒になって吠えているとも勘違いします。気をそらすように仕向け、警戒していることを忘れさせることが一番でしょう。

この他にも、犬をさまざまな場所に連れて行き社会経験を多く積ませることで、警戒吠えを減らすことができます。また甘え鳴きや夜泣きをする場合は生活環境を工夫しましょう。家族と同じ空間で過ごせる場所にベッドやサークルを置くことで犬が安心します。

犬の鳴き声の動画

三匹の犬

『ミニチュアダックス3姉妹物語』

この動画を見ると、3匹が全員興奮していて「ワンワン」「キャンキャン」と飛んだり跳ねたり大忙しの様子が見て取れます。視線の先にはおもちゃがあるようで、早く遊ぼうという気持ちが表れています。

子犬コーギー 甘え鳴き

この犬の鳴き声を聞くと「キュンキュン」と甘えた声を出していると考えられます。この動画は子犬をお迎えした次の日の朝に撮影したということで、新しい家に来た不安感も表れていることがわかります。ウロウロと落ち着かない様子ですね。

次に紹介するのは、警戒している時の鳴き方です。

警戒吠え

外に向かって低い声で吠えています。犬の鳴き声と合わせて体の様子を見ると、尻尾は真っ直ぐでピンと立っているのがわかります。また野太く通る鳴き声ですので、外にもよく聞こえていそうです。

唸る犬(猛犬注意W)

この動画の犬はウーウーとうなり声をあげています。一瞬怒っているのかなと思われがちですが、尻尾は大きく揺れているため、遊びに夢中になっているようです。このように、楽しくて興奮しているときにもこのような鳴き声を出します。犬の鳴き声は同じようでも、正反対の感情を表すこともあるので面白いですね。

まとめ

鳴く子犬

犬の鳴き声には種類があり、色々な気持ちを表していることがわかりました。犬は鳴き声で飼い主に何かを訴えることが多いので、一緒に生活していく中で何をして欲しいのか、どんな感情かを段々と理解できるようになるでしょう。普段聞いたことのない鳴き声など、異変に気づけることもあります。

犬の鳴き声の意味を理解することで、楽しいときは犬と一緒に楽しめ、不安なときには優しく包み込んであげられるような良い関係性を築けると素敵ですね。無駄吠えなどの吠え癖に注意しながら、愛犬とより良いパートナーシップを築いてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    記事を読んで、犬の鳴き声にも音の高低、嬉しい感情、威嚇している感情等様々な表現があるのだと思いました。
    確かに我が家の愛犬も、家の前に他の犬が通ると威嚇して鳴きます。その声と、遊ぼうと誘っている時の声とは音の高さも違うし、尻尾の状況も違います。言葉が話せない分、感情をくみ取ってあげたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    鳴き声の意味を知りわかるわかる!と思うようなことばかりでした(笑)♪
    うちの愛犬は、寝てる時に『パオ~ンパオ~ン』とぞうさん見たいな鳴き声を出すことがしょっちゅうあるのですが、その鳴き声が可愛くてたまらないのです。
    足もピクピクしているので夢を見ているんですかね(笑)
  • 投稿者

    30代 女性 きなこ

    日本では「ワン」アメリカでは「バウ」など国が違うと鳴き声も違うと捉えられていますが、犬同士では同じように聞こえて意思疎通も出来るんでしょうね^^
    そう考えると、犬語は万国共通なのかも!

    愛犬は柴犬なんですが、小さい頃からほとんど吠える事もなくて。
    最近は、ようやく?喋れる様になってきて「おやつくれ〜(クゥン)」「遊べ〜(ガウガウ)」と自己主張してくれるようになりました。見慣れないものを見つけると「あれ何?(ワフッ)」と警戒し、熟睡してる時は何かに追いかけられてるのか「怖い〜!(キャフッキャフッ)」と言いながら足をバタバタさせて、夢の中で走ってるようです(笑)

    吠えるにしてもかなりのバリエーションがありますが、長い付き合いになると愛犬が何が言いたいのかもわかるようになってきますね。
    テレビで「ごはん〜」と喋ってるわんちゃんも見ました。犬が人間の言葉を話せるのも近いかも!?
  • 投稿者

    20代 女性 はる

    遠吠えの話は思わず笑ってしまいました(笑)我が家の犬も、理由は忘れてしまいましたが「ゥ、ウォ、アォ?ヮ、ヮオーン!」と自分で確かめるように遠吠えしていて、笑ったのを思い出しました(笑)
  • 投稿者

    女性 龍

     我が家のわんこたちはもう一種類かわいい鳴き声が有りますよ~
    かわいい高音で小鳥みたいにピーピーというかピヨピヨという感じに甘え声を出しています。昔の日本の文献にも出ているので、昔からの日本のわんこはピヨピヨと鳴いて甘えてくると思います。
     お聴きになったことありませんか?
     
  • 投稿者

    女性 匿名

    我が家の柴犬(オス2歳)は、室内ではめったに吠えず、代わりに咳払いのような「ぐふぐふ」という声をよく出します。
    嬉しい時に思わず「グフッ」、構って欲しい時に「ぐふぐふ」、伸びをしながら「ぐふぐふぅ」…。なんでも大体「ぐふぐふ」です(笑)。
    いくら調べても意味が分からないこの鳴き方…。最初は戸惑いましたが、日頃ヤンチャなクセに控えめな表現、いかにも柴犬らしく思え、とてもいとおしく感じます。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    女性 るあ

    犬が、ふんふんーという鳴き声は何といっているんだろう?
  • 投稿者

    女性 aoi

    犬の鳴き声の違いには気がついていましたが、飼い主ならなんとなくこういう意思表示なんだろうとわかるものだと思います。
    ですが、なかには意味がよくわからない鳴き方もあったのでとても参考になりました。

    我が家ではご飯が欲しい時、先住犬は「ヴ~、オァ~ン」と鳴きます。おそらく「ごはん」と発音したいのだと思います。新入りの方は「クーン、フ~ン、キャン!」と普段は出さない高い声で催促します。同じ行動のはずなのに違う鳴き声をするので、犬それぞれの個性があってなかなか面白いです。

    サイレンの音がする時は、先住犬は興味ナシ。新入りはまず聞こえ始めた時点で「ハッ!」と気が付いたように一瞬鳴きます。その後で「ヴ-、ワン!ワワワワワーン!!」とまるでバイクのアクセルのように鳴き始まります。他にご近所のわんちゃんが遠吠えをしたりしているのに、うちのは遠吠えができないので、その真似をしているのだと思います。
    記事のまとめ部分の遠吠えのお話、うちでももし遠吠えを知ってしまったら、大変なことになりそうです。できるなら阻止したい。

    アニマルコミュニケーションを通した会話はとても真実味がありますね。
    えぇもちろん、シンジマスヨ。
  • 投稿者

    女性 みやぽん

    この記事、面白かったです!我が家でも愛犬の鳴き声がいつも気になっていました。確かに、よく注意して聞いていると、さまざまな場面で鳴きや声の出し方が違いますよね。犬なりに一生懸命コミュニケーションを取ろうとしていたり、その時の感情を表に出したいんだなとは思っていましたが、私は「怒る」「興奮」「嬉しい」「悲しい」の4つのシンプルな鳴き方くらいしか気に留めていませんでした。鳴き方の意味が分かると、ワンちゃんともっとコミュニケーションすることができますよね!うちの犬はあまり寂しい鳴き方をしないので、あまり寂しい思いをさせていないんだな!と嬉しくなりました(笑)。大嫌いな獣医さんの所へ連れて行くと、シッポをダラーンと垂らし、甲高い声を出すことがあります。また、犬の鳴き声は万国共通で国境が無いという所が羨ましいと思いました!
  • 投稿者

    40代 女性 まかぶらたると

    なんとも面白い分析ですね!そして、うちの子と当てはめてみましたが、かなりの確率でヒットしていると思います。
    犬の鳴き方は万国共通という話と、人間の鳴き真似への反応、両方に関わることで興味深い話があります。
    私は自宅で英会話ん教えているのですが、そこに幼児から小学生低学年の子までが数名来てくれています。そしてその子達はわが家のワンちゃん達とも、みんな仲良しです。レッスン中は別室でわんこたちにはおやすみしてもらっています。
    さてそのレッスン中、動物の鳴き声は英語でどういうの?というお話をしていました。そこで犬はbowwow(バウワウ)ですよ、言ってみましょうとみんなで発音していたら、別室にいたわんこたちがみんな即座に反応(笑)鳴き真似に反応するかのように、みんなワンワン言い出したので、みんなで通じたねーと笑いました。
    ふだんワンワンと言っても、別に何の反応もありません。なのになぜbowwowには反応したのか?とても不思議ですが、日本語より英語の方が、犬言語に発音が近いのかもしれませんね。そこには、人間には聞こえない超音波的なサウンドが英語の発音には含まれているのかもしれません。犬の鳴き声を言語的に分析して解読するのも、とてもおもしろいように思います!
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    知り合いの家に行った時に、3匹の小型犬がいました。そちらのお宅は初めからいた7歳の犬が順番的には3番目の下っ端でした。甘えてくるので、なんだろ?って思っていたんです。なんとなく理由はわかりました、後からきた2匹の小型犬が可愛がられてて甘える人がいなかったんだと思います。飼い主さんは後からの2匹をとても可愛がっていました。7歳の犬は飼い主さんに撫でてほしいと寄って行きました、飼い主さんは乱暴に撫でてました。泣いてるよう鳴いてました。だから私に甘えてくるんだなぁ〜って。犬に罪はないのに…。。。私は動物自体飼った事がないのでわからないんですが、鳴き声で意味がわかるのは勉強になりました。7歳の犬には頑張ってほしい!応援してるから!!
  • 投稿者

    40代 女性 ドキンちゃん

    チワワ1才です!キイーキイーと 突然鳴きだし大きく開いた目が上の方を睨みつけてます!怖くて近づけない様子です(>_<)
  • 投稿者

    女性 リボン

    愛犬の鳴き声で何を言っているのか、だいたいのことは分かります!飼い主ですから!でも記事を読みながら、どうやって私は聞き分けてるんだろうと考えたら、声のカスレ具合や甲高さ、テンポ、なんかでした。ただ病気などの際にピィーピィー言われると、どこが痛いのか教えて~、となります。不安な気持ちなどは伝わりますが、肝心の病状を知りたい。バウリンガル、というおもちゃが昔流行りましたが、テクノロジーがこの愛犬との会話問題を解決してくれると信じて待っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。