ヨークシャーテリアの性格や毛色、飼い方から寿命まで

ヨークシャーテリアの性格や毛色、飼い方から寿命まで

お気に入りに追加

ヨークシャーテリアは可愛い顔つきとキレイな被毛から「動く宝石」とも呼ばれ、世界中で人気があります。今回は、ヨークシャーテリアの性格や特徴、飼い方のポイントやカットスタイルなどについてまとめてみました。これからヨークシャーテリアを新たな家族として迎えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

171094view

ヨークシャーテリアの性格

伏せ座りのヨークシャーテリア

気が強く勇敢

ヨークシャーテリアは小さく見た目は可愛い愛玩犬ですが、とても勇敢で、負けん気や自己主張が強い性格の犬種です。「テリア気質」と言われる頑固でプライドが高い面があり、体は小さいですが番犬にも適しています。その性格から吠えやすい傾向があるので、きちんとしつけをして無駄吠えさせないようにすることが大切です。

諦めが悪く興奮しやすい

ヨークシャーテリアは、もともとネズミ狩りをするために生み出された犬種です。獲物を執拗に追いかけ、最後まで人の手を借りずに仕留めるという習性から、諦めの悪さが身についたとされています。このように興奮しているときは、噛むなどの問題行動が起きやすいので注意しましょう。

賢い

ヨークシャーテリアは頭の回転が早く、とても賢い犬種です。ヨークシャーテリアのしつけには根気強さも必要ですが、一度覚えたルールは忠実に守るので教えがいもあります。可愛いからといって甘やかしすぎるとわがままな性格に育ってしまうので、しつけの際には気をつけましょう。

社交的

基本的にヨークシャーテリアは人見知りせず社交的なので、初めて会った人間や他の犬とも仲良く遊ぶことができます。人間とふれ合うことが大好きなので、子どものいるような家庭でも比較的飼いやすく人気があります。ただし手荒く扱うと、興奮しているとき同様に噛むなどの攻撃性を示すことがあるので注意が必要です。

甘えん坊

ヨークシャーテリアは他人に対して警戒心を持つものの、飼い主さんには忠実でめいっぱい甘えるところがあります。飼い主さんの膝の上に乗りたがり、いつもそばにいることを望む甘えん坊な犬種です。留守番などで飼い主さんと離れることになると、元気がなくなったり食欲不振になったりする寂しがりやなところがあります。

好奇心旺盛

ヨークシャーテリアは、小型犬の割にとても活発で好奇心旺盛、冒険好きな一面があります。そのため、子どもの遊び相手にも向いている犬種と言えるでしょう。オスに比べ、メスのヨークシャーテリアは年齡とともに精神的に落ち着き、情緒豊かで思慮深い犬になることが多いとされています。

ヨークシャーテリアの特徴

ヨークシャーテリア

大きさ(体重/体高)

ヨークシャーテリアの体重推移を月齢ごとにみていきましょう。

生後2~3ヶ月・・・700グラム前後
生後6ヶ月・・・1.5~2.5キログラム
生後10~12ヶ月・・・2~3キログラム

ヨークシャーテリアの体高はオス、メスともに約15~23センチメートル、体重は1.5~3キログラムほどで小型犬に分類されます。ヨークシャーテリアの中には遺伝的な要因などにより、極小サイズになったり5~7キログラム以上に大きく成長したりする個体もまれに存在します。そのため購入の前には、事前に親犬のサイズも把握しておくことをおすすめします。

1945年に亡くなった「シルヴィア」というヨークシャーテリアは、死亡したときの記録が体高6.5センチメートル、体長8.25センチメートル、体重113グラムで、最も小さい犬としてギネスに記録されています。

被毛(毛色/毛質)

ヨークシャーテリアの絹糸のような美しい被毛は、「ブラック&タン(黄褐色)」「ブラック&ゴールド」「ブルー&タン」「ブルー&ゴールド」と4種類の毛色に分かれています。生後まもなくの赤ちゃんは黒が強い「ブラック&タン」に近い色をしています。生後3~4ヶ月ころには少しずつタンの毛が増え、ブラックは白っぽいシルバーや灰色に、タンはゴールドに変化していきます。

生後1年くらい経つと、多くは体の部分が「ダークスチールブルー(青灰色)」と呼ばれる独特の毛色に変わります。「ヨークシャーテリアの毛色は7回変化する」と言われるほど、毛色の変化が激しい犬種と言われています。しかし1年が経過しても黒いまま、毛色が変化しない子犬もいるため、実際は個体差が大きいということができます。

体の特徴

しなやかな被毛に覆われたヨークシャーテリアは、骨太でがっしりとした筋肉質の体つきをした個体と、小さめで華奢な体型をした個体の2パターンに分かれることが多いようです。一概にどのサイズがよいということはなく、個体差があるということだけ覚えておきましょう。

またヨークシャーテリアはネズミを捕る使役犬であった歴史から、しっぽを切り落とす「断尾」が一般的に行われていました。同じ目的でピンっと立った立ち耳の「断耳」も行われることがありましたが、現在の家庭犬においては必要性がないという考え方も広まってきているため、垂れ耳のヨークシャーテリアをみかける機会も増えています。

ヨークシャーテリアの子犬の価格

ヨークシャーテリア子犬

ヨークシャーテリアの子犬の平均価格は、15万円前後になることが多いようです。ペットショップやブリーダーさんで販売されており、子犬の方が値段が高く、成犬になるにつれて値段が下がっていく傾向にあります。もし相場と比べて高すぎたり安すぎたりする場合には、購入前にその理由をしっかりと確認しましょう。

ヨークシャーテリアをブリーダーから迎えるには

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアをブリーダーさんから迎える場合、信頼できるブリーダーさんを見極める必要があります。優良なブリーダーさんの見つけ方は、犬舎を直接見学し親犬の健康状態や飼育環境を知ることが大切です。またしっかりとコミュニケーションをとり、購入後の飼育相談にまで乗ってくれるかどうかも確認してみましょう。

ヨークシャーテリアの里親になるには

伏せるヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアを迎える方法の一つとして、里親になるという方法があります。里親制度とは、捨て犬や飼い主さんの事情により家で飼えなくなった犬の新しい飼い主さんを探す仕組みです。地域によって引き取りまでの手順は異なりますが、動物愛護センターや保健所、民間団体などで里親の募集を行っています。

ヨークシャーテリアの飼い方

ヨークシャーテリア子犬

環境

ヨークシャーテリアのようなシングルコートの犬種は気温の変化に弱いので、室温を20~25度くらいに調整してあげると室内でも快適に過ごすことができます。また散歩などの出かける時間にも配慮が必要です。夏場は特に暑い時間を避け、冬場は必要に応じて犬用の服を着せて体温調節をしてあげましょう。

またヨークシャーテリアは小型犬のため関節が弱く、フローリングなどの滑りやすい床には注意が必要です。関節に負担がかからないよう、滑り止めつきのマットやカーペットなどを敷いてあげるとよいでしょう。

運動

ヨークシャーテリアは活発で運動量の多い犬種ですが、体が小さく骨格も華奢なことから室内で動き回って遊んでいれば、運動量としては十分なようです。しかし散歩は、日頃のストレス発散や日光浴、社会性を身につける上で必要です。犬の体力に合わせ1日に1回、20分くらいを目安に行うとよいでしょう。

また室内でも、賢く知的な遊びが好きなところを活かし、スキンシップを兼ねて知育玩具などを使った遊びを積極的に取り入れることをおすすめします。

しつけ

ヨークシャーテリアは賢く、物覚えもよいため、しつけがしやすいと言われる犬種です。子犬を迎えてすぐのころは、甘噛みや無駄吠えに悩むこともあるかもしれません。そういったときはしっかりと「ダメ」なことを教え、その行為をやめられたときには思いきり褒めてあげましょう。

しつけのときは褒めることも大切ですが、メリハリのある態度で育てることが大切です。甘えん坊ながら負けん気の強い気質をしているので、しつけ方を間違えるとわがままになる傾向があります。無駄吠えや噛み癖といった問題行動を起こさないためにも、子犬のころから飼い主さんとの信頼関係を築きましょう。様々な社会経験を積むことが重要です。

ヨークシャーテリアは他の犬種と比べ食が細く、偏食やムラ食いなどがみられます。体重や排泄の状態から食事の適正量を決めることが大切です。食欲がないときに風味の強い食事に変えるのも一つの方法ですが、一時的に関心を示すだけで長く継続することは少ないようです。そのため安全性が高く、体質に合った餌を続けて与えたほうがよいとされています。

お手入れ

ヨークシャーテリアは比較的抜け毛が少ないシングルコートの犬種で、お手入れに手間はかからないとされています。しかし毛は細く絡まりやすいので、毎日のこまめなブラッシングで被毛の美しさを保ちましょう。

トリミングは月1回程度行うのが目安となりますが、長毛にこだわらない場合には短めにしている方もいるようです。気温の変化には敏感なので、寒い時期には犬用の服を着せるなど対策を取ることが大切です。

またヨークシャーテリアをカットしないでいると、毛が伸びて脇の下などに毛玉を作る原因になります。特に冬場は静電気が発生しやすく、ホコリも吸着しやすいため夏場に比べて被毛が汚れやすくなります。そういった場合には、月1回のカットの間にシャンプーもしてあげましょう。

ヨークシャーテリアのカットスタイル

カットを受けるヨークシャーテリア

地域によって差はありますが、ヨークシャーテリアのトリミング料金の目安は4,500~10,000円くらいになることが多いようです。ただし毛玉がひどく通常よりも時間がかかる、暴れるなどの場合には追加で料金がかかることもあります。

ロング(フルコート)

フルコートスタイルは、「動く宝石」と呼ばれるヨークシャーテリアの地面につくほど長い被毛を活かしたカットスタイルです。床まで長く伸ばした背中の毛をカットして揃え、耳先はギリギリの所を三角にカットして尖らせます。「トップノット」という頭頂部の毛をリボンや飾りで結ぶスタイルは、フルコートのヨークシャーテリアには必須の可愛いスタイルです。

被毛の美しさを活かすためには入念なお手入れが必要で、特にフルコートの場合には、ラッピングペーパーと呼ばれる紙で髪を巻き保護してあげることが大切です。

ミディアム(セミロング風)

ヨークシャーテリアを華やかさと可愛らしさ両方ある仕上がりにしたいなら、顔まわりの毛が足の付け根まで伸びているミディアムスタイルがおすすめです。このスタイルはケアも簡単で、様々なアレンジが楽しめるのが特徴です。耳の部分はキレイにカットしておくとすっきりします。

毛先に動きをつけたりリボンなどのヘアアクセサリーで結んだりとおしゃれを楽しむことができます。特に人気なのがツインテールのように耳の飾り毛を残すスタイルで、カットの仕方次第ではパピヨン風にすることも可能です。

サマーカット

夏の暑い時期は熱中症対策として、「サマーカット」でヨークシャーテリアの被毛を全体的に短くカットする飼い主さんも多いようです。しかしサマーカットは短くしすぎると、直射日光や気温の変化をダイレクトに受ける可能性があるので気をつけなければいけません。見た目の涼しさだけでなく、犬の毛量に合わせた長さをトリマーさんに相談してみましょう。

顔まわりの毛を長めに残してあげたりすると、テディベア風のスタイルにもできるので、イメージチェンジさせたい場合におすすめのスタイルです。

ショースタイル

ヨークシャーテリアのショースタイルというカットは、欧米で開催されている被毛の美しさを競うドッグショーに用いられるスタイルです。日常生活には不向きですが、ヨークシャーテリアのもつ可愛らしさや品の良さ、豪華さなどを堪能することができます。

ヨークシャーテリアの寿命

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアの平均寿命は14~16歳と言われています。人間の年齢に換算すると72~80歳くらいになるので、比較的長寿な犬種です。最高齢のヨークシャーテリアは18歳、人間でいうと100歳近くまで生きた個体もいるほどです。大切な犬にできるだけ長生きしてもらうためには、かかりやすい病気についてしっかりと知識を持ちましょう。

またヨークシャテリアは寂しがり屋な一面を持っているので、体調のチェックを含め日頃からスキンシップを多くとることが大切です。犬のストレスを減らすことで、結果として寿命を延ばすことにも繋がります。

ヨークシャーテリアがかかりやすい病気

ヨークシャーテリア

気管虚脱

ヨークシャーテリアがかかりやすい病気の一つに、気管がつぶれ呼吸が苦しくなったり咳が出たりする「気管虚脱」があります。これは気管を守っている軟骨が先天的に弱いことや肥満によって気管が圧迫され空気が通りにくくなるなどの原因により起こります。そのためヨークシャーテリアの体重管理には気をつけましょう。

水頭症

「水頭症」もヨークシャーテリアがかかりやすい病気として挙げられます。脳内の脳脊髄液が増えることによって起きる病気で、視力障害や過食、麻痺など様々な症状を引き起こします。水頭症は先天的な要因から起きることが多いですが、頭部を損傷したことにより発症することもあるので注意が必要です。

膝蓋骨脱臼

ヨークシャーテリアやトイプードルのような小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」は、後ろ足の膝の皿が本来の位置から外れ、痛みにより歩行が困難になる病気です。発症すると犬は足をつったような歩き方をします。膝蓋骨脱臼は初期症状を伴わないため、飼い主さんも見過ごしやすく健康診断などで偶然発見されることが多いようです。

角膜炎

目に炎症を起こす「角膜炎」もヨークシャーテリアがかかりやすい病気とされています。症状が進むと目やにが増え、激しい痛みとともに目を床や前足にこすりつけるといった仕草がみられるようになります。眼球に傷がついたりシャンプーが入ったりすることによる原因のほか、細菌やウイルスによっても起こる可能性があります。

低血糖

低血糖は、特にヨークシャーテリアの子犬が発症しやすいと言われています。食事が不足していることによる空腹や冷え、運動のしすぎ、インスリノーマという膵臓の腫瘍などが原因で発症します。ぐったりして元気がなくなる、けいれんといった症状をあらわしますが、放置しておくと脳にまで影響を与えてしまうこともあるので早急に受診しましょう。

ヨークシャーテリアは比較的長生きの傾向がありますが、老犬になったら定期的に健康診断を受けさせ早期に治療をすることが大切です。

ヨークシャーテリアの歴史

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリア(英語名Yorkshire Terrier)は19世紀の中頃にイギリスで誕生し、ヨーキーという愛称で親しまれています。正式には「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」と命名されましたが、あまりにも名称が長いため定着せず1870年頃から「ヨークシャーテリア」と呼ばれるようになったとされています。

ヨークシャー地方で発達したのですが、現在のように愛玩犬としてではなく、作物に害をもたらすネズミ狩りをする犬として役目を担っていました。サイズも現在とは違い大きい個体も存在していたそうですが、狭い工場や倉庫などでもネズミを追えるよう小型化されていきました。

1878年以降にアメリカで紹介されるようになると、美しい被毛と陽気な性格などから世界中で評判になり、愛玩犬として飼われるようになりました。

まとめ

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアは可愛らしい顔と美しい被毛だけでなく、勇敢で甘えん坊な性格といった様々な魅力を持ち合わせている犬種です。被毛のお手入れをこまめにしてあげる必要はありますが、頭のよい犬種なのでしっかりとコミュニケーションを取りながら、お互いの信頼関係を深めていくことで飼いやすい犬になります。

ヨークシャーテリアを新しく家族に迎えたいと考えている方は、極小ヨーキーの子犬を家族に迎えた日常を綴っているブログなども参考にしながら検討してみてくださいね。

極小ヨーキーの子犬がやってきた!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 さら

    ヨーキーは身体が小さく、外見も愛くるしいため、ついつい甘やかしてしまいます。
    我が家の場合、もちろん安全に関しては細心の注意を払っていますが、甘えた声でワンと言われると言うことを聞いてしまうこともあります。親バカならぬバカ親とならないよう、気を付けなくてはいけないと思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    私は小型犬の中でもヨークシャーテリアがとても好きです。
    何故なら艶のある美しい被毛と、記事にあるように、散歩で見かける子はどの子も無駄吠えが少ないので印象がとても良いです。
    シングルコートの被毛はブラッシングもしやすそうで日々のお手入れがしやすそうなのも魅力です。
    ただ、飼い主が最初にきちんとアイコンタクトしてしつけることが大事だと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    私が初めて家族に迎えいれたワンちゃんが、ヨークシャーテリアでした。
    出会って3ヶ月で水頭症を発症し、半年の闘病の末お空にいってしまいました。
    とても甘えん坊で、私の体のどこかにいつもくっついて側を離れませんでした。
    とっても可愛い愛犬でしたよ♪
    小柄でやんちゃな面もとても好きでした。
    一歳を迎えてすぐに亡くなってしまったので、毛はまだ黒くてホワホワでしたから、歩く宝石と呼ばれている美しいシルバーの毛の愛犬を見てみたかったです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    初めて自分で飼ったのがヨークシャテリアでした。19年一緒に過ごしましたが6月17日に亡くなりました。老犬と呼ばれている時期に入ってからも毎日の散歩も大好きで亡くなる1ヵ月前まで散歩に行ってました。
    無駄吠えも無く本当に賢い犬種だと思います。最後の3日間は流石に歩け無くなりましたが良く頑張ってくれたと思います。
    長生きの秘訣?かは解りませんが生涯ペットフードが同じだったのが良かったのかなぁと思います。6月17日産まれのヨークシャテリアと出会えたので子育て頑張ります
  • 投稿者

    40代 女性 我が家の

    我が家の自慢の娘は、2年前の桜が散る頃に旅立ちました。
    お散歩が大好きで「お散歩」と言うとお腹を出しで喜ぶ姿が今でも忘れることはできません。
    吠えることなく、いつも側で私の目をじっと見てるような、少し遠慮がちな仔でした。

    ヨーキーはやんちゃな所もありますが、賢く甘えたがりで、ちゃっかりしている、とても愛嬌がある犬種だと思います。

    でも、もうあの娘以外のワンと暮らすことは一生ありません。
    あの娘以上の娘を愛することはできないから。
  • 投稿者

    50代以上 男性 鈴ちゃん

    犬嫌いの私が初めて娘(ヨーキー)に会ってから君の虜になってはや10年。可愛いくて愛らしい外見、いじらしく甘えん坊な性格、表情で会話ができる賢さ、本当に全てが大好き…。君はわが家族の大切な一員。最後までそばにいるからね。お互い長生きしようね。
  • 投稿者

    女性 aoi

    ヨークシャーテリアの別名は初めて知りました。「動く宝石」なんて綺麗な別名があったんですね。
    ヨークシャーテリアは超小型犬の中でも寿命は14~16年と、比較的長寿な方です。犬種別長寿命ランキングでも10位そこら辺に常にランクインしていますね。室内飼いにしていることで、常に人の目があることやフードなどがバランスよく健康志向になってきたことから、今後も寿命は延びていくのではないかと言われています。

    ヨークシャーテリアがかかりやすい病気に、気管虚脱がありますが、これは肥満が一番の原因であるため、日頃から食事量や運動量に気を付けておくことで予防することが可能です。しつけ中のおやつに大喜びしていそうですが、量には注意です。

    テリア気質を持ち合わせているものの攻撃性はあまり強くない方ですが、負けん気が強く頑固な面はしっかりあるので、叱る時はしっかりと、褒める時はアイコンタクトが重要になります。ヨークシャーテリアは、一度リーダーを認めると忠実に従います。

    ヨークシャーテリアはシニア期以降になると急性膵炎を発症しやすくなります。これもやはり肥満が原因のひとつになっています。オスよりもメスの方が発症率は高いです。とても痛みを伴うので、嘔吐や下痢、食欲不振の他に背伸びのような妙なポーズを取る場合は激痛を堪えている時なので、急いで動物病院へ連れて行ってくださいね。
  • 投稿者

    40代 女性 メロン

    ヨーキーは甘えん坊なので、あまりに愛情を掛けられない時間が増えると、老犬の場合は早く死んでしまうみたいですね。目が見えなくなった頃から不安が強くなり、呼び鳴きをいつまでも繰り返すため、介護していた実家の家族の負担が増えました。夜中に起こされ、安心させるように抱いたりしていたのですが寂しさを埋めてやることができなかったみたいです。不在の時間が増えたことも精神的に参ったようで、もう少し長生きしたのでは?と思うほど早く命を終えてしまいました。飼う家族が安定した愛情を最期までかけてあげるのが、大事だと思いました。
  • 投稿者

    女性 ぼーの

    ヨーキーをこれまで2匹飼ってきました。やはりテリア種だからか、頑固で気は強いと思います。しかしやはり個体差があって、うちにいた子は女王様気質の女の子と、ちょっとおつむの弱いフレンドリーな八方美人さんでした。しつけはとても入りやすいと思います。食い気がある子は特にしつけしやすいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ゆうき

    私は31年間、ヨークシャテリアを飼っています。
    ヨークシャテリアは、本当に愛情深い犬種だと思います。
    3代目の女の子は、2代目が死んで1月後に来ました。
    本当は、2年間は次の子犬は飼う気持ちになれないけど、母の認知症がペットロスで急激に進行して来たので、気持ちの整理のつかないまま、迎える事になりました。
    その子が来てからも、毎日ずっと泣いていました。
    車の中やベットの中、とにかく一人で泣いていました。
    2か月たったある夜も、台所で一人で床に座り、涙をぼろぼろ流してずっと泣いていました。
    その子は、私の様子を少し離れた場所で、困った様な顔をして耳を下げて見ていました。
    すると、急に何から思いついたように走りだし、3つあった犬用ベットをクンクン、ホリホリしながら『何か』を一生懸命探していました。
    そしてシッポを立て、得意そうにくわえて、私の膝に『あるもの』を置きました。
    そして、少し離れた場所で私の顔をうれしそうに見つめています。
    犬のくれたものは、『歯形のついた、さつまいも』でした。
    彼女の大切なおやつのプレゼントに、幼い子犬の精一杯の優しい気持ちに感動しました。
    今度は、うれしくてもっと泣けてしまいました。
    私は、可愛くて優しいヨークシャテリアが本当に大好きです。
    可愛くて、いたずらで、好奇心旺盛で、かよわい体で家族を守ろうとする勇気、表情豊かな瞳…。
    これからもずっと、ヨークシャテリアを愛し続けます。
  • 投稿者

    40代 女性 ここあ

    ヨークシャーテリアってかわいいから、ついつい甘やかしそうなんですけど、しっかりとしつけはしないとならないですね。小型犬だからってしつけをしてないとヨークシャーテリアはやんちゃなイメージなので逃げていってしまったり、無駄吠えなんかに繋がりますから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。