ヨークシャーテリアの毛色の種類や変化、その時期について

ヨークシャーテリアの毛色の種類や変化、その時期について

お気に入りに追加

優雅で気品のある美しい長毛が特徴的なヨークシャーテリア。愛らしい見た目と、美しい被毛カラーが人気を集めている犬種ですが、ヨークシャーテリアの毛色はどんなものがあるのか知らないかたも多いでしょう。また、ヨークシャーテリアの最大の特徴である毛色の変化についても疑問がありますよね。そんなヨークシャーテリアの毛色について今回はご紹介していきます。

28264view

ヨークシャーテリアの毛色について

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアといえば、ブラックのカラーにブルーかかった独特の被毛を思い出すでしょうが、実はヨークシャーテリアは一生のうちで7回もカラーが変化をする犬種なのです。そのため、人によってはヨークシャーテリアの被毛カラーはブラック&タンだという方もいれば、艶やか黒色だと答える人もいます。さらには赤っぽいゴールドだと答える人もいれば、シルバーがかった輝く毛色だと印象を持っている人もいます。これは、普段目にしているヨークシャーテリアがどの段階だったかによって異なるためです。

ヨークシャーテリアのような、一生のうちに毛色が変化する犬種は珍しく、毛色の変化を楽しみたいという理由で、ヨークシャーテリアを家族に迎えることを決断する人もいるくらいです。見た目も優雅で、顔も可愛い、性格も穏やかだというだけでも魅力的なのに、毛色が7回も変化するというのですから、国内外で人気の高い犬種であるのも頷けます。

ヨークシャーテリアの毛色の種類

2匹のヨークシャーテリア

ブラック&タン

ヨークシャーテリアの子犬はブラック&タンの毛色であることがほとんどです。どちらかというと黒色の割合が多く、黒の中に黄色がかった褐色の色、タンが見えます。最初はブラック&タンですが、ヨークシャーテリアはここから少しずつ変化をしていくのです。

ブラック&ゴールド

成犬に近づくにつれて、黄色褐色の被毛がゴールドに変わっていきます。とても美しいカラーで、ヨークシャーテリアを愛好する方の中でも人気が高いのですが、ゴールドはあくまでも本来の姿に変わるまでの短い期間です。このゴールドの被毛カラーがさらに輝きを増していくと、おなじみのヨークシャーテリアの姿になっていくのです。

ブルー&タン

とても美しい光り輝くブルーの被毛が印象的なブルー&タンは、愛犬家の中でもやはり人気が高い毛色です。一見すると黒っぽいシルバーにも見えますが、光を当てると美しいブルーに輝くのが特徴的です。ヨークシャーテリアは毛色が細かく決められている犬種としても知られており、ブルーの中にシルバーが混じる「シルバーブルー」の被毛は認められていません。また白色やフォーン、ブロンズなども公式としては認められていないカラーです。これらの色がミックスされている毛色も公式ではありません。

ダーク&タン

ブルー以外に認められている毛色の一つがダーク&タンです。ブルーのように光り輝くカラーではないものの、艶やかな毛質であるため、暗い毛色であるダーク色も大変美しく見えます。濃い茶色のような不思議な魅力を持つダーク&タンは、どこか幼さの残る見た目をしているということで人気を集めています。

スチール&タン

スチールブルー&タンと表現されていることも多いカラーです。ブルーよりもさらに明るい色のスチールは、ブルーよりも高貴なイメージがあり女性を中心に人気があります。ブルーでも大変美しく輝くカラーですが、スチールは色が明るいため、さらに輝いて見えます。少し珍しい毛色でもありますので、お散歩に行けば注目のマトになるかもしれません。

ヨークシャーテリアの毛色の変化

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアの毛色の変化は年齢によって進んでいきます。最初は漆黒と言われるほど真っ黒な状態で生まれてきますが、成長が進むと、徐々にブラック&タンになります。このとき、タンではなくシルバーに変わる子やブラウンに変わる子もいるようです。逆に中には生後1年経っても漆黒のままだったというヨークシャーテリアもいます。その後、黒い毛げゴールドなどに変化をしていきブルー&タンなど、本来の毛色へとなります。さらに歳を重ねると、今度はタンが濃くなっていき赤みのある毛色になります。

このようにヨークシャーテリアは生涯のうちで7回もカラーが変化していきます。この毛色が変化する仕組みについては解明はされておらず、なぜこのような特徴を持っているのかは誰にもわからないのだとか。ただ、ヨークシャーテリアが人気なのは、この7変化をする特徴も手伝っているというのは間違いなさそうです。

ヨークシャーテリアの毛色の変化する時期

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアは生涯で7回も毛色が変わると言われていますが、その時期やタイミングは成犬になる時や、シニア期に入るときなど、ある程度の節目でおこる傾向にあります。

特に子犬時代の毛色の変化は激しく生後半年までに3〜4回ほど変わると言われています。赤ちゃんの頃は漆黒の犬だったのに、生後2〜3ヶ月でブラック&タンに変わり、生後3〜4ヶ月でブラックがシルバーっぽくなり、タンはゴールドっぽくなります。そして生後半年ほどである程度、ヨークシャーテリアっぽくなります。ここから2年間ほどかけて、ゆっくりとブルーやスチールといった美しい独特の毛色になっていくのです。少しずつ少しずつ変化していく毛色を見るのはとても楽しいですね。

その後、高齢になるにつれて全体的にゴールドっぽいカラーに変わる子もいます。一生を通して変化を楽しめる犬種、それがヨークシャーテリアの最大の魅力なのかもしれませんね。

ヨークシャーテリアについて

ヨークシャーテリアの子供

体のサイズ

ヨークシャーテリアは小型犬に分類される犬種で、平均体重は2〜3Kg、体高は15〜18cmほどと言われています。19世紀のイギリスで作出された当時は、愛玩犬としてではなくネズミなどの食料を荒らす小型動物を捕まえるための犬種として作出されました。しかしサイズの小ささ、見た目の美しさなどが貴族の目に止まり、いつの間にか上流階級の愛玩犬として可愛がられるようになったという過去を持ちます。

性格

もともとネズミを捕るための犬種として作出されているため、性格は大変勇敢で負けず嫌い、さらには頑固で自己主張も激しい性格をしています。しかし、飼い主に対しては深い愛情を見せ、寂しがりやな一面を見せることも。

ヨークシャーテリアの中には、飼い主に依存しているためか少しでも離れると食欲不振に陥ったり、活発さや明るさがなくなってしまうことも。そのいじらしい面も、世界中の人々から愛される特徴です。

寿命

ヨークシャーテリアは長寿な犬種としても知られており、平均寿命は14〜15歳と比較的長めです。ただ、心臓疾患を発症しやすい犬種であるため少しでも異変を感じたらすぐに獣医師に相談をすることが大切です。シニア期には健康診断を定期的に受けるのはもちろんのこと、幼少期でも心臓病を発症する可能性はありますので十分に気をつけましょう。

値段

ヨークシャーテリアは大変人気の犬種であるため、少し高めの相場となっています。公式カラーや血統、個体のスタンダードな特徴などにもよって価格は異なってきますが、平均相場は20万円程度と言われています。ただスタンダードカラーではない場合や、タイミングによっては10万円台前半で販売されている場合もあります。

あまりにも価格が安すぎる場合や、逆に高すぎる場合はなんらかの問題を抱えていたり、ブリーダーが悪徳である可能性もありますので、ぜひ事前に値段について聞いてから家族に迎えるかを検討しましょう。

まとめ

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアはその被毛の色の変化がとても美しく魅力的な犬種です。もちろんそれだけではなく、美しく優雅な見た目や、飼い主に対する愛情深い性格も人気の理由です。ぜひヨークシャーテリアと暮らして、毛色の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ぱん

    ヨークシャテリアはあの可愛い顔からはあまり想像できないのですが、自己主張が強く負けん気が強い、 社交的、非常に活発的という特徴があるそうです。
    そのため室内で飼うことができる、メリハリを持った態度で接することができる、ブラッシングやラッピングのケアがマメにできる飼い主さんに合うといわれています。

    また気をつけたい点として、運動量はたくさん必要ないのですが定期的な散歩は必要です。そ
    して冬には 保温対策をしてあげることを忘れずに。
    犬はヨークシャテリアに 限らず歯のケアはしてあげたいものですが、顎が小さい小型犬は、歯石がたまりやすいといわれています。
    小型犬は歯が過密状態で生えていることもあり、食べ物のカスが歯の間に詰まりやすいことも影響しているそうです。
    なお歯垢は溜まってから1週間ほどで歯石に変化してしまうので、歯石予防のためにも歯磨きはしたいものですね。

    わたしの愛犬はパピーのときから、口を開けさせるという状態に慣れさせることも考えて毎日歯みがきをしています。4年経った今でもあまり好きそうではありませんが、以前よりは慣れた感じです。
    歯ブラシを嫌がる子にはこすり磨きで指にガーゼを巻き付ける方法や歯磨きシートがいいと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 高麗

    ヨークシャーテリアとは異なりますが、テリア犬種を飼っているせいもあり、ヨークシャーテリアのお友達は愛犬も、飼い主同士でも比較的多いなと思います。

    ヨークシャーテリアといえば「テリア気質」が取り上げられることが多いですが
    小型犬として愛玩犬として育てられている環境が浸透しているせいでしょうか
    実際に、多くのヨークシャーテリアと出会った感想でいえば、かなり個体差がありますね。
    大人しい子、フレンドリーな子、頑固な子、臆病故よく吠える子、etcetc、同じテリアの中でも、ここまで個体(性格)差にバラエティがあるのは、ヨーキーが一番じゃないかなと思います。持って生まれた性質、個体差、生育環境が関係していますから、一概に語れるものではありませんが、どのタイプの子も可愛いものです。

    そして、今まで出会った子に共通して言えるのは、とても利口であることです。よいこと、悪いこと、飼い主さんの言葉を理解しようという気持ちも強いように思います。個人的な見解で恐縮ですが、日本で人気の小型犬、チワワ、ミニチュア・ダックスフンドよりも、初心者の飼い主さんには飼いやすい犬種ではないかな?と思っているぐらいです。(みんなそれぞれに可愛いですが)
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    うちにいる10才の愛犬(ヨーキー)は、小さいときはワンコに対して社交的でよく遊んでいました。最近は気が合うと感じたワンコ以外にはあまり興味を示さず。嫌なことをされない限り、吠えられてもスルー出来るこです。人間はあまり興味がなく、むしろ苦手のようで、父親は天敵認識で唯一吠える相手です。飼い主一途なところはこれ以上なく可愛いです。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    30代 女性 ひまわり

    ヨークシャテリアの男の子を預かった事がありましたが、想像以上の活発で元気なわんちゃんだな、と言うのが第一印象でした。でも記事にもあるテリア気質はあまり感じませんでした。飼い主さんが良くしつけをされていたのも有りますが、その子自体の性格だったのかもしれません。また、別の犬友の所のヨークシャテリアちゃんはとても臆病で静かな子でしたよ。
  • 投稿者

    女性 yon

    ヨークシャーテリアを昔2匹飼っていました。
    とてもかわいくて、頑固な犬です。2匹とも女の子で1年違いで我が家にやってきたのですが、とても仲が悪くて大変でした。
    ヨーキーは頑固で気が強い性格です。他の犬種をその後飼っているので、それは本当に痛感しています。さらに女の子は気が強いので、1年違いできた2匹のヨーキーはケンカをすれば流血こそしないものの、あの愛らしい容姿からは想像できないような激しい格闘が繰り広げられました。晩年まで仲は悪かったです。なので、多頭飼いを検討されている方で、特に先住犬がヨーキーの場合は注意した方が良いと思いますよ。個体にもよると思いますが、流血ケンカになったり、先住犬がずっとストレスで苦しむのもかわいそうです。うちの先住犬ヨーキーは多頭飼いになってかわいそうなことをしたなと今でも思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 愛犬 ?C☺︎C☺︎A?

    ウチの愛犬ココアは、耳デカなので、カットする時は、耳の毛を伸ばし顔まわりは、短くしてます!
    5歳なのに顔と足以外の体の毛は真っ黒なままなので、このまま老犬になっても、変化しない様な気がしてます(≧◡≦)
    愛犬 ?C☺︎C☺︎A?の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

ヨークシャーテリアの魅力や飼う上でのアドバイスを教えてください(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。