犬のサプリメント おすすめ4選

【獣医師監修】犬のサプリメント おすすめ4選

最近は犬用のサプリメントも人間に負けないくらい色々な種類がありますね。大切な愛犬には健康でいてほしいけれど、どんなサプリメントを選べばわからないという時、多くの犬にメリットのあるおすすめサプリメントと特徴をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にサプリメントって必要?与えるなら何がいい?

舌を出した犬とカプセル

巷には犬用のサプリメントがたくさん販売されていますね。
「うちの犬にも何かあげた方がいいのかしら?」「ああいうものって必要なの?」と問われると「犬にもよるし、食べているものにもよるし、生活環境にもよる」という曖昧な答えになってしまいます。人間だって同じですよね。

基本的には市販のドッグフードを食べていれば必要な栄養素はすべて含まれているはずなので、犬が元気で特に健康上の悩みもないならサプリメントは必要ないと思います。

けれど病気ではなくても「最近フケが多いみたい」「ほんの少しお腹がゆるい」「便秘気味」「シニアになった犬に何かプラスしてあげたい」そんな時に犬の健康をサポートしてくれるサプリメント4つとその特徴をご紹介します。

犬のサプリメント おすすめその1『グルコサミン』

錠剤の山

サプリメント大国アメリカで、ペット用サプリメントの中で一番多く購入されているのがグルコサミンのサプリだそうです。関節炎の予防や痛みの緩和にと、シニア期に差し掛かったペットのために購入される方が多いものです。

グルコサミンは関節のクッションである軟骨の主成分の原料となるもので、カニやエビなどの甲殻から作られた動物性のものと、トウモロコシなどから作られた植物性のものがあります。

年齢とともに関節の軟骨がすり減ってしまうことが関節痛の原因になるのですが、それを予防する働きがあります。

グルコサミンのサプリメントにはコンドロイチンという成分が配合されているものも多く、こちらは軟骨の弾力を保つために必要な水分を保持する働きがあります。

犬用のグルコサミンサプリメントは、犬がそのままオヤツ感覚で食べられるようビール酵母や香料を混ぜたチュアブルタイプが多いです。

犬のサプリメント おすすめその2『フィッシュオイル』

ソフトカプセルに入ったオイル

オメガ3系脂肪酸を含むオイルの代表がフィッシュオイルです。オメガ3系脂肪酸は体内で合成することができないため食事から摂取することが必要な脂肪酸です。皮膚や被毛、関節の健康をサポートし、免疫機能を正常に保つなど、重要な役割があります。

オメガ3系脂肪酸では他に植物性の亜麻仁油が代表的ですが、犬の場合は植物性のオメガ3系脂肪酸を体内で活用できない個体も多いので、魚にアレルギーがない場合はフィッシュオイルの方が効率が良いと言えます。

原料となる魚は、サーモン、マグロ、サバ、イワシなどがありますが、サーモンが最もオメガ3系脂肪酸を多く含み吸収されやすいと言われています。

オメガ3系脂肪酸源としてフィッシュミールやフィッシュオイルが使用されているドライフードもありますが、フィッシュオイルは酸化しやすいためフードに配合されていても効果を発揮していないこともあります。

皮膚や被毛の調子が良くなかったり、耳などに炎症を起こしやすい場合、獣医さんにフィッシュオイルを与えることを相談するのもお勧めです。

犬のサプリメント おすすめその3『プロバイオティクス』

白いカプセル

腸内環境の良し悪しが健康に大きく影響するのは人間も犬も同じです。その腸内環境を整え体に良い影響を与える微生物を含む食品やサプリメントがプロバイオティクスと呼ばれるものです。

お腹を下したり便秘をしている時は腸内の細菌のバランスが崩れ、悪い影響を及ぼす悪玉菌が増えているので、悪玉菌の働きを抑え増殖を防ぐプロバイオティクスを摂ることが有効です。

普通のヨーグルトなどは、せっかくの微生物が胃で死んでしまって腸まで到達できる割合が低いため、生きて腸まで届く加工がされたサプリメントが効率が良いです。

フードにプロバイオティクスが配合されている場合もありますが、犬の体調やウンチの状態などから判断して腸内環境が悪くなっているようだと判断したら、サプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

犬のサプリメント おすすめその4『グリーントライプ』

茶色い牛のイラスト

グリーントライプとは牛や羊の胃の内容物です。植物性の食べ物は犬にとっては消化しづらいものですが、グリーントライプは草食動物が何度も噛んだうえに、体内で消化酵素によって分解されているため犬にも消化吸収しやすい状態になっています。犬にとって最も自然で理想的な植物性食品と言う獣医師や栄養士も多いです。

形態は生、缶詰、フリーズドライなどがありますが扱いやすいのは、缶詰とフリーズドライです。
胃の内容物ですからニオイがとても強く、生の場合はサルモネラ菌などの恐れがあるため、推奨しないという獣医師も多いです。確かに普段ドライフードしか食べていないという犬にとっては生のグリーントライプはあまりにも異質な食べ物です。

缶詰の場合は扱いも簡単で食中毒の危険度もグッと低くなりますが、酵素や善玉菌も死滅しています。

フリーズドライの場合は扱いやすく、酵素や善玉菌も生きています。ただし生に比べればマシとは言え、ニオイはやはり強いです。与える場合は少量から様子を注意深く観察しながらをお勧めします。

犬のサプリメント おすすめ4商品

スケアクロウ パンフェノン

スケアクロウ パンフェノン 120粒入り
8,021円(税込)

商品情報
・獣医師と共同開発されたサプリ
・体内バランスを整えるサプリメント
・副作用なし

共立商会 BPグルコ

共立商会 BPグルコ 200g
2,982円(税込)

商品情報
・グルコサミン・コンドロイチン配合
・関節の強化、維持に役立ちます
・着色料、保存料なし

フィッシュ4ドッグ サーモンオイルSOS

フィッシュ4ドッグ サーモンオイルSOS 真空ポンプ150ml
2,797円(税込)

商品情報
・毛艶や皮膚を美しく保つ効果
・使い勝手の良いポンプ式
・真空ボトルで新鮮な状態を維持

ペタッグ (PetAg) ベネバックプラス

ペタッグ (PetAg) ベネバックプラス Lサイズ(454g)
4,320円(税込)

商品情報
・パウダー状サプリメント
・下痢、胃腸障害、免疫低下、口内炎などに効果あり
・フードにふりかけて手軽に使用できます

まとめ

フードにサプリメントを振りかけている場面

犬のためのサプリメント、お勧めの4選をご紹介しました。最初にも述べた通り、ドッグフードには必要な栄養素が含まれています。基本的にドッグフードで必要な栄養素は満たされますので、サプリメントをプラスしすぎることでバランスが崩れることもあります。

愛犬の体の状態を観察しながら「もしかしてアレが足りていないのかな?」と思ったら、サプリメントをプラスして健康をサポートしてあげてくださいね。

《参考》
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa052771

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。