犬の肝臓サプリおすすめ人気ランキング!

犬の肝臓サプリの選び方

肝臓は肝臓数値に異常があっても重症化するまでほとんど症状がなく、沈黙の臓器とも呼ばれています。

しかし肝臓の病気は重症化すると命を落とす可能性もあるため、定期的な健康診断が大切です。血液検査で肝臓数値が平均より少し高めと診断された場合やシニアになり肝臓の病気が心配な場合は肝臓サポートのサプリメントを与えることが健康維持に繋がるでしょう。

肝臓サポートのサプリメントを選ぶ際のポイントとしては、肝臓をサポートする成分が入っているものを選ぶことが大切です。また、犬がサプリメントを食べなければ意味がないため愛犬が食べてくれるサプリメントを選んであげましょう。

今回はサプリメントに配合されている成分の効果や犬が食べやすいサプリメントの香りや形状についてご紹介します。この記事がサプリメント選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

犬の肝臓サプリの成分

犬の肝臓サプリを選ぶ際、パッケージの側面や裏面などの成分表を確認しても記載されている成分にどのような効果があるのか分からないという方も多いでしょう。

サプリに入っている成分には様々な効果が得られるものが多いため、肝臓のどの部分に有効なのか他にはどのような効果があるのかしっかりと見極めて選択することが大切です。

キチンとした判断をするために肝臓サプリに入っていることの多い成分を11種類ご紹介します。成分の効果やどういった症状に有効かも説明しますので、愛犬の年齢や症状、検査結果をみながら愛犬にあったサプリメントを選んであげましょう。

オルニチン

オルニチンとはアミノ酸の一種でシジミやエノキタケに多く含まれている成分です。オルニチンを摂取することで体にとって老廃物であるアンモニアなどの解毒が促進されるため、肝臓や腎臓の働きをサポートする効果が期待できます。

また、体は老廃物がたまっている状態だと疲労を感じやすくなるため、老廃物の解毒が促進されることにより疲労回復にも繋がります。

オルニチンの効果はそれだけではありません。筋肉や骨を作る働きや皮膚の調子を整える働きなど、数多くの効果が期待できると言われています。

そのため、肝臓の数値が心配な犬だけでなく、最近少し体力が落ちてきたと感じる犬やシニア犬にもおすすめできる成分です。

肝臓加水分解物

肝臓加水分解物とは良質なレバーに消化酵素を加え、加水分解させた後に粉状など細かい形に変化させたものを指します。

肝臓加水分解物には必須アミノ酸やオリゴペプチドなどの成分が含まれており、これらの成分を摂取することでダメージを受けた肝臓の細胞を保護し再生を高める役割があるとされています。

特に細胞が作られる時に必要な成分である核酸前駆物質を多く含んでいるため、細胞の活性化や再生を効率よくサポートする効果が期待できるでしょう。

また、現段階では肝臓数値がそれほど高くないシニア犬の場合も、肝臓加水分解物を摂取することで肝臓を若々しく保ち体の疲労回復に役立てることが可能です。

疲労回復をサポートすることで、愛犬がシニアになっても元気に若々しく過ごせることに繋がるかもしれません。

プラセンタ

プラセンタは人間の美容サプリメントなどにも使用されていることもあり、一度はその言葉を耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

プラセンタとは哺乳動物の胎盤を指します。胎盤とは多くの哺乳動物が妊娠中に母体から酸素や栄養素を届ける役割をしているため栄養豊富な臓器とされています。

胎盤には10種類以上のアミノ酸や多種のビタミン、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれており、胎盤を摂取することで肝臓に悪影響を及ぼす活性酸素が過剰に発生することを抑制します。

また、活性酸素を抑制することで肝臓の炎症を抑える効果も期待さされています。

亜鉛

亜鉛とは老廃物の代謝をサポートする重要な役割をもつ成分です。

通常であれば亜鉛は小腸でアルブミンというタンパク質と結合し肝臓に運ばれます。しかし、タンパク質の合成を行っている肝臓の機能が低下すると、亜鉛と結合するはずのアルブミンの数が低下してしまうことがあります。

アルブミンの数が低下すると亜鉛がアルブミンと結合できる数も少なくなり、結合出来なかった亜鉛は尿と一緒に排出されてしまいます。

亜鉛が尿と一緒に排出されてしまうと体の中の亜鉛が不足し、老廃物を排出しづらくなり肝臓の病気が悪化するという悪循環に繋がります。

亜鉛は魚介類やレバーなどに多く含んでおりますが、肝臓に異常がある場合は魚類や肉類を摂取した際に発生する老廃物であるアンモニアを解毒する機能が低下します。

アンモニアの発生を抑制するために魚類や肉類を食べすぎないように注意が必要です、亜鉛はサプリメントを与えることで補給してあげるのがおすすめです。

オメガ3脂肪酸

肝臓の病気に関わらずドッグフードやサプリメントを検索しているとオメガ3脂肪酸という文字を良く見かけるのではないでしょうか。

オメガ3脂肪酸とは魚油に含まれているDHAやEPA、植物油に含まれているα-リノレン酸など脂肪酸の総称を指す言葉です。

人間の栄養学では健康のために意識をして接種した方が良い成分とされており、近年では犬も摂取することで様々な効果を得ることが出来ると注目を集めています。

オメガ3脂肪酸の効果としては、血流を良くする働きや脳を活性化する働き、コレステロールや中性脂肪を下げる働きなど様々な効果があると言われています。肝臓の機能が低下している犬には血流を良くすることにより、肝臓や腎臓の負担を和らげる効果が期待できます。

ビタミンB2

ビタミンB2は細胞の再生を促す作用や抗酸化作用を持つ言われており、摂取することでダメージを受けた肝臓の再生をサポートする効果が期待されている成分です。肝臓の再生をサポートする他にもダイエット効果や糖尿病予防、皮膚や被毛の健康をサポートする効果などが期待されています。

ビタミンB2を含む水溶性ビタミンは体の外に排出されやすく、多めに摂取しても過剰摂取にはなり辛い成分とされています。肝臓の機能が低下すると更に体の外に排出されやすくなるため、積極的に摂取するのがおすすめです。

また、ビタミンB2だけでなくビタミンKやビタミンE、ビタミンCなども肝臓の機能が低下すると不足しがちのため飼い主が意識的に摂取させるよう心がけましょう。

タウリン

タウリンは胆汁の流れを改善する働きがあり、肝臓の機能を回復させるために重要な成分とされています。

タウリンは主に肉類や魚類に含まれており、特にシジミや牡蠣、イカ、ホタテ、タコなど海産物に多く含まれるとされています。

しかし、肝臓の機能が低下している犬は肉類や魚類を摂取した際に発生するアンモニアを解毒する機能が低下しているため、肉類や魚類を制限する必要があります。

また、タウンりを多く含む海産物は比較的高価なものが多く飼い主の懐にも響いてしまう可能性があるでしょう。そんな時は肝臓に良い成分だけを厳選して与えることの出来るサプリメントがおすすめです。

タウリンは肝臓の機能をサポートする他にも心臓や眼、皮膚をサポートする効果があるされているため、シニア犬へおすすめの成分となっています。

BCAA

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシン3種類の必須アミノ酸のことを指します。BCAAは犬の体内で作ることが出来ないため食事から摂取する必要があります。BCAAは特に牛肉やラム肉などの肉類に豊富に含まれており、肝臓や筋肉をサポートする効果が期待されています。

肝臓は本来、体内の老廃物であるアンモニアを尿と一緒に排出させる機能が備わっています。しかし、肝臓の機能が低下すると尿と一緒に排出することが難しくなり、血液中にアンモニアが溜まることで体に害を与えます。

BCAAは摂取することで老廃物であるアンモニアを解毒する作用をもつため、肝臓の機能が低下している時はBCAAを摂取するのがおすすめです。

また、BCAAはタンパク質の合成を促進させ、筋肉を維持する効果もあるため運動量が減り筋肉の減少が起こりやすいシニア犬は積極的に摂取すると良いでしょう。

シリマリン

シリマリンとはマリアアザミというキク科の植物のタネに含まれる成分です。マリアアザミは「聖母マリアから授かったハーブ」と呼ばれるほど古くから西洋で肝臓のケアに良いとされ長年使用されている成分となっています。

シリマリンは長年の研究からも肝臓の修復や再生を促すという結果が報告されており、肝臓に異常がある犬や肝臓の機能が低下している犬におすすめのハーブといえるでしょう。

肝臓サプリメントの成分表へはシリマリンという名称の他にマリアアザミエキス、マリアアザミ種子オイルなどの呼び方があるため、サプリメントを選ぶ際はこのような表記があるか確認してみると良いかもしれません。

SAMe

SAMeは別名S-アデノシルメチオニンと呼ばれ、肝機能障害や関節炎、うつ病などに効果がある成分といわれています。
1950年代に発見され人間の肝機能をサポートするサプリメントなどでも使用されています。
SAMeは犬の体内でも生成されますが、年齢を重ねると生産量や濃度が徐々に低下していくためサプリメントなどで摂取するのがおすすめです。

肝臓機能の低下や関節炎、気分の落ち込みなどはシニア犬によくある症状のため、肝臓数値が高くないシニア犬もSAMeを定期的に摂取することでいきいきとした生活をサポートすることに繋がります。

ウコン

ウコンは漢方やスパイスとしても使用されることの多い根茎の一種です。

ミネラルや食物繊維を豊富に含んでいるのが特徴で、人間も二日酔いを和らげる目的や腸内環境を整える目的、免疫力をアップさせる目的などで使用されることが多い成分です。

ウコンには肝機能の強化や胆汁の分泌の促進などにも効果があるため、肝臓の機能が低下している犬にも適した成分といえるでしょう。また、肝機能のサポートの他にもガンやアレルギー、関節炎、心臓の病気など様々な病気に効果があるとされています。

ただし、過剰に摂取してしまうと胃腸障害をおこす可能性もあるため与えすぎには注意が必要です。便がやや黄色くなる場合は量が多すぎる可能性があるのでセーブしましょう。

犬の肝臓サプリは食べやすい形状/香りのものを選ぶ

どれだけ良いサプリメントを使用しても愛犬が食べてくれなければ意味がありません。サプリメント選びを行う際は愛犬に与えることが出来るかを第一に考えることが大切です。

サプリメントにはポピュラーな錠剤タイプの他にもカプセルタイプや粉末タイプ、ペーストタイプなどさまざまな形状のものが発売されています。

食欲旺盛な愛犬には自ら好んで食べてくれそうな香りや味がついたものを選ぶのがおすすめです。チキン風味やチーズ風味など愛犬の好きな香りや味がついているサプリメントを選ぶことで愛犬がサプリメントを喜んで食べてくれる可能性があります。

また、好き嫌いが激しくサプリメントをあまり食べないという犬の場合は、飼い主が口をあけて食べさせやすい錠剤タイプやカプセルタイプのものがおすすめです。

肝臓の機能が低下している犬の場合、オヤツは肝臓の負担になる可能性があるためオヤツにまぜて与えるのは控えた方が良いでしょう。

犬用の肝臓サプリランキング

 

犬の肝臓のサプリメントを選ぶ際は、肝臓に効果的な成分が適切な量配合されているかどうかを確認し選ぶことが大切です。また、犬と飼い主にとってサプリメントの時間が負担とならないように与えやすい形状の肝臓サプリを選択しましょう。

近年では多くの種類の犬用サプリメントが販売されており、どれを選んだら良いのか迷ってしまうという方も多いです。

今回は、2020年売れ筋サプリメントのデータをもとに、最新版のおすすめサプリメントを7種類ご紹介します。

ネット通販で気軽に購入可能なサプリメントから動物病院で処方が必要な本格的なサプリメントまで人気の犬用肝臓サプリメントをまとめましたのでぜひ参考にして下さい。

持病のある犬やすでに動物病院で肝臓のお薬が処方されている犬は動物病院と相談してから与えてあげて下さいね。

毎日良肝

 

  • 価格:60錠 2,827円(税込)
  • 生産地:国産
  • 形状:錠剤タイプ、粉末タイプ

毎日良肝は肝臓加水分解物とプラセンタをメインに肝臓の健康維持に必要な8種類の配合成分を含んだサプリメントです。原材料には国内で製造されたビール酵母がメインに使用されています。

犬専用のチキン味の錠剤タイプと犬猫兼用することが出来るミルク味の粉末タイプ、2種類の味と形状が用意されているため愛犬にあったサプリメントを選択することが出来るでしょう。

また、毎日良肝は香料や着色料、保存料などの人口添加物を使用していないのも特徴の一つです。ペットフード安全法に基づいて静岡県の国内工場で製造されているので愛犬に安心して与えることが出来るサプリメントといえるでしょう。

犬の大きさによっても異なりますが小型犬の場合1ヵ月あたり3000円前後で与えることが出来るため比較的安価なのもうれしいポイントです。

公式サイト:https://spl-withpety.com/

ヘパテクト

  • 価格:60錠 3,000円~4,000円前後
  • 生産地:国産
  • 形状:錠剤タイプ、ソフトチュアブルタイプ

ヘパテクトは主原料にシジミ貝殻焼成末を使用しており、配合成分としてマリアアザミエキスやBCAA、酵母、オリゴノールと4種類の肝臓をサポートする成分を含んだサプリメントです。

ヘパテクトにはチーズフレーバーの錠剤タイプと鶏ささみ風味のソフトチュアブルタイプの2種類味と形状があるため、愛犬の好みに合わせたタイプを選べるのも特徴です。

ソフトチュアブルタイプはオヤツ感覚で与えることが出来るため、サプリメントの時間が犬と飼い主にとって楽しい時間になるのはうれしいですね。ヘパテクトの販売対象は動物病院のみとなっているため、正式な価格に関してはかかりつけの動物病院へご相談下さい。

公式サイト:https://www.qix.co.jp/

ヘパアクト

  • 価格:100錠 6,000円~8,000円前後
  • 生産地:国産
  • 形状:錠剤タイプ

ヘパアクトはSAMeやマリアアザミエキス、水溶性クルクミンなどを配合成分に含んだサプリメントです。原材料には天然酵母をメインに使用しており肝臓の健康維持をサポートします。

形状は飼い主が口をあけて与えやすい錠剤タイプで味は嗜好性の高いかまぼこ風味となっているので、犬はもちろん猫にもおすすめできるのがヘパアクトの特徴です。

小粒タイプのため、口の小さい小型犬や猫にも与えやすいのはうれしいですね。販売対象が動物病院となっているため、正式な価格に関してはかかりつけの動物病院へご相談下さい。

公式サイト:http://www.vmdp.jp/

プラセンタクレア

  • 価格:40粒 4,752円(税込)
  • 生産地:国産
  • 形状:錠剤タイプ

プラセンタクレアは原材料としてSPFプラセンタ、亜鉛含有酵母、カキ肉エキスの3つをメインに含んだサプリメントです。

プラセンタクレアに含まれる配合成分は肝臓のサポートだけでなく病気に負けない体づくりのサポートも行うため、肝臓の数値に異常がない子も日頃から与えることで健康で快適な生活を送ることが出来るでしょう。

またプラセンタクレアは持病があり薬を飲んでいる子でも薬と併用して使用可能なのもうれしいポイントです。プラセンタクレアについて疑問に感じたことや不安なことがある場合は購入前であっても専門の薬剤師に電話相談が可能です。

自然本来の効果を実感して欲しいプラセンタクレアは味付けフレーバーをあえて使用せず、与えやすい錠剤タイプを採用しているのでサプリをそのまま食べるのが苦手な子は飼い主が薬を飲ませるのと同じように飲み込ませてあげて下さい。

公式サイト:https://medinex.nagano.jp/

リバフィット

  • 価格:Sサイズ30粒 2,351円(税込)、Mサイズ30粒 4,725円(税込)
  • 生産地:フランス
  • 形状:錠剤タイプ

リバフィットは原材料に結晶セルロースやSILIPHOS®など肝臓をサポートする成分を豊富に含んだサプリメントです。

リバフィットの配合成分の中でもSILIPHOS®は人間のための肝臓ケアサプリメントでも多く使用されるほど優れた効果を持つ成分となっています。

リバフィットSサイズは米粒ほどの大きさの錠剤タイプで、嗜好性の高いチキンフレーバーを使用しているのも特徴の一つです。

与える量は1日1錠のみで良いのでサプリメントをのむが苦手な犬やサプリメントを与えるのをつい忘れてしまいがちな忙しい飼い主に特におすすめのサプリメントとなっています。

米粒ほどの大きさの錠剤を1日1錠のみで良いため、犬と飼い主にとって無理なく続けることができるでしょう。

公式サイト:https://jp.virbac.com/

ベジタブルサポート ドクタープラス ホエイ タブレット

 

  • 価格:60g 2,500円~3,500円前後、100g 3,000円~4,500円前後、200g 4,500円~6,000円前後
  • 生産地:国産
  • 形状:タブレットタイプ、パウダータイプ

ベジタブルサポート ドクタープラス ホエイは原材料にかぼちゃやブロッコリー、にんじん、しいたけなどを国産野菜をたっぷりと使用したサプリメントです。

ベジタブルサポート ドクタープラス ホエイに使用されている野菜は配合成分にBCAAやビタミン類など肝臓をサポートする成分を豊富に含んでいるため、肝臓ケアが必要な犬におすすめのサプリメントとなっています。防腐剤や着色料、香料などを使用していないため愛犬に安心して与えることが出来るでしょう。

ベジタブルサポート ドクタープラス ホエイは動物病院専用商品のため、価格や処方に関してはかかりつけの動物病院にご相談下さい。パウダータイプとタブレットタイプの2種類が用意されているので、愛犬の好みに合わせて選ぶことが出来るのもうれしいポイントです。

公式サイト:https://meni-one.com/

 SAMYLIN

  • 価格:5,000円~10,000円前後
  • 生産地:英国
  • 形状:錠剤タイプ、顆粒粉末タイプ

SAMYLINは原材料にSAMeを含む天然酵母をメインに使用したサプリメントです。配合成分には天然酵母の他にもシリフォスやビタミンC、ビタミンEなど肝機能をサポートする成分を豊富に含んでおり、有害な活性酸素から愛犬の体を守ってくれるのも特徴です。

SAMYLINの形状はタブレットタイプと顆粒タイプの2種類があるのも特徴で、パウダータイプには嗜好性の高いチキンフレーバーが採用されています。

SAMYLINは動物病院専用サプリメントとなっており、現在取り扱い動物病院は関東に10件しかないため注意が必要です。気になる方は事前にかかりつけの動物病院へ問い合わせてみた方が良いかもしれません。

公式サイト:https://www.world-equips.com/

犬の肝臓サプリのおすすめかつ人気なのは?

様々な犬の肝臓サプリを比較し、おすすめかつ人気な犬用肝臓サプリを1つあげるなら毎日良肝がおすすめです。

肝臓加水分解物やプラセンタ、天然酵母、亜鉛など肝臓をサポートするための配合成分が他のサプリメントと比較すると種類豊富なのがおすすめのポイントです。

また、粉末タイプと錠剤タイプ2種類の形状とチキン味とミルク味2種類のフレーバーが用意されているため、愛犬にあったサプリメントを選択できるのも毎日良肝がおすすめの理由です。

動物病院へ通院する手間もなく価格も高すぎないため、愛犬だけでなく飼い主にとっても良心的なサプリメントといえるでしょう。毎日良肝公式サイトでは定期コースも用意されているため、毎回の購入が手間という方は定期コースを利用してみてはいかがでしょうか。

毎日良肝公式:https://spl-withpety.com/

犬の肝臓ケアサプリメントQ&A

犬の肝臓サプリは肝臓数値にどうなの?

肝臓は犬を含むほぼ全ての動物の生命維持に欠かせない臓器とされています。肝臓は体の中で摂取した成分の分解や老廃物の解毒、ビタミンやホルモンの代謝など様々な役割を行っています。

肝臓は再生力が非常に高く、肝臓の機能が低下しても初期の場合は無症状のことも多いです。しかし、重度の肝臓病となると命を落とす危険もあるため、初期の段階でサプリメントを利用するなど肝機能をサポートしてあげることが大切です。

健康診断などで肝臓の数値が少し高めと診断をされても、異常がない場合は動物病院で治療や投薬を行わない場合もあるでしょう。

これ以上肝臓数値を悪化させないためには肝臓サプリを使用し、ダメージをうけた肝臓の再生や老廃物の解毒、ビタミンやホルモンの代謝などをサポートしてあげることが大切です。

犬の肝臓サプリは肝臓病にどう?

前提として犬の肝臓サプリは肝臓病を治すためのものではありません。

しかし、人間と同じように犬も病気になる前に予防をすることが大切です。血液検査の結果が「病気ではないけれど肝臓の数値が少し高め」と言われた時はまず肝臓サプリをはじめてみるのがおすすめです。

犬に肝臓サプリを与え肝臓にかかる負担を減らすことで、これ以上肝臓数値が高くならないように予防をしてあげることが可能です。肝臓病になる前に予防をすることで愛犬が痛い思いや苦しい思いをしなくても良いようにサポートしてあげることが出来るでしょう。

犬の肝臓サプリは肝臓の病気を治すためのものではないため、肝臓病に関してはかかりつけの動物病院と相談し治療を行いましょう。

犬の肝臓サプリで病院から推奨されているのは?

犬の肝臓サプリはネット通販やペットショップなどで手軽に購入が可能なサプリメントの他に販売対象が動物病院のみのサプリメントが存在します。

動物病院が推奨しているサプリメントは獣医師によって異なりますが、ヘパテクトやヘパアクト、ベジタブルサポート ドクタープラス ホエイなどは販売対象が動物病院のみとなっています。

ヘパアクトを製造している獣医医療開発株式会社やリバフィットを製造しているビルバックは、サプリメント以外にも動物病院で取り扱いをしている製品を多く製造している会社のため推奨している動物病院も多いかもしれません。

かかりつけの動物病院がどのサプリメントを推奨しているのか確認してみるのもおすすめです。

犬の肝臓サプリを与えるにあたっての注意事項は?

どれだけ犬の肝臓に良い成分が含まれているサプリメントであっても与えすぎは体に毒となってしまいます。犬の肝臓サプリを与える際は必ず用法用量を守って与えましょう。

また、同じ肝臓サプリであっても犬と人間では必要な成分や摂取量が異なります。絶対に人間用の肝臓サプリは与えないように注意が必要です。

特に肝臓は摂取した成分の解毒や分解を行っている臓器のため、サプリメントの過剰摂取や人間用のサプリメントを摂取することで逆に肝臓の状況が悪化してしまう可能性があります。

肝臓の機能が低下している犬にサプリメントや食べ物を与える際は慎重に判断することが大切です。

犬の肝臓サプリはシニアにこそおすすめ?

犬はシニアになると肝臓以外にも心臓や腎臓、視力など様々な機能が低下しがちです。必要な栄養は食事だけでは補いにくいため、体に影響が出る前に不足しがちな栄養をサプリメントで補ってあげることが大切です。

犬の肝臓サプリは肝臓以外の健康維持にも有効な成分が含まれている場合が多いため、肝機能が弱まっているシニアにもおすすめといえるでしょう。また、現段階で肝機能が弱まっていない犬も予防としてサプリメントを与えることで肝機能の低下を防いでくれます。

それぞれのサプリによって含まれている成分や効果が異なりますのでどのような効果があるのか購入前に一度確認してみるのも良いかもしれません。

犬の肝臓病の症状は?

肝臓病は再生力が非常に高く、初期の段階ではほとんどの犬に症状がありません。体にとって重要な役割をしているにも関わらず、異常があっても症状が表れないことから沈黙の臓器と呼ばれることもあるほどです。

肝臓病が進行していくと、よく水を飲み薄いおしっこをよくするようになる、食欲がなく体重が減る、元気がなくぐったりとしていることが増える、白目や歯茎が白くなるなどの症状がみられる場合が多いです。

症状が出始めた段階ではすでに重症化しており手遅れになるケースも少なくありません。そうならないためにも定期的な健康診断を行い、症状が表れる前に肝臓をケアしてあげましょう。

健康診断で肝臓の数値が少しでも高いと言われた場合は犬の肝臓サプリを与えるなど、重症化する前にサポートをしてあげることが大切です。

犬の肝臓ケアのポイントは?

犬の肝臓ケアのポイントとしてはサプリメントや食事など肝臓に良い成分を含むものを与える他に食後は安静にしてあげることです。

肝機能が低下している犬が肝機能を回復するためには、摂取した酸素と栄養を肝臓に届けてあげることが大切となってきます。

栄養の元となる食事をした後は安静にすることでなるべく多くの栄養を肝臓へ届かせ、肝臓が栄養を使用しフルで働けるようにサポートしてあげましょう。

しかし、安静にした方が良いからと日頃のお散歩や運動をやめてしまっては筋肉や体力が低下してしまう恐れがあるため注意が必要です。適度な運動を心がけ体の内側と外側から肝臓をサポートしてあげることが大切です。

犬の肝臓によい食事って?

犬の肝臓をケアするためには毎日の食事に気をつけることも大切です。

納豆などに含まれる良質なタンパク質は体に吸収されやすく、肝臓に負担をかけ辛い栄養素とされています。また、サツマイモやジャガイモなどに含まれる水溶性の食物繊維はアンモニアの代謝をしてくれるため積極的に摂取するのがおすすめです。

逆に糖質や脂質、ナトリウムなどは肝臓がうまく吸収出来ない可能性があるためなるべく控えた方が良いとされています。特にペットショップなどでよく目にする犬用オヤツは肝臓に悪影響を与える可能性があるためセーブするように心がけましょう。

しかし、肝臓に良いからといって過剰に摂取しすぎたり、逆に肝臓に悪いからと全く与えないと肝臓数値が悪化する場合や別の病気になる可能性があるため注意が必要です。何を与えた方が良いのか分からないという方はバランスが調整されている肝臓サポートのドッグフードとサプリメントを与えるのがおすすめです。

犬の肝機能はサプリで!まとめ

もし愛犬が肝臓の病気になった際は動物病院に通院し治療をすることが大切です。しかし、愛犬が痛い思いや苦しい思いをしないためには肝臓の病気になる前に対策をすることが大切です。

肝臓に良い成分が含まれている食材を与えるのも良いですが、必要な成分以外も含んでいる場合が多いため量やバランスなど適正に与えることが難しいです。また、毎日栄養素を気にしながら献立を考え作ることが負担となり継続が出来なかった方も多くいらっしゃいます。

犬と飼い主にとって負担にならず一緒に過ごす時間を大切にするために、肝臓数値が心配な犬や肝機能の低下が考えられるシニア犬は肝臓病になる前にサプリメントを使用するのがおすすめです。

犬の肝臓サプリを使用することで家族の一員である愛犬が1日でも長く健康で幸せな生活を送れるようにサポートしてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました