犬の口臭サプリおすすめ人気ランキング!口臭の原因にいいサプリは?

犬の口臭サプリの前に、原因は?

「子犬の頃は気にならなかったのに、最近なんだか愛犬の口が臭う」歯磨きもしっかりとしているはずなのにと悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

口臭サプリで対策をする前に、口臭の原因を知ることが大切です。口臭の原因として考えられるものには大きく以下の3つがあります。

  • 歯周病や歯石などの口中トラブル
  • 内臓の不調
  • 口中の乾燥

この中で犬の口臭の原因として最も多いのが、歯石や歯周病などの口内トラブルです。人間だと歯石ができるまで14日程度といわれていますが、犬はわずか5日程度です。

歯石ができると、そこに歯垢がたまり細菌が住み着き歯周病の原因となります。歯石、歯垢、歯周病の悪循環で口臭がどんどんひどくなっていきます。

また、内臓の不調で腸内環境に問題があると口臭の原因にもなります。口中の乾燥とは、水分不足や口を開けっ放しにしていると唾液が凝縮されて口臭がしてしまうというものです。

犬の口臭サプリの選び方

犬の口臭サプリといってもどういう種類があるのかわからないと思います。口臭サプリは種類が多くありますが、大きくは2つに分かれています。

ひとつは「口中内の細菌対策により歯垢・歯石を予防し歯周病・歯肉炎を防ぐもの」と、もうひとつは「内臓不調で起こる乱れた腸内環境を乳酸菌で整えるもの」というものです。

また口臭サプリは口から取り入れるものなので、添加物の有無やどんな形状をしているものがあるのか、成分はどういったものが主流なのか飼い主さんは気になると思います。

ここでは、初めての口臭サプリを使いたい飼い主さんにも安心して選べるよう、基本的な情報を整理しました。アレルギーがある愛犬の場合についても、注意点を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

犬の口臭には無添加のものが◯

ドッグフードは毎日食べるものだから、できるだけ人工着色料や香料、酸化防止剤、保存料が入っていない無添加のものを選ぶ飼い主さんが増えてきています。

これは人間だけに限らず愛犬の健康志向が高まってきている表れといえます。口臭サプリも口から取り入れるのでドッグフードのような健康への配慮が大切です。

添加物がたとえ微量だとしても、蓄積すれば健康上のデメリットもあり得ます。例えば、人工着色料や酸化防止剤には発がん性のリスクがある物質が含まれているものがあります。

犬の死亡理由上位の「がん」を避けるためにも、口臭サプリもドッグフードと同様に無添加のものを選ぶのがおすすめです。

また、発がん性物質がなくても添加物によっては、下痢・嘔吐の症状が出る場合もあります。こうしたリスクを考えてもやはり無添加の口臭サプリがよいでしょう。

犬の口臭は粉など形状をチェック

口臭サプリにはさまざまな形状・種類があり、選ぶ際の重要なポイントでもあります。せっかく買ったのに、愛犬が口に入れてくれなければ無駄になってしまいます。

口臭サプリには以下の「パウダー」「カプセル」「タブレット」「錠剤」といった4つのタイプがあります。

  • パウダー:与える量が調節しやすく、水にも溶かしやすい
  • カプセル:ゼラチンの容器にはいっているもので、胃で溶け出しやすい
  • タブレット:口のなかで噛まずに溶けるものもあり、口臭に直接作用しやすい
  • 錠剤:サプリを圧力で固めたもので、噛んで食べてもゆっくりと溶けていき段階的に胃にたどり着く

口臭サプリの主流なのはパウダータイプです。毎日の食事にふりかけるだけで与えやすく、カプセル・タブレット・錠剤のような固形物でないので、警戒心の強い犬も比較的気にせず食べるようです。

犬の口臭にいい成分をチェック

口臭サプリに使われている成分は実に多種多様です。ここではそのなかでも口臭対策として「いい成分」を紹介します。

口臭サプリの成分表示を見ているとよく目にするのが「乳酸菌」です。乳酸菌は、腸内環境を整える・改善することで口臭を改善する働きがあります。また、口内でも乳酸菌の善玉菌が働き歯周病の原因菌から守ってくれます。

他によく目にする成分「ラクトフェリン」は、腸内の善玉菌を活性化させて腸内環境を整えるという効果があります。同時に口内の細菌や食べかすを洗い流し、粘膜の健康を維持します。

その他、口内の環境を清潔に保つ「カテキン」、殺菌・抗菌作用で歯周病の原因菌を抑える「プロポリス」などもあります。

あまり知られていない成分には口内の汚れを取り除く「リベチン含有卵黄粉末」、口臭の原因菌の増殖を増やさないように働きかける「なた豆茶粉末」などがあります。

アレルギーの有無をチェック

口臭サプリは口から取り入れるもの、つまり食品のカテゴリーなのでアレルギー成分が含まれているかどうかは入念なチェックが必要です。

大豆や小麦などの穀物類や肉類、たまご、乳成分、その他添加物も食物アレルギーを引き起こす原因となります。愛犬にアレルギーがなくても、突然アレルギーを引き起こすことがあるので注意が必要です。

また、そもそも愛犬にアレルギーがある場合は、商品の原材料・成分表示を事前にしっかりと確認するようにしてください。

普段のドッグフードでは細心の注意を払いがちですが、おやつやこうしたサプリはついうっかりしがちです。気になる場合は、かかりつけの動物病院に相談するのがいいでしょう。

犬の口臭サプリ人気ランキング

犬の口臭サプリといっても本当にたくさんの種類があります。そのなかから口コミを参考にしながら、愛犬に合うものを選ぶとなるとひと苦労です。

この記事では編集部が独自の視点で、数ある犬の口臭サプリのなかから人気商品をランキング形式で紹介していきます。

おすすめの上位5つの商品をピックアップし、それぞれの特徴についてまとめました。愛犬の口臭の状況やアレルギーの有無などをもとに、商品特徴を踏まえて検討してください。

また、実際に口に入れてくれそうかなどの判断材料として、形状や味についても紹介しています。ぜひ、購入前の検討材料として活用してください。

毎日口健

ミルク味で粉末タイプの口臭サプリで好き嫌いのある愛犬でも食べやすく、楽天でのレビュー数・販売実績も豊富な商品です。7つの成分が含まれており、その中でも特に注目なのが「ラクトフェリン」です。

「ラクトフェリン」は母乳や唾液に含まれるタンパク質で、健康維持に欠かせない成分です。腸内環境はもちろん、口のなかの健康状態を高めてくれます。

また、保存料・着色料・香料・化学調味料は一切使っていないからアレルギーが心配な方も安心して毎日使えます。しかも、「毎日口健」は国内の工場で製造されており、管理の目が届きやすく、品質面にも信頼がおけると評判です。

パウダータイプ(ミルク味)と錠剤タイプ(チキン味)の2種類があるので、形状や味に飽きたらパウダータイプから錠剤タイプへと切り替えられます。

公式サイト:https://spl-withpety.com/

食べる歯磨き革命

年齢を問わず子犬からシニア犬まで使える口臭サプリです。純度100%の岩手県産「プロポリス」を使用。抗菌・抗酸作用により、口臭の原因となる細菌や虫歯にアプローチします。

また沖縄県産の「青パパイヤ」を使っており、このなかに含まれるポリフェノール成分により歯を白くする効果が期待できます。

さらにアカシアを使った「水溶性食物繊維」や麹菌発酵の「天然酵素」で、身体の内側からニオイを予防するように整えていきます。

食材は無添加・天然のものだけを使うというこだわりで、アレルギーのある愛犬も安心です。パウダータイプなので、毎日の食事にサッと混ぜて与えられるから便利に使えます。

amazon:https://www.amazon.co.jp/

楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/dogdiner/500003092/

愛犬臭活

愛犬臭活は、「乳酸菌」と「ラクトフェリン」を含んだ口臭サプリです。善玉菌が活性化されることで、抗酸化・整腸作用がサポートされ、腸内環境と口内を同時にケアしてくれます。

この善玉菌の活躍によって、おしっこやうんちのニオイの元になる成分の発生も抑えられます。口臭だけでなく、毎日のトイレのお世話のときのニオイにもアプローチしてくれる優れモノです。

しかも、「ビタミン」も配合しているので健康面のサポートも期待できます。形状は食べやすいパウダータイプ。しかも、計量スプーンが付いているのでとっても便利です。

普段の食事にサッとかけるだけで、免疫力の維持も期待できると評判です。毎日食べても飽きにくいビーフ味なのも、人気の理由です。

amazon:https://www.amazon.co.jp/

楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/kamonegi/

このこのふりかけ

自然由来の原材料にこだわったパウダータイプの口臭サプリです。歯周環境を清潔に維持するたまご由来の「リベチン含有卵黄粉末」をはじめ、人の歯磨き粉にも使われ口臭の原因菌増殖を防ぐ「なた豆」が使われています。

他にも、サプリの他の成分が口のなかに滞留し続けるように働きかける「ポリグルタミン酸」、口内の菌のバランスを整える「乳酸菌」と、口臭予防・改善のための成分が数多く含まれています。

また人間向けの食品と同じ基準で作られている「ヒューマングレード方式」を採用し、保存料・着色料・香料・発色剤・酸化防止剤・防カビ剤・防腐剤といった添加物は一切使っていません。

とても安全基準が高い商品といえますが、ひとつ注意が必要なのはアレルギー食材が含まれているということ。たまご・とうもろこし・大豆にアレルギーがある場合は、購入前にかかりつけの動物病院に相談してください。

公式サイト:https://shop.konokototomoni.com/

デンタルクリーン

デンタルクリーンは食べやすさにこだわったパウダータイプの口臭サプリです。犬が大好きなチーズ風味なので、あっという間にペロっと舐めきってしまうほどの美味しさです。

タンパク質や脂質、炭水化物の分解が得意な「パパイヤ酵素」をベースにし、「乳酸菌」、「ビフィズス菌」、「納豆菌」といった口内や腸内の健康維持に効果的な菌をブレンドしています。

こうした菌や元からいる良性菌をサポートしてくれる「グルタミン酸」や「オリゴ糖」、「ペクチン」なども配合しています。この口臭サプリひとつで効果的に口や腸の環境が整い、口臭予防・改善が期待できます。

計量スプーンがついているので、毎日の食事の際に手早くふりかけられます。

amazon:https://www.amazon.co.jp/

楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/ashu/t-090765/

犬の口臭サプリでおすすめ商品はこれ!

ランキング形式で人気の口臭サプリを紹介しましたが、編集部おすすめはなんといってもミルク味で粉末タイプの「毎日口健」です。おすすめする理由は大きく2つあります。

第一のおすすめ理由は安心・安全といった品質において高い基準をクリアしている点です。

具体的には毎日口健は4大添加物といわれる保存料・着色料・香料・化学調味料を一切使わず、静岡県と千葉県の日本国内の工場で作られています。

第二のおすすめ理由は、ラクトフェリンや乳酸菌をはじめとする口臭予防・改善が期待できる成分を7種類も含んでいる点です。

  • ラクトフェリン:口臭を抑える
  • 乳酸菌:歯垢減少・歯周病改善
  • 卵黄粉末クロビゲン:歯周病菌が作る酵素の中和
  • 甜茶抽出物:不快なニオイを抑える働きをサポート
  • ポリグルタミン酸:口内の潤い促進
  • ナタ豆:口内の浄化
  • アイスコフィラン:歯石の沈着の予防

こういった特徴から総合的に判断して、毎日口健を編集部イチオシのおすすめ商品に選びました。

犬の口臭サプリのあげ方と注意点

 

口臭サプリをあげる際は、投与量を守るようにしてください。口のニオイが気になるからといって、一度にたくさんサプリを与えないようにしましょう。

サプリを与えすぎることで、栄養バランスが崩れることがあります。また、嫌がっている場合は無理に与えないようにしてください。サプリを口に入れないからといって叱ると、飼い主さんと愛犬の信頼関係も崩れてしまいます。

またサプリを摂取して体調不良になったら、与えるのはやめるようにしてください。「下痢」や「嘔吐」、「かゆそうにしている」等の症状は体調不良のサインです。

またそこまで症状が出ていなくても、「食欲が減退する」、「散歩に行きたがらない」といった様子の変化が表れたら同じくサプリを与えるのは中止してください。

かかりつけの動物病院にパッケージごとサプリを持っていき、獣医師に相談してください。

犬の口臭対策サプリまとめ

犬の口臭の原因には、「歯周病や歯石などの口中トラブル」「内臓の不調」「口中の乾燥」があり、放っておくとさらに深刻な歯周病や虫歯につながり、身体自体にも大きな不調をもたらします。

そのため、口が臭うなと思ったら適切にケアすることが大切です。口臭サプリを使うことで効果的な対策ができますが、悩ましいのはサプリの種類が多すぎてどれにしていいかわからないということです。

そこで、今回は人気ランキング形式で口臭サプリを紹介しました。そのなかでも特におすすめなのは7つもの口臭対策成分を含んだ「毎日口健」です。

今回の記事を参考に、愛犬の口臭でお悩みの飼い主さんはぜひ検討してみてはいかがでしょうか?投与量を守って、愛犬と健やかで楽しい毎日を過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました