長崎の一般家庭で起きたマルチーズ50頭の多頭飼育崩壊

長崎の一般家庭で起きたマルチーズ50頭の多頭飼育崩壊

お気に入りに追加

長崎県の保護団体が皆さまの助けを求めています!衝撃的な多頭飼育崩壊が起こったのは、長崎の一般家庭。50頭ものマルチーズがなぜ一般家庭で飼われていたのか。保護団体には、涙する余裕すらありません。

67022view

絶句・・・一般家庭によるマルチーズ50頭の多頭飼育崩壊

頭数が多すぎて適切な飼育ができない「多頭飼育崩壊」と呼ばれる状態。
アメリカでは「アニマルホーダー」と呼ばれています。
先日この動物虐待が長崎の一般家庭で起きていたことをご存知でしょうか。

6年にも渡る多方面からの説得により、今月4日、飼い主である高齢者の元からマルチーズ50頭が緊急レスキューされました。

レスキューを行った行政、保護団体(長崎 Life of Animal(木村愛子代表)、R&G長崎の保健所の命を救う会(浦川たつのり代表))が撮影した現場の写真は、まさに地獄。
心してご覧ください。

言葉を失いました。

行政と保護団体は、荒れ放題の家と予想以上の頭数に身動きが取れずにいました。
6年の歳月を経て、とうとう飼い主による全頭飼育放棄の手続きが終わり犬たちを救い出すことができました。

あまりにひどい姿。
これは個人の身勝手が引き起こした悲劇です。

飼い主は50代女性。
しかし、犬は別居する80代の母親の家で飼われていました。
数年前から母親が犬猫譲渡会に子犬を持ち込むようになり、保護団体は多頭飼育を疑いました。
全頭譲渡や不妊治療を勧めたそうですが応じなかったといいます。

現場のあまりの悲惨さに、休日だったにも関わらず現場職員総出でレスキューに着手。
まずは長崎市動物管理センターに収容しました。

長崎市動物管理センターでの様子

犬舎はマルチーズで溢れかえっています。近親交配による繁殖で歩行障害のある犬、衰弱している犬が何頭も見受けられます。

やっとのことで救い出されたマルチーズたち。
本当に生きていてくれてよかった。
この子たちは今、何を感じているのでしょうか。

(※ボランティアさん達の手によって、生まれ変わったワンコ達は次のページで!)

ボランティアによる全頭トリミング完了!

今月7日、ボランティアの方々によって50頭すべてのトリミングが完了しました!

毛玉や糞の鎧は、もはやバリカンが入らず・・・。
はさみで地道に落とされました。

やっと可愛いお顔が見えました!

今なお行政、保護団体、ボランティアの方々が寝る間を惜しんで動いています。すべては小さな命を守るため!

受け入れ先への搬送

無事、ほとんどの犬の受け入れ先が決まりました!

福岡のボランティア団体はぴねす・・・5頭
東京アルマ・・・12頭
町田小さな命を守る会、いぬねこcafe Lua・・・15頭
一般社団法人 はーとinはーとZR・・・5頭
病院で治療中・・・9頭
未定・・・4頭

驚くことに、マルチーズたちの受け入れ先が決まり搬送されるまでに要した期間は一週間足らず。
これだけの数の犬に、たった一週間で新たな道をつくったボランティアの方々のご苦労は計り知れません。

新しい人生が楽しいことで溢れますように。

地元の新聞でも大きく報じています。

今回のレスキューで活躍した『長崎 Life of Animal』からのお願い

”★まずはじめに★

現在、フード(ドライ)
オムツ(マミーポコテープタイプL、M)
テッシュ、液体洗濯洗剤
バイオウィルクリア
クイックルワイパーウェット
が大変不足しております。

フードは、ドライ、ウェット、缶詰
アダルト、シニア用で、体調管理をしている為、銘柄指定をお願いさせてもらっています。

サイエンスダイエット、いなば、デビフ、ロイカナ、ニュートロ

※高栄養ミルク、パウダー
シニア食の缶詰、パウチも大変助かります。
皆様のご協力をお願いします!!!!

皆さまに再度お願いです。

治療費が追いつけていません。

投薬や訓練費だけでも毎月12万以上は支払い、それ以外に治療や入院となると、もうどんな状況のワンコがいても手をかけてあげる事すら諦めなければなりません。

皆様からのご協力、お力添えのほど、どうぞ宜しくお願い致します。

★医療費のご協力のお願い★

<ゆうちょ銀行から>
記号番号:17690-22741081
名義:ナガサキライフオブアニマル

<他銀行から>
店名:七六八 または ナナロクハチ
 (店番:768)
口座番号:2274108
名義:ナガサキライフオブアニマル”

出典:http://ameblo.jp

詳しくはこちら↓
長崎 Life of Animal

最後に

今も、現地のボランティアの方々は大変な活動を続けていらっしゃいます。
さまざまな援助のかたちがあります。
私も微力ながら協力させていただこうと思います。

多頭飼育崩壊は、人間の身勝手さの象徴です。
なぜこうなる前に不妊手術をしなかったのか。犬たちはなぜこんなにも悲惨な状況で生きなければならなかったのか。

実は、多頭飼育崩壊に対する罰則はありません。
自治体が条例に基づき飼い主を指導し、ボランティアが引き取る。これが現状です。これが今の日本の精一杯なのです。

アメリカではアニマルホーダーの研究が進んでおり、その飼い主は50~60代の女性が多く、7割近くは自宅が不衛生で排せつ物や死骸が放置されていたそうです。
どうやら、多頭飼育崩壊は世界的な問題のようです。

犬の未来を考える。そこには必ず私たちもいて、私たちの未来も存在するのです。
どうありたいか、どうあるべきなのか、今一度、自身に問う必要がありそうです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 プリッツ

    読んでいて涙が出ました。なんてヒドイ…
    そしてボランティアの方々レスキューしてくださり ありがとうございました。皆が幸せになる事をただただ願うばかりです。
    少しばかりではありますが、是非協力させてください。
  • 投稿者

    40代 女性 プリン

    ひどい、かわいそすぎます。

    少しばかりですが、協力させていただきます。
    ボランティアのみなさん、大変だとはおもいますが、どうか助けてあげてください。
  • 投稿者

    40代 女性 ベリー

    映像を見てびっくりしました。
    可哀想過ぎます‼
    わんちゃん達が一日も早く幸せになれますよう祈ってます…
    少しばかりですが協力させて頂きます。
    ボランティアの皆さん頑張って下さい。


  • 投稿者

    30代 女性 M☆レオン☆M

    ひどい!ひどすぎる!!
    同じマルの飼い主として、悲しいです!!
    劣悪な環境で…可哀想すぎます!!
    でも、ボランティアさんたちのおかげでマルたちの第二の人生が素敵で楽しい事をお祈りしてます!
    少しでも長崎のマルさんたちの力になりたいです!!
  • 投稿者

    女性 匿名

    ボランティアの皆様本当にご苦労様でした。小さな命を助けてくれてありがとうございました。我が家のシーズーも多頭崩壊現場から引き取った親子です。8年前に雄雌2頭が8年後には50頭近くまで増えたと…親子を保護した、といっても母親の乳首は全然張っておらず仔犬も3ヶ月と言われていましたが病院では2ヶ月位多分親子ではないですねとの事でした。あれから3年が経ちました。同じ人間として情けないやら腹立たしいやらです。そんな事が今、全国で起きているのですね。法整備を早急にして欲しいです。
  • 投稿者

    40代 女性 さあこ

    本当に悲しくて泣けました。

    それと同時に怒りでいっぱいです。
    ペットを飼う事の責任の重さが何も分かってない!
    飼い主も生きて行く為に衣食住を確保して毎日を
    過ごしているのではないのでしょうか?

    ペットだって一緒に生活していくって決めた以上、
    全く一緒ですよ!何一つ変わりはありません‼︎
    動物は言葉が話せません。それ以上に配慮して
    あげなければならないのではないでしょうか?
    ぬいぐるみと違うんですよ!毎月のフード代、
    予防接種、時として病気、怪我などの診療費用など
    と、飼い主側のそういった責任能力と経済状況は
    ペットを飼うえできちんと把握しておくべきであり、
    把握出来ていれば、こんな結果にはならないはずです。
    まだ大丈夫!なんて甘い考えはやめてください‼︎
    人間も歳をとります。ペットはそれ以上に早く‼︎
    それが分かればお互いの許容範囲を超えずにお互いに
    幸せになれることをどうか分かって下さい‼︎

    こんなことが繰り返し起こらないことを願うばかりです。少しばかりではありますが寄付させて頂きます。


  • 投稿者

    40代 男性 ジョリーとなごみのパパ

    何かの足しにしていただけれぱと思い、少額ではありますが、ご指定口座に送金しました。

    同じマルチーズを多頭飼いしてる私にとっても他人事ではありません。
    唯一違う事は、私なりに精一杯の愛情を込めて家族の一員として、共に日々生活しております。
    仕事が終わったら、真っ直ぐに帰って早く犬達に会いたい!特別なことではありません。ごくごく日常の風景です。

    私が思うに今回、保護された50頭は、ほんの氷山の一角にしか過ぎないと察します。沢山の尊い命が犠牲になっていたのではないかな?と推測できます。
    手厚い保護された50頭の影には、多くの子達が何の愛情も受けることなく命が失われたことに心傷みます。

    そして、読書の皆様の更なるご協力、是非よろしくお願い申し上げます。
  • 投稿者

    50代以上 男性 トシロー、

    人間の身勝手な、行動が起こした悲劇ですね!ペットを愛してる方は、理解出来ない、ペットショップで、最近高額で売買されている、ペットを喰い物にしてる、ブリーダーや、ペットショップ許し難い、お金儲けの犠牲者に、ペット達が、可哀想すぎます!ペットを飼うには、命ある限り責任を持てる方に、お願いしたいです!ボランティアの活動の皆さん有難うございます!
  • 投稿者

    女性 マリーン

    犬の多頭飼育…。数年前から、増えたら愛護団体や動物病院に泣きつき譲渡…
    譲渡後に発覚した近親での奇形等々、人間の身勝手さが引き起こした悲惨な犬達…本当に気の毒です。
    お金に不自由な方ではなくむしろ裕福なご家庭…完全なアニマルホーダーで行政も引き続き監視が必要だと思います。

    愛護団体については、レスキューを隠れ蓑に「犬は金ずる」の団体が現存します。寄付をされる場合はくれぐれも充分にお気をつけ下さい。
  • 投稿者

    50代以上 女性 なお

    入金しようとしましたが、銀行名がわからず銀行の方に振り込めないと言われました。
    銀行名など記載をお願い致します。
  • 投稿者

    50代以上 女性 Alice

    先天性水頭症のマルチーズを4ヶ月の時に迎え、一昨年、治療の甲斐なく8歳で亡くしました。
    このようなことは、到底許される事ではありません。
    動物愛護法を変え、もっと厳しく処罰しなければ、不幸な犬猫たちは、後を絶ちません。

    無理な繁殖、近親感の繁殖、虐待、今回のようなケース、どれも人間の身勝手さゆえの事です。
    また、お金儲けの為に犠牲になる犬たちを思うと、申し訳なさでいっぱいになります。

    犬とはなんなのか、ペットとはなんなのかを考えてばかりのこの頃です。

    この仔たちには今までの分も、幸せになってもらわなくては、と心から思います。



  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    本当なら真っ白で可愛い姿のマルチーズがなんて酷い姿に。無事に全頭救出されて本当によかったです。ご飯だってまともにもらえてなかったでしょう。お水だって汚いままだったかもしれない。暑い日も寒い日も我慢していたんでしょうね。

    こんなに頭数は多くなくても、近い状態の飼育放棄している人はまだまだいると思います。怪しいと思う家があったらなるべく目を光らせて、然るべき場所に相談するべきです。今の日本はトラブルを避けたいために見て見ぬフリをする人も多いですが、動物の命がかかっていることなので勇気を出してほしいです。

    ペットショップやブリーダーなどでも、成長して売れない子犬や老犬、病気になった犬を大量に放置していくという話を聞いたことがあります。残ったら施設に送ればいいやくらいの気持ちなのかもしれません。販売する側もきちんとした体制を取るべきだと思います。ペットショップで残ってしまっている子はどうなるんだろうといつも気になっています。
  • 投稿者

    30代 女性 くいな

    命を救われたマルチーズちゃん達が、健全な環境で伸び伸びと過ごせます様にと願っています。多くのボランティアの方の尽力にも頭が下がる思いである一方、もっと早く何とかできなかったのか?と忸怩たる思いも残りました。
    この記事を読ませて頂いた範囲ではありますが、いくつか、ポイントがあります。

    ・数年前から母親が犬猫譲渡会に子犬を持ち込んでおり疑いがあった
    ・母(80代)と娘(50代)の関係に違和感がある
    ・全頭譲渡や不妊治療を勧めても応じなかった

    この段階で行政がレスキューに動けないのですね。結局、飼い主による全頭飼育放棄の手続きに6年を要し、そこでやっとレスキューできたとのこと。ゴミ屋敷の問題もそうですが、ゴミもペットも法的には「所有物」とされ同じ位置づけかもしれませんが、犬(猫)は生き物です。法律・ルールの改正がすすむことや厳しい罰則が科せられることも勿論ですが、ペットと暮らすことへの古い意識の改革をすすめていきたいものですね。
  • 投稿者

    30代 女性 ナナコ

    あまりにひどい状況に涙がとまりません。なぜこのようなことをされた方がいて罰則がないのでしょうか。その家から出ることも出来ずに、みんながんばって生きてきたのですね。犬を飼うということは犬をお世話することだと思います。責任なくしてできることではありません。この長崎の件は飼い主の方が孤独でこうなったわけではないと思います。家族の方もいて、譲渡の際にアドバイスをくれる方もいて、助けようとしてくれている人がいるのにどうしてこのような状況になったのでしょうか。人間のエゴで辛い思いをするのはいつも動物達ですね。ボランティアや保護犬に携わる方々、すべての方に頭がさがります。
    長崎のこのような家がどうか他にはありませんように。このような飼い主の方がこれ以上増えないことを願っています。
  • 投稿者

    女性 渚

    これはヒドイ・・・。写真を見て絶句しました。なぜ一般家庭の人が50頭ものマルチーズをこのような状況になるまで放っておいたのかというのが疑問で仕方ありません。マルチーズだけの問題というか、普通この状況になったら人間だって生活できないですよね??この状況で生きていられるということ自体が疑問かつ信じられません・・・。マルチーズだって、まるでゴミのようです。きっと食べ物や水だってまともにもらえていなかっただろうし、散歩にだって連れて行ってもらえてなかったでしょう。もうこの子たちの気持ちを考えると、怒りと悲しみがこみあげてきます。本当に人間の身勝手な行動で小さな命が雑に扱われることがショックです。この子たち全員がきちんとした状況で普通に生活を送れることを心から祈っています。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    同じ長崎県人であり愛犬家の私としては、何だか悲しい気持ちになりました。
    私のペットの犬も、犬が多過ぎて困ってると言われて譲り受けた子です。
    家計の事もあり1匹だけしか連れて帰れませんでしたけど、その後は、どうにか飼い主を見つけたみたいでした。それでも、稀なケースですよね。貰ったワンコは油塗れの虫塗れの雑種犬で、獣医さんに診てもらい健康体だったのが幸いでした。
    沢山の動物が
    幸せに暮らせる世界になってほしい。
    出来る限り協力しますね
  • 投稿者

    女性 コロ

    飼える環境や経済力もないのに飼うから多頭飼育崩壊になるんです。可愛いだけでは飼ってはいけないと思います。
    多頭飼育崩壊やなにか問題を起こした人は、今後ペットを飼ってはいけないというペナルティでも課せればいいのですが。
  • 投稿者

    女性 くろちゃん

    新しい住宅街ができると他からの寄り集まりでご近所さんとの関わりが少なくなります。他の家に関心が無くなりこういったことが起こるのかなとも思います。近隣の住民の方々は鳴き声がやかましかったり、臭い匂いがしたら、町内会長さんに相談したりと何か出来たかもしれません。世の中が孤独ヘと向かっていることが大きな問題かなと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。