犬に与えて良い果物とダメな果物

【獣医師監修】犬に与えて良い果物とダメな果物

お気に入りに追加

わんちゃんが食べることで食材にはよっては悪影響を与えてしまうものがたくさんあります。与えていいものでも、与える量によっては体調を崩してしまうこともあります。今回は果物編です。

67361view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

知っているだけで防げることがある

犬にキスをしている子供

犬が食べれる食材について調べたきっかけは手作り食を作りたくて。調べていくなかで、知らず知らずのうちにあげていたものが実は良くなかったんだ!と知ることもありました。

人間の食べ物はあげないから大丈夫!と思っている方でも、何かの拍子に愛犬が人間の食べ物を食べてしまった際に、犬が食べても良いものだったか悪いものだったのかでその後の行動も変わると思います。

知らなければ、チョコレート(犬にはNG)を食べてしまっても少しだから大丈夫と安心して愛犬が体調を崩すまで気づかないかもしれません。

食べたものが原因な事にも気づかないかもしれません。

人間が食べられるものでも、犬には良くない食べものがある事を知っていて貰えればと思います。

犬にあげても大丈夫な果物

鼻の上にリンゴを載せている犬

バナナ

皮をむき、表面の筋も取り除き20gほど。

いちご

ヘタは取り、生で20g ほど。表面のタネは食べれますが、心配なら与えなくて良い。

りんご

皮とタネを取り除き、20gほど。

皮とタネを取り除き生で20gほど。かたいものや、渋柿はNG。

1つほど 大きいものは半分〜4/1ほど。加熱し、渋皮を取り除き小さく切ってあげる 。

すいか

皮やタネを取り除き、生で30gほど。

皮やタネを取り除き、生で20gほど。

メロン

皮やタネを取り除き生で20gほど。

※与えても良い量は目安ですので、初めは少量をあげて様子をみてくださいね。アレルギーをもっている子もいるので体調には十分注意してください。皮やタネなどは、喉に詰まらせたり消化に良くないので必ずタネは取り除き、皮もむいてください。

犬にあげても大丈夫だけど注意が必要な果物

みかんとソファに寝ている犬

みかん

柑橘類は茎や葉や外皮に中毒性物質を含む場合があります。与えるなら果実だけにしてください。与えすぎると嘔吐や下痢の原因になります。与える場合は筋や薄皮も取り除き、15g。

キウイ

食物繊維が多いので与えすぎは下痢の原因になります。またカロリーも高いですので与えすぎには注意しましょう。皮をむき生で10gほど。タネは消化されにくいので取り除いた方が良いです。

さくらんぼ

葉と茎と種は犬にとって有害です。与えるときは種などが入っていないことに注意し、水洗いでしっかり洗いましょう。与えるなら15gほど。

パイナップル

食物繊維が多いので軟便や下痢になりやすくなりますし、糖分も多いためカロリーが高いです。缶詰やドライ製品は砂糖が使われているので控えましょう。
与えるなら15g

ブルーベリー

目にいいと言われるアントシアニンは犬には効果があるかどうかの確証はありません。食物繊維が多いので軟便や下痢に注意。ジャムなどの加工品はもちろんだめです。与えるなら10g。

マンゴー

大量に食べたり、アレルギーがあると痒くなることがあります。糖分ももちろん高いですし、下痢や嘔吐の原因になることもあります。与えるなら皮をむき15gほど。

葉と茎や種に中毒性があり、特に未成熟な桃の種には有毒になりうる物質があるので注意。桃の種を飲み込んでしまうという誤飲もあるみたいなのでわんちゃんが食べないように気をつけましょう。与えるなら種と皮は取り除き生で20g。

ライチ

与えなれない果実なので消化不良を起こすこともあります。与えるなら皮と種と薄皮は取り除き生で15g。

デコポン

外皮に中毒性物質を含むものがあるので、丁寧に皮をむいてからあげましょう。皮、薄皮、種を取り除き15g。

※与え方に注意が必要ですので、個人的には無理にあげなくても良いと思っています。かならずしもわんちゃんが食べなければいけないものではありませんので、その点はしっかり覚えておいてください。与える場合は少量から与えて様子を見てください。

絶対に犬にあげないで欲しい果物

ぶどうを目の前にしている犬

ぶどう

ぶどうを食べた事が原因で腎不全を引き起こし命にかかわった中毒報告が多くあり、既に腎臓などに持病のあるわんちゃんは危篤状態を引き起こすケースもあります。干しぶどうやレーズンも同じ危険性があり与えないで。

プルーン

葉や種や茎に毒性があり呼吸困難やショック症状などが報告されています。
毒性は乾燥する過程で強くなるのでドライフルーツは特に気をつけてください。もちろん生でも乾燥状態でも与えないで。

いちじく

皮や葉、果肉にソラレンやフィシンなどの中毒性物質を含んでおり摂取する事で口内が炎症したり、嘔吐やよだれの症状を引き起こす場合もあります。種も多いので与えないでください。

レモン・グレープフルーツなど外皮をむかずに与える柑橘類

柑橘類は、外皮部分に嘔吐や下痢の原因になる中毒成分があります。人が食べる際に皮ごと絞るレモン(柑橘類)や、外皮をむかずに包丁で切るグレープフルーツはおすそ分けしないのが無難です。

ドライフルーツ

糖分を含み乾燥させているので糖度が高く、食物繊維も多いので腸内バランスを崩しやすく軟便や下痢の原因になります。与えないでください。

犬に果物を与えるときは

リンゴ畑で伏せている犬

  • 皮、種、茎、芯を取り除く
  • 与える量に気をつける
  • 迷うくらいなら無理に与えない
  • 食べやすい大きさに切り分ける(小さく切ったりすりおろしたり)
  • 持病やアレルギーがある場合は獣医に相談する

犬には大丈夫でも、持病があると食べてはいけない場合もあります。

まとめ

スイカを食べている犬

愛読している本やネットなどで調べたことを参考にしてまとめてみました。思っていたよりも意外とたくさんの果物が与えても良いんだとびっくりした記憶があります。

与えていい果物でも缶詰など砂糖を使ったものは避け、生のものをあげてください。加熱必須なものは加熱をしてください。ちょうだいと、甘えられるとついつい与えてしまいそうになりますが、与えてはいけない食べ物をあげるのは辞めましょう。また、どの果物も糖分がある程度ありあたえすぎは肥満や病気の原因にもなりえることは十分に認識しておいてください。

我が家ではスイカやりんごをあげる事が多く、りんごは細く切ってスティック風にしたり、すりおろしてあげたりと万能です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 マルコ

    とにかくブドウはNGだと聞いていたので注意していましたが、当たり前ですね、レーズンは干しブドウでした。危うく意識がありませんでした。うちの犬はパンが大好きで、テーブルの上にトーストがあると飼い主の目を盗んで、どんな危険を冒してでも泥棒をします。レーズンパンもたまに食卓にあがりますので注意しないとです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。