薩摩犬とは?西郷隆盛の愛した犬種が絶滅した理由について

薩摩犬とは?西郷隆盛の愛した犬種が絶滅した理由について

薩摩犬は、現在の鹿児島県付近を原産とする日本犬です。幕末の薩摩藩士、西郷隆盛が愛した犬として知られる薩摩犬は、今ではもう絶滅したといわれています。薩摩犬がどんな犬種だったのか、性格や特徴、絶滅した理由まで詳しく解説します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

薩摩犬ってどんな犬?

西郷隆盛像

薩摩犬は現在の鹿児島県が原産の犬で、古くから薩摩ではイノシシ猟の猟犬として活躍していました。泳ぎが上手なため、猟犬として重宝されたそうです。

薩摩犬のルーツは鹿児島県の甑島列島原産の犬種、甑山犬が先祖と言われています。なお、薩摩犬の正式な読み方は「さつまいぬ」です。「さつまけん」ではないので注意しましょう。

西郷隆盛も愛した「薩摩犬」

薩摩の維新志士である西郷隆盛が愛した犬としても知られており、西郷隆盛を題材にしたNHKの大河ドラマ「西郷どん」では、愛犬「つん」として登場しています。

つん以外にも西郷隆盛は薩摩犬を複数頭飼っていたと言われ、上野公園にある有名な像の側にもしっかりと薩摩犬の姿が確認できます。

ちなみに西郷隆盛はなかなか立派な体型をしている西郷隆盛、健康のために(ダイエット)愛犬を連れて歩いていたんだそう。

というのも、倒幕の先頭で戦っていたころはスリムだった西郷の体型は、明治維新が達成されるとすっかり肥満体型に。お酒は飲めなかったそうですが、食欲は相当だったようで、みるみる間にでっぷり、40歳代半ばの頃には歩くだけで息切れをするほどになったそうです。

ついにはドクターストップがかかり、食生活の改善と運動を医師からアドバイスされてしまいます。そこで西郷は、山登りや兎狩りを趣味にして、薩摩犬のメス犬「ツン」を連れ歩くようになったといいます。

ただ、上野公園の銅像はつんではなく、別の薩摩犬だったそうです。そもそも、上野公園の銅像は写真嫌いだった西郷隆盛の姿を想像して作られたものらしく、西郷隆盛はあんな顔をしていなかった!なんて話もあります。歴史とは曖昧なものですね。

薩摩犬が絶滅した理由

クエッションマーク

薩摩犬を今飼いたいと思っている方も多いでしょうが、残念ながら純粋な薩摩犬は現在では絶滅したと考えられています。

理由としては野性に近い犬種であった為に気性が荒く、扱いが難しかったという点と、明治期以降、西洋から犬が輸入されるようになったことで交雑が続き、純粋な日本犬は少なくなっていったというのが理由です。

1920年ごろには絶滅したと言われていましたが、純血種の血統を濃く残した犬が生き延びていることが分かり、1989年から交配を重ねて血統の安定を図ってきました。1994年に、4代目7匹に血統書が発行されています。

しかし、あくまで血統が近い犬ということで、他の犬との交雑が進み、本来の純血の薩摩犬の復活は難しいとされています。

2000年頃には、100匹近くまで増えたとされる薩摩犬の復活劇ですが、繁殖活動は続かず、残念ながら10年ほどで再び姿を消してしまったということです。このような経緯により、純粋な薩摩犬は消えてしまったということです。

薩摩犬保存会とは?

鹿児島県の桜島

薩摩犬の血統をなんとか守ろうと、かつては薩摩犬保存会という団体が設立され薩摩犬の血を色こく受け継いでいる個体を選別し交配させなんとか薩摩犬を復活させようとする働きがありました。

この活動により、2000年頃には数を増やして行きましたが、薩摩犬の子犬を育てるブリーダーが少なかった事もあり、保存会は途中で頓挫してしまい2010年に再び絶滅してしまったと言います。

現在でも保存会の活動は行われていない状態であるのと同時に、薩摩犬の血統を色濃く受け継いでいる個体がなかなかいない為、事実上絶滅したと考えられています。

薩摩犬の値段は当時いくらぐらいだったの?

薩摩犬保存会が繁殖していた当時は、子犬の販売は行わず譲渡のみで行っていたそうです。そのため値段や価格の相場自体が無く、金額的な価値をはかる事はできませんが、とても希少な犬種であった事は変わりないでしょう。

薩摩犬の性格

薩摩犬の銅像

性格

  • 獰猛
  • 従順
  • 穏和
  • 利口
  • 俊敏性がある

オオカミに近い血統であった薩摩犬はやはり獰猛な一面があったようです、猟犬としてイノシシやうさぎなどを追っていた為闘争心も強い野性的な犬種だったと考えられます。

しかし、とても利口で穏和な一面もあり、むやみやたらに吠えるようなことはなかったと言います。さらに日本に古くから生息している犬種であるためか、飼い主に大変従順で、主人と認めた相手にはとことん尽くす性格だったようです。

人間のために尽くしたいという思いが強いという面が、西郷隆盛が愛したポイントでもあったのかもしれませんね。俊敏性もあり、狩が大変得意な犬種で泳ぎも得意だったと言われています。

薩摩犬の特徴

西郷隆盛像

大きさ(体重/体高)

  • 体重:10Kg前後
  • 体高:40cm前後

現在は薩摩犬が絶滅しているため、あくまでも過去の記録によるものではありますが、薩摩犬の大きさは柴犬と同じくらいだったと言われています。柴犬の平均体高は40cm前後、体重は10Kg前後であるため、想像しているよりも小ぶりな犬種だったと思われます。

場合によってはさらに小さかったと言われていますので、サイズは小型〜中型犬くらいだったのかもしれませんね。獰猛な犬種というイメージがあった方からすれば、薩摩犬のこの大きさは意外だったのではないでしょうか?

被毛(毛色/毛質)

記録によると薩摩犬の体毛は赤、または黒地に茶色が混ざった黒毛胡麻といわれる毛色だったそうです。さらに特徴としては子犬の時代から成犬になるまでの間で被毛の色が若干変化していったそうです。子犬は茶色ですが成長するにつれて少し黒い褐色になっていったのだとか。

体の特徴

薩摩犬の最大の特徴は、差し尾と呼ばれるまっすぐに伸びた尻尾です。ピンと立った耳と真っ黒で澄んだ瞳がとても魅力的だったと記録にはあります。狩猟犬であるがゆえに、大変バランスのとれた素晴らしい肉体を持ち、筋肉質な体をしていたと予想されます。

まとめ

西郷隆盛の愛犬の銅像

大河ドラマの影響で再び注目を集めている薩摩犬。最近では西郷隆盛の愛犬つんのグッズやぬいぐるみ、また薩摩犬をモチーフとしたキャラクター「つんつん」も人気なようです。

現在は絶滅して血統が絶えている薩摩犬ですが、もし薩摩犬の血を色濃く受け継いだ個体が現れたら、ブームにあやかって再び薩摩犬の保存活動が始動するかもしれませんね。

その時は、前回のようなことがないようにぜひ保存活動が継続され国の天然記念物に指定されればいいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 HONU

    小さい頃から上野動物園の近くに住んでいるのですが、上野公園を散歩する度に西郷さんの銅像に挨拶しに行きます。いつも可愛い犬が側にいるので「カワイイなあ~」なんて思っていましたが、何の犬種かは考えたことがなかったです。しかも、結構小型なので柴犬かと思っていました。また、「写真嫌いだった西郷隆盛の容姿の記録がなく、親戚の写真などから想像で作ったらしい」ということも知りませんでした!近くに住んで、よくお散歩へ行っていたのにショックです(笑)。ということは、犬も想像で作られた犬ということですね。薩摩犬の写真を見てみると、柴犬とよく似ていますが、気性が荒くて扱いは難しいようですね。なかなか飼いにくい犬種だと思いますが、さすが西郷さんです!
  • 投稿者

    30代 女性 りん

    西郷さんの銅像は何度も見たことがありますが、この犬が薩摩犬というものだということは初めて知りました。日本にも今知られているメジャーな犬種以外にももっとたくさんの犬種がいたんですよね。犬種保存のことなどについては不勉強なので詳しく知りませんが、今これだけ海外原産の犬が日本にはあふれかえっているのに、日本原産の犬は数えるほどで多くが絶滅しているということに少し切なさも感じてしまいます。私は和犬が大好きで、いつか甲斐犬を飼いたいなと思っているので犬種保存についてもしっかり調べようと思います。それにしても、西郷さんがダイエットのために犬を連れ歩いていたとは!!歴史上の人物ですが、なんだか親近感がわいてきますね。
  • 投稿者

    40代 女性 サンデー

    日本人なら和犬を飼えよ、とよく知人に言われますが、和犬は洋犬と違ってしつけが難しいイメージがあります。西郷さんはどのように犬と接していたんでしょうね。しつけが難しいけど、固い信頼が結ばれると従順に主人に仕えるのでしょうね。西郷隆盛の最後、西南戦争で西郷さんが連れて来た犬を放したという、そんなドラマがあったなんて!
    学生の頃の歴史の先生、こういうこと教えてくれれば歴史が好きになったかもしれないのに。犬が好きな西郷さん、ダイエット目的で犬と散歩を始めたら犬好きになっちゃって、戦にまで犬を連れて行ったんだって。
    犬好きの歴史上の偉人、まだまだいそうですよね。犬と人間って本当に不思議な仲だなぁと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 空&花

    西郷さんが連れているのは薩摩犬という犬種だったんですね!わりと近くに住んでいるので銅像を見かける機会は多いのですが、正直何の犬種かまで考えたことってあまりなかったかも…。勝手に柴犬とかかな~と漠然と思っていた気はしますが。薩摩犬か~、とってもお似合いですね♪
  • 投稿者

    女性 ドン

    西郷さんの銅像が犬を連れているというのは何となく知っていましたが、それが薩摩犬という犬種だったとは初めて知りました。薩摩犬という犬種があるのも知りませんでした。
    いろんなエピソードが西郷さんには残っていたんですね。大男だったとか、大食漢だったとか、そんなことしか知らなかったので、この犬とのエピソードはとても興味深かったです。
  • 投稿者

    女性 あんみつ

    NHKの大河、私は見れていないのですが西郷どんは薩摩犬を連れているのでしょうか。どこかで犬が登場したりしたのかしら。西郷隆盛という人物を描く上では必要不可欠ですよね、きっと。とっても気になります。愛犬家だった、というエピソードだけで歴史上の人物に親近感が湧いてしまいます。そして愛犬家に悪い人はいない、やっぱり西郷さんは人徳のある素晴らしい薩摩隼人だったんだ、という思いを深めてしまいます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。