四国犬の性格や特徴、歴史など 忠誠心が高い武士のような犬種

四国犬の性格や特徴、歴史など 忠誠心が高い武士のような犬種

お気に入りに追加

四国犬という犬種を聞いたことがありますか?日本犬の一種で、高知原産の猟犬です。昔からその土地に生息している「土着犬」と言っていいくらい古い歴史を持ち、現在も愛好家の間で大切に育てられています。この記事では、四国犬の性格や特徴、歴史までをご紹介します。

24052view

四国犬の性格

おすわりをしている四国犬

四国犬の性格

  • 勇敢
  • 忠実
  • 用心深い
  • 落ち着きがある

四国犬はとても日本犬らしい性格をしています。冷静で勇敢、闘争心もあり、飼い主には忠実です。「サムライ」という言葉がぴったりくるような性格が、四国犬の魅力です。

日本犬は皆そうですが、四国犬も飼い主以外には心を許しません。そこが最大の魅力なのですが、他の人に警戒心を抱かせすぎないように、子犬時代にいろいろな人と触れ合わせることが大切です。

四国犬はとても頭がいいので、むやみに攻撃的になることはありませんが、子犬時代に他人との接触が少なすぎると、大人になってから他人を警戒して吠える犬になる可能性もあります。

また、四国犬は狩猟本能が強い犬でもあります。散歩中に鳥や猫などを見かけると、走って追いかけようとするかもしれません。力も強く、リードを手からもぎ取られてしまう可能性があるので、お散歩デビューの時から、しっかりと飼い主の歩調に合わせるようにトレーニングしましょう。

四国犬の特徴

四国犬の全身

四国犬の大きさ

体高:49cm~52cm

四国犬の体重

体重:16kg~25kg

四国犬は中型犬に分類され、体高は49cm~52cm程度、体重は16kg~25kg程度です。とてもバランスのとれた体形をしていて、筋肉質です。見るからに頑強な感じがしますね。

日本犬らしい立ち耳と巻き尻尾も、四国犬の魅力です。ピンと立った耳で物音をよく聞き取り、番犬として働いてきたことをよく表しています。

四国犬の毛色はゴマ、赤、黒褐色がスタンダードです。単色に胸元や足などに、白いポイントが入ります。とても素朴な外見で、いかにも地犬という感じがします。被毛はダブルコートで、春と秋に換毛します。その時は抜け毛がたくさん出ますので、こまめなお掃除が必要です。

四国犬の値段

四国犬の子犬

四国犬の値段

10万円~15万円

四国犬の子犬の値段は、10万円~15万円程度です。血統によっては、もう少し高額になることもあるようですが、おおむね10万円程度で販売されています。

同じ中型の日本犬である柴犬は、ペットショップでよく見かけますが、四国犬が店舗で販売されていることはまずありません。数が少ないからというのもありますが、愛好家の間で大切に保存されているので、ペット販売の流通に乗ることはないのです。

四国犬の子犬が欲しいときは、まず日本犬保存会に連絡してみましょう。全国に支部があるので、お住まいの都道府県で探してみてください。または、四国犬保存会という団体も存在しますので、そちらに問い合わせてみてもいいでしょう。

▼関連記事

あるいは、四国犬のブリーダーから子犬を譲り受けることもできます。数は少ないですが、四国犬の保存に取り組んでいる方がいます。その分、安心して子犬を迎えることができそうですね。

四国犬の顔

四国犬のブリーダーを2件ご紹介しますね。

  • 河辺宏臣ブリーダー(東京都)
  • 四国犬専門 創竜庵 (熊本県)

河辺ブリーダーは、愛犬の血統を残したいという思いから、四国犬の保存に取り組んでいます。創竜庵は、四国犬専門に扱う犬舎で、子犬を迎えたら一生涯に渡って、健康面のサポートをしてくれるそうです。どちらのブリーダーさんも、四国犬に深い愛着を持っているのがうかがえますね。

四国犬の寿命

じゃれ合う2匹の四国犬

四国犬の寿命

10歳~12歳

四国犬の寿命は、10歳~12歳程度と言われています。中型犬としては、少し短いですね。もちろん個体差もありますし、飼育環境によっても寿命は違ってきますので、もっと長生きさせてあげることもできるかもしれません。

四国犬の気をつけたい病気

アレルギー性の皮膚炎

日本犬には、アレルギー性の皮膚炎が起こりやすいと言われていますが、四国犬も例外ではありません。アレルギー性皮膚炎は慢性化しやすいので、早いうちに動物病院に行って対処したほうが良いです。アレルゲンを特定できれば、食事や生活環境を整えてあげることもできます。

神経痛

また、四国犬は神経痛にかかりやすいと言われています。脚を引きずるなど、不自然な行動が見られたら、神経痛の疑いがあります。痛みはストレスになりますので、動物病院で治療を受けて、痛みを取り除く、緩和するなどの処置をとってあげましょう。

認知症

そして、日本犬はシニアになると認知症を発症しやすいそうです。これは四国犬も同じです。一説によると、日本犬はもともと魚をよく食べていたので、肉中心のドッグフードだと、認知症になりやすいと言われています。

わんちゃんの好みもあるでしょうが、現在は魚中心のドッグフードもありますので、四国犬にはそのようなフードを与えることを検討してみてはいかがでしょうか。

四国犬の歴史

川で泳いでいる四国犬

古くから狩猟犬として活躍

四国犬は紀元前から四国にいた犬が祖先で、古くから狩猟犬として働いてきました。高知県の山岳地帯にいた「ヤマイヌ」が祖先と言われていて、野生の犬を猟師が飼いならし、狩猟犬にしたそうです。原産地の高知にちなんで、「高知犬」と呼ばれることもあります。

四国犬には、産地によって3つの系統が存在していました。阿波系、本川系、幡多系と3つの系統があり、本川系が最も純血性が高いと言われています。僻地だったために、純血性が保たれてきたようです。ただし、最近は3つの系統の混血が進んでいて、ほとんど差がなくなってきています。

1937年に国の天然記念物に指定

山岳地帯を駆け回る狩猟犬として活躍した四国犬ですが、1937年に国の天然記念物に指定されました。このころ、他にも秋田犬など6種の日本犬が天然記念物とされています。背景には、日本に洋犬がたくさん入ってきたことがあります。

日本犬の純血性を保とうと、日本犬保存会が働きかけたのです。その結果、今でも四国犬はその特徴をよく残し、野性味のあふれる狩猟犬らしい魅力をたたえた犬種として確立されています。

まとめ

リードをつけた四国犬

四国犬はとても日本犬らしい特徴を備えているところが、最大の魅力ですね。中型という大きさも、大型の日本犬に比べると、家族に迎えやすいと言えるでしょう。

ただ、四国犬は数が少ないので、子犬を迎えるにはブリーダー探しから始めなければいけません。四国犬を保存していきたいと考える方から、子犬を譲り受けることになります。大切な子犬を譲ってもらうわけですから、こちらも責任を持って迎えなければいけないですね。

四国犬はとても運動量が豊富なので、散歩も1日2回はしっかりと連れて行ってあげたいですね。丈夫な体が四国犬の魅力でもありますので、しっかり運動させて、筋肉質の体を保ってあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 AKI

    日本犬の里のヤンチャンも四国犬ですが
    普通の四国犬は警戒心の強い子が多いと聞きますが
    ヤンチャンはえんどぅ「ダンサー」のおかげかとっても人懐っこくなりましたよね。
    私は今紀州犬を飼うことが夢です。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    私も、里親募集より譲渡してもらい四国犬かってます!!名前はももちゃんです。
    譲渡会では、雑種でおとなしそうとおもって譲渡をおねがいしたのですが、純粋の四国犬でした。

    うちにきたときは、はじめは警戒してご飯もたべませんでしたが、一度私たち家族を受け入れてくれたら、家族に忠実そのものでご飯もたくさん食べてます!おすわりや待てなどの芸はできませんが、言葉や状況も理解し、まだ赤ちゃんのわが子には優しく舐めてくれたり背中に乗せて遊ばしてくれます。散歩のときに山に行くとあんなに普段は、おとなしいのに血が騒ぐのか運動神経抜群でハッスルしてます。その姿をみていると、私たち家族だけがみることのできる素顔で安心と嬉しさを感じます。
    癒しだけではなく、人間が1人いるような存在感のある、我が家にはかげかえのない存在の四国犬のももちゃんです。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    日本犬で有名な犬種は、秋田犬・土佐犬、紀州犬・最近ではブームになっている柴犬というのがすぐに思い浮かびますが、「四国犬」という犬種は初めて聞きました。特徴にある「武骨で無口」で、人間に例えると<高倉健さん>というのはかなり硬派なワンコなのだと思いました。我が家の近所の柴犬も、マイペースであまり人に媚びる所がないので、同じ日本犬として似たような部分もあるのかもしれませんが、実際に飼ってみると、四国犬はまた違った魅力があるのかもしれないと記事を読んで感じました。頭数も少なく、なかなか手に入りにくい犬種だと思いますが、飼い主に対する忠誠心もあり、著名人もその魅力について語っているとの事で、ますます一度会ってみたいと思いました。
  • 投稿者

    女性 シュナ

    私も山口県出身ですが、周南動物園の存在は知りませんでした。ジャッカルなど、とても珍しい犬科もいるとのことでぜひ私も行ってみたいです。和犬は忠誠心が強いと聞きますが、四国犬にはさらに違った魅力があるようですね。高倉健さんみたい、不思議とわかりやすいたとえです。四国犬、とはじめに聞いたとき土佐犬のことかと思いましたが、土佐闘犬とはまったく別の種類のようですね。まだ四国犬に会えたことはありませんが、写真を探してみると本当にお顔が狼に近いですね。かっこいいです。どの犬種もそうですが、和犬は飼い主との関係が特に大切だと思います。主従関係がしっかりと出来ていないと問題もおきやすいと思いますし、犬にとってもかわいそうな状態になります。いつか天然記念物でもある四国犬にあえるのを楽しみにしたいと思います。
  • 投稿者

    女性 コロ

    四国犬という犬種があったのですね。てっきり四国出身の犬の総称なのかと思っていました。お恥ずかしい。
    四国犬の外見はオオカミですね。足も長いので、走るスピードもありそうです。日本犬は性格がサムライな子が多いですね。凛とした雰囲気がそう思わせるのかもしれませんね。
  • 投稿者

    女性 パピコ

    四国犬を以前テレビ番組で見たことがあります。おじいさんと山へ狩猟に行き、捕った獲物をさばいて鍋でお野菜と一緒にグツグツ煮て、ガツガツ食べていました。とても野性味溢れる姿に感嘆しました!山の道もないような傾斜をすいすいと行き、しかし飼い主さんへの従順な姿。いわゆるペット、愛護犬というわけではなく、一緒に生きていく同志といった雰囲気でかっこよかったです。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    日本犬の中身は武士と聞いたことがあり、なるほど納得と思いました。記事を読んで四国犬は特にその性格が強く出ているように感じます。
    四国犬はそう簡単に屈しない精神を持っているそうなので、しつけはまず飼い主と認めてもらうところからですね。一度認めてもらえたらどこまでも忠実です。まさに武士ですね。
  • 投稿者

    20代 女性 ?

    四国犬は、一度飼い主との心を合わせると、協調心よく一生懸命尽くしてくれます。とても家族おもいで父は、虜になっていました!。今は、生まれた赤ちゃんの虜です?是非、また四国犬を家族として迎えたいでね!
  • 投稿者

    40代 女性 おはな

    どこかで、四国犬の子犬を分けて頂けるのでしょうか?
    私は四国に住んでいます。
    記事を拝見して、とても魅力的な犬だと思いました。
    今は老犬がいますが、その次に飼う犬として検討しています。

  • 投稿者

    50代以上 女性 えまちゃん

    昨年、山口県周南市の施設に保護された雑種犬を譲り受け飼っております。毛並みが四国犬によく似ております。みなさんのコメントを拝見するとよく似ていて頷いてしまいました。先祖は四国犬だと確信しました
    えまちゃんの投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家の、メスわんこは、11年前に公園の近くで保護して育ててきた子です。
    子犬の頃は、柴犬の雑種ぽかったのですが、成犬になると、外見が四国犬に似てきました。
    散歩中に出会った四国犬オーナーさんに、
    この子の片親は四国犬だね、と。
    この子を拾った近くの公園では四国犬が運動をしにくるそうです。
    雑種ですから、純血犬とは違うと思いますが、やはり飼い主にしか なつきません。
    でも、メスなので落ち着きがあり、
    飼いやすいです。
    匿名の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。