毛が抜けない犬と抜けるワンコの違いについて

毛が抜けない犬と抜けるワンコの違いについて

お気に入りに追加

犬を飼っていて悩ましいのが抜け毛の処理。掃除しても掃除しても部屋を舞う犬の毛。洋服にまとわりついたり・・。そんな悩みを解決!毛が抜けない犬がいるんですよ。犬の毛のアレルギーを持っている方にもお勧めです。

131942view

犬

ワンコは小さい時から大好き!常に犬がいる生活でした。

ラフコリー、シェルティー、ゴールデンレトリバー・・・思えば全部抜け毛が多い犬達ばかり。

ワンコ達はかわいいので、世話は苦にならなかったですし、抜け毛の処理、掃除も当時は大変とは思わなかったのですが、飼い主の年齢が進むにつれ、手入れの楽な犬種・・・。

毛が抜けない(抜け毛の少ない)犬種へとシフトしてきました。(笑)

毛が抜けない犬と毛が抜ける犬の違いは被毛の構造にあった

皆さん、犬の毛の構造ってご存知ですか?

犬の被毛は

  1. 下毛(アンダーコート)
  2. 上毛(オーバーコート)

の2重構造になっています。

ダブルコートの犬達

下毛(アンダーコート)の役割は、体を寒さから守るため。

ダブルコートと言われる被毛を持っている犬達は、寒くなる秋ごろにこの下毛(アンダーコート)が生えてきて、暖かくなる春頃に下毛(アンダーコート)が抜けていきます。

そしてそれを繰り返していきます。 ですから、ダブルコートの犬達は、換毛期と言われる春と秋には、大量の抜け毛が発生するという訳です。

犬の毛

こちらは我が家のチワワ。 毛をかきわけると、上毛(オーバーコート)の下に下毛(アンダーコート)が密集しているのがわかります。

犬の毛

春先のこの時期は、ブラッシングの後でも、指でつまむとこのように簡単に毛が抜けおちます。

ダブルコートの犬種

ラフコリー、ボーダーコリー、シェットランドシープドッグ、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、コーギー、ポメラニアン、スピッツ、柴犬、秋田犬、シベリアンハスキー、ミニチュアシュナウザー等

シングルコートの犬達

シングルコートとは言っても、実際はシングルコートの犬達にも下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)はあります。

ですが、下毛が多く発達しており抜けない為、上毛はほとんどない状態になっています。 毛が伸び続ける犬種が多い為(すべての犬種ではありません。)、定期的なトリミング(カット)が必要です。

犬の毛

写真は我が家のプードル。毛をめくるとすぐに地肌が見えます。

シングルコートの犬種

プードル、シーズー、マルチーズ、ヨークシャーテリア、パピヨン、グレーハウンド、グレートデーン等

毛が抜けない犬!と言われている犬でも毛は抜けています。

上記の記述であれ?と思った方も多いのでは?
ミニチュア・シュナウザーは毛が抜けないとされている犬の一種ですが、ダブルコートなんですね。

ですから、一概に、ダブルコートの犬達が毛が抜ける犬で、シングルコートの犬達が毛が抜けない犬。とは言えない訳です。

ダブルコートといわれるミニチュア・シュナウザーの場合、季節によっての毛の生え変わりはほとんどなく、抜け毛はありません。
我が家には3頭ミニチュアシュナウザーがおりますが、家の中にシュナウザーの毛が落ちているのを見たことは一度もないと思います。

シングルコート・ダブルコートの項目でも書いたように、シングルコートの犬達も実際は2重構造なので毛は抜けています。

実際、プードルやシュナウザーもブラッシングをすると、ブラシや櫛に抜け毛が残ります。

ブラシ

ただ、ごっそり下毛が生え変わるということがないので、ほとんど落ちないんですね。

毛が抜けない犬ベスト10!

毛が抜けないと言われている犬種、ベスト10をあげてみます。

  1. プードル
  2. シュナウザー
  3. ミニチュアシュナウザー
  4. マルチーズ
  5. ミニチュアピンシャー
  6. シーズー
  7. チャイニーズクレステッドドッグ
  8. ヨークシャーテリア
  9. ビションフリーゼ
  10. アメリカンコッカースパニエル
となっています。

やはり、ナンバー1,2はプードル、シュナウザーになっていますね。
人気犬種であることも理由だと思います。

毛が抜けない犬種はこんな方にオススメ

毛が抜けない(抜けにくい)犬種は、抜け毛のお手入れ、掃除が面倒だという方や、犬の毛にアレルギーがある方にはお勧めです。

アレルギーの方に配慮して、盲導犬の抜け毛対策に洋服を着せたりすることもありますが、抜け毛がほとんどないプードルが盲導犬や介助犬として活躍している地域もあります。

また最近では、プードルをゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーと交配した、ゴールデンドゥードル、ラブラドゥードルも、アレルギーのある方などに人気の犬種となっています。

毛が抜けない犬種のお手入れ

毛が落ちなくても、毛は若干抜けているので、ブラッシングをしないと絡まって毛玉になります。
こまめなブラッシングが必要なのは、毛が抜ける犬種と同様ですね。

また、毛が伸び続ける犬種が多いので(すべての犬種ではありません。)、定期的なトリミング(カット)が必要です。

毛が抜けない犬のメリット・デメリット

メリット

シャンプー後、水遊び後など毛を乾かす事(ドライヤー)が楽

我が家の犬達は、みな短くカットしているせいもあるのですが、プードルもミニチュア・シュナウザーもシャンプー後、すぐに乾きます。

一方、我が家で飼っているチワワはスムースで毛が短いのですが、いくらドライヤーをかけても、密集している下毛がなかなか乾きません。

お部屋の掃除が楽、家具や洋服に毛がほとんどつかないのでお手入れが楽。

また、抜け毛が多いと、室内飼いの場合、本当にお掃除が大変だし、洋服や家具などにも毛がついてしまうので、その処理が大変ですよね。

ゴールデンレトリバーを飼っている時は、長い柔らかい毛がフワフワ、室内を舞っていたり、部屋の隅にごっそりと固まっていたりすることがありました。

我が家のチワワはスムースなのですが、短毛種の毛は洋服につきささり、コロコロ(ローラー)等を使ってもなかなかとれません。体は小さいですが、抜け毛の量はとても多く、これだけの毛がどこについていたの?と思うほどです。

毛が抜けない(抜けにくい)犬達は、そういった事がないので、犬の毛の為に部屋の掃除したり、洋服や家具への対処をしたりする必要ななく、とても楽です。

毛が抜けない犬のデメリット

定期的なトリミングが必要な為、金銭的な負担が多い。

毛が伸び続ける犬種が多い為、定期的なトリミングをして被毛をカットする必要があります。
トリミング犬種のトリミング料金は一般的に高い事が多く、金銭的な負担が増えます。
(最近はプロではなくても、飼い主さんがカットを含むトリミングをされる方も増えています。)

毎日の被毛の手入れが必要

毛が抜けにくいとは言え、全く抜けない訳ではないことと、毛がもつれやすい犬種が多い為、ほぼ毎日のブラッシングがかかせません。
ブラッシングを怠ると、すぐに毛玉になり、皮膚の衛生面にもよくありません。

上記、

  1. シャンプー後、毛が乾きやすい
  2. 室内飼いの場合、お部屋の掃除や、洋服、家具へ付着した毛の処理の必要がないので楽

という点はメリットで楽なのですが、

  1. 毛が伸び続ける犬種が多い為、定期的なカットが必要
  2. 被毛がもつれやすい犬種が多い為、ほぼ毎日の被毛の手入れが必要

でもあるので、飼い主さんとしてはどちらの労力を選ぶか?でしょうか。

まとめ

毛が抜けない犬だけに限らず、犬を選ぶ時、ご自分のライフスタイルにあわせた犬種を選ぶことは、その後、犬、飼い主双方が幸せに暮らす為に必要なことだと思います。

どのような目的でブリーディングされてきたか(運動が沢山必要な作業犬なのか?まったりな愛玩犬なのか?)なども、犬を選ぶ際に、もちろん重要な事なのですが、日ごろのお手入れ、特に被毛の手入れ、部屋の掃除等を考えて、長く一緒に暮らすことになるパートナーとして犬を選ぶことも大切かなあと思います。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 フーガ

    初めて犬を飼ったとき、すべての犬は毛が抜けるものだと思っていました。毛が抜けない犬も結構いるんですね。。。我が家の愛犬は毛が抜けるタイプの犬なので、掃除が結構大変です。
    幸い今はちゃんとケア出来ているので、問題ありませんが、犬を選ぶ時に、ライフスタイルにあわせて犬種を選ぶことも重要なのかも・・・と、今更ながら思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 なっちゃん

    毛が抜けない犬…
    うらやましい…我が家のキャバリアはとてつもなく抜けます…ブラッシングしてもしても…
    イングリッシュコッカーはキャバリアに比べて少ない気もしますが。でもそれなりに抜けます。
    ブラッシングの際にダブルコート用のコームを使うと掃除の量が少しはマシになりますよ!
    結局、ダブルコートでもシングルコートでも抜け毛はあるんだと思えば、アレルギーじゃない限りきちんとブラッシングしていればあまり変わらない気もします。
  • 投稿者

    女性 K9-ABC

    ダブルコートで換毛期に膨大な量の被毛が生え替わる我が家のボーダーコリーは外飼いなので、室内飼いよりずっと楽させてもらってると思いますが、コマメにブラシやスリッカーで毛繕いしてます。
    幸い家族全員まったく犬アレルギーはないのですが、もしアレルギーのある友達が飼いたいという話があったら、毛の抜けない(抜けにくい)犬種に交配させたゴールデンドゥードル、ラブラドゥードルという選択肢もあることを、教えてあげたいと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    トリマーとしては、
    自分はちゃんとブラッシングできてると思いこんでる飼い主さんも多いので是非こういった記事を読んでいてほしいですね。
    カットも自分で出来る・簡単と考えてる方が多く、実際、学校を出た人並に出来てる人は見たことないし、怪我させてることもあるのでわんちゃんのケアはすごく気にかけててほしいです。
    いつも被害者はわんちゃんとトリマーです。
  • 投稿者

    30代 女性 sana

    ペキニーズを2頭飼いしています。ちゃんとお手入れしていれば、コロコロして可愛いのですが、ちょっとでも怠ると絡まってしまうので、毎日のブラッシングは欠かせません。そして毛が凄い事に。毎日3回は掃除してますね。ですがこの愛くるしい愛犬の為。ブラッシングを大切にコミュニケーションをとっていこうと思いました。
  • 投稿者

    女性 ポムポム

    現在ミニチュアシュナウザーを飼っていますが、抜け毛は本当に楽です。記事にもありますように、季節もあると思いますがまったく抜けないというわけではありません。シャンプーしたりブラッシングの際には、細い毛がくっついてくることもあります。ですが、以前のラブラドールに比べれば大変楽です。毛がぼこっと抜けることはまずありません。おうちのお掃除もとても楽です。ただし、トリミングは必須、毛玉はブラッシングをさぼるとすぐに出来ます。わんこが自分の体をなめることはよくあることかと思いますが、これで毛玉がどんどん増えていきます。私の友達はトイプーを飼っていますが、犬種の決め手はアレルギーでした。アレルギーなどで犬は好きなのに飼うのが難しい方にもぜひ検討してほしいです。
  • 投稿者

    女性 mocmoc

    ダブルコートを持つラサ・アプソとシングルコートのシー・ズーを飼っています。換毛期になると抜けやすいのはダブルコートですが、時期になればシングルコートのシー・ズーも毛は抜けます。ただ柴犬のようにごっそり抜けるようなことはないので、日々のブラッシングで抜けていくくらいですね。
    どちらも長毛にしているのですが、2か月くらいおくと引きずるくらい被毛が伸びます。うちでは2か月に一回ペースですがトリミングに連れて行き、歩きやすい長さまでカットしてもらっています。金額はかかってしまいますが、これも飼い主の楽しみです。

    日々の掃除も粘着コロコロで対応可能です。繰り返し使用できる「抜け毛取りクリーナー」も活用できます。短毛はフリースなどに刺さって入り込みやすいので、紙テープを使うと取りやすいです。
    犬の抜け毛は掃除などありますが、一緒に暮らしていると対策にも慣れてくるので、そこまで大変には思わなくなるのではないかと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 茜

    家はミニチュアシュナウザーを飼っています
    数年前ペットショップでこの子と出会ったときお店の方にケガほとんど抜けないと連呼されたのを覚えています。
    その時はあまり気に留めていなかったのですが、ある日友人の家に遊びに行ったときその家で飼われているミニチュアピンシャーの毛が抱っこさせてもらった時に私の服について、お店の方が言っていたことを改めて思い出しました。
    シュナウザーは掃除をしていてもほとんど毛が抜けている様子が見受けられず、
    散歩から帰って毎日ブラッシングをしていますがその時にブラシにつく毛だけであちこちに散らばるようなことはありません
    ただ毛が抜けない分定期的なトリミングとブラッシングをさぼるとすぐに毛玉になるので注意が必要ですね。





  • 投稿者

    女性 ミイミイ

    うちには柴犬がいます。また、室内飼いをしているですが、毛の抜ける時期になると部屋の中が抜け毛で大変なことになるのです!記事にも書いてありましたが、柴犬はダブルコートなので、とにかく毛がフワフワと抜けまくるのです・・・。一日掃除をしなかっただけで、私たちの服や靴下は毛だらけなのです(笑)。愛犬は毛のことが気にならないくらい可愛いのですが、この問題が無ければもっと最高なんだけどな~なんて思ったことは何回かあります。プードルを飼っている友人たちに話すと、みんな驚いています。プードルはあまり毛が抜けないようなので、家の掃除も楽だと言っていました。ただし、トリミングには行っているようです。犬を飼うことを検討している場合、「抜け毛」についても調べておいた方が良いと思いますよ!
  • 投稿者

    20代 女性 てとまる

    我が家はシェットランドシープドッグしか飼ったことないので犬は毛が大量に抜けるのが当たり前だと思っていました。確かに我が家の愛犬は夏、冬あたりはとくに毛が部屋に待っている気がします。毎日、ブラッシングもしてますが小さな袋に大量に入れて捨てています。なので家でシャンプーをすることもありますが、基本的には毛が凄いのでトリミング任せです。なので毛が多くてもトリミングに2ヶ月~3ヶ月に一度連れて行くので、毛が抜けないわんちゃんとそこまでかかる費用は変わらないかもしれないですね。プードルは小型犬でマンションなどでも飼いやすく、なによりあの丸い姿が可愛いので人気のある犬種だと思っていましたが毛が抜けにくいというメリットも持っていたんですね!そういう点でも人気が出るのに納得です。毛が抜けにくいなどのケアの点で飼う犬種を考えたことがなかったのでとても参考になりました。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    ウチの愛犬は柴犬なので、年に2回抜け毛の時期がやってきます。それを苦に思ったことはあまりありませんが、確かに毛が抜けないワンちゃんと比べると大変かもしれないですね。
    でも、そのことをプードルを飼っている友達に言ってみたら毛が抜けない代わりに定期的にカットしなくちゃいけないからお金がかかるんだよと、言っていたのでそれはそれで大変だろうな〜と思いました。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。