犬の性格診断テスト!飼い始めの人やこれから迎える人におすすめ

103405view

犬の性格診断テスト!飼い始めの人やこれから迎える人におすすめ

お気に入りに追加

犬には人間と同じようにそれぞれ性格があります。やんちゃでイタズラ好きな子もいれば、のんびり穏やかな性格の子もいます。そんな犬の性格を診断するテストがありますので、すでに犬を飼っている人もこれから飼う人もぜひ試してみましょう!

同じ見た目でも犬の性格はみんな違う

チワワたち

犬を飼っている人ならばもちろん知っていると思いますが、その子によって性格もまったく違います。
犬種によって「人懐っこい」「やんちゃ」「好奇心旺盛」「おっとりしている」などの特徴は言われていますが、同じ犬種でもまったく違う性格の場合も多いです。例えば、近年人気犬種の筆頭となっているトイプードルは元気で人懐っこい子が多いと言われていますが、中には人見知りな子や大人しい子もいます。

性格は子犬の頃に作られる

ラブラドールの子犬たち

では、犬の性格はいつ形成されるのでしょうか?

私たち人間の場合もそうですが、犬も子犬の頃に性格が決まると言われています。もちろん、その子の両親にあたる犬の性格が遺伝として受け継がれることもあります。
しかし同じ両親から生まれた子でも、性格の違いが歩き始めの子犬の頃に現れるようになるのです。
同じ両親から生まれていても、好奇心旺盛で何にでも積極的にチャレンジする子や臆病でなかなか積極的に行動できない子など、180度違った性格になる場合もあるのです。

犬の性格診断テストの紹介

お手

すべての犬の性格に個性があるというお話はしました。すでに犬を飼っている方は、自分の愛犬がどのような性格であるかは把握していることでしょう。

しかし、これから飼おうと考えている人が引き取り先でその子の性格を把握するには、そこのブリーダーさんやスタッフさん達に聞くしかありません。短時間で相手の性格を正確に判断するということは人間相手であっても難しいものです。
ですが、飼う前に家族の一員になる子の性格を知っておきたいという人は多いでしょう。

そこで今回は簡単な方法でその子の性格がわかるテストをご紹介します。こちらのテストは生後5~7週目の子犬を対象にしたテストです。

犬の性格診断キャンベルテスト

ジャックラッセル

このキャンベルテストというのはウィリアム・E・キャンベル氏が提案しているテストで、5つのテストを行うことでその子犬の性格を大まかに知ることができるというものです。

このテストでは

  • ①社会生活に対する興味
  • ②人についてくる性質
  • ③束縛時の支配性
  • ④社会生活での支配性
  • ⑤持ち上げられた時の支配性

など、一緒に暮らす上で重要となってくる要素を確認できます。

テストのやり方

次の5つのテストを行い、それぞれdd、d、i、s、ssの中から近いものを選びます。最後にどの結果にどれくらい当てはまったかによって診断結果が変わってきます。

1つ目のテスト

離れた場所に子犬を座らせ、飼い主さんはしゃがんだ状態で手を軽く叩きます。

  • dd…尻尾を上げながらすぐに近づいてきた後、飛びつき手を噛む。
  • d…尻尾を上げながらすぐに近づいてきた後、前足を出す。
  • s…尻尾を下げながらすぐに近寄ってくる。
  • ss…尻尾を上げながら躊躇いがちに近寄ってくる。その後飛びつき、手を噛む。
  • i…まったく近寄ってこない。

2つ目のテスト

このテストでは子犬の周りを歩いてみてください。

  • dd…尻尾を上げながらすぐについてくる上、足を噛む。
  • d…尻尾を上げながらすぐについてくる。足にまとわりついてくる。
  • s…尻尾を下げながらすぐについてくる。
  • ss…尻尾を上げ、躊躇いながらついてくる。
  • i…まったくついてこない。立ち去ってしまう。

3つ目のテスト

こちらは少々可哀想に感じてしまいますが、子犬を優しく仰向けにし、胸の辺りに軽く手を置いて30秒間動けないようにします。

  • dd…足をバタバタさせながら激しく暴れ、噛む。
  • d…足をバタバタさせながら激しく暴れる。
  • s…暴れた後、静かになる。
  • ss…静かにしている。手を舐める。

4つ目のテスト

まず子犬を自分の正面に座らせてください。座った状態で30秒間、背中や首、肩を優しく撫でてあげてください。

  • dd…飛び上がって、前足を出したり、唸ったり、噛む行為をする。
  • d…飛び上がって前足を出す。
  • s…体をクネクネさせたり、手を舐める。
  • ss…ひっくり返ってしまう。手を舐める。
  • i…どこかに行ってしまう。

5つ目のテスト

子犬の胸の下に手を入れて、床から少し離す感じで30秒間持ち上げてください。

  • dd…激しく暴れ、噛んだり唸ったりする。
  • d…激しく暴れる。噛んだり唸ったりはしない。
  • s…暴れた後静かになり、手を舐める。
  • ss…静かになり、手を舐める。

診断結果

このテストでは、ddが多いほど支配性が高く、ssが多いほど従属性が高い犬だとされています。

「ddが2つ以上+dが1つ以上」

支配性がとても強いため、とても扱いが難しい犬である可能性が高いです。初めて犬を飼う人は上手く扱えない可能性があります。

「ddが1つ+dが3つ以上」

先ほどよりは支配性が強くないものの、並以上の支配性を持っているため少々扱いが難しいです。

「sが3つ以上」

一般的な飼い犬に相当する性格だと言えます。初めての方でも飼いやすい性格の子でしょう。

「ssが2つ以上」

とても従順な性格の子である一方で、厳しく叱ると恐怖心を持ってしまいやすい一面もあります。叱る時は怒鳴ったりせず、低く優しい口調でダメだということを教えてあげましょう。

「iに当てはまった」

一般的な飼い犬に近い性格だと言えますが、それに加えて1つでもddが当てはまった場合には主従関係を厳しく躾ける必要があります。甘やかしてばかりいると、立場が逆転してしまう可能性がありますので注意しましょう。

犬の性格診断に関するまとめ

子犬

いかがでしたでしょうか。
もちろん、このテストで確実にその子犬の性格がすべてわかるわけではありません。しかしひとつの目安にはなるでしょう。

また、中には「初対面でいきなりこのテストを行うのはちょっと…」という内容のテストもあるように感じたかもしれません。しかし2番目や4番目のテストならば、試すことが出来るのではないでしょうか。

ぜひこれから犬を飼い始めるという人は、ブリーダーさんなどに許可を頂いた上で可能なテスト内容を試してみてはいかがでしょう。

ユーザーのコメント

  • 30代 女性 38moto

    このテストはなかなか面白いですね。
    犬種ごとの大まかな性格の違いはネットや文献などで知ることができますが、その子犬独特の性格は飼ってみないとわからない部分です。飼う前にある程度の性格をチェックすることで心構えができますね。
    テストをしながらしつけをしていくこともでき、コミュニケーションを取ることもできる一石二鳥ですね。海外では他にも色んな種類の子犬性格テストが存在しているので、飼う側の希望通りの性格を持つ子犬を見つけやすいようです。

    うちの愛犬の子犬の頃を思い出してテストしてみました。ほぼ当たっていました。成犬になってからでは性格が形成されているので、子犬限定のテストなんですね。
    このテストで当てはまった診断結果に、効果的なしつけ方法も記入されているととてもいいと思います。
  • 女性 くま

    性格診断テストをすると、家族になるわんちゃんを決めるときに更に家族で楽しめそうですね!

    何代もわんちゃんを飼ってきてしつけが得意な家庭もあれば、初めて飼ってみようという少ししつけに自信のない家庭もあると思います。

    そういったときに、それぞれのおうちに合わせて性格の合うわんちゃんを選ぶ参考になるのはすごく助かりますね!
    最初に相性のいい子と出会えることで、これからのしつけがスムーズにいきそうな気もします。

    私の家にはもう犬が1匹いるので、その子との相性も考えて穏やかめの新入りの子を選んであげたいなと思っています。
    さりげなく実行しやすい診断方法もあったので、次にわんちゃんを飼うときには、ぜひ参考にさせていただきたいです。
  • 20代 女性 あめたま

    我が家ではロングコートチワワのメスを飼育していますが、一般的に言われてるチワワの性格とは異なり、のんびり屋さんな性格です。

    勿論、好奇心旺盛で嫉妬深いという一面も確認されますが、基本的には大人しく扱いやすい部類に入ると思います。

    よって、犬の性格診断テストを行い、愛犬の大まかな性格を理解する事はワンちゃんとの信頼関係を深める為のひじょうに有効的な方法だと感じられました。

    個体差によるワンちゃんの性格は、ブリーダーの元でお迎えしない限り不透明で分かりにくいですが、テストを行う事によって飼い主の不安も解消する事が出来ると感じられました。

    躾指導を行う際にも性格テストの診断結果を有効的に使う事が出来るので、犬を飼う初心者の方には是非、実践して貰いたいと考えました。
  • 女性 patata

    この記事を読んで犬の性格診断はとても大切な事だと思います。我が家には既に愛犬のボストンテリアがいますが、我が家の愛犬は大人しい性格でボストンテリアにしては珍しいとよく言われています。私は今まで雑種の犬としか一緒に生活したことがなかったので、ボストンテリアがどんな性格をしているのかよく分かりませんでした。愛犬と一緒に暮らし始めてからボストンテリアの事を調べ始めて、犬種による性格がある事を知り驚きました。しかし、犬種による性格があるとは言え、わんこさん達も人間と同じように生まれ持っての個性があります。性格は皆それぞれ違います。私はボストンテリアと一緒に暮らしたのがこの子が初めてなので、この子の性格がボストンテリアの性格だと思い込んでいたら、他のボストンテリアは愛犬と比べてとても活発で驚きました。他のボストンテリアを見て、「やっぱり犬種で性格が決まるわけではない。」と思いました。色々なサイトで犬種による性格を紹介していますが、犬種による性格は参考までにして犬種による性格で一緒に生活するわんこさんを決めない方が良いと思います。これからわんこさんと一緒に暮らしたいと思っている人は、自分で一緒に生活をしたいと思う犬種を決めて、ペットショップやブリーダーさんに許可を貰ってからこのテストを行い、性格が自分に合うか診断した方が良いと思います。わんこさんを飼い始めた飼い主さんは、このテストを愛犬に行ってみて、このテストの結果を参考にしながら愛犬の性格を見極めると、これからの愛犬の躾の仕方等の参考になるかもしれません。
  • 30代 女性 あお

    とても面白いテストですね。
    その子の生まれ持つ性質や性格で躾方法も変わって行く事は人間の子育てと全く変わりがなく、育てる楽しさがありますよね。
    このテストで分かったことを基準として育てていく、愛しさも倍増します。
    うちのワンコでテストしてみたところSSが二つ以上だったので当てはまりすぎて笑ってしまいました。
    大人しい性格で怖がりなのは女の子だからかと思っていましたので目から鱗の結果に関心しています。
    ワンコにとっては余計なお世話かもしれませんませんが、人間とペットが上手に共存していく社会を作っていくためには多くの人々の理解が必要なので、こういったテストをうまく活用してしていけたら、今よりもっとより良い関係性が築けるかもしれませんね。
  • 女性 lovedogdog

    ええ!こんな診断テストがあったんですね!知らなかったです。。。 もう我が家のワンコ君は老犬なのでテストしてもな、、というか一応彼の性格はわかっているつもりですが。。。
    それにしてもこれすごいですね! 飼う前の判断材料になりうるかもしれませんね。 
    例えば、集合住宅だからおとなしめの性格の子がいいとか、他の犬種もいるからすぐになじめる元気で明るい性格がいい!とか。 お店で何気なく、できそうですね。
    犬も嫌がるような行為ではないので、、
    たぶん、犬種によっても性格の違いはかなり大きくあるんじゃないでしょうかね。
    まわりに子犬さんいないかなー。テスト試してみたいなとww

    でも、おうちに来てしまえばどんな性格の子でも愛しくて愛しくて、この子が一番!ってなるんでしょうけどね^^
  • 女性 シュナ

    最初のわんこ、ラブラドールを飼うときに1つめのテストを両親が行っていました。ラブちゃんはブリーダーさんから貰い受けました。初めて会いに行ったときに3、4頭の子犬がいたと思いますが見事に反応は違っていました。本当にまだ小さい子達だったのですが、こんなに違いあるなんてと少しびっくりした記憶があります。結果、あまり動かなかった2頭のうち、最期は見た目とカラーで選んだ気がします。どのこもかわいくて悩みましたが、ひとつでも基準をもうけると選ぶのが少し楽になります。たしか、盲導犬の映画「クイール」でも同じテストを行っていたように思います。大型犬を飼う場合などは、小型犬と違い性格により飼い主の大変さも責任もさらに大きくなるのでこういったテストは特に有効かもしれません。たくさんの子犬を一緒にテストすることはブリーダーさんのところ以外では難しいかもしれませんが、出来るテストを試してみるのはとてもいいことだと思います。
  • 女性 ドン

    私は愛犬を迎えてから、何度も犬種図鑑の嘘つき!と叫びながら愛犬のしつけをしていました。犬種図鑑にはその犬種の性格が載っていますが、鵜呑みにしてはいけません!やはり人間と同じで個体差があります。いってみれば、犬種図鑑に載っているのは人間でいう「国民性」くらいの感覚でいるといいと思います。
  • 女性 みかん

    我が家の愛犬はもう5歳なので、このテストは仔犬だった頃を想像してやってみたら、やはり一番面倒なタイプでした。5歳になる愛犬ですが、いまだに私と喧嘩ばかりしています。リーダー争い、まだ私も愛犬も諦めません!
  • 30代 女性 ハッピー

    子犬の時に性格が診断出来るのは良いですね!特に初心者の方は犬の扱いが分からない方も多いと思いますし、しつけやスキンシップをする上で基本の情報になると思います。
    うちの子も小さい頃から噛み癖があったり、何かと苦労したのでそこはddだったのかもしれませんね。
  • 女性 Chika

    犬の性格は、子犬の頃に形成されるとありますが、本当にそう思います!また元々の性格もありますが、育った環境はとても大切だと思いました。我が家の犬は、最初に対面した時にいきなりテクテクと私に近寄ってきたのです。その時既に「あ!この子にしよう」と決めてしまいました。今はイタズラ好きで困っていますが、何にでも興味を示し、人懐っこい犬です。
  • 40代 女性 しばあらし

    大人のワンコのテストをひとつ。遊びながら試してみては?

    おやつと紙コップを2コ用意します。ワンちゃんから2mくらい離れたところで向き合い左右両側に紙コップを置き、マテをします。マテが出来ないワンちゃんはもう一人押さえておく人に手伝って貰います。紙コップの片方にワンちゃんが見えるようにおやつを入れます。ワンちゃんの名前を呼んでアイコンタクトしたら、おやつの入ってない方の紙コップを指差して、ヨシの合図をします。

    さて、我が家のワンちゃんはどちらの紙コップに行くでしょう?飼い主さんの指差す方に行くコは依存型、おやつのある方に行くコは自立型です。

    依存型のコは人の意図を読み取る能力に長けていて、飼い主さんを信頼しているワンちゃんでしょう。
    自立型のコは盲導犬など、自分で考えて行動することのできる能力をもったワンちゃんでしょう。

    どちらが良い悪いではなく、ワンちゃんの能力をのばすのに役立てるテストです。うちの柴ワンコは依存型でした~。入ってない紙コップを倒すと、すぐにもう片方をなぎ倒しましたあはは。
  • 50代以上 女性 すー

    我が家の芝犬の雑種は笑わないし媚びないし甘えない。お手もしない(嫌いな夫にはする)。ちょっとすり寄る。昨年 死んじゃったゴールデンちゃんと大違い。散歩、寒い、怖いとか、要求があると甲高い声で何回も鳴く。もう13歳。毎日のように性格だねと家族で話しながら、可愛いがったり呆れたり。性格テストを小さい頃にあてはみて見ると、本当にそうです。やっぱり上になろうとしてたんです。躾、もっと厳しくするぞ。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。