犬はレンコンを食べても大丈夫!お腹に優しい健康的な食材です

7325view

犬はレンコンを食べても大丈夫!お腹に優しい健康的な食材です

レンコンは穴の開いた見た目から「先が見通せる」と、縁起のよい食材としてお正月などお祝いの席では欠かせない食材です。そして古くから薬用としても使用されてきた、とてもパワーのある食材です。犬にもレンコンを活用して健康生活に役立てましょう。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

犬の健康にも大活躍!レンコンのパワーを知ろう

レンコン素材

犬はレンコンを食べても大丈夫!

レンコンは栄養たっぷり、繊維もたっぷり。
犬の健康生活にひと役買ってくれる頼もしい食材です。

レンコンの主な栄養分は糖質(デンプン)で、糖質はエネルギー源としていち早く使用されますし、その他にもレンコンにはいろいろな栄養がたっぷり含まれています。

レンコンに含まれる他の栄養素は以下の通り。

  • ビタミンC

意外かもしれませんが、このビタミンCを非常に豊富に含んでいます。
ビタミンCには疲労回復、風邪やガン、老化予防に効果があります。
熱に弱いビタミンCですが、レンコンはデンプン質が多いため、加熱しても多くのビタミンCが残留します。

  • 食物繊維

不溶性の食物繊維を豊富に含み、腸内環境の改善に役立ちます。

  • 豊富なミネラル

鉄分やカリウム、カルシウム、亜鉛など多くの種類のミネラルを含みます。

  • タンニン

ポリフェノールの一種で、消炎作用や止血作用があります。

  • ビタミンB6

血を作るビタミンです。
実はこの栄養素は野菜に含まれることは稀なんです。

※一部内容に誤りがあったため内容の削除を行いました。不備があった事をお詫び申し上げます。

  • レクチン

免疫力アップに役立ちます。

レンコンがおいしい季節など

野菜が一番おいしく、栄養をたっぷり含むのは“旬”の時期に採れるものですよね。

レンコンの旬や、おいしいレンコンの選び方などをご紹介します。

レンコンの旬

レンコンは、一年中スーパーに陳列されていますが、旬は9月の秋口から冬にかけてです。
秋に出荷されるレンコンは、柔らかくあっさりしているのが特徴で、晩秋から冬にかけては粘りと甘みが増していきます。

おいしいレンコンの選び方

ふっくらと丸みのある円筒型で、節と節の間が長い方が良いです。手に持ったときに、ずっしりと重みがある方が水分を多く含んでいておいしいです。
また、切り口は時間とともに酸化して変色するため、白っぽいものの方が新鮮です。
切り口表面やレンコンの穴の色をチェックしましょう。

レンコンは泥の中で育つので、皮の色が白っぽい・茶色っぽいは判断基準になりません。
しかし、乾燥して古くなると茶色いシミのようなものが増え、不自然に白いものは薬剤で漂白されている場合がありますので、購入する際は注意してください。

レンコンの調理

きんぴら

レンコンに含まれるポリフェノール化合物は、空気にさらされると酸化して変色してしまいます。
切ったら酢水にさらすことで変色しないようにできます。
また、金属製の鍋で調理すると、レンコンが変色します。

レンコンの保存

湿らした新聞紙にくるんで、乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。
切り口があるものは、ラップでぴったりと包んで空気に触れないようにして冷蔵庫で保存してください。

犬にレンコン、活用例のご紹介

与え方にはひと工夫

元来肉食の犬は腸が短く、野菜の消化が苦手です。
食物繊維が多いレンコンは、犬にとっては消化が難しい食材です。
しかし栄養豊富なレンコンを、愛犬の健康のために是非活用したいですよね。

そのために、

  • 薄く切る
  • 細かく刻む
  • すりおろす

などのひと手間をかけて、犬のお腹に優しい形で与えてあげましょう。

では次にレンコンを使用したおすすめのレシピをご紹介します。

かんたんおやつ☆レンコンチップ

レンコンチップ

レンコンの他に、ニンジンやさつまいも、かぼちゃでも同様に作れます。
ヘルシーなごほうびおやつにいかがですか?

材料
  • レンコン
作り方

1.レンコンは皮をむいて、スライサーで薄い輪切りにして酢水にさらします。
2.クッキングペーパーで水気をよくふき取ります。
3.耐熱皿にクッキングペーパーを敷き、その上に1枚ずつレンコンを重ならないように並べて、電子レンジで乾燥するまで加熱します。(500ワットで4分程度)

かんたんゴハン☆レンコン入りミートローフ

ミートローフ

1食分ずつ切り分けて、ラップで包んで冷凍保存が可能です。
人間用だったら粗く刻んだレンコンで、歯触りを楽しみたいところですが、
わんちゃんのためにすりおろして使用します。
豆腐とすりおろしたレンコンでフワフワ食感です。

材料(17cmパウンド型1個分)
  • 鶏ひき肉 200g
  • 豆腐 1/3丁
  • レンコン 80g
  • しいたけ 1枚
  • パプリカ 1/8個
  • かぼちゃ パプリカと同量
  • 卵 1個
作り方

1. 豆腐は重しをして水切りをしておく。
2. レンコンはおろし器ですりおろし、しいたけはみじん切りに、パプリカとかぼちゃは粗みじんにする。
3.材料すべてをよく混ぜ、型に入れて180℃のオーブンで20分ほど焼いて出来上がり。

まとめ

飼い主の皆さんなら知っている方も多いと思いますが、犬は繊維質の多い野菜の消化が苦手です。

以前、うちの愛犬の排泄物にニンジンやヒジキがそのまま混ざっていたことがありました。
調べてみると、葉もの野菜も細かく刻んだ方が良いとのこと。
それ以来我が家の愛犬(小型犬)には、レンコンだけでなく、ニンジンを与える時もすりおろしたり、他の野菜も気になるものはフードプロセッサーで粉砕したものを与えています。
また、ヒジキやキノコ類は細かく細かく刻んでいます。

犬の体格や消化能力にもよるのでしょうが、出来るだけ胃腸に負担をかけずに、効率よく栄養素を吸収できる状態で与えるよう心がけています。

余談ですが、レンコンは漢字で書くと『蓮根』、その名前の通り蓮(ハス)の根(正しくは地下茎)のことです。このハス、という名前の由来は、蓮の花の中心部にある花托(かたく)の形状が蜂の巣に似ていることから、「蜂巣」が「ハス」となったということです。

自分のためには、食材やその栄養に関して大して気に留めてきませんでしたが、愛犬のためだと熱心に調べたり勉強が進みます。

日本の豊かな食材について、その栄養価や特性、調理法や歴史などを知ることは、わんちゃんの食生活に役立つだけでなく、自身の知識も生活も豊かに広がっていきますよ。

愛犬とともに、健康的でおいしく楽しい食卓を囲んでいきたいですね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 白川

    レンコンは何度か与えたことがあります。あの独特のシャリシャリした食感が面白いのか残したことはありません。
    生でも与えることができるので、すりおろしてトッピングにする使い方もできますが、消化に不安がある場合は火を通してから小さくしてフードに混ぜてあげると食べやすくなります。
    一日に与えてもいい目安量は5kgの犬には30g程、10kgの犬には50g程で調整しながら与えてください。食物繊維が含まれているので食べ過ぎると消化不良になってしまいます。

    レンコンの糖質は体温維持に役に立ちます。体温調整が苦手な小型犬には積極的に食べさせたい食材ですね。
    意外ですがレンコンには鉄分も含まれているので、肉類やレバーと合わせることで貧血改善、予防そして肝機能向上にとても効果があります。
    食べ合わせで効果を上げることができるので、積極的に組み合わせてあげてください。
  • 女性 ショコラ

    レンコンチップス、とてもいいですね。チップス、と読んだときは油で揚げるのかと思い少し心配しましたが、電子レンジでしたら火も通ってよけいなものを混ぜる必要もなく、とてもヘルシーです。うちは市販のお菓子は与えていませんが、葉っぱや野菜などは自分で準備してあげています。このチップスの作り方はさつまいもや長いもにも応用できそうです。ペットショップにあるわんこの野菜系のお菓子食材すべてに使えますよね。簡単ヘルシー、愛犬も喜んで、人間の食材を兼用できることで節約にもなりますね。豊富な栄養分と、最近では四季を通して手に入れることも出来ますのでぜひ愛犬のお菓子やごはんに活用したいと思います。自然で安心して愛犬に食事を与えられるのは飼い主としてとても嬉しいです。
  • 女性 芽衣子

    私自身、レンコンが大好きです!夏は揚げてカレーに入れたり、冬は煮物にしたりして頻繁に食べています。レンコンは一年中大活躍ですよね。あのシャキシャキの触感と何に入れても合う食材なので、本当に便利だと思っています。我が家では頻繁に食べるレンコンなのですが、愛犬にもあげていいのかな?と疑問を抱いていたので、記事を読んで安心しました。犬の体にもバッチリ良さそうな食材ですね。愛犬にあげる場合には、すりおろしてハンバーグに入れてあげたり、細かく切ってあげた方が良さそうだと思いました。記事に載っていたミートローフのレシピも美味しそうですね。ビタミンや栄養素もかなり高いと思うので、上手く利用して愛犬にも健康になってもらいたいと思います!
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。