犬はレタスを食べても大丈夫?与え方や期待される効果を解説

犬はレタスを食べても大丈夫?与え方や期待される効果を解説

人間にとってレタスはシャキシャキとした食感でサラダには定番の食材です。そんなレタスは犬が食べても大丈夫なのでしょうか。この記事では、犬にレタスを与える際の注意点や期待される効果について解説します。

犬はレタスを食べても大丈夫!

レタスと犬のイラスト

結論からお話すると、レタスは犬にあげてもいい野菜です。

レタスの約95%は水分のため栄養価はあまり高くありません。しかし、カルシウムや食物繊維、カリウム、ビタミンC、ビタミンEなど豊富な栄養素がバランス良く少量ずつ含まれています。

犬にレタスを与えることは何にとっていいのか、レタスに含まれる成分から期待できる主な効果をご紹介します。

水分補給の効果がある

約95%が水分でできているレタスは犬の水分補給にピッタリの野菜といえるでしょう。普段あまり水を飲みたがらない犬も、歯ごたえの良いレタスであれば好んで食べる場合があります。

シャキシャキとした食感の生のレタスはおやつがわりに食べることで水分補給が期待できます。また、夏野菜であるレタスは体を冷やす効果もあるため熱中症対策にもおすすめの野菜です。

ダイエット効果が期待できる

レタスはほとんどが水分のため非常に低カロリーな野菜です。また、豊富に含まれた食物繊維は腸内の善玉菌の餌となり、善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌が増えると便秘の予防や改善、血糖値の急な上昇を抑える効果も期待できるためダイエットにぴったりの野菜といえるでしょう。

肥満気味の犬には細かく切ったレタスをごはんに混ぜてかさ増しをしたり、おやつ替わりにレタスをあげることで満腹効果が得られお腹の調子も整えてくれます。

病気の予防ができる

レタスにはさまざまなビタミンが含まれています。

その中でもビタミンCとビタミンEは一緒に摂取することで抗酸化作用が得られ、肝臓の働きを良くしたり活性酸素を除去する効果が期待できます。

活性酸素を除去することで身体の免疫力を高め、感染症や病気になることを予防します。

犬に与えてもいいレタスの量

アナログはかり

レタスは犬にとって与えても良い食材です。しかし、食べ過ぎると体調を崩してしまう可能性もあります。犬に与えていいレタスの量を体重別にまとめました。

また、犬に与えていいレタスの量は体重以外に健康状態や体質、年齢によっても変化します。犬にレタスをはじめて与える時は様子を見ながら少量ずつ与えると良いでしょう。

小型犬(3kg~10kg)
小型犬に与えてもいいレタスの量は20g~50g程度です。目安としては、レタスの葉半分から2枚程度です。

中型犬(10kg~25kg)
中型犬に与えてもいいレタスの量は50g~100g程度です。目安としては、レタス1玉の1/5から1/4程度の量です。

大型犬(25kg以上)
大型犬に与えてもいいレタスの量は100g~130g程度です。目安としては、レタス1玉の1/4から1/3程度の量です。

犬へのレタスの与え方

レタスを切っている女性

犬へレタスを与える場合は葉の部分のみを与えましょう。レタスの芯の部分は土から吸収した農薬が凝縮されやすい場所とされているため与えない方が良いでしょう。

また、レタスの葉を与える際は一度水洗いをしてから与えましょう。生のままあげても、茹でるなどの加熱をしてからあげても大丈夫です。

食べ物を噛まずに丸のみしてしまう犬は、レタスの葉を喉に詰まらせる危険性があるため小さくちぎってから与えましょう。

茹でて与える場合はレタスに含まれる水溶性の栄養素であるビタミンCやカリウムは水の中に溶け出してしまう可能性があります。レタスの栄養を逃さずに与えたい方は生のままあげるのがおすすめです。

ただし、人間用に調理されているレタスや調味料をつけたレタスは塩分過多により心臓病のリスクがあるため与えるのは控えましょう。

犬にレタスを与える時の注意点

ビックリマークブロック

犬にとってレタスは低カロリーで栄養豊富なおすすめの野菜です。

しかし、犬が喜ぶからとあげすぎてしまうと中毒症状や下痢・嘔吐がみられる可能性もあります。また、尿路結石や腎臓病などの病気になった事がある犬に与える際も注意が必要です。

犬にレタスを与える時の注意点についてまとめました。

アレルギー症状が出る場合がある

稀にレタスでアレルギー症状が出てしまう犬がいます。そのため、レタスをはじめて与える際は注意が必要です。

犬にアレルギーがないかを見分けるためには、レタスを少量ずつ与えるのがポイントです。レタスを食べた後数時間は犬の様子を観察し、体をかゆがる行為や下痢・嘔吐などがみられた場合はアレルギーを疑いましょう。

アレルギー症状が出た場合はかかりつけの動物病院にご相談下さい。

微量のキシリトールが含まれている

レタスには本当にわずかな量ですが、キシリトールが含まれています。

キシリトールは犬が一定量摂取すると吐く動作や低血糖・歩行困難などの中毒症状を引き起こす可能性があるため、犬に与えない方が良い成分です。

レタスで中毒症状が出る可能性がある量は1玉400g前後のレタスの場合、体重1kgあたり5玉前後です。つまり体重5kgの犬だと、25玉のレタスを食べると中毒症状が出る可能性があります。

一般のご家庭でそれだけの量のレタスがあることは少ないでしょう。しかし、体重が軽く免疫力の弱い子犬の場合、少ない量でも中毒症状が出る可能性もあるため注意が必要です。

腎臓病になったことがある犬は注意が必要

腎臓病になると腎臓の機能が低下しカリウムを排出するのが難しくなります。

レタスにはカリウムが含まれているため、腎臓病になったことのある犬は身体に悪影響を及ぼす可能性があります。腎臓病になったことのある犬にはレタスを与えない方が良いでしょう。

病気の発症の原因となる成分が含まれている

レタスにはえぐみやアクの元となる成分のシュウ酸が含まれています。シュウ酸は結石の原因となる可能性があるため、レタスの与えすぎには注意が必要です。

対処法としては、シュウ酸は水に溶けやすいのでゆでることで予防ができます。ただし、一度尿路結石になった事のある犬は再発しやすいため与えない方がよいでしょう。

他にも、レタスには甲状腺機能低下症の原因となるゴイトロゲンも含まれており、尿路結石や腎臓病になったことのない犬でも毎日大量に与えるのはおすすめできません。

これらはレタスを大量に食べた場合の注意点です。週に2~3回少量与えるだけであれば、体に悪影響は及ぼさないでしょう。

まとめ

ダックスフンドと野菜

栄養バランスがよく、水分補給にも効果的なレタスは手作りご飯の彩りとしてもぴったりの食材です。キャベツや白菜の代わりの葉物野菜として、レタスを使用した犬の手作りご飯のレシピも多く存在します。

また、低カロリーで熱中症対策にも効果的なため夏のおやつとしても重宝するでしょう。

しかし、どんなに健康に良い食べ物であっても、食べすぎると体に悪いのは人も犬も同じです。レタスも食べすぎると体に悪影響を及ぼす可能性があるため、少量ずつ様子を見ながら与えましょう。

おいしく健康な食事を心がけることで、毎日の食事がより楽しいものになるでしょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい