犬にとうもろこしの芯を絶対に与えてはいけない!

38094view

犬にとうもろこしの芯を絶対に与えてはいけない!

甘くて香ばしく、シャキシャキとした食感が美味しいとうもろこし。果たしてとうもろこしは犬にあげても良い食材なのでしょうか?犬用のドライフードの材料にもとうもろこしの粉などが使われているので、ダメという事は無さそうですが…。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

とうもろこしは犬が食べても大丈夫なの?

並んだとうもろこし

害がある食べ物ではないですが、消化に悪いのであげるなら少量を

人間には甘くて美味しいとうもろこしですが、ワンちゃんにもあげていると言う人はいらっしゃいますか?とうもろこしは、甘みがあるので好んで食べるというワンちゃんもいるのでは?と思います。

ウチの犬も、私が食べているのを少しおすそ分けすると、美味しそうに音を立ててシャリシャリと食べています。犬って甘みのある食べ物が好きですよね。食べ過ぎはいけませんが…。

ドライフードに含まれるとうもろこしは完熟した穀物類とされる状態のものが多く、カサを増す用途として配合されているので、栄養価値的にはあまり犬には必要なものでは無いみたいです。

とうもろこしって、粒の周りにある表皮が結構硬いですよね。ですので、ワンちゃんにとってみるとやはり消化しにくい食べ物のようです。大量にあげると、ウンチにとうもろこしの粒の形が残って出てきてしまったり、酷い場合には下痢をしてしまう可能性もあります。

もし、あげるとしてもほどほどの量にしておいた方が良さそうです。

犬にとうもろこしをあげるメリットとデメリット、あげ方について

とうもろこしに含まれる栄養素

アップになったとうもろこし

とうもろこしには、タンパク質、炭水化物、食物繊維、カロテン、ビタミン類、葉酸、カルシウムやミネラルなどが含まれています。ビタミン類やカルシウム、ミネラルなどの身体に良い影響を与える成分も含まれていたりします。

豊富な葉酸が含まれている

とうもろこしには豊富な葉酸が含まれています。この葉酸は細胞の成長に大きくかかわるため、子犬や妊娠中のワンちゃんには特に大事な栄養素です。 妊娠中の母犬が葉酸を欠乏してしまうと、生まれた子犬は口蓋裂や口唇裂の発症率が高くなってしまうという報告があります。 消化に良いように工夫しながらうまく活用しましょう。

カリウムも豊富

とうもろこしにはカリウムも豊富に含まれています。カリウムはナトリウムとのバランスを取る重要な役割を持っています。体の必要に応じて老廃物を排出したり、血圧を下げたり、体内のナトリウム濃度が高くなると水分を摂るように調整したりするバランサーです。

適量を摂る分には問題はないのですが、カリウムを摂り過ぎてしまうと尿の量が増えたり、老犬の場合はおもらしをしてしまうことがあります。長期に渡りカリウムを過剰に摂取してしまうと、高カリウム血症になってしまう可能性もあります。ワンちゃんにとうもろこしを与える際は適量を守りましょう。

とうもろこしの芯は、絶対に与えてはいけない

芯が少し見えているとうもろこし

ひとつ飼い主さんに注意してほしいのは、とうもろこしの芯は絶対に犬には与えないでほしいという事です。とうもろこしの芯はペットの誤飲のベスト3に入る危険なものなのです。

とうもろこしの芯は硬く、丸飲みしてしまうと喉で詰まり呼吸ができなくなったり、食物繊維の塊であるため消化が出来ず、最悪の場合は腸閉塞や胃の中で停留してしまい嘔吐の原因になってしまう事もあります。自力で出すことが不可能なため、開腹手術をしないと取り出せない状態になる危険性もあります。

もし、ワンちゃんがとうもろこしの芯を食べてしまい、嘔吐などの身体の異変が現れた場合にはすぐに病院へ連れて行ってあげて下さい。

また、食べてしまっても直ぐに症状が現れるとは限らず、数日経ってから症状が出る場合もあるそうなので、誤飲してしまったらすぐに病院へ行くか、食べてしまった量が少量ならば、しばらくは注意して様子を見ていた方が良いと思います。

くれぐれも、とうもろこしをワンちゃんに食べさせる場合には柔らかい実の部分だけを与えてあげて下さい。そして、とうもろこしの芯はワンちゃんの手の届かない場所に片付けましょう。

食べ過ぎるとカロリーが高く、肥満の原因にも

しかし、とうもろこしに多く入っている成分としては、タンパク質や炭水化物の割合が大きいです。

と、いう事は大量に食べると肥満の原因になってしまうかもしれません。最近の室内で飼われているワンちゃんは、太り過ぎの傾向があると聞きます。

犬だって、太りすぎると色々な病気の原因になってしまいます。糖尿病などに一旦罹ってしまったら、治療も大変です。太り気味のワンちゃんには、とうもろこしはあまりあげない方が良いかもしれませんね。どうしても与えたい場合は、トッピング程度に留めるようにしましょう。

稀にとうもろこしにアレルギー反応を示す子も

食べ物は何でもそうですが、とうもろこしを食べてアレルギー反応が現れてしまうワンちゃんもいるようです。症状は、皮膚炎や湿疹、眼の炎症が起きて充血したり、鼻炎、下痢や嘔吐など多岐に渡るようです。割合としてはワンちゃんのアレルギーでは、皮膚を痒がったりなどの異常がみられる事が多いので、普段与えないような食べ物を初めて与える時には、痒がっていないかをチェックをすることを忘れないようにしてあげて下さいね。

とうもろこしを与える場合の注意点

とうもろこしは、人間が食べる場合には塩を入れたお湯で茹でる事があると思いますが、ワンちゃんにとっての塩分は基本的にはフードに含まれている分で足りているので、ワンちゃんにあげるとうもろこしは塩を入れないお湯で茹でたものを与えてください。

また、とうもろこしはワンちゃんにとっては消化が悪いので、すり潰したりミキサーにかけたものを与えた方が良さそうです。

まとめ

おやつをあげている人と犬

このように、犬にとってとうもろこしとは、積極的には与えなくても良いものだと思います。与えているドライフードに既に入っている可能性もありますしね。それと糖質が多いので肥満にも良くないですし、ビタミン類を摂取させるなら、もっと効率の良い野菜や果物があります。

ですが、とうもろこしを好んで食べるというワンちゃんには、少量をおやつとして与える事は悪くは無いようです。おやつをあげたりする事で、しつけなどにも利用出来ますし、ワンちゃんとのコミュニケーションにもなりますしね^^

いずれにせよ、とうもろこしを与える際には飼い主さんがワンちゃんの事を考えて対応してあげて下さいね。最後に、とうもろこしの芯は本当にワンちゃんにとって危険なので、齧らせないように気を付けましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 10代 女性 いちごみるく

    そもそも芯なんてわざわざあげるのでしょうか?
    とうもろこしをボイルした実ならあげるあげないの話でしたら分かりますが、わざわざ芯をあげるシチュエーションがまず無いと思います。芯を選んであげるような意味がわかりません。
  • 20代 女性 すず

    わんちゃんにとうもろこしの芯を与えることはないですし、誤飲などしないように管理も気をつけているので我が家ではありえないですが、この記事を読んでみて改めてわんちゃんへの悪影響がわかったので今まで以上に気をつけるようにしようと思いました。
  • 30代 女性 TIKI

    記事を読んで、とうもろこしの芯が非常に消化が悪く「腸閉塞」にもなりかねないと知りビックリしました。我が家は大型犬を飼っていますが、口が大きい分、誤飲しかねないので特に注意したいと思います。シニアになって誤飲による開腹手術などは負担が大きいので、他の食材でも同じく注意したいです。
  • 20代 女性 ゆり

    手作りごはんに1度トウモロコシを入れて作ったことがあります。
    次の日のうんちにそのまんまの形で出てきたので、あまり消化がよくないということがわかりました。
    トウモロコシ自体を買うことがあまりないですが、もし買うことがあったとしても、芯はすぐに捨てて愛犬の届かないところに置いておこうと思いました。
  • 20代 女性 ミニー

    最近私がご飯を食べていると、愛犬のココアが私の食べているごはんを欲しがるようになってしまいました。少し席を外すと、すぐ私が食べ物ている食事を盗み食いしようとします。
    今の所危険な食べ物を口にしていませんがいつもヒヤヒヤしています。

    トウモロコシは私の大好物でよく食卓に並ぶので、今後はココアが食べないように気をつけたいと思います。
  • 女性 みお

    とうもろこしの芯が犬の誤飲ベスト3に入るだなんて、驚きました。うちは小型犬ですし、あんなに大きな芯を口に入れることはありえませんが、大型犬の食いしん坊のわんちゃんなら、可能性があるのでしょうか!?

    とうもろこしは夏によく飼い主が食べるので、愛犬も好んで食べます。茹でる際に、あらかじめ愛犬のための数粒を取り分けておき、人間用には塩ゆで、愛犬用にはシリコン容器などでレンジで蒸してあげます。

    与えるときには、消化に悪そうなので、数粒を与える程度なのですが、翌日の排便時に未消化のまま出てきてしまいます。とうもろこしには、たんぱく室やビタミン、カルシウム、ミネラルなどの栄養が含まれているとは知りませんでした!粒で与えるのではなく、ゆでた粒を裏ごししたり、さらに柔らかくしてからあげると良さそうですね!


  • 女性 an

    記事を読んで、ゾッとしました・・・。うちの愛犬にはとうもろこし自体あげたことがありません。というのも、人間にとってもそうですが、とうもろこしはかなり消化が悪いです。なので、よく噛まないとそのまま出てくる場合が多いです。かといって、犬によく噛んで食べて!と言って、聞くわけがありませんよね(笑)。しかし、栄養素は高いので、潰してあげたり、とうもろこしが入っているドッグフードを選んだりすれば問題は無いと思います。また、とうもろこしの芯が誤飲の原因の第三位に入るとは知りませんでした。確か、犬であっても芯を嚙み切るのは難しそうですし、犬ならそのまま飲み込もうとしますよね。うちの愛犬がそんなことをしたらと思うと、かなり怖いです!
  • 女性 たまき

    コメントされている皆さんも「そんなに誤飲が多いのはなぜ?」と驚かれているように、私もとうもろこしの芯が「ペットの誤飲ベスト3に入る」という情報が気になりました。色々と調べたのですが、う〜ん、どこの調査結果なのでしょうか、知りたいものです。それはさておき、とうもろこしの芯を誤飲する可能性があるとすれば、人間が茹でとうもろこしを食べた後の皿をちょっと置いておいて目を離した隙に愛犬が齧っていたとか、夏祭り等の屋台のとうもろこしの芯が捨てられていたものを拾い食いしてしまったというシチュエーションは考えられるかと思います。芯を誤飲した場合の注意点は記事にある通り、問題になるケースがあるので迅速かつ冷静な対応が必要です。

    ちなみに、とうもろこしの身の部分の味は好きな犬が多いようですが、GI値が高く、最近の良質なドッグフードでは使用されない傾向にあるものです。あえて与える特別な栄養ががあるわけでもないので、「愛犬にはとうもろこしはあげない」としてもいいのではないかと思います。
  • 40代 女性 Connie

    トウモロコシは、糖質の塊なイメージですので率先して犬に与えることはしませんが、甘いがゆえに夏場の食欲減退などには、缶詰になっているクリーム状のコーンを少量トッピングとして使うことがあります。犬は甘いものが大好きですから、クリームコーンをおいしそうにお皿がピカピカになるまで舐めていますよ。
    うちにいる犬は小型犬なので、トウモロコシの芯を食べてしまうことはなさそうです。話が少し反れますが、この芯がとてもおいしいことを知っていますか?とてもおいしい出汁が取れるんですよ。スープや炊き込みご飯を作る時に試しに使ってみてください。とうもろこしの炊き込みご飯は、必ず芯も一緒に炊飯器に入れてください。スープを作る際は芯を一緒に煮てみてください。コーンの香りと旨みがぎゅっと詰まっているんですよ。もちろん出汁を取ったら芯は捨ててくださいね、食べません。犬用としてもコーンスープ(芯の出汁だけ)良いかもしれないですね。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。