犬はブロッコリーを食べても大丈夫です!ただし与え方に注意が必要

犬はブロッコリーを食べても大丈夫です!ただし与え方に注意が必要

犬にとってブロッコリーはおいしい野菜のようで、大好きという子も多いでしょう。しかし、犬にあげても良い食材なのか気になりますよね。与えてはダメということはありませんが、少し注意が必要なこともあります。ブロッコリーの与え方や含まれる栄養素、病気との関わりについてまとめましたので、参考にしてみてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬にブロッコリーを与えてもOK!

お鍋で茹でているブロッコリー

ブロッコリーは人間にとっては良いものだから、もし犬にあげても良いのならぜひ取り入れたい野菜のひとつですが、基本的に 健康な犬であれば、ブロッコリーをあげても大丈夫な野菜です。

後ほど解説しますが、状況によってブロッコリーを与えては「ダメ」だという場合も少しだけあります。ですが、常識の範囲での量を与える分には問題は無く、むしろ栄養価も高いので上手に犬の手作りごはんにとりいれてみましょう。

与え方と注意点

ドッグフードとブロッコリーと魚

ブロッコリーは食物繊維が多く、生のままでは硬いため、犬の胃腸では消化が良いとは言えない野菜です。そのため、与える場合には「茹でる」、もしくは、「蒸してから」食べさせるようにしましょう。ただし、塩茹でする必要はありません。

もし茎(芯)も一緒に与える場合には、周りの硬い皮を厚めに剥いてあげると、柔らかく美味しく食べられます。ブロッコリーのつぼみも茎(芯)も、消化しやすく、のどに詰まらせることがないように小さくカットしてからあげてください。

また、消化能力が低下した老犬には、ミキサーにかけるなどしてあげた方が食べやすく、栄養も吸収しやすいかもしれません。

中には刻んでも消化不良で下痢をしたり、ブロッコリーが体質に合わない子もいるかもしれませんますので、初めて与える場合には、お腹の調子や便の状態などをチェックしてあげてください。

アレルギーに関しては、人間ではブロッコリーに対する食物アレルギーがあるようですが、犬ではブロッコリーに対するアレルギーの報告はないようです。

与えるときの分量

ご飯を食べているチワワ

ブロッコリーの適量は、犬の体格や運動量によっても違うので一概には言えません。しかし、ブロッコリーはご飯のメインではありませんから、おやつやドッグフードのトッピングとしてあげるなら1日の総カロリーの10%ほどまでを目安に与えましょう。おやつとして愛犬にブロッコリーをあげた日は、10%分のカロリーをメインのご飯から差し引いて、食べ過ぎにならないように注意してください。

また、後でも出てきますがブロッコリーにはスルフォラファンをはじめとしたイソチオシアネート類を含み、イソチオシアネートは抗酸化作用の他にも抗がん作用が認められているそうです。

非常に期待されている成分なのですが、胃腸への刺激作用もあり、大量に食べると胃腸炎を起こし嘔吐や下痢を起こすことがあるそうです。一日の食事量の25%ものブロッコリーを犬に与えると犬が中毒を起こす、と言う人もいるそうです。

ちなみに、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの10倍以上ものスルフォラファンを含むそうですので、犬に与えるのは避けた方が良いと考えられます。

栄養素と期待できる健康効果

たくさんのブロッコリー

1年中見かける野菜ではありますが、冬が旬なので、冬には美味しいブロッコリーがスーパーでも多く出回ります。ブロッコリーには、以下の「ビタミン」や「ミネラル」が含まれています。

【 ビタミン 】
 ビタミンC
 βカロテン
 ビタミンB1
 ビタミンB2
 葉酸
【 ミネラル 】
 カリウム
 鉄分
 カルシウム
 マグネシウム
 リン
 亜鉛

食物繊維も豊富なので、腸内をお掃除してくれる効果もあります。また、ブロッコリーには「スルフォラファン」という成分が含まれており、身体に対して解毒作用や抗酸化作用などの良い働きをしてくれるようです。適量であればブロッコリーに含まれる老化に対抗してくれる豊富なビタミンと合わせても、ガンなどの病気を予防してくれる効果が犬にも期待できそうです。

ただし、健康に良いからと言って何でも摂り過ぎはよくありません。スルフォラファンのようなイソチオシアネートは、先にも説明したように大量に摂取すると胃腸炎を起こすこともあります。

ただし、ビタミンBやCといった水溶性ビタミンは、長時間茹でると壊れやすいため、茹で時間を2~3分にしたり、蒸して加熱するのがおすすめです。適量であればとても良い食材なのです。ですが、ブロッコリーを与えても大丈夫か判断するには、愛犬の持病や体質のことも考えておかなければいけません。

ブロッコリーを与えてはいけない場合

悲しそうな顔で食器の横に伏せる犬

ブロッコリーは与えすぎると犬の甲状腺に悪影響を及ぼしたり、体質によっては尿路結石症のリスクを上げてしまう可能性があります。ブロッコリーの何が、どんな犬にとっていけないのかも確認しておきましょう。

甲状腺機能低下症の場合

ブロッコリーやキャベツ等のアブラナ科の野菜には「グルコシノレート」や「イソチアシアネート」という物質が含まれています。グルコシノレートは体内で代謝されるとイソチアシアネートに変わります。イソチオシアネートは「ゴイトロゲン」としての作用を持つそうです。

「ゴイトロゲン」は、甲状腺がヨウ素を取り込む働きを阻害する作用があります。ヨウ素が足りないと甲状腺ホルモンを生成できなくなるので、甲状腺の機能が低下してしまう可能性があると言われています。

しかし、健康な犬であれば、常識の範囲を超えたものすごく大量のブロッコリーを生のまま食べた場合でないと、そのような害は出ないので安心してください。ですが、甲状腺機能低下症を持つ犬の場合にはブロッコリーは避けた方が無難です。甲状腺ホルモンを補う治療の妨げとなる可能性があるからです。

愛犬の甲状腺機能が低下しているかどうかは血液検査などでわかりますし、高齢の犬で多く見られ、なんとなく元気がない、太ってきた、毛が抜ける、フケが増えた、筋肉が落ちてきた、などの症状が見られます。もし疑問に思ったら定期検査の時などにでも、獣医さんに聞いてみると良いかもしれません。

尿路結石症の場合

ブロッコリーには「シュウ酸」が多く含まれており、これは尿の中でカルシウムと結びついて「尿路結石」になる原因の一つとされています。シュウ酸といえば、ホウレン草に多く含まれている事は有名ですが、このブロッコリーにも他の野菜と比べると多く含まれています。

シュウ酸結石が出来てしまうかどうかは、遺伝的な体質が関与している場合もあり、シュウ酸の多い食べ物を食べると必ず結石が作られるわけではありません。しかし、体質的に結石が作られやすい犬がいるのも事実ですので、尿路結石症を発症したことがある犬では避けた方が良い食材です。

特に、尿路結石の再発を防ぐ療法食を食べているのであれば、きちんとかかりつけの獣医さんに確認してから与えましょう。ただし、シュウ酸は茹でた後に水にさらしたりすればかなり減らすことが出来るようです。尿路結石になったことがない健康な犬にブロッコリーを与えるときには、そうやって調理するとより安全に与えられるでしょう。

ブロッコリーを使った犬用手作りご飯レシピ

愛犬にブロッコリーをそのまま食べてもらうのも良いですが、ちょっとしたごほうびに使えるごちそうレシピもぜひ活用してみてください。

かぼちゃとブロッコリーたっぷりごまミートローフ

かぼちゃとブロッコリーたっぷりごまミートローフ

ブロッコリーにかぼちゃ、にんじんなど緑黄色野菜がたっぷりのミートローフ。免疫力アップにもつながるため、老犬にもおすすめです。

関連記事
【わんちゃんごはん】『かぼちゃたっぷりごまミートローフ』のレシピ
【わんちゃんごはん】『かぼちゃたっぷりごまミートローフ』のレシピ

緑黄色野菜を食べて、強い身体をめざしましょう!ボウルひとつで気軽に作れる『かぼちゃたっぷりごまミートローフ』の作り方をご紹介致します。

  • コラム
  • レシピ・食べ物

鶏肉とブロッコリー入り卵寒天

鶏肉とブロッコリー入り卵寒天

お肉に加えてきのこや削り節のうまみがあふれたご飯レシピです。タンパク質がたっぷりなので、運動大好きなパワーあふれる犬にも良いですね。

関連記事
【わんちゃんごはん】免疫力アップ!『鶏肉とブロッコリー入り卵寒天』のレシピ
【わんちゃんごはん】免疫力アップ!『鶏肉とブロッコリー入り卵寒天』のレシピ

鶏挽き肉と卵、きのこ、野菜、具だくさんでうまみとボリュームたっぷり!の卵寒天です。美味しく食べて、強い身体を目指しましょう。

  • コラム
  • レシピ・食べ物

まとめ

栄養価が高いブロッコリーは、犬にとっても良い効果をもたらしてくれる可能性があるようです。しかし、大量に食べる事で甲状腺にとっては良くない場合があり、またあまりにも大量に食べてしまうと健康に良い働きがあるはずの物質を摂り過ぎてしまって、逆に胃腸に刺激を与えてしまう場合もあるようです。

栄養価の高いブロッコリーも範囲内で与える事が重要です。甲状腺機能低下症の悪いある犬には与えるのは止めておきましょう。ブロッコリーを食べて嘔吐や下痢をしてしまうことがある犬にも、与えないでおきましょう。

人間の場合でもそうですが、これが良いといって1種類の物を食べれば、どんな食べ物でも害になる可能性はあります。健康的な意味で考えると、ブロッコリーばかりあげるのではなく色々な栄養素をバランスよく与え、色々な食べ物から栄養を摂取することが望ましいのでは無いでしょうか。

手作りのご飯をあげていらっしゃる飼い主さんも、ブロッコリーなどのいろいろな野菜から少しずつ栄養を取れるよう、出来るだけバランスの取れたご飯を考えてあげて下さい。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。