アイリッシュセッターの性格と特徴、価格や寿命から歴史まで

アイリッシュセッターの性格と特徴、価格や寿命から歴史まで

アイリッシュセッターは、イギリスが原産の狩猟犬です。日本では珍しく、あまり馴染みがないかもしれませんが、スタイリッシュで毛並みが美しい、世界中で注目されている犬種です。今回はアイリッシュセッターの性格や特徴、購入方法や歴史などを詳しくご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

アイリッシュセッターの性格

アイリッシュセッター

性格

  • 飼い主に従順
  • 忍耐強い
  • 社交的
  • 好奇心旺盛
  • やんちゃ
  • 些細な事に動じない
  • 周囲の変化に敏感
  • 温厚

アイリッシュセッターは、元々狩猟犬として鳥を追いかけていました。そのため、主人の命令を忠実に聞き従う従順な性格をしています。

また、どこまでも獲物を追う忍耐強さを持ち、たくましい精神や体力が備われています。社交的で好奇心旺盛で、少しやんちゃな一面があり、元気な子供のような性格とよく表現されています。

些細なことには動じない芯の強さがある一方、周囲の変化には敏感な感性をもっています。外見上は一見クールな印象を受けますが、目元はとても優しげで、成犬になると、温厚さが増し、穏やかな優しい犬になるようです。

アイリッシュセッターの大きさと特徴

アイリッシュセッター横向き

体の大きさ

  • 体重:オス 35kg程度、メス 27kg程度
  • 体高:オス 70cm程度、メス 65cm程度
  • 分類:大型犬

アイリッシュセッターは、日本では大型犬に分類されています。胸骨が前に出ている体形が独特で、これは狩猟時の持久力を保つために必要とする、大きな肺が収まっているからと言われています。骨格は身幅が狭くスリムで、均整の取れた引き締まった筋肉質のスタイルが特徴です。

顔つきは正面から見た時の、ちょっとへの字の口に愛嬌があり、真っ黒な鼻と瞳が印象的です。たれ耳とお腹や胸、しっぽについている飾り毛が優雅に見え、ドッグショーなどでも注目を浴びることが多い犬種です。

アイリッシュセッターの毛色と毛質

たくさんのアイリッシュセッター

毛色の種類

  • ブラウン(レッド)
  • マホガニーレッド
  • チェスナットカラー

アイリッシュセッターの毛色はブラウンが主流です。マホガニーレッドと呼ばれる赤茶系や、黒味を帯びたブラウンなど、個体によって茶の濃淡に違いがあります。また、チェスナットカラーと表現されることもあります。

毛は長毛でシングルコートの犬種です。艶のある毛並みは陽が当たるとより輝きを増します。柔らかい飾り毛は風になびくと大変美しい毛質と言われています。長毛は美しさだけでなく、狩猟中にいばらなどで怪我を負わないように体を守る重要な役割をしています。

アイリッシュセッターの子犬の価格

アイリッシュセッターの子犬

値段の相場

15~20万円

アイリッシュセッターの子犬の値段は15~20万円くらいが現在の相場のようです。ですが、アイリッシュセッターの繁殖は日本では少ないため、ペットショップではあまり販売されていないのが現状です。また、ドッグショーで活躍している親犬の場合、子犬の値段も一気に高くなる傾向です。

アイリッシュセッターをブリーダーから迎えるには

アイリッシュセッター

個体数が少ないアイリッシュセッターは、なかなかペットショップでは販売されません。日本でアイリッシュセッターを購入したい場合は、ブリーダーから迎える方が確実でしょう。

しかし、アイリッシュセッターのブリーダーも、実はあまり多くはないため、必然的に購入希望者が同じブリーダーに集中することが考えられます。購入を希望している人は、ブリーダーの専門サイトを常にチェックしていることが必要でしょう。

また、早いうちから積極的にブリーダーと連絡を取ることも大切です。ブリーダーにもよりますが、可能ならば予約をすることもお勧めします。子犬の誕生の情報と購入のタイミングを逃さないようにしましょう。

アイリッシュセッターの里親になるには

アイリッシュセッター横顔

アイリッシュセッターを飼いたい場合、別の方法として、里親制度を利用するという手段があります。里親募集の専門サイトがあるので、そこで全国の里親募集情報をチェックすることもお勧めします。子犬にこだわらなければ、そこでアイリッシュセッターに出会える可能性はゼロではありません。

ただし、アイリッシュセッターは人気が高い上に元々数少ない犬種です。里親登録される可能性は非常に低いのが現実でしょう。そのため、登録された場合は応募者が殺到することが予想できます。

また、移送の問題などから里親として応募できる人の地域が限定されてしまう場合もあります。里親になるには、まず、近隣で民間の動物保護センターや動物愛護団体、自治体の里親募集制度または地元の保健所などにも目を向け、出会える可能性の範囲を広げてみると良いでしょう。

アイリッシュセッターの飼い方

アイリッシュセッター

アイリッシュセッターを我が家に迎えることができた場合は、どのような家庭環境がふさわしいのでしょうか。

環境

股関節を痛めやすい犬種なので、室内の床は滑らないように、マットなどを敷いてあげると良いでしょう。基本的には家族と過ごすことが大好きなので、室内犬として飼うことは問題ありません。

しかし、アイリッシュセッターは、運動量が多い犬種です。散歩で補いきれない運動量をカバーするためにも、自由に走り回れる庭がある環境が理想的です。

運動

アイリッシュセッターは、狩猟犬の中でも特に持久力がある犬種です。1日中山の中を歩いていてもバテない体力があるので、日常の中でも積極的な運動が必要な犬と言えるでしょう。体も大きいので、アイリッシュセッターの運動に付き合うのは飼い主さんの方が大変かもしれません。

アイリッシュセッターを飼う場合は、毎日たっぷりとした散歩や運動をさせてあげられるかどうかが重要となります。フリスビーやボール遊びを取り入れ、狩猟本能を刺激してあげましょう。時には全力で走らせてあげるとストレスも軽減されます。

しつけ

二匹のアイリッシュセッター

アイリッシュセッターは服従心や家族愛が強いので、子犬のうちに飼い主さんとの主従関係ができ上がっていれば、しつけはスムーズにできそうです。もともとやんちゃなところがあるので、調子に乗り出すと手が付けられなくなることもあります。

また、悪意がなくても、狩猟本能で鳥や猫を突然追いかけたり、小さな子供にじゃれついて転ばせてしまうこともあるようです。大きくなってからこのようなことが起きると飼い主さんもコントロールが難しくなります。子犬の頃から、制止すること、主人に従うことをしっかり身につけさせましょう。賢い犬なので、一度覚えたことはきちんと身に付きます。 

アイリッシュセッターは体力があるので食欲も旺盛ですが、運動量が少ないまま高カロリーの食事を与えるのは危険です。筋肉質なスタイルを維持するためにも、高タンパクで低脂肪のドッグフードを選んであげましょう。

早食いやドカ食いになる傾向が見られる犬種ですので、早食いできないように工夫された食器を活用することで改善されるかもしれません。

アイリッシュセッターは皮膚病にかかりやすい犬種でもあります。代謝を上げ、老廃物を排出させ、清潔な皮膚を保ちましょう。そのために水分摂取も大切です。お水は一気飲みしないように注意しながら、こまめに積極的に与えてください。

お手入れ

アイリッシュセッターの毛質は若干抜け毛が多いと言われていますが、大量というほどではありません。ブラッシングで長い毛の絡まりと抜け毛は減らすことができます。皮膚がデリケートなので、コームを使い毛の流れに逆らわず優しくとかしてあげていれば、皮膚蒸れも防ぐことができるでしょう。

アイリッシュセッターは長く流れるような被毛が特徴です。丁寧なブラッシングを日々おこない、絹のような艶と綺麗な毛並みを維持してあげましょう。

また、アイリッシュセッターのはたれ耳が特徴ですが、たれ耳の犬は耳のトラブルが多くなりますので、時々耳掃除をして清潔を保つようにしてください。

人が使う綿棒は細くて危険ですので使ってはいけません。普段は犬専用の耳掃除ローションをコットンに沁み込ませ、優しく汚れをふき取ってあげる程度で良いでしょう。定期的にペットサロンなどで掃除してもらってください。

アイリッシュセッターの寿命とかかりやすい病気

元気のない様子のアイリッシュセッター

一般的にアイリッシュセッターの寿命は12歳~15歳と言われています。アイリッシュセッターがかかりやすい病気として、次のようなものが挙げられます。アイリッシュセッターが独特の体格や体質が関係していると思われます。

胃捻転・胃拡張

アイリッシュセッターは、胸が大きく前に突き出ています。胃捻転や胃拡張は、この胸の深い形状の犬種によく発症する病気です。

胃が固定されず不安定で揺れるため、捻れてしまったり、胃袋が大きくなったりして他の臓器を圧迫してしまうのです。早食いやドカ食いをしてしまう犬は胃に負担がかかるので特になりやすく危険な病気です。

股関節形成不全

アイリッシュセッターだけでなく、大型犬によくみられる症状です。成長段階での股関節の発達と犬の運動量のバランスが合わず、股関節や大腿骨に大きな負担がかかってしまいます。このため、変形や正しい位置で骨が固定されず、さまざまな症状を引き起こす状態です。遺伝的な要素もあり、主に生後4カ月頃~1歳前後の犬に発症すると言われています。

外耳炎

たれ耳の犬によく起きる症状です。アイリッシュセッターも大きなたれ耳のため、この症状が出やすい傾向にあります。また、梅雨の時期や、湿気の多い場所にいると外耳炎にかかりやすいようです。首を掻いていたり、頭を激しく振るしぐさが増えたら外耳炎を疑ってみてください。

進行性網膜萎縮症(PRA)

発症例はそれほど多くないものの、アイリッシュセッターはこの病気にかかりやすい犬種と言われています。

進行性網膜萎縮症は、光を感知する網膜が変質し萎縮してしまうことで視力が低下します。やがて失明する可能性があります。遺伝性の疾患なので、親犬や兄弟犬にその系統があるかどうか把握しておいた方が良いでしょう。

アイリッシュセッターの歴史

アイリッシュセッター横顔

アイリッシュセッター(Irish setter)は、名前の通りイギリスのアイルランド地方原産の犬です。17~18世紀頃猟犬の掛け合わせで誕生した、セッター系の中では最も古い犬種と言われています。

当時のアイリッシュセッターは白や赤毛の混合色だったので、原産国のイギリスやヨーロッパ地方では、現在も白や赤毛もアイリッシュセッターとして認められています。

一方アメリカや日本では、先に入国したマホガニー単色個体だけをアイリッシュセッターと呼び、その後入国してきた白や赤毛の混合個体を「アイリッシュレッドアンドホワイトセッター」という別の犬種として区別するようになりました。

猟犬のアイリッシュセッターは、見た目の華やかさも人気で古くからドッグショーでも注目を集めていました。

初期のアイリッシュセッターは短い首をしていたのですが、19世紀頃、長い首のアイリッシュセッターがドッグショーに参加し高い評価を集め、次第に首の長い個体に改良されて現在のスタイルになったようです。

アイリッシュセッターのおすすめブログ

アイリッシュセッター立ち姿

現在アイリッシュセッターを飼っている方の中には、ブログで日々の様子を綴っている方がいます。アイリッシュセッターとの生活を垣間見ることができる、おすすめのブログをいくつかご紹介します。

アトリエ ginga 銀雅 ☆ハリーとの日々☆

ブログ主さんの手作りアクセサリー作品と、アイリッシュセッターのハリーとの日々の出来事が描かれています。シニアとなり、横になっていることが多くなったハリーを、優しく見守られている記事です。

看板犬ヴィッツすと~り~

DOG GARDENわんむ看板犬、アイリッシュセッターのヴィッツ&テラと3頭の保護猫たちとの楽しい日々。保護猫や犬たちへ語りかけるように綴られている言葉から、ブログ主さんの動物たちへの愛情が溢れ出ています。

まとめ

走るアイリッシュセッター

アイリッシュセッターを飼う場合、膨大な運動をさせてあげる覚悟が飼い主さんには必要です。運動をする時間や、ストレスを与えない環境などを考えるとそのハードルはなかなか高く、覚悟も必要です。

また、アイリッシュセッターを飼いたい方は、子犬探しの段階からも苦戦しそうです。しかし、幸運にも飼うことができたら優雅な姿を披露しながら楽しく散歩できそうです。きっと注目されますよ。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ぴーこ

    16歳の雄のアイリッシュセターを飼っています。人懐っこくて、滅多に吠える事もなく近所の方々に可愛がって貰っています。手入れは大変ですがマホガニーレッドの被毛や飾り毛がとても優雅です。歳をとって走る事が出来なくなりましたが、大きな怪我や病気をする事もなくシニアライフを送っています。
    ぴーこの投稿画像
  • 投稿者

    女性 桜茶

    アイリッシュセッターというと、あの艶のあるマホガニーレッドが一番初めに浮かびます。有名な靴のメーカーに「アイリッシュセッター」という名の付いたシリーズもあるほど、特徴的なカラーはとても魅力的ですね。
    アイリッシュセッターはシングルコートですが、抜け毛もそれなりにあるので、ブラッシングは必須です。絹糸のように細く長い被毛は絡まりやすいので、コームを使ってもつれを解きながら梳かしていきます。皮膚近くは皮膚に優しいピンブラシで。換毛期はスリッカーブラシも活用した方がいいですが、先が金属なので皮膚を傷めないように注意が必要です。

    しつけは、無邪気な性格からとても根気が必要になりそうです。叱られてもきょとんとしてしまうことも多い犬種です。褒めながら何度も繰り返すことできちんと学習してくれます。遊ぶことも大好きなので、しつけの途中で遊びにシフトしてしまうことも。

    アイリッシュセッターは、体は大きく優美ですが、中身は子犬のような無邪気さを持つギャップのある犬種です。そこがたまらないのでしょうね。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    アイリッシュセッターってあのレッドの毛がすごく印象的ですよね!さらっとした毛で走ってる姿を見るとつやつやキラキラ輝いているのでとっても目立ちます。直接しっているアイリッシュセッターがいるわけではないんですが、時々行っている広めのドッグランでお会いすることがあるので、見かけるととてもすてきだなと思って目を奪われてしまいます(*''ω''*)しかもあの見た目の優雅さから想像つかないやんちゃさんで、とってもフレンドリーなので少しなでるだけで「でへへ~♪」という感じで体をすり寄せてくれるのがまたたまらなくかわいいんですよね!この記事にも書かれていますが、このギャップもアイリッシュセッターの魅力なのかなって感じます。
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    毛並みが良く、凛々しい顔立ちのアイリッシュセーターという犬種は本記事を読んで初めて知りました。

    可愛いというよりも綺麗という形容詞が似合う素敵なワンちゃんです。

    どんな犬種のワンちゃんであっても言えることですが、美しい外見の維持にはお手入れが欠かせません。

    家庭でのブラッシングも継続的に行う必要がありますが、月に1回のトリミングにも通う事で美しい毛並みを維持する事が出来ます。

    ブラッシングだけでは体臭なども除去しにくいので衛生面を考慮してもトリミングは美しさを効果的に発揮します。

    飼い主が月に数回自宅でお風呂に入れてあげるだけでもワンちゃんの美容維持には有効な方法です。

    様々な方法を駆使してワンちゃんを綺麗にお手入れしてあげて下さいね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。