犬は鮭(サーモン)を食べても大丈夫?骨と鮭中毒に注意!栄養を活かしたレシピも紹介

【獣医師監修】犬は鮭(サーモン)を食べても大丈夫?骨と鮭中毒に注意!栄養を活かしたレシピも紹介

犬は鮭やサーモンを食べても大丈夫?鮭は犬にとって栄養バランスも良く、嗜好性もばっちりの食材と言われることもありますが、体に害はないのでしょうか。犬に鮭を与える時の注意点や「鮭中毒」について、栄養素や与え方などをまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は鮭(サーモン)を食べても大丈夫!ただし生で与えてはダメ

生鮭を食べる犬

犬にとって鮭、サーモンは与えて食べたとしても問題のない食べ物です。この「鮭」と「サーモン」は、見た目や味などもそっくりですが、実は違う魚の種類なのです。

鮭とサーモンの違いについて簡単に説明すると、鮭は国産の加熱して食べる天然鮭、正式には「白鮭(しろざけ)」のことを指し、一般的にお寿司などで食べられるサーモンは、ニジマスのことを指します。これらの詳細な分類、名称については非常に複雑なため割愛しますが、いずれにしても鮭とサーモンの栄養素に大きな違いはなく、どちらも犬が食べれる魚に分類されます。

しかし、鮭は寄生虫の存在があるため、人間であっても生食できない魚であり、サーモンにおいても犬に生食させるのは避けたほうが無難です。犬が生の鮭やサーモンを食べることで、食中毒や消化不良を引き起こす可能性があります。

鮭、サーモンはその与え方や選び方によっては、犬の健康に役立つ栄養素がたっぷり詰まった食材であるため、注意点をしっかりと理解して愛犬の食事にうまく取り入れましょう。

鮭中毒とは?

鮭やサーモンは犬が食べてもいい魚であるとご紹介しましたが、命を脅かす可能性がある「鮭中毒」と呼ばれる中毒症の存在があります。鮭中毒とは、ネオリケッチア・ヘルミンテカ(Neorickettsia helminthoeca)と呼ばれる微生物に感染した鮭などの淡水魚を生食することによって引き起こされる中毒症を指します。

この鮭中毒は、主にアメリカ西海岸を中心に感染例が報告されている中毒症であり、今のところ日本では報告がありません。そのため、あまり知られていない中毒症ではありますが、2016年には世界中に分布する可能性がある微生物について新たに報告がなされているため、今後日本でも注意が必要であると予測されます。

鮭中毒の原因となる菌については3種類あり、いずれも加熱や24時間以上の冷凍によって死滅させることができるとされています。

鮭は犬にとって食べてはいけない魚ではありませんが、過去に犬が生の鮭を食べたことで死亡してしまった例もあることを踏まえ、与え方に注意が必要な魚であるということはしっかり理解しておきましょう。万が一、愛犬が生の鮭を大量に食べてしまった場合などは、しっかりと様子を観察し、かかりつけ医に相談してください。

鮭に含まれる栄養素と犬への健康効果

鮭のムニエル

アスタキサンチン

鮭の赤い色は、人参などと同じカロテン色素のアスタキサンチンです。アスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持つとして近年話題の栄養素ですが、魚の中では鮭だけがもつ色素であり、体内の活性酸素を抑て動脈硬化を予防し、ガン予防の効果もあるといわれています。活性酸素は万病の元ですから、これを除去し免疫力を高めることで犬の体が本来持っている〝自然治癒力〟を引き出してくれる素晴らしい栄養素です。

DHA,EPA

鮭には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの脂肪酸が豊富に含まれています。これらの脂肪酸は血液の流れを良くする働きだけでなく、血管を若返らせる効果も期待されています。

タンパク質

鮭に含まれるタンパク質は、20種類のアミノ酸の結合により構成されており、その中には必須アミノ酸と呼ばれる栄養素がすべてバランスよく含まれています。犬にとっても消化吸収率がとてもよいタンパク質であることから、ドッグフードなどに取り入れられることもあります。

ビタミン

鮭は、ビタミン類も豊富に含まれています。主にビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが豊富であり、これらは代謝の促進や胃腸や神経系の健康をサポートする効果が期待されています。

コラーゲン

鮭の皮の部分はコラーゲンが豊富で、皮のすぐ下の脂にはDHAやEPAが含まれるため、鮭は皮つきのまま与えるのがおすすめです。コラーゲンは、細胞の代謝を良くしてくれるので、愛犬の老化防止にもぜひ活用したいものです。

鮭、サーモンには犬の健康にも役立つ栄養素が豊富に含まれています。前述した鮭中毒に注意すれば、鮭の栄養素が持つ効果、効能は是非愛犬の健康管理に取り入れたいものであると言えますね。

犬に鮭を与える時の量の目安

お寿司を食べる犬

犬に鮭を与える時の目安量について、一般的には犬の食事量の20%程度が目安とされています。しかし、栄養素をしっかりと計算した犬の手作り食に鮭やサーモンを用いる場合を除いて、基本的には主食に少量トッピングする程度にしておきましょう。

鮭やサーモンには栄養素が豊富に含まれており、ドッグフードに利用されることもあるとはいえ、サーモンを犬の主食にすることはできません。あくまでも、主食とのバランスを重視することが大切です。また、鮭やサーモンを与えすぎると消化不良を引き起こす可能性もありますので、愛犬の体の大きさや体質を考慮した上で、少量ずつ与えるようにしてください。

犬に鮭を食べさせる時の与え方

焼き魚を食べる犬

鮭の選び方

犬に鮭やサーモンを食べさせる時は、塩分が含まれていない鮭を選びましょう。スーパーなどでよく販売されている「塩鮭」は塩分が多すぎるため、ムニエル用などの切り身がおすすめです。また、鮭の缶詰を利用する場合は味付けされたものや油漬は避け、水煮缶を選んでくださいね。

加熱する

犬に鮭やサーモンを食べさせる時は、焼く、茹でる、蒸すなどの方法で必ずしっかりと加熱するようにしましょう。鮭に含まれているビタミンには加熱に弱いものもあり、長時間の加熱は栄養価を下げると言われることもありますが、生焼けによる食中毒の方がよほど健康に害をきたす可能性があります。

骨を取り除く

犬に鮭を食べさせる時は、骨をしっかりと取り除きましょう。骨ごと与えてしまうと、喉や胃腸などを傷つけてしまう可能性があります。小骨が心配な場合や鮭のあらを使用する場合は、圧力鍋を利用して骨が柔らかくなるまで煮込み汁ごと与えるのもおすすめです。骨の処理が面倒な場合は、刺身用のサーモンを利用するといいですね。

身以外の部分

鮭の身以外の部分も、骨以外であれば犬に食べさせることができます。皮や白子にも栄養素が豊富に含まれていますので、しっかりと加熱にして与えましょう。

鮭の加工品

犬に鮭を与える時、人間用に加工されたおつまみやおやつは与えないようにしましょう。人間用の鮭フレークや鮭とば、鮭ジャーキーなどには塩分が多く含まれているため、犬には不向きです。犬におやつとして鮭やサーモンを与えたい場合は、手作りするか、犬用のおやつを用いるようにしてください。

犬に鮭を与える時の注意点

魚の遠景に犬

犬に鮭を与える時の注意点についてご紹介します。

アレルギー

犬に鮭を与える時の注意点として、人間同様、犬にも食べ物アレルギーの存在があります。初めて犬に鮭やサーモンを与える時は、少量ずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。

鮭の骨

犬に鮭を与える時、鮭の骨には十分に注意しましょう。犬は、食べ物を骨ごと食べるイメージが強いことから、魚の小骨くらい大丈夫だろうと考えられがちですが、魚の骨が喉や内蔵に刺さってしまうことで健康に害をきたす可能性もあります。魚の骨が刺さった箇所によっては、外科手術が必要になったり、命に危険が及んだりする場合もありますので、鮭を骨ごと食べてしまった場合は、早急に動物病院を受診してください。

塩分

犬に鮭を与える時、くれぐれも過度な味付けはしないよう注意しましょう。特に人間用に加工された鮭には塩分が多く含まれているため、かえって健康に害をきたす可能性もあります。犬に鮭やサーモンを与える時は、シンプルに茹でたり、蒸したりして食べさせるようにしましょう。

犬の鮭ごはんのための豆知識

鮭の切り身

鮭の種類と栄養素

鮭の種類カラフトマス、シロサケ(秋鮭)、紅サケ、マスノスケ(キングサーモン)、銀サケ、サクラマス、ニジマス、アトランティックサーモン、など、私たちが日頃食材として目にしている鮭の種類は非常に豊富です。その種類によって含まれる栄養素の量に若干の差があるので、愛犬の体質によって使い分けることができるかもしれませんね。

鮭の種類と栄養素の特徴

まず、エネルギーとタンパク質の含有量についてですが、一般的に「秋鮭」として食卓に上ることが多いシロサケや紅鮭に比べ、アトランティックサーモンのカロリーはかなり高いです。

しかし、タンパク質は、カロリーの低い紅鮭やシロサケのほうが少し多いくらいです。つまり、肥満気味の犬や運動量の多くない犬などは、高たんぱく低カロリーのシロサケや紅鮭を選ぶとよさそうですね。

次に気になるEPA、DHA、アスタキサンチンはどうでしょう。EPA、DHAは脂肪酸ですから、エネルギー量の多い種類に多く含まれているようです。EPAはアトランティックサーモンが一番多く、ギンサケ、マスノスケと続きます。

しかしDHAはニジマスの海面養殖が一番が豊富であり、アトランティックサーモン、銀サケ、マスノスケと続きます。血栓の予防効果や血中コレステロールの低下などはこれらの脂肪酸共通の効能ですが、DHA独自の効能として、脳の健康と発達を促すことが挙げられます。

脳の神経細胞の膜に入って脳内の情報をスムーズにする、脳のアンテナのような部分の成長を助けます。つまり脳の中にDHAがたくさんあると、脳の働きが良くなるということです。

DHAは母乳にもふくまれることから子どもの脳の発達にも欠かせないもので、近年、老人生痴呆症予防や、網膜反射機能の向上という効果もわかってきています。アスタキサンチンの含有量については紅鮭がダントツ1位という結果になりました。

アスタキサンチンは悪玉コレステロールの原因となるLDLコレステロールの酸化を防ぐことができますが、これは活性酸素を消去するという働きの効果、同時に免疫力を正常に保つために大変有効なものです。つまり成長期の犬から、老犬の痴呆予防まで、すべてのステージに活用できるお助け食材といえそうです。

最後にビタミン類に関してですが、注目すべきはマスノスケ(キングサーモン)のビタミンA含有量です。

胃腸や気管支などの粘膜や皮膚の状態を整えるビタミンなので、風邪予防、視力低下、被毛の健康維持など犬にも効果が期待できます。ビタミンB2はシロサケが一番ですが、それほど差はありません。ホルモンの正常化を守り、欠乏すると、口角炎や口唇炎になるといわれています。

ビタミンB12は紅鮭をはじめ、若干差はありますが鮭には多く含まれています。欠乏すると悪性の貧血になるといわれ、鮭にはそれを予防する効果があります。また、骨のビタミンと呼ばれるビタミンDも鮭は豊富で、特に紅鮭、シロサケとおなじみの種類に多く、カルシウムの吸収に役立つため、犬ごはんにも最適です。

鮭を使った犬用手作りごはんのレシピ

簡単!鮭のホイル包み焼き♪

簡単!鮭のホイル包み焼き♪

鮭を使ったホイル焼きのレシピです。とても美味しそうなので、味付けさえ別にすれば人間用と兼用して作ることもできそうです!手作りご飯を作ったことがない場合でも、気軽に挑戦できそうですよ~!

旬の鮭とカブの具沢山スープ♪

旬の鮭とカブの具沢山スープ♪

鮭を使った栄養たっぷりのスープレシピです。スープごと食べることで、栄養素も水分もしっかり補給できそうですね。調理方法も簡単なので、おすすめです!

鮭やサーモンを使った犬用手作りレシピは非常に豊富なようです。鮭やサーモンを他の野菜などと茹でるだけでも嗜好性、栄養価共に高い手作りごはんが作れるので是非挑戦してみてくださいね。

鮭(サーモン) を使ったおすすめドッグフード

BLUEウィルダネス アダルト・サーモン

ブルー ウィルダネス 成犬用・サーモン/アダルト・サーモン 2.04kg
3,771円(税込)

こちらは、BLUE ウィルダネスラインのアダルト用サーモン味です。犬の祖先とされるオオカミの食事をベースに設計されており、良質なタンパク質が豊富に含まれたグレインフリー(穀物不使用)のナチュラルフードです。

ニュートロジャパン ワイルドレシピ超小~小型成犬用サーモン

ニュートロジャパン ワイルドレシピ超小~小型成犬用サーモン2kg
2,898円(税込)

ナチュラルチョイスで有名なニュートロジャパンが販売する「ワイルドレシピ」のラインナップには、サーモン味があります。「祖先が食べていた食事を再現」をキャッチコピーに、肉食よりの雑食である犬にあった良質なフード設計が徹底されており、高タンパク、グレインフリー(穀物不使用)となっています。ワイルドレシピサーモンは、ペットショップやホームセンターなどでも販売されていますので、是非試してみてくださいね。

上記のフード以外にも、海外製のプレミアムドッグフードには、鮭やサーモンを使用したものが多く販売されています。日頃から鮭やサーモンを好んで食べる愛犬の場合、試してみるといいかもしれませんね。

まとめ

鮭の塩焼き

鮭、サーモンは成長期の犬から老犬まで、様々な効能を期待できる素晴らしいお魚だということがわかりました。鮭は比較的価格も安価で、手に入り易いので、愛犬の手作りご飯に腕をふるってみてはいかがですか?

ドッグフードの素材やおやつ、栄養補給のためのサーモンオイルなど、犬のために加工された商品もたくさん販売されています。犬用に加工された鮭の中骨せんべいや、歯ごたえを重視したトバ(皮付きのまま細く切り、干したもの)などのおやつもおすすめですよ~!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 mika

    価格も安く、食卓にもよく上がる馴染みのある食材のため、普段の家族分プラスワンちゃんの分も用意がしやすい物ですね。栄養素も高く是非あげたい物のひとつです。ワンちゃんも美味しい食べて健康になれれば一石二鳥ですね。
  • 投稿者

    30代 女性 ちびまま

    最近、わんちゃんホンポの記事のお陰様で犬用の鮭ふりかけなどをあげていました。
    でも、愛犬のチビの体がプクプクになってきてしまい、少し困っています。。。
    何でも試したくなる性分なのでオススメの物は試してしまいます。しかし、ついつい与え過ぎてしまうので私自身がセーブしてあげなきゃだめですよね。がんばります。
  • 投稿者

    20代 女性 maimai

    愛犬に手作りごはんを用意する機会が多く、鮭のアラが売られているのを見かけた時には、使うことがありました。栄養価が高そうだなぁ、とは思っていましたが、こんなに素晴らしい食材とは知りませんでした。

    ビタミンA、Dが豊富で、更に抗酸化作用のあるアスタキサンチンを含んでいるということもあり、積極的に手作りごはんの材料に取り入れたいと思いました。

    これからは、お肉と同じくらい頻繁に使う主食材として買ってあげるつもりです。
  • 投稿者

    30代 女性 あんず

    鮭に含まれるアスタキサンチンは、最近美容の面と健康面で注目されていますね。
    身だけでなくサーモンオイルは皮膚にも作用するので、鮭ってすごく万能な食物だと思います。
    日本で獲れる天然の生鮭はアニサキス(回虫)がいて生食ができないので、しっかり加熱処理してから与える様にしています。

    お刺身として売ってるサーモンはほとんどが海外製で運ばれてくるまで冷凍されていて、アニサキスはマイナスの環境下で死んでしまうので問題ないようです。愛犬は焼いた鮭も生のサーモンもどちらも大好き。これからも食べさせてあげたいと思います^^
  • 投稿者

    40代 女性 まぴこ

    鮭はわんちゃんの身体に良い栄養成分がいっぱいなんですよね。私もわんちゃんの手作りごはんを作る時、鮭を使ってお料理することがありますが、とても喜んで食べてくれます。

    この記事を拝見して、鮭も種類によってそれぞれ栄養価も違っていて、それをきちんと調べていらしてすごいなぁ!と思いました。とても参考になりました。

    鮭を選ぶ時は本当に身体のことを考えて、養殖ものではなく、天然ものを選んであげたいと思っています。魚にも旬があります。人もわんちゃんも、その季節に合った美味しいものを食べて健康でいてほしいと願っています。
  • 投稿者

    女性 匿名

    ワンちゃん本舗の記事は、分かりやすくいつも参考になります。今日も早速 鮭のアラを買ってきました。晩御飯にあげると美味しそうに食べ 夏バテ気味になっている小次郎(我が家の犬の名前)ですが、少し元気を取り戻したように思います。m(__)m
  • 投稿者

    女性 いもむし

    うちの手作り食で鮭はお魚の中でいちばん出番が多いかな。季節問わず手に入りやすいことや、比較的安価であること、家に常備しているからがその理由です。栄養満点のようで、良かったです。匂いもいいですし、愛犬の食いつきも抜群です。うちの犬は水煮よりも焼いた方が好きなので、スキレットに鮭とジャガイモ、ブロッコリーなどをきざんだものと一緒に魚焼きグリルでアルミホイルをして蒸し焼きにします。鮭の油と香を野菜が吸っておいしいみたいですよ。
  • 投稿者

    女性 すき焼き

    秋鮭の時期は、愛犬のごはんにも鮭が登場します、数回ですが。2人家族プラス1わんこなので、3切れ入りのパックを買って来て、愛犬用には味付け無しでソテーします。付け合わせはブロッコリーとじゃがいもとドッグフードです。このゴハンは愛犬のお気に入りです。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    魚で取ると効果的な栄養があるのはわかっているのですが、種類によってはどうなのかなと不安でもありました。白身魚の愛犬ご飯レシピはよく見かけるのですが、鮭などはあまり見かけなかったので、勉強になりました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。