犬に煮干し 食べていいものわるいもの

51901view

犬に煮干し 食べていいものわるいもの

巷で多くの愛犬用の煮干しが売られているし、犬は人間よりもカルシウムが必要という話も聞きます。けれど、煮干しは与えるなとまでは言わなくとも与えない方がいいとする意見も多く、躊躇されている飼い主さんも多いのではないでしょうか?この記事では、愛犬に煮干しを与えることについて、様々な視点からまとめてました。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

愛犬に煮干しは与えていいのでしょうか?

煮干し商品

こちらに書くまでもありませんが、犬に絶対与えてはいけないとされる有名な食べ物は「チョコレート」とネギ類です。ですから、犬用チョコレートとか、犬用オニオンスープなんて売っていません。しかし、煮干しについては、様々なメーカーから、愛犬のための煮干しが販売されています。この事実だけを取り出しても、愛犬に煮干しを与えるのは「YES」です。

それなのに、獣医さんや犬の食餌に関してまとめた書籍では、煮干しを愛犬に与えるのは「要注意」であったり、○△×の2段階評価の△に認定されている傾向にあります。。

なぜ、このように煮干しに対する評価が厳しいのでしょうか?

その理由を知る事は、飼い主さん自身が、愛犬に自信を持って煮干しを与えられる理由にもなります。

煮干しを愛犬に与える事が懸念される理由

煮干しと犬

煮干しと言えば、和食では出汁を取るのに欠かせない食材でもあり、近年では日本人のカルシウム不足にも最適とされ、出汁をとった後の煮干しを料理に活用したり、オヤツやおつまみに煮干しを取り入れることも推奨されているぐらいです。人間以上にカルシウムが必要な愛犬にとっても、煮干しを与える事がもっと推奨されてもいいものですが、懸念されるのには、大きく、ナトリウム(塩分)とカルシウムの問題が挙げられます。

ナトリウム(塩分)の問題

煮干しとは、カタクチイワシをはじめ、マイワシ、ウルメイワシ、キビナゴ、アジ、サバ、トビウオ等の小魚を塩水で茹で、乾燥させることによって作られます。煮干しとは異なりますが、しらす干しも同様の製法で作られますので、犬にとって塩分過多になるという問題点がよく挙げられます。犬(特に雄犬)は、塩分を取り過ぎると、尿結石の要因になるとされていますので、「煮干しやしらす干しはあげないほうがいい」とされるようです。

しかし、この問題に対する対応は、そんなに難しいものではありません。
ペット用の減塩(低塩)の商品も多くありますし、心配ならば、湯通しすることで塩分を減らすことができます。また、人間用の物でも無塩の煮干し(いりこ)もありますので、それらを利用してもいいでしょう。また、人間用の煮干しでも、出汁を取った後の煮干しですと塩分は相当抜けていますので、食物を無駄にせずに済みます。

カルシウムの問題

ドッグフード(総合栄養食)を食餌として与えている場合、栄養バランスが崩れるから、水以外は与えない方がいいという考え方が、獣医さんをはじめ、今でも根強く残っています。
犬にもカルシウムは勿論必要ですが、タンパク質、ミネラル、ビタミン等、様々な栄養素とのバランスが重要で、ドッグフード(総合栄養食)は、その様々な栄養素を計算された配合で含んでいるというのが建前ですから、そこに、特定の栄養素だけを追加する行為は避けた方が無難です。厳しい方々の中には「犬の健康のためには避けるべき」という意見すら見られます。

正直なところ、煮干し1匹食べただけで、愛犬がどうかなるとは考えにくいですし、愛犬と飼い主さんとのコミュニケーションを計るのに、ちょっと美味しいモノとして、煮干しは添加物たっぷりのドッグフードやクッキーよりは遥かにいい食材というのは、多くの人がわかっているのです。
美味しいものに喜ぶ愛犬の姿を見て、飼い主さんがついついエスカレートしちゃいがちなのも事実。そんな飼い主さんを戒めるためにも、「ドッグフード以外は与えるな」とされている事が多い様に感じます。

オヤツとして与えるか、食餌の一部として与えるのか

手作りご飯

以上のように、煮干しをオヤツとして与える場合は、さほど心配することはありません。塩分の含有量が少ない商品を選び、丸呑みしないように気をつけてあげましょう。また、稀に青背の魚にアレルギーがある犬もいますので、皮膚の変化などもないか観察しましょう。

ドッグフード(総合栄養食)をメインの食餌としてせず、トッピングや手作り食を愛犬に与えている場合、多くの日本人がカルシウム不足であるのと同様に、愛犬もカルシウム不足に陥っているケースが多いようです。成犬の場合、体重1kgあたり100mg(日)程度が目安とされています。
煮干し10gならカルシウムは220mg、小松菜100gでカルシウムは150mgぐらいとされていますが、それだけの量を食餌だけで賄うのは大変です。また、カルシウムが愛犬の体内に吸収されて、適切に活動をするためには、リン、マグネシウム、ビタミンDなど、様々な栄養素とのバランスがうまく取る必要があります。カルシウムやリン、マグネシウムは結石の原因になりますのであげすぎには十分注意してください。

我が家の愛犬は穀物アレルギーが強いため、朝ご飯はドッグフード半分とトッピング。晩ご飯は完全手作り食という生活を、もう数年来続けています。
単純に煮干しや骨だけを食べればOKとはいかないのを知ってから、カルシウムというのは、課題のひとつです。現在は、煮干しだけでカルシウムの問題を解決するのではなく、ヨーグルトや犬用のミルクといった乳製品の利用、(消化が得意とはいえませんが)カルシウムの多い野菜や海草類(パセリ、大根の葉、小松菜、ひじき)の利用を行っていますが、サプリメントでの補填も併せて考えるのが理想的のように感じます。

煮干しはとてもいい食材です。愛犬のカルシウム補助に、またコミュニケーションのためのオヤツに、上手に活用したいものですね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。