犬は昆布を食べても大丈夫?適量や与え方、注意点など

犬は昆布を食べても大丈夫?適量や与え方、注意点など

昆布は犬も食べられるのでしょうか?昆布は人間にとって美容や健康にいいとされている食材ですが、犬に与える際には注意することがあります。他にも昆布だし、とろろ昆布、おしゃぶり昆布など、与え方や量、持病がある場合の注意点などについてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬は昆布を食べていい!

海岸で何かしている犬

犬は昆布を食べていい?答えは「食べても問題ない」です。

しかし、昆布をはじめとした海藻類は、食べ過ぎると消化不良を起こすことがあるため、その与え方や量には注意しなければなりません。

昆布は、栄養学的にも疲労回復や便秘解消など、健康に良いとされている食材です。

では、それらは犬にとっても良い効果が期待できるのでしょうか?

犬に昆布を食べさせる時の与え方や注意点、昆布を与えることで得られる健康効果などを確認していきましょう。

昆布に含まれる栄養素と期待できる健康効果

乾燥した日高昆布

ビタミン

  • 皮膚や被毛の健康を維持、視力に関与、抗酸化作用(βカロテン)
  • カルシウムの骨への沈着やコラーゲン生成を促す、血液凝固に必須(ビタミンK)
  • 抗酸化作用(ビタミンC)

昆布には、βカロテン、ビタミンK、ビタミンCなどのビタミン類が含まれています。

なかでも含有量が豊富な「βカロテン」は皮膚や被毛の健康を維持したり、視力(特に暗い中での視力)にもかかわり、抗酸化作用も持ちます。

「ビタミンK」は、犬が腸内細菌によって合成できる成分でもありますが、それだけでは必要量を満たせず、食事からの摂取が推奨されている成分です。

ビタミンKは体内では肝臓に貯蔵され、タンパク質の代謝や、骨へのカルシウム沈着などにも必要なビタミンです。

その他にも、血液凝固(血液が固まる過程)や、様々な酵素が活動するためにも必要な成分です。

また昆布には、ビタミンCも含まれています。

ミネラル

  • カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどが豊富
  • ヨウ素を断トツに多く含む

昆布に含まれる成分のなかでも、その含有量が多いのがミネラルです。

昆布には、カリウムやカルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれていますが、なかでもヨウ素の含有量はあらゆる食品の中でも断トツのトップです。

ヨウ素(ヨード)とは、甲状腺ホルモンの原料であり、体内に不可欠な栄養素です。他にも細胞が活動したりエネルギーの代謝などにも関係しています。

しかし、ヨウ素は甲状腺ホルモンの原料である一方で、過剰摂取によって逆に甲状腺機能低下症を引き起こす原因ともなりますので、過剰に摂取しないことも重要です。

水溶性食物繊維

  • 免疫力アップ
  • 血栓予防
  • 血中コレステロールの吸収抑制や血圧を低下させる効果
  • 便秘解消

昆布のヌルヌルした成分には、水溶性食物繊維の一種であるフコイダンやアルギン酸などが豊富に含まれています。

フコイダンは人で、免疫力アップや血栓予防などの効果が期待されています。

近年では、同様の効果を期待してフコイダンを含有した犬用サプリメントも販売されています。

アルギン酸には、血中コレステロールの吸収を阻害したり血圧を下げる効果や、便秘解消などが期待できます。

ちなみにこれらの成分は、わかめやモズクなどの海藻類にも含まれています。

関連記事
犬はわかめを食べても大丈夫?与え方や注意点、簡単レシピも紹介
犬はわかめを食べても大丈夫?与え方や注意点、簡単レシピも紹介

犬にわかめを与えてもいいでしょうか?私達日本人にとっては馴染みのあるわかめですが、犬も食べて問題ない食材なのか、そもそも健康に役立つ食材なのか気になりますよね。犬にわかめを与える時の量や栄養素、簡単レシピから与える時の注意点まで紹介します。

  • 食べ物
  • 魚介・海藻

フコキサンチン

  • 抗酸化作用
  • 抗腫瘍作用
  • 抗炎症作用
  • 脂肪燃焼効果

フコキサンチンとは、カロテノイドと呼ばれる色素の一種であり、昆布をはじめとした、ひじきやわかめなどの褐藻類にのみ含まれている成分です。

このフコキサンチンは、抗酸化作用や抗腫瘍作用、抗炎症作用など様々な効果を期待して研究が進んでおり、フコキサンチンを含むサプリメントも増えています。

関連記事
犬はひじきを食べていい!含まれる栄養素や健康効果、犬用手作りご飯の簡単レシピ
犬はひじきを食べていい!含まれる栄養素や健康効果、犬用手作りご飯の簡単レシピ

ひじきってとても健康に良い食品なので、犬の体にもいいならご飯にひじきを混ぜてうちの子にも与えてあげたいけれど、いいのかな?ダメなのかな? 飼い主として気になりますよね!今回は犬にひじきを与えていいのかどうか、犬がひじきを食べた場合の健康効果の紹介に加えて、犬用のひじきレシピまでをご紹介します!

  • 食べ物
  • 魚介・海藻

昆布に含まれている栄養や成分には、免疫力アップや肥満予防など、体質そのものを改善する効果が期待できるものも多く、生活習慣病予防にも役立てることができそうですね。ただ、これらの効果は人でのものや研究段階にあるものであり、犬での効果はこれからの研究に期待したいところです。

犬に昆布を与える時の量の目安

海岸を歩いている犬

犬に与えてもよい昆布の量

  • 犬に与えて良い主食以外の食べ物=一日に必要なカロリー量の10~20%以内

昆布100gあたりのカロリー量

  • 素干し(まこんぶ):170kcal
  • 刻み昆布     :119kcal
  • 削り昆布     :177kcal

一般的に、犬に主食以外の食べ物を与える際の目安量は「一日に必要なカロリー量の10~20%以内」といわれています。

ただし、カロリーをベースにしたこの量をもとに昆布を与えてしまうと、体重が数kgの小型犬にも数十gの昆布を与えても良いことになり、それではヨウ素の過剰摂取になってしまいます。

犬に昆布を与える時は、あくまで少量をフードにトッピングする程度にしておきましょう。昆布を大量に与えたり、少量でも毎日継続して与えることは避けてください。ヨウ素の過剰摂取によって、逆に甲状腺機能低下症を招いたりすることになります。

昆布そのものに犬の健康を害する成分は含まれていないものの、犬にとって消化しにくい食材であることや、栄養素が豊富に含まれているからこそ、過剰摂取による栄養バランスの崩れに注意しなければなりません。

適量については、犬の体質や体の大きさ、日頃食べているフードなどによっても異なりますので、様子を見ながら調節するようにしましょう。ただしヨウ素を摂り過ぎないという意味でも、昆布はあくまでもトッピングに少量を、という範囲におさめておくことを忘れないようにしましょう。

この機会に、普段食べているフードの栄養素と愛犬の体質に合わせて補給したい栄養素について改めて確認してみるのもいいかもしれませんね。

【昆布に含まれるヨウ素について】

品種によって多少の違いはありますが、乾燥昆布には100gあたり200mgものヨウ素が含まれています。ドッグフードにおける適切なヨウ素含有量はフード1kgあたり1mgとされており、それと比較しても昆布にいかに多くのヨウ素が含まれているかお分かりいただけると思います。体重1kgあたり775μgのヨウ素を含む食事を45日間食べていた子犬で甲状腺機能低下症と骨の発育の異常が見られたとの報告もあります。また、人間においても昆布水を長期にわたって飲用していたりダイエット目的でとろろ昆布を多く食べることについてはヨウ素の過剰摂取となる恐れがあり、注意喚起がされているようです。

《参考論文》
Castillo VA, Pisarev MA, Lalia JC, Rodriguez MS, Cabrini RL, Márquez G. Commercial diet induced hypothyroidism due to high iodine. A histological and radiological analysis. Vet Q. 2001 Nov;23(4):218-23.

獣医師:木下明紀子
関連記事
犬に必要なカロリー計算!餌の量の早見表(体重・年齢別)
犬に必要なカロリー計算!餌の量の早見表(体重・年齢別)

最近、犬のカロリーを気にしている飼い主さんが増えてきました。ポッチャリした犬はかわいいけれど、太りすぎは健康に良くないですし、足や腰にかかる負担が気になります。ですが、成長期の子犬は高カロリーの食事が必要ですし、避妊、去勢をした成犬、中高齢犬とでは必要なカロリーに差があります。今の犬に必要なカロリーはどれくらいなのか?どのように計算したらよいのか?気になりますね。今日は犬に必要で、最適なカロリーと、その計算についてお話ししたいと思います。

  • 暮らしの情報
  • 生活の知恵

犬に昆布を食べさせる時の与え方

犬にご飯を食べさせる女性

調理方法

  • 煮込んで柔らかくして、食べやすい大きさにカットする
  • ミキサーで粉末状にして、フードにふりかける
  • 昆布からだしを取って、だし汁をフードにかける

乾燥した硬い昆布を、そのまま犬に与えるのはやめましょう。犬の口内や喉を傷つける恐れがあります。また、かみ砕かずに飲み込んだ場合、胃の中で昆布が水分を吸って膨らんで、胃に停滞したり食べ物の通り道をふさいでしまったりする恐れもあります。

犬に昆布を食べさせる時は、ミキサーで粉末状にしたり、細かく刻んで煮込むなどして、愛犬のフードにトッピングしましょう。

調理が面倒な場合は、無塩昆布を一晩水に浸しておくだけで作ることができる「昆布水」を愛犬用のだし汁やスープ、水分補給に利用するのもおすすめです。ただし日常的に昆布水を利用するのは控えた方が良いでしょう。

生昆布や素干し昆布など、使用する昆布に合わせて調理方法を選ぶのも良いですね。

昆布の選び方

  • 塩分が多く含まれていない昆布を選ぶ

犬に昆布を食べさせるときに重要なのは、塩分が多く含まれていないものを選ぶことです。

一言に昆布といってもその種類は加工によって様々なので、無塩のものを選んでおくと安心です。

市販されている粉末や顆粒の昆布だしには、塩分が多く含まれていることが多いため、事前にしっかりと確認してください。

加工された昆布は要注意

犬に食べさせてはいけない昆布

  • おしゃぶり昆布
  • 昆布の佃煮

原材料を要チェックして、問題なければ少量ならOK

  • とろろ昆布
    ※はちみつ、砂糖、食塩などが含まれていないことを確認する

人間用に加工された昆布の佃煮、おしゃぶり昆布などは与えないようにしましょう。砂糖や醤油など味付けされているため、塩分や糖分の摂り過ぎにつながってしまいます。

とろろ昆布は、製品によっては、はちみつや砂糖や食塩などが含まれており、それらの摂り過ぎも犬には良くないため注意が必要です。

しっかりと原材料を確認し、それらが含まれていないことを確認してから、少量与える程度にしてください。

関連記事
犬が塩分を取りすぎるのは危険!?適切な摂取量と注意点
犬が塩分を取りすぎるのは危険!?適切な摂取量と注意点

犬にとって塩分はあまり必要ないとよく言われます。それでは、本当に犬にとって塩分が全く必要ないのか?なぜ、そう言われているのか?犬の飼い主として知っておいても損はありません。ですので、詳しく見てみましょう。

  • 健康
  • ヘルスケア
関連記事
犬に砂糖(糖分)を与える際の注意事項!許容量について
犬に砂糖(糖分)を与える際の注意事項!許容量について

甘くておいしいお菓子を食べていると、愛犬が目をうるうるさせておねだり。ちょっとだけなら…とついあげてしまっていませんか?毒ではないけれど、人間と同じく犬も“砂糖(糖分)の取り過ぎは禁物ですよ。

  • 食べ物
  • その他食べ物・飲み物
関連記事
犬にはちみつを与えても大丈夫?効果や与える量、注意点について
犬にはちみつを与えても大丈夫?効果や与える量、注意点について

人間の美容や健康にいいと注目されているはちみつですが、犬にとってもはちみつを食べることはいい効果をもたらすのでしょうか?愛犬の健康維持に役立つのなら、はちみつを与えてみたいですよね。この記事では、犬にはちみつを与えたときの効果や注意点をまとめています。

  • 食べ物
  • その他食べ物・飲み物

犬に昆布を与える時の注意点

首をかしげる犬

体調の変化に注意

人間と同じように、犬も食べ物アレルギーを起こす可能性があります。昆布によるアレルギーは人でも稀なようで、犬での報告はこれまでのところないようですが、アレルギーではなくても体質に合わないこともありますし、初めて愛犬に昆布を与える時は、必ず少量ずつ様子を見ながら食べさせるようにしてください。

吐く、便が緩くなる、皮膚が赤くなる、かゆくなるなどの症状が現れた場合は動物病院を受診しましょう。

関連記事
目が赤い!?毛が抜けている!?犬のアレルギーについて
目が赤い!?毛が抜けている!?犬のアレルギーについて

なんだか最近、愛犬がいつも以上に痒がっていたり必要以上にゴロゴロスリスリしていたりしていませんか?もしかするとアレルギーの症状かもしれません。人間でも辛いアレルギー。犬はどんな物がアレルゲンになりどんな症状が出るのでしょうか。気軽に試せる改善法もご紹介します。

  • 病気
  • 症状

与えすぎによる消化不良や、栄養バランスの崩れに注意

昆布は、人間であっても大量に摂取すべきではない食材とされています。

犬が昆布を毎日摂取したり、一度に大量に摂取したりすることで、ヨウ素やその他のミネラルの過剰摂取となり、かえって健康に害を及ぼす可能性もあります。

また、昆布の大量摂取は、豊富に含まれる食物繊維によって嘔吐や下痢が引き起こされる原因にもなります。犬に昆布を与える際には、摂取量に十分に注意してください。

尿路結石、甲状腺などの持病がある犬は注意

昆布はミネラルやヨウ素、ビタミンKなどの含有量が高いため、尿路結石や甲状腺などの持病がある犬に与えるのは控えたほうが良い食材です。

犬では稀ですが甲状腺機能亢進症がある場合にはヨウ素を多く摂る、ビタミンKが肝臓に貯蔵されることによって、肝臓に負担が掛かるなどの可能性もあるためです。

ただ、どうしても昆布を与えたいという場合は、かかりつけの獣医師に相談してみてください。

昆布を使った犬用手作りごはんのレシピ

昆布を使った犬用手作りごはんのおすすめレシピをご紹介します。

炊飯器で炊くだけ!簡単クリごはん!

炊飯器で炊くだけ!簡単クリごはん!

昆布を使ったシンプルな栗ご飯のレシピです。後から味を調節すれば、飼い主さんも一緒に食べることができますので、旬の栗を愛犬と一緒に楽しんでくださいね。

腸を綺麗に♪納豆とヨーグルトのサラダ♪

腸を綺麗に♪納豆とヨーグルトのサラダ♪

昆布や納豆を使用したサラダのレシピです。調理方法はとても簡単ですが、愛犬に食べさせたい食材をふんだんに使用しているので、腸内環境改善にも役立てることができそうです。是非挑戦してみてくださいね。

犬用の昆布の粉末をご飯やおやつにふりかける

犬用に加工された昆布の粉末も販売されています。

こういったものを、愛犬のご飯やおやつにふりかけて与えるのも良いでしょう。ただし、商品ページにも書かれていますが、甲状腺の病気を持っていない場合でも与え過ぎないように注意しましょう。

犬用 手作り食材|国産天然 昆布粉末 (200g)
¥2,095(税込)

まとめ

生の昆布

犬に昆布を食べさせる時の効果や、注意点についてご紹介しました。

昆布には旨味成分のグルタミン酸も含まれていますので、フードの食いつきが悪い場合にトッピングしてみるのも良いでしょう。

ただ、ヨウ素をはじめとしたミネラルの過剰摂取には注意しなければなりません。

特に昆布にはマグネシウムも多く含まれていますので、過去にストラバイト結石を発症したことがある愛犬には、昆布を食べさせるのは控えておくか、ほんの少量をたまに与える程度にしましょう。犬でのストラバイト結石/結晶の原因はマグネシウムの大量摂取だけが原因ではありませんが、結石の材料となるものをわざわざ多く摂取することもないでしょう。

心配な場合には、かかりつけの獣医師さんに相談するようにしてください。

フードによってミネラルやヨウ素の含有量は異なりますので、今一度、愛犬にとって必要な栄養素、補給したい栄養素の量について調べてみるのもいいかもしれませんね。

昆布は、犬に食べさせるメリットもある食材ですが、与える量には特に気をつけたい食材です。

与える量や、ここでご紹介した注意点には十分に気をつけて、愛犬の健康のサポートを考えていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。