犬にとってスルメは危険な食品!食べるとどうなるのか解説

26454view

犬にとってスルメは危険な食品!食べるとどうなるのか解説

犬にスルメをあげる人がいると、動物病院で仕事するようになって初めて聞いたときにびっくりしました。犬にとってスルメは、いろんな意味で危険な食品です。その危険性についてわかりやすく解説しました。今、愛犬にスルメを食べさせてしまっている方も、脱スルメできる方法も伝授します!

スルメ

犬にとって注意したいスルメなどの「乾物」

動物病院で診る患者さん、胃腸トラブルで来院するケースで多いのが乾物を食べさせている場合です。
今回は乾物のなかでも「スルメ」に関して、与えない方が良い理由を詳しくわかりやすく説明します。

犬のお腹の中で膨らむスルメの危険性について

犬にとってスルメは乾物だから怖い

スルメは、イカを干して作る乾物です。イカの旨味成分が凝縮し、人間が嗅いでも美味しそうな香りがしますよね。

嗅覚の鋭いワンちゃんが欲しがってしまうのも当然のことかもしれません。

ですが、軽い気持ちで与えたスルメで、大事件が起きてしまうことも多いんですよ。スルメの引き起こすトラブルは大きく分けて二つです。

胃腸の閉塞

スルメは乾物なので、飲み込んだ後で胃腸で消化液を吸って大きく膨らみます。人間と違って、犬の歯はすり潰すように噛むことのできませんので、ある程度飲み込める大きさに噛みちぎったら、あとは丸飲みしてしまいます。

すると胃袋のなかでどんどんスルメは膨らんでいきます。ところが、胃の先にある十二指腸は意外に細く、ふやけて膨らんだスルメは通過できないこともあるのです。

もちろん大きく膨らんだスルメは、吐き戻すこともできなくなってしまいます。

こうなると、愛犬は食欲を失い、「嘔吐するものの胃液しかでない」、という状況になってしまいます。最悪、胃腸の閉塞により、手術を行わなければならないケースもあることを知っておきましょう。

スルメだけでなく、乾物類・犬用ガムなどふやけてふくらむ食べ物は危険がいっぱいなんですよ。

塩分の過剰摂取

塩

スルメは海産物ですよね。生きている時のイカは、海の塩分濃度とほぼ同じ塩分濃度の体をしています。

そのイカを干すことで、塩分濃度はアップします。事実、スルメを噛むと、塩をかけていないのに程よい塩味を感じませんか?

でも、人間にとって程よい塩味は犬にとっては危険な塩分量です。

オオカミとして生きていた時代から、動物の生肉を食べて生きていた犬達にとって、スルメの塩分は塩分濃度が濃すぎるということですね。

塩分を取りすぎることで、心臓と腎臓に負担をかけ命を縮める可能性もあります。「自分が食べているものと同じものをあげたい」という軽い気持ちであっても、愛犬の体にとっては毒に等しいと理解しておきましょう。

犬にスルメを与えてはいけない意味を理解しよう

チワワ

以上のように、スルメは与えない方が良い食品であることはお分かりいただけましたか?

動物病院でご相談を受けるケースで、一番多いのが「酔っ払った家族が面白がって与える」という状況のようです。

スルメをつまみに一杯・・・で気持ちよくなると、判断力が低下しがちになります。

さらに、スルメの旨みの香りに釣られて嬉しそうに見つめられたら、あげたくなる気持ちはわからないでもありませんよね。

でも、「それは愛犬にとって毒に等しい」といことを忘れないでください。普通、犬はスルメを食べたことがありません。それがどんな害をもたらすかも理解することができません。

今は元気だし問題ないように見えても、与え続けることで体へのダメージは蓄積されていきます。継続して愛犬にスルメを与えてしまっている場合でも、なるべく早めにストップすることをおすすめします。

そこで、「脱スルメ」の秘訣も書いておきますね。

ジワジワ交換法

スルメの旨みは強烈なので、いきなりスルメをやめるのは難しいかもしれません。

ですから、少しずつスルメを減らして犬用のおやつにシフトチェンジしていきましょう。

まずは、愛犬にスルメを与える場合はこまかく裂いて短くカットしてください。できれば茹でて塩分を抜いて、もどしておくと良いでしょう。

人間がおつまみにスルメを食べている時に、愛犬が欲しがったらスルメと一緒に犬用のおやつ(ジャーキーなどが類似した風味で喜びやすい)をあげましょう。

初めはスルメ>犬のおやつですが、少しずつスルメ<犬のおやつに変えていきます。

難しいと思われるかもしれませんが、ワンちゃんたちは「飼い主さんから美味しいものをもらえる」楽しみが一番うれしいのです。

もらえるのがスルメでも、おやつでも喜んでくれると思います。

大事なのは愛犬よりも人間のしつけ

食べてはいけないものを食べているワンちゃんたち。でもよく考えれば、犬が自分でスルメを戸棚から引っ張り出してたべているわけではありませんよね。

それは人間が与えているのだ、ということを理解しましょう。うちの愛犬はスルメを食べている=うちの家族がスルメを与えている、ということなんです。

ですから、スルメをやめようとおもったら家族のみなさんでしっかり話し合いをしてください。一人でも納得できていないと、脱スルメはうまくいきません。

「愛犬の体のために必要であること」「スルメを食べることで病院にかかることもあること」をしっかり全員で理解すればきっと大丈夫です。

まとめ

愛犬を喜ばせるおやつは、スルメでなくてもいいと思います。

犬は、それほど味覚の優れた生き物ではありません。犬の嗅覚は、タンパク質や脂肪の旨みを喜ぶようにできています。

犬のおやつにはいろいろなものがあり、犬用ジャーキーやゆでた鶏肉などは香りも高く愛犬が喜ぶオヤツになります。

飼い主さんはスルメで一杯、愛犬はおやつでハッピーというのが望ましい一家団欒だということですね。

幸せで長くともに過ごせるように、楽しみながら頑張っていきましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

スルメが原因で愛犬が何か不調を起こしてしまった経験がある飼い主さんはいますか?

愛犬がスルメを食べてしまった状況や現れた症状、動物病院で受けた診断や治療内容を教えてください。犬がスルメを食べることの危険性を知らない飼い主さんへ注意喚起をお願いします!

  • 40代 女性 Haru

    スルメ、知らぬ間に食べられてしまいました! ダイエット中の同居猫が、私の留守中にシンク上の戸棚を開けて引っ張り出し、床に落としたのを2匹の犬達がこぞって食べたらしい。
    帰宅したら松前漬け用スルメが20gほど入っていた袋が引き裂かれ、空になって落ちていたのです。体重、4キロと5キロのどちらがどれだけ食べたかも分らない。

    ハラハラしながら様子を見守ったところ、翌日、それぞれのウンチの中に未消化のスルメが交じって排出されました。塩分も心配でしたが、腎機能に悪影響もなく元気そのもので現在に至っています。
    これはラッキーだっただけ。おなかの中でふくれて消化管に詰まったりしたら、急性腎不全にでもなったら! それ以来、スルメ以外の乾物も猫が開けられない缶にしっかりしまうようにしました。

    まさかまさかの伏兵!猫と同居のご家庭、どうぞ我が家と同じ失敗をしないようにお気をつけ下さい!
  • 30代 女性 KEI

    記事を読んで、「人は視覚から、犬は嗅覚から・・・」というのはとてもよく理解出来ました。散歩中も、様々なニオイをチェックしながら歩くのがお仕事のようです。
    また、犬の脳の匂いに関する部分が人の40倍もあるというのにはビックリしました。そんな能力を実際に使って様々な探知犬が活躍しているというのも納得でした。
  • 30代 女性 チョコママ

    怖いですね。スルメや乾物は胃の中で膨らんで消化できないままになって腸が詰まってしまう…楽しい宴の席でついついなんて、本当にありえそうで怖いです。
    お盆や、お正月、みんなが集まる場所など、誰が犬に何かをあげていてもわからない時がありますよね。
    酔っぱらった大人以外にも、まだ小さい子どもも間違えて与えてしまうかもしれません。
    愛犬の体のためにも、それだけはきちんと守ってあげなければと思いました。
  • 女性 sarang

    この記事を読んで驚いたのが「スルメを犬に食べさせる人間がいるのか…」ということです。
    お酒のおつまみとして食べていたスルメを与えてしまうケースが多いとのことですが、日本酒を飲んでいて誤って犬が飲んでしまい亡くなってしまった芸能人のブログも注目されましたよね。
    飼い主が何か食べたり飲んだりしていると、犬は欲しそうに甘えてきたりしますが、本当に愛犬のことを大切に思っているのであれば決して与えてはいけないですよね。
    私はついつい人間の食べ物を与えてしまう飼い主さんの気持ちが全く理解できません。
    愛犬の食事や健康を管理できない飼い主さんはご自分のカラダの健康も管理できていないのではないかな?なんて思ってしまいます。
    「犬のしつけ」が問題になることもありますが、犬を飼う前に「飼い主のしつけ」「飼い主のための犬と暮らすためのトレーニング」というのがあっても良いのではないかといつも思います。
    飼い主の不注意で亡くなってしまう子や処分されてしまう子のニュースを見ると本当に心が痛いです。
  • 女性 patata

    愛犬にとって何が食べていい物なのか何が食べてはいけないものなのかを考えるのはとても難しいですよね。人間が食べているものでも愛犬等の他の動物にとって危険な食べ物も沢山あります。するめイカ等は我が家では絶対にあげない様にしていました。それは、犬には関係がないお話ですが、猫にイカをあげると耳が腐ると聞いていたので、愛犬がどんなに欲しがってもあげない様にしていましたが、この記事を読んでするめいかをあげなくて本当に良かったと思いました。するめイカの匂いは本当に美味しそうな匂いで、私達人間が匂いを嗅いだだけでも強い匂いと感じるのですから、嗅覚が優れているわんこさん達にとっては、私達の倍もスルメイカの美味しい匂いを強く感じているのだと思います。スルメイカの美味しい味を知ってしまったわんこさんにとってはスルメイカをおあずけしてしまうのはとても可愛そうな事ですが、スルメイカが原因で体調を崩してしまい最悪の場合、手術になんてなったら愛犬とっても飼い主さんにとってもとても辛い事だと思います。愛犬の健康を第一と考えて頑張ってスルメイカをおあずけして下さい。ペットショップには、わんこさん用のイカのおやつも販売されています。それを利用すると便利かもしれません。
  • 女性 ゴン吉

    犬にイカはダメではなかったと記憶していますが、スルメとなるとまた別の話になりますね。なによりその塩分が問題です。うちの犬は心臓病を持っているので、命に関わる事態になってしまいます。

    乾物が水分を含むと膨らんでしまうのは想像に難くありませんが、それよりも硬い乾物の先などで喉などを傷つけてしまわないかの方が心配です。
    もし丸飲みをしてしまったら、きっとスルメは長いままなので喉でつかえてそのうち水分を含み窒息してしまったら、と考えだすと危険なことしか出てきません。

    どういうわけか、うちの愛犬2頭は海のものが苦手なので、今のところ人間のつまみの中で欲しがるものはチータラくらいです。スルメは欲しがらないので安心していますが、うっかり置き忘れる等ないようにしたいと思います。
  • 40代 男性 匿名

    するめは本当に危険ですか? うちの犬はマルプーで小型犬ですがするめを少量食べても元気で何の問題もありません。私自身職業は医師ですが犬にやみくもに塩分がだめというのも疑問を感じます。人でも盛んに減塩が叫ばれていますがあくまでも飽食の高血圧の人が塩分取りすぎはだめなのであって逆に生物が生きていくために適量の塩分は必須で足りないと死んでしまいます。熱中症の治療は塩分、水分の急速な補給です。するめやイカも人や犬に必要な銅などのミネラルが含まれており、少量ならむしろ良いという意見もあります。胃の中で膨張する? それならうちの小1の幼児が食べるのも危険そうですがするめをたくさん食べても元気です。何事も過食はいけないのは当たり前ですがするめが全くダメとおっしゃる方はそのような研究をしたのか、もしくは多数の有害例があるのでしょうか。するめを食べて調子が悪くなった犬よりもペットフードやワクチンで調子が悪くなった犬の実例の方がはるかに多い気がしますがワクチンやペットフードが犬に危険とはならないのでしょうか。ちなみに我が家の犬は一般に犬に悪いといわれる鳥の骨を主食にしていますが至って健康で良いうんちをしています。最初に買ったペットフードはなかなか減らない状況です。
この記事をシェアする

スルメが原因で愛犬が何か不調を起こしてしまった経験がある飼い主さんはいますか?

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。