犬にキャットフードを与えないで!ドッグフードとの違いと危険性

【獣医師監修】犬にキャットフードを与えないで!ドッグフードとの違いと危険性

犬と猫を同時に飼育していると、我が家は猫はドッグフードを食べようとしませんが、犬はキャットフードを食べたがります。一見、何でもないことに見えますが、健康被害が出たなんていうネット記事などを読んだこともあります。実際にはどうなのでしょうか?

はてな
Pocket
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬と猫の体のつくりは全然違う

犬と猫

私達人間にとって、犬と猫は飼育数も多くとても馴染み深い動物です。同じ環境下で暮らすこともあり、つい混同してしまいがちですが、そもそも犬と猫の体のつくりの相違はたくさんあります。違いを理解して飼育する事で犬と猫の健康を守ることに繋がります。

犬は肉食?

犬は野生で暮らしている頃は肉食でした。様々な意見があり年代は確定していませんが、オオカミが人間になつき始めイエイヌになったのは1万9000年~3万2000前とも言われています。

その後、肉や乳を利用する家畜から、豚や牛などの人間の財産である家畜を外敵から守ってくれる番犬としてのパートナーへと変化します。暖房器具がない時代には、保温用に犬を手元近くに置きました。また、残飯処理といった役割も担っていたようです。

その中で肉以外の食べ物も消化出来る体へと変化していきます。現在、猫は肉食、犬は雑食と分けられています。

キャットフードの特性は?

食事する猫

キャットフードは、犬よりも嗅覚が弱い猫の為に食欲を誘う「匂い」をドッグーフードよりも強くしています。また、少量でも栄養が摂れるようにカロリーも高くなっています。このような事もあり、ドッグフードよりも嗜好性が高いと言える為、犬がキャットフードを食べたがることもあるのです。

キャットフードには、塩分・脂質・たんぱく質が多いので、摂取を続けると腎臓病や肝臓病の罹患の心配があります。
また、犬は体内でタウリン(目の健康に必要なアミノ酸)を作ることが出来ますが、猫は出来ないためキャットフードにはタウリンがたくさん含まれています。体内でタウリンが生成出来る犬が、キャットフードを常に食べるとタウリン過多になってしまいます。

肉食の猫用のキャットフードは、ドッグフードより動物由来の栄養素がたくさん含まれています。

犬と猫の味覚の違い

ベロを出す犬と猫

人間の味覚はとても発達しており、季節に合わせた野菜や果物から淡い味や苦味などからも「うまみ」を感じます。味を感じるのは舌にある味蕾という器官です。この味蕾の数により感じる味の度合いが変わってきます。

味蕾の数は、人間が約9000個。甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の5種類です。犬は約2000個でその為、人間よりも味覚が劣ります。甘味・苦味・酸味・塩味の4種類のみ感じる事が出来ます。その中で甘味を特に好みます。酸味や苦味は腐りかけていたり毒がある危険な物が多くあるので身を守る為に苦味に敏感に反応する体になりました。

猫はどうでしょうか。猫の味蕾の数は犬よりもさらに少ない500から1000個ほどです。肉食の猫は甘味を感じる事はなく、塩味・酸味・苦味のみです。味を感じにくい猫の為に食欲をそそるよう肉や魚のエキスが多く含まれ製造されています。猫より犬の方が味覚が発達したのは、人間と暮らすようになり肉食から雑食に変化した為、味蕾の数も増えたようです。

まとめ

食事する犬と猫

犬と猫の舌にある味蕾数の数から、味覚の敏感さが違う、食事から摂取しなければいけない栄養素が違うことから、ドッグフードとキャットフードの特性が違うように製造されているのがわかりました。犬がつまみ食いでキャットフードを食べてしまう事にはすぐに健康に影響を及ぼしませんが、継続して摂取したり、嗜好性に慣れてしまいドッグフードを食べなくなるのは問題です。なるべく食べさせないように気を付けましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。