犬に卵を食べさせても大丈夫?栄養や健康効果、与え方や注意点について

犬に卵を食べさせても大丈夫?栄養や健康効果、与え方や注意点について

お気に入りに追加

栄養満点のおいしい卵を犬にも食べさせたい!と思ったことはありませんか?でも人間も食べ過ぎてはいけない卵を犬が食べても大丈夫なのか、心配になりますね。今回は犬が卵から得られる栄養や、与え方の注意などについてお話したいと思います。

100949view

犬は卵を食べても大丈夫!ただし注意が必要

オーケーマークをする人の手と犬

結論から申し上げますと、犬は卵を食べても何も問題はありませんが注意が必要です。というのも卵は栄養価も高く、犬に必要な栄養素もたくさん入っているため大変理想的な食べ物ではありますが生卵を与える場合には注意が必要になります。一般的に言われているのは生卵は白身は与えてはいけず、黄身ならば与えても良いとされています。

実は、生卵の白身に含まれている成分は、ビタミンの吸収を阻害するために、犬が大量に卵の白身を摂取すると食欲不振や皮膚炎、脱毛などの症状を引き起こす恐れがあるのです。

その成分の正体は、「アビジン」というタンパク質です。このアビジンが犬の皮膚や神経を正常に保つ役目をする「ビオチン」(ビタミンB郡の1種)の吸収を抑制してしまうのです。場合によっては生の卵白の大量摂取で、ビオチン欠乏症という病気を引きおこしてしまう事があります。

「うちの愛犬ならちゃんと栄養とってるし大丈夫、欠乏症になんかならないよ」という飼い主さんももしかしたらいるかもしれませんが、犬に白身は与えないのが無難です。例え毎日しっかりと良質な食事を摂っていても、犬に生卵の白身を与えたせいで、ビタミンバランスが崩れてしまって、やがて食欲不振になり、先ほど述べたような症状がでてしまうのです。そのため生卵は極力与えない方が安全ではあります。

犬に卵を与えた時に期待できる健康効果

生卵

犬に必要な栄養素がバランスよく取れる

卵に含まれている成分は犬にとってまさに理想的な栄養素です。主にたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれているため、体を作るのに大変適している食材であることはもちろんのこと、卵の中に含まれているビアチンと呼ばれる栄養素は、アミノ酸の代謝、ブドウ糖のサイクル、脂肪酸の合成など、酵素の働きを高めてくれる効果があるのです。また、酵素の働きによって新陳代謝が良くなり皮膚病の予防にも効果的であると言われています。

様々な栄養素がバランスよく含まれている卵は体を作るために必要な栄養素の宝庫であるともいえます。ただし、栄養価が高いため食べすぎてしまうと様々な悪影響がでる食べ物でもありますので、食べる量はしっかりと守るようにしましょう。

豊富なビタミンが含まれている

卵には犬の体を構成する筋肉を作るタンパク質が豊富に含まれているのはご存知の方も多いでしょうが、実はビタミンも多く含まれているのをご存知でしたか?特に注目をしてもらいたいのが、犬がかかりやすい病気である皮膚病の予防に効果を発揮するビタミンB2の存在です。ビタミンB2は皮膚や粘膜の臓器を丈夫にする働きがあるため、皮膚病を予防する効果が期待できるほか、体を健康に保つために大変重要な成分であると言われています。

ビタミンが欠乏してしまうと、臓器に悪影響を及ぼすことになる場合もあります。健康を維持するために卵を食べるというのは大変理にかなっているのですが、与え方によっては逆に健康を害する可能性もあります。卵を愛犬に与えるときは、与える量について必ず注意をはらいましょう。

犬に卵を与える時の量の目安

舌なめずりをするダックスフンド

卵は犬にとって良い食べ物だからと言って大量に与えてしまうのは大変危険です。卵は栄養価が高いゆえにカロリーが高い食べ物でもあります。そのため、大量に与えてしまうと肥満の原因となることも。また犬によっては卵にアレルギーを持っていることもあります。そのため一気に多量の卵を与えてしまうと、アレルギーを持っていた場合その症状で大変なことになるかもしれません。最初に卵を与えるときは、ほんのひとつまみ程度から始めて様子を見ながら徐々に量を増やしていくようにしてください。

また与える量の目安としては、犬の体重1Kg辺りに卵5gの割合が良いでしょう。つまり、3Kgのわんちゃんならば、卵の量は10〜15g程度。10Kgのわんちゃんならば卵は40g程度に止めるようにしましょう。あくまでも目安ですから、様子を見ながら加減をして与えるようにしてください。

犬への卵の与え方

ゆで卵

ゆで卵で与える

犬に卵を与える時は白身の危険性も考えて火を通した状態で与えるのが理想的です。最も簡単で確実、かつ、試しやすいおすすめの料理はゆで卵。ゆで卵を作って普段のドッグフードのトッピングにして上げて様子をみると良いでしょう。

ただし、固茹での茹で卵も消化には、犬の体にとって負担になると聞いてから、我が家では、卵を食べる時は、半熟卵をカットして与えるようになりました。半分は愛犬のトッピングに、半分は人間用のご飯のトッピングに使っています。ただ半熟卵は十分に火が通って白身が固まっているかを見る必要があります。半熟卵を作る時は、時間加減が難しく上手くいったりいかなかったりするものです。では、我が家の犬も気に入っていて、とても簡単にいつも丁度良い加減に出来上がる、半熟卵の作り方を紹介します。

十分に室温に戻した卵を鍋に入れ、そこへたっぷりの水をそっと入れて中火にかけます。沸々と鍋底から泡がたってきたら、火を弱火にして、3分30秒加熱します。その後ざるにあけてそのまま冷まします。(多めに作っておけば、人用の食事にも使えます)

また、こちらのレシピもおすすめです。

1、お米が炊きあがった後の熱々の、保温状態になっている炊飯器に、ラップでしっかりと(ラップを二重にする)包んだ卵を入れます。

2、保温の状態になっている熱々の炊飯器の蓋を、卵が割れないように、そっと閉めて、入れっぱなしのまま約40分待ちます…。

3、40分後、ラップごと炊飯器から取り出して、室温でそのまま放置します。
簡単に半熟卵の出来上がりです。(保温状態の炊飯器に、入れっぱなしのまま40分待つだけなのでこの間に、犬の散歩に行くこともできます)

4、半熟卵は、いくら柔らかいからといっても、まるまるつるっと早食い丸のみしてしまう犬や、小さな犬には、カットして与えてください。

どちらの方法も簡単なので是非試してください。また卵はうずらの卵でもいいです。小型犬の場合ならば、うずらの卵の方が食べやすいかもしれませんね。ただし、ゆで卵を食べさせる時は必ず殻をむいてから与えてください。卵の殻は消化不良の原因となりますのでくれぐれもご注意を。ただ、卵の殻を砕いてあげれば問題はないのでパウダー状にするとカルシウムも取れる食材となりますので覚えておいてくださいね。

スクランブルエッグ

ゆで卵に飽きてきたらスクランブルエッグもおすすめです。人間用と違い味付けは一切せず、油も極力使わないようにしましょう。また、スクランブルエッグを作る時は必ず火をしっかりと通してから与えることを心がけてください。ホテルなどの朝食で出てくるふわふわプルプルの美味しいスクランブルエッグは、半熟の状態であるため食べてしまうと健康を害する危険があります。

せっかく愛犬の健康のために卵を与えるのですから火の通りはしっかりと把握をして愛犬の健康を守るように心がけてくださいね。また、人間も食べるからと味付けをしてしまったり、人間用のスクランブルエッグを与えてしまうのは、塩分の取りすぎなどによりやはり健康を害する可能性もあります。もし、愛犬と同じスクランブルエッグを食べる時は愛犬の分を取り分けてから後で味付けをするようにしましょう。

犬に卵を与える際の注意点

注意の看板を持ったパグ

毎日は与えない

やはり犬に卵を与える時に注意をして頂きたいのがカロリーのことです。あまりにも与えすぎてしまうと、カロリーオーバーをしてしまい肥満の原因となります。さらに気をつけてもらいたいのが、消化不良についてです。卵は大変栄養価が高く是非手作りご飯やトッピングなどにも活用して頂きたいのですが、胃腸が弱い犬である場合消化不良の原因となる場合もあります。

またアレルギーを持っていた場合、少量ならば反応がなくても毎日食べ続けることでアレルギー反応が出てしまう場合もありますので、卵は毎日与えるのではなく時々のご褒美やご飯のトッピングとして出してあげるようにして上げましょう。あまりにも卵ばかりを食べていると、栄養が偏って健康に悪影響を及ぼすこともあるので注意をしましょうね。

味付けに注意をする

前述でも述べたとおり、卵を与える時はその料理の味付けに十分に注意をしましょう。炒り卵となると塩コショウをたっぷりと効かせてケチャップをつけて食べる人も多いでしょうが、犬に炒り卵をそのまま愛犬に出すと味が濃すぎます。あまりにも味の濃い料理は犬の肝臓などに負担をかけて、結果的に疾患の原因となる場合もあります。同じく、卵焼きなども気を付けてください。

さらに卵がいいならば、卵豆腐は?と思う人もいらっしゃるでしょうが、卵豆腐も少量であれば良いですがあらかじめ味付けをされているため量を加減することだけは注意をしましょう。卵は健康に良いですがどんな食材でも与えすぎは良くないというのをしっかりと覚えておいてくださいね。

卵を使った犬用手作りご飯(おやつ)のレシピ

ふわふわ卵のオムライス風♪

ふわふわ卵のオムライス風♪

今日のメニューはオムライス!という時に、是非愛犬にも作って頂きたいメニュー。ちょっとした特別な日に、お祝いに、いいことがあった日に、愛犬と一緒に美味しいオムライスを食べて嬉しい気持ちを共有しちゃいましょう。

自宅で簡単!手作りたまごボーロ

自宅で簡単!手作りたまごボーロ

わんちゃんのおやつを手作りしてあげたい方にぜひチャレンジして頂きたいおすすめのレシピ!簡単な材料だけでできるレシピです。ちょっとしたお出かけに持っていくのも良さそうですね。卵ボーロなら片手ですぐにあげれちゃいそうなのもポイントです。

まとめ

卵を料理する家族と舌を出した犬

なぜ、犬に生卵の白身を与えてはいけないのかを、今一度おさらいします。生卵の白身には、「アビジン」という物質が含まれていて、「アビジン」は「ビオチン」という物質と強く結びつき、「ビオチン」の吸収を妨げる働きがあるので、生の卵白を常食していると、ビタミンH(ビオチン)欠乏症になる恐れがある。「アビジン」は、熱で変性するために犬に卵を与える時には、加熱をして与えてあげてくださいね。

完全栄養食品である卵は、タンパク質やレシチンが多く、さらに入手しやすい食材です。毎日犬のごはんを手作りされている方の中には、卵の殻を使って、卵殻パウダーを作りカルシウムを補ってあげている方も多いのではないでしょうか。必須アミノ酸をバランスよく含んだ、素晴らしい食品「卵」。愛犬の食事にも積極的に使用してあげたいですね。

卵を正しく使えたら、愛犬の健康維持にも役立ちそうです。是非今回ご紹介したレシピを参考に卵を活用してください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 こみゃこ

    愛犬は9歳になって初めて卵を食べました。もちろん、卵を与えるときには注意が必要と理解してからですが。再確認のつもりで記事を読みました。シニアにとってもいい食材なのですね。
    半熟がいいとは初めて知りました。卵の殻もあげるのは、正直勇気がいりますね
  • 投稿者

    50代以上 女性 ろちゃん

    卵は完全食品といわれ、アレルギーさえなければ人にも犬にも良質の食材だと思い、少し食欲のないときなどによくゆで卵をあげていました。
    この記事を読み、注意が必要な理由がよくわかりました。ずぼらな私は、固ゆで卵を作るのに、炊飯器に最初から卵を入れて作っていますが、半熟卵も炊飯器でできるんですね。目からウロコです。
  • 投稿者

    40代 女性 花輪

    ドッグフードやオヤツに入っている事も多いし、手作り食を与えている仲間内でも、わざわざ卵を使ったりって聞かないです。
    また、卵の殻には様々な細菌がついていたり、サルモネラ菌の消毒・洗浄をされていたりもするので、あまり用いないほうがいいかと思います(´・ω・`;)
  • 投稿者

    女性 おはら

    卵は高たんぱくで、低カロリーのために犬にも良いと聞いて、愛犬にもゆで卵にしてあげていました。なんとなく生卵は避けた方が良い気がして、生ではあげたことはありませんでしたが、生の白身にはビタミンBの吸収を阻害する働きがあるのですね。

    健康診断で肝臓の数値が少し悪くなったときがあり、それからは卵のコレステロールが多いのが気になって、特別なおやつや、フードに時々まぜてあげる程度にしています。コレステロールが高いと、犬も脂肪肝や高脂血症などになってしまうそうです。卵は愛犬も大好きな食べ物なので、あげると喜んで食べています。

    炊飯器で半熟卵が作れるだなんて、とても参考になりました。今度、ぜひやってみようと思います。
  • 投稿者

    女性 うに

    とても興味深い記事でした。愛犬には卵をあげたことはありません!また、飼い主である私自身が卵が苦手ということもありますが・・・。でも、栄養士である母親曰く、卵は完全栄養食といわれているくらいパーフェクトな食べ物だそうです。人間の体にも良いので、きっと犬にも良いと思いますが「生の白身」が良くないということは意外でした。むしろ黄身の方がアレルギーなどを引き起こしそうな感じがしますよね。白身も良さそうなのに、ビタミンの吸収を阻害する成分が入っているとは!しかも、皮膚炎や脱毛の問題を引き起こす可能性があるとのこと、驚きました。一方、きちんと茹でたりすれば体に良いもののようなので、老犬である愛犬の健康維持に良さそうです。
  • 投稿者

    30代 女性 aoki

    手作りご飯を実践しています。卵は、人間でもアレルギーを持つ人が多いため当初は避けていた食材でしたが、愛犬が細く体重が増えない時期に、トレーナーさんに勧められて取り入れることにしました。
    生の白身を食べさせることさえしなければ、栄養豊富で優秀な食材だったんですね。
    鶏や豚の赤身ひき肉とさつまいも、みじん切りの人参と椎茸で作っていたミートボールに、卵を追加してみたら、食いつきも良くなりました。
    卵は高たんぱく食材ですし、健康で強靭な体を作るために、良質なたんぱく質をきちんと摂取させてあげたいという希望を叶えてくれる食材でした。また手作りご飯で不足しがちなビタミンやミネラルも含まれるとあって、頼もしいです。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    アレルギーを持っていないのであれば食べさせたい食品のひとつです。
    卵は完全栄養食で良質なタンパク質はもちろん、必須アミノ酸もとてもバランスよく含まれています。人間にもとても効果の高い食品です。

    犬に、卵を生で与えるのはどこで調べてもタブーですね。特に生の卵白は免疫力低下、下痢、皮膚炎、脱毛、などを引き起こしやすいです。
    どんなに新鮮な卵であってもきちんと火を通したものを与えた方が良いですね。

    簡単にゆで卵だと作るのも簡単です。毎日与える必要はないので、たまにならゆで卵を崩してトッピングとしても良いでしょう。手作り食なら加熱中に溶き卵のようにして与えるのも消化に良いです。
    卵の一回目安量は、
    ・5kgの犬で卵半分くらい
    ・10kgの犬で50g前後
    ・20kgの犬で90g前後
    アレルギーが出ないかどうかを確認しながら量を調整してください。
  • 投稿者

    女性 かふぇらて

    わんちゃん用手作りご飯やオヤツに、卵を使った食べ物は多いですし、うちでも使います。お肉と野菜を入れた卵雑炊や、卵スープ、シンプルに卵焼きやスクランブルエッグにしてトッピングなんかも簡単で良いです♪

    うちは白身も卵黄も生卵の状態ではあげたことはありません。白身を加熱しないと良くないのは知っていましたが、積極的に生卵の状態であげる人も少ないと思いますが、何故与えては良くないのかは知って置いた方が良いと思いました。

    茹で卵はあんまりあげた事はなかったですが、あまり固ゆでした卵黄は消化に良いわけではないんですね〜。
    加熱すれば良いと思っていたので消化に悪いとは、驚きです。

    うちでの半熟ゆで卵の作り方は、鍋に卵を入れても十分浸かるくらいの水を入れて沸騰させます。

    沸騰したら中弱火にし、そーっと鍋の中に卵を入れます。
    常温にした卵でも冷蔵庫から出したてでもどちらでも可で、オタマを使ってそっと入れても良いです。
    お箸でゆっくりくるくる卵を転がしながら6分茹でます。
    水と氷を貼ったボウルなどにつけたら完成です♪

    水から沸騰させる場合各家庭ごとに沸騰するまでの時間が違うため、沸騰してから卵を入れる方が良いのだそうです。

    炊飯器を使った茹で卵は、便利そうですがラップを二重にしても卵の殻には菌がついていますし、炊き上がったご飯の上に置くのは衛生的にはあんまり良くなさそうです。(熱でおそらく大丈夫ですが)
    半熟茹で卵の作り方は色々あるので、やりやすい方法を取ると良いですね。

    使い勝手の良く、ご家庭のほとんどが冷蔵庫に卵は入ってると思います。
    彩りもはえますし、便利な食材ですね。
    卵アレルギーがある犬も少なくなく、他にも何らかのアレルギーがある犬や、食べた後の状態を見て赤みや痒みなどの症状が出ていたら注意が必要です。

    卵の殻の卵殻カルシウムに関しては、卵アレルギーでもほとんどが摂取しても大丈夫なようです。
    卵アレルギーでも鶏肉は大丈夫な子がほとんどですし、そういった形で栄養を取り入れることが出来ますよ。
  • 投稿者

    女性 空

    うちでは卵を買って来たら、1パックの半分をゆで卵にしちゃいます。2日3日持ちますから、一度に作ってしまいます。人間用にはサラダに乗せたり、愛犬にはトッピングで刻んだゆで卵をパラッと乗せています。うちの犬は食が細いので、栄養価の高いものを食べさせるようにしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんに卵を与える時のアドバイスをお願いします!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。