犬は卵を食べても大丈夫?生で与える際の注意点や調理法について

8098view

犬は卵を食べても大丈夫?生で与える際の注意点や調理法について

犬は卵を食べても大丈夫なの?そんな食材に関する質問をよく見かけます。私達人間の身近な食材である卵(鶏卵)は、比較的安価で手に入れやすい良質のタンパク質です。では、犬にとって卵はどのような働きをもたらすのでしょうか?犬用のおやつにも卵がよく使われています(ビスケットやボーロ)が、高タンパクで栄養価の高い卵を食べさせる際は生でいいのか、ダメなのかなど、注意したい点がいくつか挙げていきますので、卵を与える前に少しお付き合いください。

犬は卵を食べても大丈夫なの?

犬を飼っていて疑問としてよく挙がるのが「犬は卵を食べても大丈夫なのか」ということです。与えるにしても、生卵の白身はいいのか?黄身はどうなのか?はたまた調理する際には何に注意すればいいのか?など、多くの飼い主さんが犬と卵の関係性について迷っています。

貴重なタンパク源となる栄養価の高い鶏卵は、スーパーやコンビニなどでも手に入りやすく、犬の手作りごはんの食材として使いたいと思われる方も多いのではないでしょうか。
しかし、一口に卵といっても犬に食べさせて良い部分と悪い部分があるのです。一般的には、生卵の白身(卵白)は犬に与えてはいけないもの、黄身は食べても大丈夫なものといわれています。では、なぜ生卵の白身を犬に与えてはいけないのかを見ていきましょう。

犬は生卵の「白身」をなぜ食べちゃいけないの?

実は、生卵の白身に含まれている成分は、ビタミンの吸収を阻害するために、犬が大量に卵の白身を摂取すると食欲不振皮膚炎脱毛などの症状を引き起こす恐れがあるのです。

その成分の正体は、「アビジン」というタンパク質です。このアビジンが犬の皮膚や神経を正常に保つ役目をする「ビオチン」(ビタミンB郡の1種)の吸収を抑制してしまうのです。場合によっては生の卵白の大量摂取で、ビオチン欠乏症という病気を引きおこしてしまう事があります。

「うちの愛犬ならちゃんと栄養とってるし大丈夫、欠乏症になんかならないよ」という飼い主さんももしかしたらいるかもしれませんが、犬に卵白は与えないのが無難です。例え毎日しっかりと良質な食事を摂っていても、犬に生卵の白身を与えたせいで、ビタミンバランスが崩れてしまって、やがて食欲不振になり、先ほど述べたような症状がでてしまうのです。

ですので、犬に卵を食べさせてもいいのかと思ったら、「生卵の白身はだめ!」ということを覚えておいてくださいね。

さて、ここまで犬と卵についてネガティブなことばかり書いてきましたが、実は与え方を間違えなければ犬に卵を食べさせてあげても大丈夫なんです。では、どのようにして犬に卵を与えるのが良いのかを見ていきましょう。

犬に卵を与えるための調理方法

ゆで卵の写真

犬に卵を与える時には

犬に卵を与える時に邪魔となるのが、先ほども説明した生の卵白の物質「アビジン」になります。しかし、この成分は熱に弱いので卵を与える時には、加熱調理をして与えるのが良いといわれています。また、生の卵黄には、「ビオチン」が多く含まれているので、卵黄は生で犬に与えても問題ないといわれています。

それにしても、卵の黄身にはビオチンが多く含まれていて、白身にはビオチンの吸収を妨げるアビジンが含まれているというのも、よくできている話ですね。せっかくの完全栄養食品の卵ですから、栄養バランスの面では、卵黄だけを摂るよりも、加熱した卵黄と卵白を一緒に摂る方が犬にも良いようです。

高タンパクで、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれている卵は、犬の体力をつけたい時や、食が細くなったシニア犬や、アジリティなどのスポーツをする犬にもおすすめです。卵の殻も細かく砕いてパウダー状にして、ご飯に混ぜるとカルシウムも一緒に補うことができます。

ですが、いくら卵の栄養価が高く、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがある体に良い食品だからといっても、卵を与えすぎるのは肥満のもとになる可能性があるのでご注意ください。また、卵アレルギーのある犬や、病気による食事制限のため、獣医師さんから卵は控えるようにと言われている犬には、卵を与えないでくださいね。

犬が卵を摂るには、半熟卵が良い?

生の卵黄も、固茹での茹で卵も消化には、犬の体にとって負担になると聞いてから、我が家では、卵を食べる時は、半熟卵をカットして与えるようになりました。しかし、半熟卵を作る時は、時間加減が難しく上手くいったりいかなかったりするものです。では、我が家の犬も気に入っていて、とても簡単にいつも丁度良い加減に出来上がる、半熟卵の作り方を2つご紹介させてください。

犬が喜ぶ半熟卵の作り方その1

十分に室温に戻した卵を鍋に入れ、そこへたっぷりの水をそっと入れて中火にかけます。沸々と鍋底から泡がたってきたら、火を弱火にして、3分30秒加熱します。その後ざるにあけてそのまま冷まします。(多めに作っておけば、人用の食事にも使えます)

犬が喜ぶ半熟卵の作り方その2
  1. お米が炊きあがった後の熱々の、保温状態になっている炊飯器に、ラップでしっかりと(ラップを二重にする)包んだ卵を入れます。
  2. 保温の状態になっている熱々の炊飯器の蓋を、卵が割れないように、そっと閉めて、入れっぱなしのまま約40分待ちます…。
  3. 40分後、ラップごと炊飯器から取り出して、室温でそのまま放置します。
  4. 簡単に半熟卵の出来上がりです。(保温状態の炊飯器に、入れっぱなしのまま40分待つだけなのでこの間に、犬の散歩に行くこともできます)

半熟卵は、いくら柔らかいからといっても、まるまるつるっと早食い丸のみしてしまう犬や、小さな犬には、カットして与えてください。

もしも犬が生の卵白を食べてしまった場合は?

愛犬が生の卵白を少し食べたからといっても、長期にわたり大量に食べていなければ症状は出ないようです。犬に卵を与える時は、加熱調理をして与えることが良いということと、生の卵を食べてしまって体調が悪くなった場合には、すぐに動物病院へ行きましょう。

柴犬の写真

犬に卵を食べさせて良いかのまとめ

なぜ、犬に生卵の白身を与えてはいけないのかを、今一度おさらいします。生卵の白身には、「アビジン」という物質が含まれていて、「アビジン」は「ビオチン」という物質と強く結びつき、「ビオチン」の吸収を妨げる働きがあるので、生の卵白を常食していると、ビタミンH(ビオチン)欠乏症になる恐れがある。「アビジン」は、熱で変性するために犬に卵を与える時には、加熱をして与えてあげてくださいね。

完全栄養食品である卵は、タンパク質やレシチンが多く、さらに入手しやすい食材です。毎日犬のごはんを手作りされている方の中には、卵の殻を使って、卵殻パウダーを作りカルシウムを補ってあげている方も多いのではないでしょうか。必須アミノ酸をバランスよく含んだ、素晴らしい食品「卵」。愛犬の食事にも積極的に使用してあげたいですね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

  • 40代 女性 こみゃこ

    愛犬は9歳になって初めて卵を食べました。もちろん、卵を与えるときには注意が必要と理解してからですが。再確認のつもりで記事を読みました。シニアにとってもいい食材なのですね。
    半熟がいいとは初めて知りました。卵の殻もあげるのは、正直勇気がいりますね
  • 50代以上 女性 ろちゃん

    卵は完全食品といわれ、アレルギーさえなければ人にも犬にも良質の食材だと思い、少し食欲のないときなどによくゆで卵をあげていました。
    この記事を読み、注意が必要な理由がよくわかりました。ずぼらな私は、固ゆで卵を作るのに、炊飯器に最初から卵を入れて作っていますが、半熟卵も炊飯器でできるんですね。目からウロコです。
  • 40代 女性 花輪

    ドッグフードやオヤツに入っている事も多いし、手作り食を与えている仲間内でも、わざわざ卵を使ったりって聞かないです。
    また、卵の殻には様々な細菌がついていたり、サルモネラ菌の消毒・洗浄をされていたりもするので、あまり用いないほうがいいかと思います(´・ω・`;)
記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!