犬の手作りご飯の分量!必要なタンパク質の計算方法や肉の量の目安について

犬の手作りご飯の分量!必要なタンパク質の計算方法や肉の量の目安について

お気に入りに追加

美味しそうなレシピや与えてはいけないものはよく見かけますが、手作り食を与える際に一番重要なタンパク質(お肉)の量の算出方法や、トッピングした方が良いものについてご存じですか?

47912view

犬の手作りご飯でタンパク質(お肉)は必須食材

タンパク質な食材

犬にとって、タンパク質(お肉)生きていくために必須の栄養素です。

ですが、みなさんが手作り食を作る際、タンパク質(お肉)の量はどのように計算して与えているでしょうか?
ドッグフードの場合では、体重に対する目安の量が書かれているので、あまり心配はありません。また、犬は本来肉食の生き物ですから、お肉の量、すなわちタンパク質の量が重要な要素となってきます。

タンパク質の与え過ぎや不足は、愛犬を病気にさせてしまいます。
タンパク質が不足した場合には、免疫機能が低下し、皮膚のトラブルや、慢性の下痢、寄生虫に感染しやすくなります。

逆にタンパク質の与えすぎは、腎臓に負担がかかり、肝臓の機能が低下しますので注意が必要です。

タンパク質の役割

タンパク質は身体の生成や維持にとても大切な栄養素で、犬は人間の4倍以上を必要とします。
愛犬の血や骨や筋肉、そして皮膚や被毛などもタンパク質で構成されています。
これらのタンパク質は、24時間休むことなく作られています。
また、酵素もタンパク質から作られているので、丈夫な身体に欠かせない免疫機能やホルモンの生成にもタンパク質が重要な役割をします。

犬の臓器の重さ

各臓器の体重に占める重さからもわかるように、タンパク質は体重の大半以上を占めている重要な栄養素です。

  • 筋肉…40~60%
  • 骨…5~15%
  • 皮膚被毛…10~15%
  • 血液…6~8%
  • 心臓…0.5~2%
  • 脳…0.5%
  • 肝臓…2~4%

犬が必要な1日のタンパク質量は?手作りご飯の肉量はどのぐらい?

1日に必要なたんぱく質の量は、子犬(生後4か月~成犬サイズまで)の場合と成犬の場合では異なります。また、タンパク源を何にするかでも異なりますし、活動量などでも異なります。今回は、肉の種類は鶏むね肉(皮なし)でお話しします。

子犬(4か月~成犬)

1kgあたりタンパク質量として約9gが最低限の必要量です。

これを鶏むね肉皮なしで換算すると最低量で約37g必要です。

これは最低量ですのでこの量より3倍程度の約108gまでは増量できます。あくまでも、体重や体調を確認しながら調整してください。

成犬

避妊去勢を行わず普通の生活をしている成犬の場合、1kgあたりタンパク量として約6.5gが最低限の必要量です。

これを鶏むね肉皮なしで換算すると最低量で約27g必要です。

これは最低量ですのでこの量より5倍程度の約133gまでは増量できます。あくまでも、体重や体調を確認しながら調整してください。

タンパク質を与える際の注意点

これは、あくまでもタンパク源を鶏むね肉皮なしだけで摂取すると仮定した場合ですので、ほかの原材料が加わった場合は変わります。
また、肝疾患や腎疾患などを患っている場合は手作り食を続けてもよいのかはかかりつけの動物病院でよく確認してください。

犬の手作りご飯で取り入れたい肉の量の目安

鶏肉

最低基準の1.5倍が目安

初めて手作り食を作ってみようという時には、上記の必要最低限のお肉の量の1.5倍くらいを目安に始めてみるのがお勧めです。
この量のお肉に、調理した穀類(ごはん、オートミールなど)と調理した野菜類を見た目でほぼ同量を上限として加えます。体重が減ってくるようならお肉を増加、体重が増えすぎるような穀類を減らします。
お肉と穀類と野菜の割合については専門家によっても色々な説があり、犬種や犬のライフスタイルによっても変わってきますので、獣医さんなどと相談した上で愛犬の様子をよく観察して調整してくださいね。

犬の体重から計算する

また他の給餌方式のバランスを参考にするという手もあります。
例えば生食の代表とも言えるBARFダイエットでは、成犬の場合の給与量の目安を「犬の体重の2〜3%」としています。
その内訳は「肉70%、レバー5%、その他内臓肉5%、骨10%、野菜や果物10%」とされていますので、体重10kgの犬を例にすると、1日のトータルの給与量は200〜300g。肉は140〜210g、レバー10〜15g、その他内臓(鶏肉なら砂肝や心臓)10〜15gとなります。

どのような計算方法でも、前述の必要最低限の量を下回ってしまうと身体の様々な機能が低下してしまうので、このラインはしっかりと守らなくてはなりません。

与えすぎないように注意

反対にタンパク質の摂りすぎで注意が必要なのは前述の腎臓や肝臓に疾患がある場合の他には大型犬の子犬の例があります。
タンパク質が多すぎて体重が急激に増えた場合、骨格や関節に負担がかかって正常な成長を妨げたり、将来の関節障害のリスクが高くなることもあります。

犬の作りご飯に入れたい!トッピングの種類と量について

手作り食では取りきれない栄養素は、トッピングする必要があります。
せっかく健康を気にして手作り食にされているのに、バランスを考えずに与えていると逆に体調を崩すことになりかねません。

カルシウム

手作り食で不足が心配されるのは、カルシウムです。
カルシウムは子犬(4か月~成犬サイズになるまで)の場合、体重1㎏あたり最小量が420㎎、上限値が994㎎です。 また、成犬の場合、体重1㎏あたり最小量が126㎎、上限値が894㎎です。 成犬の場合は避妊去勢を行わず普通に生活していることを条件にしています。 体重1㎏あたりの量ですが、特に微量ミネラル10㎏ならば単純に10倍というわけにはいかないので手作り食に添加される場合は、適切な栄養指導を受けることをお勧めします。

食物から摂取しにくいカルシウムは、サプリメントで補うのが良いでしょう。
卵の殻1個分(ティースプーン1杯)で1800mgのカルシウムが摂取できるので、内側の薄皮を剥がして乾燥させてから、なめらかな粉状にすることで炭酸カルシウムとしてトッピングに利用することも可能です。

カルシウムというと乳製品というイメージがありますが、ヨーグルトなどはリンも含まれるため、肉を使った手作り食のカルシウム補給には適しません。その点、卵の殻のパウダーはカルシウムだけを含むので使いやすく重宝です。
カルシウムについてのこちらの記事などもご参照ください↓

卵

脂質(オイル)

体内では合成することができないために、食事から摂取する必要があるものを必須脂肪酸と言います。
犬の必須脂肪酸は、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸で、この2つの脂肪酸のバランスが重要と言われています。

  • オメガ6系とオメガ3系の理想的なバランスは、5:1~10:1

このオメガ6系とオメガ3系のバランスの取れたお勧めのオイル

  • サーモンオイル
  • 亜麻仁油(フラックスシードオイル)

特に最近注目されているのは、オメガ3脂肪酸の効果です。

  • 免疫機能の向上
  • アレルギーやアトピーの症状の緩和
  • 癌の発生抑制
  • 血栓の解消(血液をサラサラにする)
  • 皮膚や被毛の健康維持
  • 脳や神経系の働きにも関与

これらオメガ3系のオイルは火を通すと酸化しやすいため、加熱せずに1日小さじ(ティースプーン)1杯程度を食餌にかけてあげれば十分です。
いくら身体に良いからといって、大量に摂取するのは禁物!カロリーが高くなって太ってしまいますので、注意してくださいね。

オイル

酵素の入っている食品やサプリ

ヨーグルト

  • 生の食べ物:野菜、果物、生の肉など
  • 発酵食品:納豆、ヨーグルトなど
  • サプリメント:エンザイムなど

手作り食でもお肉も野菜も加熱して与えている場合、消化するために「消化酵素」を使ってしまいます。
その場合は、「食物酵素」が入っている食べ物を一緒に摂取させるか、エンザイムという「消化酵素」のサプリメントをトッピングしてあげると、免疫力がアップし、健康を維持することが可能となります。

発酵食品や加熱されてない生の食べ物やの中には、それ自体を分解する酵素「食物酵素」が含まれていますので、食物酵素の含まれた食べ物を食べると、酵素の働きにより消化が助けられ、食物酵素は消化酵素の代わりをすることが可能となります。
体外から「食物酵素」を取り入れることで、「消化酵素」の使い過ぎを抑え、代わりに「代謝酵素」を増やし、免疫力がアップし、健康なワンコでいることができるということです。

まとめ

見た目だけでなく、バランスの良い手作りご飯が作れたら一番良いですよね。
最適なタンパク質(お肉)の量と、必要な栄養素(カルシウム・オメガ3脂肪酸)が入った健康的な手作り食を作ってあげてください。
さらに健康でいてもらうために、酵素も考慮してあげたら完璧です!

愛情いっぱい、健康に考慮した手作り食。愛犬も喜んで食べてくれると思います。

ご飯のワンコ

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 oomiya

    手作り食は、粗悪なドッグフードを与えるよりもずっと安心ですが、やはり栄養バランスが気になります。細かな栄養計算は素人ではなかなか難しいですもんね。
    愛犬はドッグフードの食いつきが悪く、一時手作り食に切り替えましたが、半年ほどすると被毛にツヤがなくなり、トリマーさんからも指摘されてしまいました。書籍を見ながらやっていたのですが、手作り食だとミネラル成分が不足しがちになってしまうようです。それ以来、手作り食とドッグフードを交互に朝晩与えるようにしています。ドッグフードだけだと食いつきが悪いので、朝はドッグフードを置きっぱなしにし、少しずつ食べているようです。夜に手作り食でお留守番のごほうびもかねて与えています。
  • 投稿者

    女性 AME

    我が家では、愛犬のご飯は全て手作りしています。もちろん、今日は作れない!という日にはドッグフードなどを利用する時もありますが、できる限り手作りするようにしています。手作りするメリットとしては、食べ物の中身が自分でよく分かるし、食材をコントロールできることですね。デメリットとしては、うっかり作り忘れてしまったり、手間もかかるので時間がかかります。今回の記事は、手作りフードを作る時のポイントがよくまとまっているので良いと思いました!ぜひとも参考にさせてもらいます。我が家では手作りする時に主に「タンパク質」の材料で迷うことがあります。いつも特定の同じようなお肉を使ってしまいます。脂質もワンちゃんにとってはとても重要ですよ!ココナツオイルを混ぜたりしています。手作りフードは慣れてくるととても楽しいので、ぜひみなさんにもやってみてもらいたいです。
  • 投稿者

    30代 女性 まろんママ

    手作り食に興味があるのですが、他の方もコメントで書かれているように手作り食だとどうしても栄養がバランスよく摂れないんじゃないかということが気になって、完全手作り食に移行できずにいます。大体平日はドッグフードで週末が手作り食という感じのペースができていて、犬も手作り食の時はとっても喜んでくれます。特にお肉はいい匂いがするのかすごく食いつきがいいですね。卵の殻でカルシウム補給ができるというのはとても参考になりました!卵はよく食べるので、殻をしっかり乾燥させてフードプロセッサーとかで砕いてみようと思います。かなり細かくないとだめですよね?油もそうですが、あらためてサプリメントとして用意しなくても身近なものがサプリメントのようになるんだなとよくわかりました。
  • 投稿者

    女性 プール

    我流で手作り食をしていたら、愛犬が栄養不足でした。もともと食が細く、好みもはっきりしていてドライフードを一切食べなかったため、子犬のころから手作り食をしていました。はじめは書籍の通り作っていたのですが、次第に我流になっていって、結果脂質が足りなくなっていたようです。お肉は鶏だったらササミやムネ肉、他のお肉も赤身ばかり選んでいました。毛が乾燥して、皮膚が乾燥気味になってようやく食事が原因だと気が付きました。手作り食は栄養管理が難しいです。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    手作りでもドライフードでも完璧なバランス食はありません。
    飽くまでこうだろうと計算されているのがドライフードなだけで、
    人間にこれだけ食べていれば絶対栄養完璧な食事ありますか?
    ないのに、ドライフードでも手作りでも完璧は無理。
    栄養学を学んでないお医者様も多いので、皆様惑わされないように。
    ドライフードを与えるのであれば、必ず水分を沢山与えてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。