犬は米を食べても大丈夫!与え方や効果、注意点、おすすめレシピまで

犬は米を食べても大丈夫!与え方や効果、注意点、おすすめレシピまで

お気に入りに追加

飼い主さんが米を食べていると、欲しそうに寄ってくる犬もいるのではないでしょうか。犬に本当に米を与えても大丈夫なのか心配になったり、犬にどのようにして米を与えれば良いのか迷ったりしている飼い主さんも多いと思います。今回は、犬が米を食べることで得られる効果や与え方の注意点、米を使った犬用手作りレシピなどを紹介します。

85635view

犬は米を食べれる

:

米は、犬に与えても良い食材の1つです。ドッグフードがまだ普及していなかった頃は、家庭で飼われていた犬に、人間が食べた米の残りに味噌汁をかけたものなどを餌として与えていました。元々犬は、肉食動物でしたが、このように人間と一緒に生活する中で食性が変わり、雑食性へと進化してきたと言われています。

米や玄米に含まれる栄養素は、犬の健康を維持するためにも役立つことから、最近では市販のドッグフードやおやつの材料として使われていることも多いようです。米などの穀物を与えても大丈夫なのかと不安を感じている飼い主さんもいると思いますが、与え方にさえ注意すれば、犬にとってもメリットをもたらす食材となります。

犬が米を食べた時の効果

:

  • たんぱく質
  • 炭水化物
  • でんぷん
  • ビタミンB1B2
  • カルシウム
  • 食物繊維

米に含まれる栄養素で、犬にとって有用なのが植物性たんぱく質です。動物性たんぱく質と比べて、エネルギーになるまでの時間が早く、犬が体を動かす時の原動力になります。また、犬の脳を活性化したり、体内のバランスを整える働きも持っています。

炭水化物も植物性たんぱく質と同じく、犬にとって必要なエネルギーの源です。犬の1日に必要なエネルギー分のカロリーを、他の栄養素で取ろうとすると、犬の体に負担がかかるため、犬にとって炭水化物は非常に大切な栄養素と言えます。

また、米には食物繊維も含まれているため、犬の腸内環境を改善する働きも期待できるでしょう。腸内環境を整えることで、犬の免疫力が上がるため病気の予防にもつながります。

その他に、米に含まれるビタミンB1やB2は、皮膚や粘膜を健康に保つ役割の他、犬の体内の糖質をエネルギーに変えるなど、代謝を支える大切な役割をしてくれます。

犬に米を食べさせる時の注意点

:

大量に与えない

犬に米を与える時は、大量に与えないように注意しましょう。糖質を多く含んでいる米を、犬にたくさん与えすぎると肥満につながります。人間と同じ感覚で、米を主食として犬に与えてはいけません。栄養バランスの良いドッグフードをしっかり食べさせることが基本となります。

また、柔らかく炊いた米であれば、消化に関してはそれほど心配する必要はないようですが、基本的に犬にとって米は消化が良い食材ではありません。大量に与えることは、犬の体にとって負担になる可能性もあるため注意しましょう。

アレルギーに注意する

米は、小麦などと比べてアレルギー反応を起こしにくい食材とされていますが、絶対にないとも言い切れません。そのため、初めて米を犬に与える時は、いきなりたくさんの量を与えないように注意しましょう。

初めて犬に米を与える時は、犬にいつもと変わった様子がないかを観察しながら、少量ずつ与えましょう。もし、米を与えた後に犬ぐったりしていたり、体を掻きむしったりする様子が見られた時は、アレルギーの可能性があるので、米を与えるのをやめてすぐに動物病院を受診しましょう。

生米を与えない

犬に米を与える時は、必ず炊いた米を与えてください。人間も同じですが、生米を犬に与えると、消化不良や下痢を起こす原因となるため注意が必要です。

犬の体内で米が上手く消化されないと、胃の中に入った米が小腸に移動することなく、食道を逆流してきてしまいます。米を食べた後の犬に、吐くなどの症状が見られた場合は、消化不良を起こしている可能性が考えられます。米を与える時は、生米を与えないことはもちろんですが、米に芯が残っていないかも注意しましょう。

犬も食べれる米を使った手作りレシピ

:

ミルク粥

消化に良く犬の体に優しい、米をミルクで煮た犬用のおかゆのレシピです。犬が好きな野菜や、肉を一緒にトッピングしても良いでしょう。煮込み具合によって、食べやすい柔らかさに調節することができるので、犬の体調があまり優れない時や、老犬などにもおすすめです。

米粉で作るささみアップルスティック

ほんのりとしたりんごの甘さを感じる、スティック状の犬用米粉クッキーです。米粉の他に、ヨーグルトやささみのひき肉などが入っているため栄養も満点です。材料を混ぜて焼くだけなので、料理が苦手な飼い主さんでも簡単に手作りすることができます。

鶏肉とバナナのケーキ

とりのひき肉とバナナを組み合わせた、犬用ケーキのレシピです。レシピの材料のたかきび粉を米粉に代用すれば米粉ケーキになります。まとめて作って冷凍保存しておくことも可能です。また、エネルギー変わりやすい食材を使用しているので、ドッグスポーツなどをする犬にもおすすめのレシピです。

犬に米を使った製品を与えても良い?

:

米粉

米粉は、米を細かく砕いて粉にしたもので、米の成分との違いはないため、犬に与えても大丈夫です。米と同様、米粉は小麦粉よりもアレルギーを起こしにくい食材なので、犬用の米粉パンや犬用の米粉ケーキなども数多く販売されています。

犬に与える時は、米と同じようにそのまま与えたりせず、水分と熱を加えて消化しやすくしてから与えましょう。

米ぬか

米ぬかも、犬に与えても良い食材です。米ぬかには食物繊維が多く含まれており、犬の腸内環境を整え、便秘を予防してくれます。また、血糖値を下げたり、犬の皮膚を健康に保ったりする効果も期待できるでしょう。しかし、基本的に消化酵素で分解されないので、与えすぎには注意しましょう。

米麹

米麹も、犬に与えても問題はありません。蒸した米に麹菌加えて、繁殖させて作られている米麹には、ビタミンB1・B2・B6、ビオチンやナイアシン、パントテン酸、イノシトールなどの栄養素が豊富に含まれています。

米麹から作られている甘酒を、老犬への栄養補給のために与えている飼い主さんもいるようです。ただし、糖度が高いので、与えすぎに気をつける必要があります。

胚芽

胚芽米は、犬に与えることで健康に役立つ食材と言えるでしょう。胚芽とは、玄米の芽が出てくる部分のことで、ミネラルやビタミンなどの栄養素が多く含まれています。胚芽の部分だけを残して、まわりの固い皮や糠層などを削ったものが胚芽米です。

白米よりも胚芽米の方が、ビタミンなどの栄養素は豊富に含まれていますが、白米よりも消化されにくいという特徴があります。そのため、胚芽米を与える時は、与えすぎに注意するだけではなく、白米を炊く時よりも水分を多めにして柔らかくした状態で与えるようにしましょう。

まとめ

:

米は、犬に与えても良い食材ですが、与えすぎには注意が必要です。犬は元々米を消化する力をそれほど持っていません。少量であれば犬の健康に役立つ米ですが、大量に与えすぎて消化不良を起こしてしまうと、逆に犬の体に負担になっていまいます。また、犬が肥満になり病気を引き起こしてしまうかもしれません。

白米以外にも、犬に与えることができるさまざまな米製品があります。1つ1つに特徴があるため、今回紹介した内容を参考にして、犬に負担のないように米や米製品を上手に犬の食事に取り入れてみてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 須永智尋

    ドッグフードも今は穀物フリーが重宝される傾向にありますね。犬には炭水化物も必要不可欠ということを知っておきたいですね。米は良質の炭水化物であり、小麦などに比べてアレルギーの可能性も低く、手作りフードでもよく利用されるなじみ深い食材です。

    原材料欄は含有量が多い材料から書かれています。「肉、米、トウモロコシ」といった順で材料が書かれているフードを選ぶと、食いつきもよく、炭水化物もしっかり取れて、アレルギー発症確率が低くなるかもしれませんね。
  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    今現在、我が家の愛犬はドッグフードのドライタイプにキャベツを混ぜたものをあげていますが、13歳になり、今後もしも歯が弱ってきた際にはお米と野菜等を煮たものをあげてみようかと思っています。記事を読んで、玄米にはビタミン・ミネラルが豊富でアンチエイジング効果もあると知り、是非柔らかく煮込んであげてみたいと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 デコポン

    "お米は小麦粉に比べるとアレルギーは少ない" という記述は誤りではないでしょうか?私の周囲には、小麦や大豆は問題ないのにお米アレルギーという子もたくさんいます。犬種・個体にもよりますが、穀物系も動物性タンパク質(肉・魚)系にも、アレルギーは存在します。体調の変化や検査を経て、上手に付き合っていくのが愛犬の健康を維持する鍵です。"これを食べれば大丈夫" というのはないです。
  • 投稿者

    30代 女性 fanta

    病気や夏バテなどで体力がなくなっている犬に甘酒がおすすめです。酒粕ではなく、米麹で発酵させた砂糖無添加のものがスーパーでも単に手に入ります。最近、美容や健康のために女性に大人気ですが、犬にも良いと勧められました。甘酒は、お米が発酵される過程で分解された状態になっていますので、吸収が良く体力がなくなっている犬の消化器系に負担が少ないです。また、ビタミン類も豊富に含み、糀菌によってオリゴ糖や食物繊維が腸内環境を良くしてくれます。また砂糖無添加なのが嘘のように甘みがあります。もちろん犬に甘酒の与え過ぎはカロリーオーバーとなりNGでしょうが、病中病後や夏バテなどには大活躍です。我が家の愛犬も昨年の猛暑では薄めた甘酒が大活躍しましたよ。
  • 投稿者

    女性 ハル

    犬にとって炭水化物は必要な栄養素の一つですが、炭水化物は癌細胞を増やすと知ってから、お米を与えることに躊躇をするようになりました。癌細胞は炭水化物が一番の栄養になり、吸収して癌の範囲を広げてしまうそうです。友人のお宅のワンちゃんが癌になり、色々と調べて教えてくれました。

    我が家が購入しているフードもニュートロナチュラルチョイスとシュプレモですが、やはり炭水化物は入っていますよね。全てを制限するのではなく、過剰に与えすぎないように注意をしながらあげるのが大切なのかなと思います。

    祖母の家で飼っていたワンコは、お米にカツオとだし汁をかけた「ネコまんまごはん」を毎日食べていましたが、15歳まで長生きしてくれました。

  • 投稿者

    女性 ホヌ

    うちの愛犬も、今回の記事で書いてあったお米が入ったフードを食べています!犬にとってもお米はきっと美味しいんでしょうね。愛犬は毎回とても美味しそうに食べています。お米が入ったフードは意外と多いと思いますが、「消化しにくい食べ物」ということは知りませんでした。しかし、お米はアレルギーが出ることは少ないし、玄米であればいろいろな栄養素が入っていて、これだけ食べているだけでも健康維持はできると思います。また、我が家もたまにお米を使った手作りフードを愛犬に与えています。簡単に作れて栄養バランスの良いおじやが定番です。しかし、毎回手作りも大変なので、市販のものと手作りを交互に与えていますよ。バランスが一番大切ですね。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    愛犬の食欲がない時や下痢の時などに水を多めにしたおかゆを作り、与えています。押し麦を入れることもあります。ササミなどと一緒に焚くと風味もついてよく食べてくれます。
    お米は消化に悪いと言われますが、お米よりもトウモロコシの方が、消化が困難だと思います。
    フードにも入っていますし、お米が好きな犬は多いと思います。ネット上にはドッグフードの評価などで穀物が入っているフードは点数が低かったりしますが、全ての犬に穀物アレルギーが発症するわけではないですし、個人的にはお米は良い食材だと思います。

    ただし、与えすぎると肥満に繋がりやすいです。愛犬の避妊、去勢手術後、獣医さんに注意されたことは「太りやすいのでお米は少なめに」でした。我が家ではウェットフードに白米を混ぜて与えていたことを知っていたので、注意してくださったのだと思います。
    実際、いつも通りの食事にしていたらみるみる体重が増加していきました。お米を抜いたら標準に戻りました。それだけ吸収しやすい食材なんです。
    健康体のわんちゃんには、頻繁に与え過ぎないこと、量を減らすことが大事です。

    人間にとって甘酒(米と米麹、水のみ)は飲む点滴です。犬にとってもそれは同じです。食欲不振や体調不良のわんちゃんには特におすすめです。
  • 投稿者

    女性 小原

    うちの愛犬もお米が大好きです!我が家には子どもがいないので、愛犬が子どものような存在です。過保護だと言われるかもしれませんが、愛犬のフードはなるべく手作りしています。「ナチュラルチョイス」にもお米が入っていますよね!以前あげていたので、知っていました。手作りフードの場合、お米はアレンジがしやすいので大活躍するのです。我が家ではおじや風にしたり、ペーストにしてお野菜と混ぜたりもしています。たまに私たちの残りご飯をそのままあげる時もあります。ただし!お米をかなりの量食べていると、かなり太ります・・・。うちは厳しく健康管理もしていたつもりですが、一時期平均体重を越えそうになったので、お米を控えました。何事もやりすぎはいけませんよね。
  • 投稿者

    女性 トマト

    お米は賛否両論ありますよね。うちの犬はお腹が丈夫なのか、何を与えてもほぼ大丈夫なのであまり心配していませんが。
    お米、おすすめなのが甘酒です。米麹だけでできた甘酒が最近流行してスーパーでも簡単に手に入ると思いますが、うちの犬は老犬なのでこれをひとさじ舐めさせています。老犬の体力維持にひと役買ってくれていると実感していますよ。
  • 投稿者

    女性 おふろ

    最近グレインフリー(穀物不使用)と大きく表記されたフードをよく目にします。ゴハンかパンがないとお腹いっぱいにならない私は、そんなんでお腹に溜まるのかしらと不安になってしまうのですが、犬には必要ないということ。むしろない方がいいなんて。私が愛犬に与えているフードには玄米という表記がありました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ゴールデン

    ドックフードにナチュラルチョイスと書かれていますね。私もこのサイトを見るまではそうでした。
    でも、ベルデの日記というサイトを見ていただくと、恐ろしい内容になっています。
    何を信じていいのかわからない状態に陥っています。
    信じて食べさせていたドックフードがワースト2という事実のようでした。
    今は何を信じていいのかわからなくて、毎日ネットで検索の日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんにお米を与える時のアドバイスをお願いします(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。