犬にお米を食べさせても大丈夫!そのメリットとは

31753view

犬にお米を食べさせても大丈夫!そのメリットとは

犬がお米を食べるという姿は一昔の日本では当たり前の光景でした。よく勘違いされていますが、肉食動物とは肉しか食べない動物という意味ではありません。そして現代、犬は純粋な肉食動物でもありません。より雑食化が進んでいる犬にとって、お米を食べるメリット・デメリットとはなんでしょうか

犬はお米ではなく、肉だけ食べさせていればいい?

お米

愛犬の手作り食が広まり、犬用の食事レシピが世間から認知されている中で、普段からお米を食べさせているご家庭も多いかと思います。 ですが根本的に考えて、肉食と言われているわんちゃんに「お米を食べさせて良いか?」とお考えになったことは一度はあるのではないのでしょうか?

結論から先に言うと、火を通した状態、つまり「炊いて柔らかくなったご飯を食べさせることに問題はない」と言われています。

我が家は「ニュートロ」の「ナチュラルチョイス」に、病院で購入している缶詰を混ぜて食べさせていました。子犬用、成犬用、老犬用と長く続けていましたが、原材料の表記を見たところ、この「ナチュラルチョイス」にも原材料としてお米が含まれています。


ニュートロ ナチュラルチョイス プレミアムチキン 小型犬用 成犬用 チキン&玄米 3kg

他メーカーの商品も同様に、米プラス肉( チキンやラムなど)の組み合わせを多く見かけることはありませんか?

ここが一つのポイントです。

実は、お米は犬にとって「消化しにくい食べ物」だと言われています。それにも関わらず、安全性の高いとされる健康趣向のフードに使用されている理由とは何でしょうか。

白米より更に消化吸収の悪い玄米を使用したフードも数多くあります。ちなみに前述の「ナチュラルチョイス」も玄米入りです。あえてその食材を選ぶ理由。それは、そのデメリットを上回るメリットがお米にはあるからだと私は考えます。

生活が豊かになるにつれ、犬の生活も人間のものと随分近しいものになりました。「生活習慣病」という言葉が犬の世界にも定着して随分と経ちます。

そこで、さきほど犬にとってのお米を食べるメリット・デメリットの話ですが、お米という食材は小麦粉など別の炭水化物と比べてもアレルギーが起こりにくいとされています。玄米においては更に、健康を保つために必要な、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが多く含まれており、老化防止、疲労回復、ダイエットにも効果があると言われています。更にはアンチエイジング、ガン予防など、私たち人間の世界でも随分と流行しているので、ご存じの方も多いことでしょう。

現代では犬の生活自体が急速に変わってきています。犬種も多様化し、人工的に作られた犬種も多く存在します。彼らと野生にある祖先とでは、内臓の作りも同じに比べられません。異なるというより適応、進化と言った方がいいのではないでしょうか。遠い昔では必要のなかったお米という食べ物は、今では犬にとって健康な体を保つ上で必要な栄養素の一つに数えられているのです。

市販のフードと手作りフード

料理

健康志向は犬の世界でも常識となってきました。以前に比べ、フードの選択肢は「年齢別・体質別」というように格段に増え、最近では犬種別のフードまで作られています。
近年のフードは栄養価も高くとても良質です。犬の寿命が延びたのは、これらフードのおかげと言っても過言ではないでしょう。

さて、その健康志向の中で広がりつつあるのが、飼い主さんによる手作りフードです。

私自身は経験がないので比較することは出来ないのですが、例えば病気や老齢で手作り食しか受け付けない、アレルギーがあって特定の食べ物しか口に出来ないなどの理由があれば、勿論何の問題はないと考えます。

飼い主さんにすれば、愛犬の口に入るものだから安全にこだわりたい、犬にとって好ましくない添加物を出来るだけ避けたい…その他さまざま理由があるでしょう。ただ市販のものならば、きちんと計算されて作られていますが、手作りごはんで、脂肪・タンパク質・炭水化物をバランス良く毎日食べさせ続けることは、想像以上に大変なことです。せっかく体のことを考えて作ったものが、逆効果になることもあり得ます。

犬用の食事レシピは、色んな媒体で見ることが出来ます。私もいくつか調べてみましたが、肉・野菜・米という組み合わせが、やはり一番ポピュラーなようでした。これらをスープや雑炊のように煮込んで冷ます。必要ならば更にミキサーなどでペースト状にする。おおまかな工程はこのような感じです。こうして書いてみると至ってシンプルで誰にでも出来そうに思えます。ただし、そこは個体差のある話だということを忘れてはいけません。
子犬と老犬が必要としているカロリーはまるで違いますし、犬種によっても違うでしょう。また、体が丈夫であるかどうかでも違ってきます。

その日の体調、運動量、その子自体の好き嫌いだってあるでしょう。
市販のフードは、それに合わせる手間を代わりにやってくれています。もし、市販のフードから手作りに挑戦しようと思うのであれば、突然と全てを変えてしまうのではなく、様子を見ながら少しずつというのが鉄則です。もちろん、獣医師の指導の下に行うことがベストですが、常に食べている様子を観察し、愛犬に合わないと判断したら無理をせずに中止することも必要です。

ちなみにお米を主食ではなく、おやつ代わりに食べさせる場合も注意しなければいけません。お米は肉と比べて消化吸収されにくい=太りにくいからと、判断して食べさせ続けていれば、それこそ消化不良を起こしかねませんし、全く吸収されない訳でもないので肥満の原因にだってなり得ます。

まとめ

舌を出す犬

どんな食べ物も、過度な摂取は病気に繋がります。先ほど、お米は小麦粉に比べるとアレルギーは少ないと書きましたが、もちろん可能性は「ゼロ」ではありません。当然、中にはお米にアレルギー反応を起こす子もいます。またお米に含まれる炭水化物が原因で起こるとされる病気もあります。

我が家では、たまたま市販のフードが愛犬に合っていました。だからこそ、お米に対して疑問を持つということがなかったのです。

けれど、どんな子も情報やマニュアル通りではありません。そして体調も常に一定ではありません。口のきけない彼らに代わって私たち飼い主は、それを察してあげる必要があるのです。
そのために、情報を鵜呑みにして過信しすぎないこと。自分の定めたルールを彼らに押し付けないことが重要になってくるのではないでしょうか。

常識は日々変わっていきます。例えば、今日まで安全だと思っていた食べものが、よく調べてみると実は「毒」だったという真実を知るかもしれません。

食べることは、直接生きることに繋がっています。食べている様子や毛艶、脂肪のつき方、便の状態までじっくり観察し、そして彼らに最も合っている食事を選んであげましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

わんちゃんにお米を与える時のアドバイスをお願いします(^O^)

量やオススメの与え方など、わんちゃんにお米を与える時のアドバイスを書いてください(^_-)-☆

  • 30代 女性 須永智尋

    ドッグフードも今は穀物フリーが重宝される傾向にありますね。犬には炭水化物も必要不可欠ということを知っておきたいですね。米は良質の炭水化物であり、小麦などに比べてアレルギーの可能性も低く、手作りフードでもよく利用されるなじみ深い食材です。

    原材料欄は含有量が多い材料から書かれています。「肉、米、トウモロコシ」といった順で材料が書かれているフードを選ぶと、食いつきもよく、炭水化物もしっかり取れて、アレルギー発症確率が低くなるかもしれませんね。
  • 40代 女性 TIKI

    今現在、我が家の愛犬はドッグフードのドライタイプにキャベツを混ぜたものをあげていますが、13歳になり、今後もしも歯が弱ってきた際にはお米と野菜等を煮たものをあげてみようかと思っています。記事を読んで、玄米にはビタミン・ミネラルが豊富でアンチエイジング効果もあると知り、是非柔らかく煮込んであげてみたいと思いました。
  • 40代 女性 デコポン

    "お米は小麦粉に比べるとアレルギーは少ない" という記述は誤りではないでしょうか?私の周囲には、小麦や大豆は問題ないのにお米アレルギーという子もたくさんいます。犬種・個体にもよりますが、穀物系も動物性タンパク質(肉・魚)系にも、アレルギーは存在します。体調の変化や検査を経て、上手に付き合っていくのが愛犬の健康を維持する鍵です。"これを食べれば大丈夫" というのはないです。
この記事をシェアする

わんちゃんにお米を与える時のアドバイスをお願いします(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!