犬にお酢、食べていいものわるいもの

24090view

犬にお酢、食べていいものわるいもの

動物病院で飼い主さんとお話ししていると、たまにびっくりするものを食べているワンちゃんに出会います。お酢もその一つ。お酢は犬にとって必要なものではないため与える場合気を付けたいポイントもあります。人間の栄養と、犬の栄養はそれぞれにちがうことをわかりやすく説明しました。

人の健康に良いお酢なら犬の健康のためにもよいか?

酢

獣医として仕事をしていて、飼い主さんからいろいろなお問い合わせや質問を受けてきました。
その中には自分が健康のために飲んでいる「酢」を犬に与えても良いかどうかというものも・・・。

お酢は、さまざまな健康効果が人で証明されている食材ですよね。
発酵食品の一種ですので、アミノ酸が豊富でクエン酸・酢酸などの有機酸が体にとって良いとされています。

犬に必要な栄養について

まず、犬は人間とはまったくちがった体の構造をしていることを知っておきましょう。
人間は、体内でビタミン・必須アミノ酸を合成することができません。
ですから必ず食品からその栄養素を摂取しなければなりません。

犬は肉食動物で、基本的に動物の肉・内臓・骨・軟骨などを食べることで体内のすべての栄養素を補うことができます。
人間と違う点は、体内でほとんどのビタミンやアミノ酸を作り出すことができるところですね。
ですから、基本的に人間と犬は必要とする栄養素が違うということに。

犬に必要な栄養素は、良質なたんぱく質・脂質・コラーゲン・カルシウムなどです。
これらの栄養素をしっかり取っていれば、健康に過ごすことができます。
大抵のドッグフードは、これらをキチンと食べられるように作られていますよ。

このようなことから、犬の毎日に酢を取り入れる必要性はないことがわかりますね。
では、酢をとることでプラスになることはないのでしょうか。

酢は犬の好みの味ではない

お酢の匂いを嗅いでみてください。
鼻の奥にツンとくる、酸っぱい臭いですよね。
とても鼻のきくワンちゃんたちにとって、お酢の匂いはちょっと刺激が強すぎます。

さらに犬には酸味を感じる味覚がないと考えられています。
刺激臭がする無味の液体を好む犬というのはちょっと想像できませんね。

お酢をあげたい理由がある場合

噛む犬

愛犬が「アミノ酸不足」で病気になるという状況はあまりないと考えられます。
もちろん、アミノ酸が必要であれば良質のたんぱく質を与えるほうが犬にとって良いのも理由のひとつですね。

でも、どうしてもお酢をあげたい場合は方法があるのでしょうか。

お酢そのままでは難しい

人間がお酢を体に取り入れる場合、直接お酢をそのまま飲むのはちょっとキツイですよね。
犬にとってもそれは同じです。
お酢の主成分である、酢酸はPHが低く酸性度の高い液体です。

お酢を飲んでほしいと思う場合は、刺激を低減する工夫が必要になります。
たとえば、加熱して酸味をしっかり飛ばすのも方法のひとつ。

その他には、ヤギミルクなどと混ぜることで凝固させて酸成分を中和させるのも良いでしょう。

その場合でも、適度な量を心がけることを注意しましょう。

お酢と思っていても気を付けなければならないもの

お酢を愛犬に与えたいと思っても、人間の料理に入っているものをそのまま与えるのは感心しませんね。
人間が調理して味わうお酢には、「塩分」「糖分」が大量に含まれています。

塩分は犬の腎臓と心臓に負担をかけ、病気の原因になります。
糖分はカロリーオーバーの原因になり、糖尿病や肥満を引き起こす可能性が高い栄養素ですよね。

お酢のドリンク・お酢のサプリなどは飲みやすさを出すために糖分をくわえてあるものが大半です。
そういうものは犬には良くないということを覚えておきましょう。

飲む以外のほうが役立つことも知っておこう

スプレーボトル

お酢は、飲むだけでなく他の方法で愛犬の健康に役立てることもできます。
古くから使われている方法ですが、愛犬のしつけにお酢を活用してみるのはいかがでしょうか?

噛み癖のあるワンちゃんや、吠え癖のあるワンちゃん。
叱ってもなかなか効果がない場合、スプレーボトルに薄めたお酢を用意しておきましょう。
ダメ、といいたいタイミングでお酢をスプレーすることで大きな声で叱るより効果が出ることも多いようですよ。

さらに、お酢はリンス効果もある液体です。
匂いのきついリンスをすると、トリミングの後体を床や地面にこすりつけて嫌がるワンちゃんでもお酢のリンスはわりと好評。
薄めたお酢をリンスのかわりに使って、しっかり流してタオルドライのあとに乾かします。

乾いたらお酢の匂いは気にならないですし、お酢の殺菌効果は細菌性皮膚炎になりやすい犬にはうれしいポイントですね。
そのほかにも、愛犬のケージやキャリーケースの消毒殺菌にもお酢は無害・無毒で安心して使うことができます。

まとめ

お酢は犬には必要のない食材ということを説明しました。
無理に食べさせる必要はまったくないので、サプリなどで犬への健康効果を謳っているお酢関係の商品は効果はないと思ってよいでしょう。
お酢を与えるのなら、鳥の胸肉や牛の赤身などを普段の食事に少量プラスするだけでそれ以上の効果を得られます。

鶏胸肉

犬に必要な栄養素は、人間とは全く違うことを知っておけば与えて良いものや悪いものもしっかりわかってきますね。
愛犬と飼い主さんは、一緒に暮らす仲間ですが同じものを食べていてはお互い健康に過ごすことはできません。
お互いの健康のために、飼い主さんはお酢を・愛犬はお肉をと上手に使い分けて楽しく暮らしたいものですね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。